hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お寺を継ぐには

回答数回答 3
有り難し有り難し 26

私の祖父は日蓮宗の僧侶なんですけども

祖父からは自分のやりたい事を
やりなさいと言われ

今まで理科の教員になろうと思ってました
しかし小さい頃、母の兄から
少しだけでいいから
お寺を継いでくれるか?
と言われ
うんと答えたのを最近思い出し
最近本気で継ぐことを考えてます

そこで質問なのですが
まず大学はどこへ進学したほうがいいとか
あるのでしょうか?
後、兼業とかできるのでしょうか?
兼業として子供に勉強を教えたいんです

わからない事が沢山あるので
出来る色々教えてくださると助かります

2015年5月28日 20:56

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

自ら進むこと

Takさんはじめまして!浄土宗の28歳のお坊さんです。

日蓮宗の僧侶への道のりはちょっと分かりませんが、〜宗の宗門大学というのがあると思います。例をあげるならば浄土宗の場合だと、東京の大正大学、京都の佛教大学です。
ぜひ調べてみてくださいね!
他にもまず自分の学びたいことを勉強しに仏教系とか関係なく普通の大学に行って、就職して、時期が来たら道場に入って詰め込んで勉強したり等、色々な進み方があると思います。

やりたいことをやりなさいという祖父の言葉。お坊さんはそれが可能といえると思います。

兼業のことですが、お寺の規模や地域にもよるでしょうけど、全国のお寺のうち、お寺のみで生活しているお寺は大体4割くらいと聞いたことがあります。
毎日月参りでお寺の法務が絶えないお寺では兼業は無理でしょうし、土日のみお寺のことやって平日は別の仕事してるお寺さんもあったり、実に様々な形態があります。
応援してくれているお爺さんにもお寺の形態をよく聞いたりしながら、
Takさんのやりたいことを目指して、一本太い芯となるような道を選び取ってくださいね!

お坊さんでも何の仕事でも、
流れに任せて仕方がなく嫌々やっている人と、
自ら望んで選んでその道に進む人、とでは自分で気づかなくても周りから見て一目瞭然で人間性に現れてきます。

Takさんのこれからの未来が自ら望む最良の道となることを願っています!
応援してますよ♪♪

2015年5月29日 16:22
{{count}}
有り難し
おきもち

北海道の函館市で副住職として活動中。 函館を愛し地元を盛り上げていけるみ...

後を継ぐことは、選び直すことです

Takさん、初めまして。
徳島県の法話と天井絵の寺 觀音寺 中村太釈と申します。

寺を継ぐかどうかを迷っていて、兼業として子どもに勉強を教えたいのですね。
祖父から「好きにことをしなさい」と言われ、Takさんの母の兄(伯父さんですね)に「お寺を継いでくれるか?」と言われ、Takさんはどちらもやってみたいと考えておられるように思います。

考え方の順番があると思います。
順を追って考えてみましょう。

1.寺を継ぐとは?
寺を継ぐということは、寺の業務をこなすというだけではありません。歴代のご住職が積み上げてきた歴史と、檀家さんがおられたら檀家さんのご先祖さまの供養を継ぐことになります。寺の歴史や檀家さんを含めて寺を継ぎたいですか?
寺を継ぐことは、「Takさんがやりたいことを選び直すこと」です。
とても大切なことなので、心にしっくりと落ちるまで考えてください。

2.兼業について
二足のわらじ(兼業)される場合は、最初に決めておかなくてはならないことがあります。
それは、「どちらを優先するか」です。急なお葬式の場合、お寺の檀務をとるのか、仕事をとるのか選択になります。
「お寺だから、当然葬式じゃないか」と考えるのは、僧侶だけです。一般社会では、目の前の仕事が最優先します。つまり、突然に仕事を休まれると会社としては困るのです。積み重なれば、仕事を続けることが難しくなります。

3.大学について
私は高野山真言宗ですので、日蓮宗についてよく分かりません。近隣の日蓮宗のご住職にたずねるのが間違いないと思います。

Takさんが、心穏やかな人生を送ることができますように。

2015年6月1日 11:55
{{count}}
有り難し
おきもち

徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...

僧侶は職業と捉えてはいけないように思います。生き方です。

様々なお寺があると思います。
あなたがどんなお坊さんになりたいかということです。
私は、曹洞宗の僧侶です。
仏教系大学を出て、修行に行き、その後就職しました。現在も兼業という形です。

