こんな私が生きていていいのでしょうか?

私は優秀だと世間的に言われる女子中高一貫校に入りました。頭の良い女子の集団、成績の妬みが酷くターゲットにされました。うつ病を発症。高校を中退しました
一年療養してから高卒認定科のある大手予備校に入りたくなかったのに入りました。入らなければ親を心配させる、その一心でした。毎日泣きながら通いました
そんな時、私に声をかけてくれた講師に依存していきました。依存がもとで、私は18歳になったばかりの時レイプされました。それが初体験でした
婦人科の女医も精神科の主治医も親も私のこと批判しました。皆私を穢れているという目で見ていた。何もかもがわからなくなりネットで出会った申し訳ないけれど生理的に無理なタイプと関係を持ち、その痛みで沢山の苦しさを打ち消そうとしました。最後にその人と関係を持った時、同意なしに写真を撮られました。今もネットストーカーされています
自殺を図って救命センターに運ばれました。重い障害が残ることは確実と言われた私は何とか障害なく帰還しました
それからは精神的な苦しみで婦人科系の具合が悪くなる女性をサポートしていきたいと思い婦人科医になりたいと思い大学受験にトライしてきています。年何回も体調がすぐれず過去のことが必ずフラッシュバックするのです。周りに拒まれ続けた私は誰をも信頼することができなくなっていました
人生で初めて好きな人ができました。夢みたいなエリート街道を歩んできた医学生です。勉強を教えてくれています。彼がどこか寂しげに見えます。彼なりに沢山の苦しかったことを抱えてきたのではと思っています
最近になり具合が急激に悪くなり病院を変え、初めてカウンセリングを受け始めました
具合が悪くなって勉強が何もできなくなって、彼には迷惑をかけています。彼に過去を伝えるべきなのだろうかと悩みカウンセリングの先生に信頼しているのなら伝えても良いんじゃない?と言われ私は泣きながら話してしまいました
不味いことを話したと思い我に返った時、彼の眼を見ました。その眼はいつもよりはるかに優しげでした。すべてを受け止めよう、そう言っている目だった。聞いてくれた彼、心の中では泣いていたかもしれません。私にとって無口な彼がなぜか私の前で見せてくれる自然な笑顔が好きでそれをもう見られなくなるのではないか、彼を傷つけてしまっていたら私はもう生きていてはいけないのではないか、と悩んでいます

有り難し 19
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

人に支配される、という自分の恐れに支配されないように。

思いの世界で生きることやめ、今の事実をしっかり生きる事で心の負担はなくなりますのでご安心ください。
振り返れば百万の記憶が思い起こされるかもしれませんが、それもたった今というこの瞬間を駆使しての瞬間的な一念です。
問題はその「一念」なのです。
ちょっと角度を変えて物事をみてみましょう。
その一念が浮かんでいる時だけ、あなたがその一念によってあなた自身を支配し、苦しめているのです。
その負の一念が二次災害、三次災害を引き起こしているのです。
出てきても、自分から相手にしないことで、消えていきます。
どんな痛ましい記憶も、忘れている時は、キオクという言葉があるだけで忘れているでしょう。どこかに眠っている、という表現がありますが、実質、その事を思い起こして悪く考えている時だけが問題なだけです。今もこうしている時は、忘れられていたでしょう。
残しておいたり、思い返して相手にする必要もないのです。
通常ならば、怒りや許せない気持ちが起こるトコロでしょうが、自分を責めるという心の流れ方からしても、あなたは自分に対して強く罰する傾向にあるのであろうと思います。もう、いいんじゃないでしょうか。親やだれかの願うようなイイ子ちゃんでなくとも。
誰かの期待に応えようとか、こうすべきであると誰かから思いこまされた自分らしさなんてウソッパチです。現実のあなたのままで良いのです。ちょっと外れたからってそれを戒める気持ちが強い、自分を罰する気持ちが、一番自分を苦しめてきたという事にそろそろ気づいてください。
ネットでは、この程度しか伝えられません。
本当に立ち直ろうと思ったら、上記の点を踏まえて、遊びに来るつもりで坐禅会にでもお立ち寄りください。
人は、自分の思いから自由になる事で、本当の自由を得るのです。
人から支配、コントロールされない強さを持ってください。
アナタの人生を歪ませた人間を堂々と、社会的に罰してよいのです。
あなたが泣き寝入りしているから、相手はさらに図に乗ることでしょう。
アナタに嫌がらせをした男たちもいまや社会的な立場があります。
リベンジポルノ脅迫の罪で逮捕に追い込むこともできましょう。
恐れることなく立ち向かっていくことです。

