hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

母親の死と罪悪感

回答数回答 3
有り難し有り難し 152

以前にもこのサイトに投稿させてもらった者です。

母親の死から一ヶ月少々経ちました。

ですが、強烈な罪悪感が毎日毎日、自分の胸をえぐり切りきざみます。

数分違いで看取れなかったこと
死を察して、寂しく孤独を感じていた母親に付き添わなかったこと

どちらも僕がその気になればいくらでも出来たことなのに、自分のことを優先するばかりに、それをしなかった。

その結果、母親を孤独と寂しさの中で誰にも看取られず、逝かせてしまいました。

今更それを嘆いても、後悔しても、どうしようもない。

でもどうしても、頭の中が一日中、そればかりなんです。

勇気はないですが、常に勢いに任せて、自分で命を絶つ考えを持ちながら生活しています。

というか、その日をやり過ごすのが精一杯で・・・

僕もいつか逝く時は、独りで孤独に死ぬことになるんだろう?とか、食事をするにしても、あんな親不孝なことをしておいて、ご飯なんか食べる資格が俺にあるのか?とか、すべてが悲観的にしか考えられないんです。

日が経つにつれて・・・とかよく言われますが、僕の場合は日に日に罪悪感が大きくなっていくようで、そのうちどうにかなってしまいそうです。

もちろん、まだ母親が逝った事実も受け入れられてない状況で・・・
もう二度と逢えないと思うと、寂しくてたまらなく・・

母親の
『寂しい』
『何でまだ死ねないの?』
『家に帰りたい』

この言葉が一日中ループしていて、恐ろしく辛いです。

僕は生に値する人間なんでしょうか?

こんな親不孝な自分が、のうのうと生きていていいんでしょうか?

こんなこれ以上ない親不孝物の息子に、この先の未来はあるのでしょうか?

また、未来があっていいのでしょうか?

これほど辛い毎日で、生きる意味は?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

それが自分を優先させている生き方であるように感じます

あなたがお母さんより「自分を優先するばかり」であったと反省しながらも、今もやっている事が、お母さんより「あなたの考えを優先させている姿」である事に気づくべきです。
いたずらにそうやって自分を責める事と「本当に申し訳なかった」と供養、懺悔することとは別の事です。
お母さんとの40年間は、そんなに苦しみ通しの人生であったのでしょうか。
楽しかったことだって山ほどあるはずでしょう。その楽しい思い出まで打ち消すような事はするべきではないと思います。
最期の印象がたとえ悲哀に満ちた印象であったにしても、もっと素晴らしい時間だってあったはずです。
ちゃんともう一度、心を通わせることが必要なのではないでしょうか。
あなたの中のどこかに「人間死んでしまったから、もう終わりだ」と思い込んでいるところがあるのでしょう。それこそ誤ったものの見方です。
なぜなら実際にあなたは母の死後一ヶ月も、母に対する気持ちが日に日に強く起こっている。
何故、そこに眼を向けないのでしょうか。
苦しいのは、母との関わりが死んでからでも続いていることの確かな証。
そして、心の通い合いを疎かにしてきたままの確かな証明です。
霊とは本来そういう思いの事なのです。
外に霊魂があるのではなく、あなたの中の母親への思い、関わりの実質なのです。
確かな影響力として毎日、自分の上に生きている時と寸分違わず、影響力が及ぼされている事に眼を向けてください。人は死んでも終わりではないのです。
だから相手が亡くなろうとも、多くの人たちは関わりを続けて供養してゆくのです。
自分を責めて苦しみに浸り続けようとしていること自体が自分を優先させている姿です。
ダメだ、愚かだ、と自己の命を否定しようとしていることも、せっかくあなたをこの世に誕生させてくれたお母さんの尊厳をも打ち消すようなことです。
だから、なおさら苦しいのです。
そういうのをこそ親不孝というべきです。
あなたは、お母さんにちゃんと向き合ってこなかったところがあるのでしょう。
今こそ、ちゃんと向き合うべきではないでしょうか。
厳しいようですが、あなたを責めているのではありません。
人間が心底救われるには、自論を離れて、ネガティブな思考に拘泥せず、今をきちんと生きる事にこそあります。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

人はすべてを許して肉体を離れます

きよ様、初めまして。
お辛い様子が目に止まり、久々に返答させて頂きます。

ご自責の念、痛いほどお察し申し上げます。
と申しますのも、20年以上前に亡くなった父に対する私の想いと重なったからです。

私はこれまでに、数えられないほどたくさんの方々をお見送りして参りました。
10歳を迎える前にお病気で亡くなったお子様。20歳を前に、自ら人生を終わらせたお嬢様。1歳の誕生日までに8時間にも及ぶ心臓手術を2回もしたにもかかわらず、帰らなかったお子様…