兼業で辛いことは、僧侶としての生活を全うできないこと。娑婆の煩わしさに惑わされることが多くなることです。

しかし、職業として僧侶をわりきってされるのであれば、どんな形でもいいのかと思います。

大学は仏教系だろうとそうでなかろうと、関係ないと思います。修行中にも、終えてからでもいくらでも勉強できます。

本当にやりたいことをやるべきです。「やると返事をしたから僧侶になる」では、全うできる生き方ではないと思います。兼業でもかなり精神的に厳しいモノがあります。

2015年5月29日 21:08
{{count}}
有り難し
おきもち

質問者からのお礼

ありがとうございます

もう一度考え直してみます

「お寺全般」問答一覧

お寺でボランティア

いつもありがとうございます。 また質問させてください。 外ではニコニコしていて陽気で人当たりが良く気前も良い義父なのですが、家の玄関を開けた途端に豹変し、家族に対していつもイライラし、支配したがり、言うことを聞かないと怒鳴り、暴言、見下し、金づる、口を開けばモラハラととれる言葉ばかりを発し、孫に対して差別したり気に入らない孫には煩いと怒鳴り思い通りにならないとバカ野郎と怒鳴って脅して叩いたりしてきます。 そんな義父ですが、お寺のボランティアを熱心にしています。 外では本性を隠しているので住職にもバレていないみたいでとても信頼され気に入られており、住職主催のイベントを毎回お手伝いしています。 義母は良い戒名を頂くためにボランティアをしているんだと言っていました。 私は義父の本性を毎日見ているので、いくらお寺で徳を積んでも、今まで家族にしてきた悪行は帳消しになるわけがないと思っているのですが、仏教的には帳消しになるのですか? 人の心を好き放題傷付けても、ボランティアさえすれば全部チャラなのですか? お寺でボランティアをしたら良い戒名を頂けるのですか?値引きして頂けるのですか? 良い戒名は我が家ではとても手が届くお値段ではないので、義父亡き後私達に支払いを求められても払えませんし、あんなひどい人間に良い戒名などとんでもない!と思ってしまいます。 ボランティアの前に、家族を大切にすることの方が大切なのではないかと思うのですが、違いますか?

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

遠方の菩提寺への対応がわかりません

遠方で一人暮らしをしていた高齢の母を介護呼び寄せして世話をしていたのですが、先日他界しました。 菩提寺は、両親の生まれ故郷(呼び寄せ前に住んでいた土地)にあります。 父はすでに他界し、その菩提寺に遺骨を預けてあります。お墓は建てておりません。 菩提寺は家から遠かったこともあり、護持費と行事ごとのお布施を振り込んでお寺で供養していただくのみで、直接対面のお付き合いはありませんでした。 母の葬儀はこちらで執り行い、通夜や告別式はせずお坊さんも呼ばず無宗教の直葬としました。 現在、遺骨は私の手元にあり、写真を立て、ろうそくと線香、お茶と生花を供えて供養しています。 今後、母の遺骨は、こちらの自治体の無料の納骨堂(期限1年間)に預ける予定で、その期限までに永代供養墓か納骨堂などを見つけて移すこととなります。 私は独身で子供もいないため私の代で家系が途絶えます。 遠方にある親の持ち家は引き継がないため、いずれ父の遺骨もこちらに持ってきて、母と一緒に永代供養墓に入れる予定です。 そこでお伺いしたいのですが、 * * * * * (1)母の他界は菩提寺にすぐお知らせした方がよろしいのでしょうか?それとも永代供養墓など預け先が決まってからでもよろしいのでしょうか? (2)すぐにお知らせする場合は、父と同じように菩提寺の供養に則り戒名もらったり法要を執り行うことになるのでしょうか? (3)お墓はないので墓じまいはありませんが、菩提寺とのお付き合いを終わりにする際、父の遺骨を引き取るのにどのような費用がどのくらい掛かるものなのでしょうか? * * * * * 母が健在のときはかなり高額なお布施を何度もしており、菩提寺からもお寺改修費などで一人〇〇万円と希望額を提示した寄付のお願いなどが来るのですが、私は現在無職で収入もなく大きな出費を負担するのがとても厳しく、また、遠方のため行き来するのも難しい状況です。 どういう段取りで何をすべきかや、どのくらいのお金の準備があればよいのかわからず頭を抱えております。長い文になり申し訳ありません。 アドバイスいただけますと大変有難く存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

初心のお寺からパワーを授かりたい

いつもお世話になっております。 昨年、今年と運気がさらに悪くなることはなかったのですが横ばいのような感じで、あまりパッとしない日々を過ごしております。 起死回生をねらって転職活動や資格試験も頑張っているのですが、あと一歩のところで実を結ばない結果が続いています。 今、結果待ちのものもありますが、自分の力を発揮出来ず、悔しい気持ちと同時に、成功している奇跡を信じて、運を天に任せている状態です。 そこで、少しでも運気の流れを変えたく、やはりこれまでずっとお世話になってきた某寺にお参りして何かパワーのようなものを授かろうと思っているのですが、あまり意味はないでしょうか。 たしかに、過去には「参拝したけど良いことがなかった」とか「おみくじを引いたら凶が出て、その後本当に不運が続いた」とか良いイメージがなかったこともありました。 一方で、就職に悩んでいた時に参拝した直後、すんなり就職が決まったり、6年前には参拝して1週間後に今の妻と出会ったと言う「運命」を感じたこともありました。 特に理由はないのですが、このお寺からパワーを授かると、運気が変わる気がします。 お参りに行く価値はあるでしょうか。

有り難し有り難し 17
回答数回答 3

オープンなお寺とクローズドなお寺?

語彙力が無いので、もし失礼な表現になってしまっていたら申し訳ありません。 私はお寺に行くのが好きです。 奉られている方々にお参りしてご挨拶したいというような気持ちで向かうこともあれば そのお寺のある御山そのものに包まれたいと行ってみたり 歴史や仏像、建造物としての素晴らしさに触れることを目的に伺うこともあります。 勿論御先祖への気持ちや、その他諸々思うところあって、お参りに行くこともあります。 ただ お寺側が積極的にオープンにしてくださっている場所(総本山や所謂名刹、もしくは様々なメディアで情報発信をしているようなところ)だと気兼ねなく伺いやすいのですが、 そうでないお寺だと 興味があってもなかなか入りにくいです。 時間等は常識の範囲内で、純粋に本堂にお参りに伺うだけといった場合でも、 やはり檀家でもない紹介もないような人が入られては困る、ということはあるのでしょうか。 旅先や引っ越し先に出会ったお寺で、どなたが奉られているのかな?など気になることもあるのですが、もしそのお寺や周りの方々の気分を害してしまったら…と思って戸惑ってしまいます。 またオカルトな話なんかだと(主に神社等ですが)由来の分からない寺社にやたらに入るのは良くないなんて言われたりもします。こういったことはあるでしょうか?

有り難し有り難し 32
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る