2年10ヶ月前

激しい人生にご注意を

激しい人生ですね。
辛いこと、苦しいこと、逆に楽しいことに、突き動かされて振り回されると、危険な場合もありますね。
本当に辛い思いをされて、感情に揺さぶられ、だからそれを別の感情の刺激で打ち消そうとして、もがいているのかもしれませんね。
ちょっと一休みして、感情の刺激から距離をおいてみるのもいいかもしれません。
彼にどう思われようと、死ぬほどのことは無いのです。
感情移入しすぎない、冷めた人生(クールすぎるくらいのクールな人生)も、やってみてはどうでしょう?
頭の良さそうな貴方ですから、上手くやれるかも。

2年10ヶ月前

AYAさん

本当に沢山辛いことがあって
悩み、苦しみ、自分を傷つけながらも
一生懸命生きてこられましたね。

あなたは自分の経験を通して
人生の目標を見出した。
本当に素晴らしいと思います。

AYAさんが今回悩んでおられる
自分の過去を話したことで

彼を傷つけてしまったのではないか
自然な笑顔を見られなくなってしまうのではないか
ということですが

彼は胸を痛めたのかも知れませんが
それは
AYAさんが傷つけたのではなく
あなたが傷ついてきた過去に
胸を痛めたのでしょう。

AYAさんは他者と信頼関係を結ぶ為には
自分自身の過去を語らずにはいられない
知らせざるをえないのだと思います。

そうすることで
自分を取り戻しているのではないでしょうか。

そしてまた
彼の人格、人柄がAYAさんにその話をさせたのだと思います。

人が人と本当に関わるということは
少なからず傷つけてしまうことなのだと思います。

喜び、哀しみ、怒り
いい事だけじゃなく悪いことも通して
信頼関係を築いていくのだと思います。

問題は傷つけないことではなく
傷つけたときに
どう関わっていくのかだと思います。

ハッキリしたことはいえませんが
AYAさんは体験したことを通して
人が気付けないような
他者の苦しみが察知できるのではないでしょうか

悩みながらも
すぐ側にいる人
これから出会う人に対して

あなたが見つけ出した人生の意義を
果たしていっていただけたらと思います。

2年10ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

お礼が遅くなってしまい、大変申し訳ありません。体調を崩し、ありがたいお言葉に対しての感謝をどう表現すると一番良いのか考える思考回路が落ちていると思いお言葉を拝見させていただくだけに留めておりました。
願誉浄史さま 感情の刺激・・・刺激に対しての感度も刺激に対しての身体反応も私はかなり人よりもあるのかもしれません。。。 少しクールになれるようなことを身につけなければ、簡単に自分のことでも人のことでも泣いてしまうのは変えられないかもしれません。 貴重なお言葉をありがとうございました。

中根信雄さま 思わずあたたかいありがたいお言葉にぽろっと涙が出ました。 こんな見ず知らずの他人の私の何かを、今まで否定され続けた何かを、どこかで肯定してくださった、どこかで「私の何かがありのままで良い」とおっしゃっていただけたのだと、すごく強く思いました。 私は最近までずっと将来こうしたい、こうなりたい、ということをずっと誰にも言ったことはありませんでした。なぜならば、着眼点が自分の過去にあり、その過去は封印していかなければならないものだと周りの言動でずっと思っていました。 ずっとどこかで孤独感に苛まれてきました。心を、感情を無理やり押し殺してきました。殺し続けたことはとても苦しかった。そして、信じていました。私の感情を殺して殺して殺し続ければ、もう二度と周りを不幸にすることも悲しませることも苦しませることもない、自分がどんなに苦しくても大切な人を守ることが何よりも大切なことだと感じていました。 ハッとしました。信頼関係、本当は築きたい、でもそれには、私の過去を話さないこと、それは私には私が苦しくてできないのだと、そして、それは、話してもよいのかもしれない。 語らずにはいられない、そのお言葉にどこかとてつもなく、重荷が降りた、胸のつかえがとれた感じを強く感じています。 人の心には敏感に、そして、その気づきを大切に生かしてこれから出会う人も今であっている人とも信頼関係を築いたり、私の今までの気づき、これからの気づき、そこから出来ることを見つけて、私の将来の目標を叶えて、私の人生の意義をきちんと果たしていく、そして、その目標・意義に捧げる人生を送りたいと思います。本当にあたたかいありがたいお言葉をありがとうございました。

丹下覚元さま お返事遅くなり申し訳ありません。正直なところ、私はいい子ではないと思います。何故ならば、私は私の母校の同級生のようなトップクラスの大学に現役で入ったわけでもない。実は本音のところではそう思います。自分の言いたいこと、やりたいこと我慢してきたのは言い出せなかったこともあります。苦しみから逃れたくてこういう治療を受けたい、そういうことも言い出すと「どうして?」と言われてそれで抑えてきました。その結果だと思います。今の状況は。もし私を苦しめてきた人を罰することができる、と言われても私は一部を除いて望みません。罰したところで、私の苦しんできた時間も今の苦しみも状況も変わりません。でも、もし望むことができるのなら、本当に私を殺してほしいと望んでしまうと思います。ここ数日体調をまた崩し、精神的にボロボロなのでそれしか言えません。すみません。

関連する問答
このページの先頭へ