たくさんの方々の最期に接する毎に、どのような亡くなり方をなさっても、息を引き取る寸前にはすべてを許し、すべてを受け容れて肉体を離れるのだという確信がますます強くなって参りました。
そして、最後の呼吸とともに願うのは、跡に残す人の幸せだけだということに、何の疑いもありません。

悔やむお気持ちはよくわかります。しかし、何がいちばんのお母様への供養になるかと申しますと、残されたご自身が幸せになることではないでしょうか。
時間は巻き戻すことはできません、いま、どのようにすればお母様がお喜びか、これからご自身がどのようにあれば、お母様がお喜びびなるかをお考えください。

最後に、たくさんの息を引き取る方を見送った、救急救命士の方からのお話をお伝えしたいと思います。
http://digitalcast.jp/v/20917/

息を引き取る寸前に、自分につぶやく「三つのことば」もごらんください⇒http://shukai.seesaa.net/article/282633501.html

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


・浄土宗僧侶(元浄土宗寺院副住職:実家大阪市浄土宗天龍院千代田別院普請中)...

仏教から少し離れますが

きよさん、はじめまして。
徳島県の法話と天井絵の寺 觀音寺 中村太釈と申します。

>僕は生に値する人間なんでしょうか?
>こんな親不孝な自分が、のうのうと生きていていいんでしょうか?
上記のきよさんのコメントを読んで、少し気になりましたので仏教を少し離れた視点から話を進めていきたいと思います。

身近な人が亡くなった喪失感は、一言で言い表せないくらい大きいものです。
昨日まで元気な姿をしていたにもかかわらず、今日は別れの儀式をしなくてはいけない。
儀式は過ぎて行くけれど、心が付いていきません。

人は、大きな喪失を体験した時に4つの段階を踏んでいきます。

1.何も感じられなくなる
つらい、悲しいをはじめとして喜びや楽しみも失ってしまったようになります。
これは、心が壊れてしまわないようにブロックをしているだけです。喪失感が大きいほど、深く沈んでいきます。
2.感情が大きく振れる
突然に泣き出したり、突然に理由もなく怒り出したりすることがあります。
本人の感情とは別の所で起こっているような気がするので、「気が変になってしまったのではないか」と心配されることもあります。これは、喪失を受けとめようともがいている状態です。
3.現実が理解できはじめる
少しずつですが、身近な人が亡くなったという喪失感を受け入れることができる段階です。それでもなお、第二段階へ行ったり来たりします。
4.喪失が思い出となる
故人が亡くなったということを受けとめ、供養していきたいという感情がわき上がってきます。未来に向かってご遺族が自分の人生を歩き始めます。

さて、きよさんはどの段階におられるのでしょうか。
文面から拝察すると1~2段階を行ったり来たりしていると思います。

この段階で心が壊れてしまったり、心を病んでしまうことがあるので注意が必要です。
きよさんには、その傾向があるように感じます。強く罪悪感を感じたり、自ら命を絶つことを考えてしまうようであれば専門家の手を借りることも検討されることをおすすめいたします。

ご自愛くださいますように。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...

「罪悪感・罪の意識で苦しい」問答一覧

元恋人に酷いことをした償いをしたいです

長文失礼します。 私には同性の恋人がいました。その人とは相手の親に関係がバレてしまい(相手の親は同性愛に反対されているようでした。彼女の家はそれ以外にも家族関係が悪く、辛い思いをしていたみたいです。)、別れることになりました。 それでも両思いの状態でしたが、彼女が男の子に告白されてと付き合うことになりました。 私はいわゆるメンヘラと呼ばれる性格で、しかも物事、特に感情を上手く言語化して伝えるのが下手です。そのせいで何度もすれ違いを起こしてしまい、迷惑をかけてしまいました。 それからも、すれ違いや勘違いを起こしてしまったせいで心中未遂や強姦紛いのことを彼女にしてしまいました。 親に拒絶され、とても苦しくて辛かった彼女のことを考えれず、何度も何度も傷つけてしまいました。もともと人の気持ちを察するのが苦手でしたが、それ以上に気遣ってあげれませんでした。 彼女とは今仲直りをしておて、友達という関係にいます。償いも、自殺や自傷をしないで、何があっても寿命を全うすることだと言われました。幸せに生きろと言われました。 辛いことがあっても耐えるようにしているし、相談できる友達を作るようにもしています(まだ居ませんが…)。 言った通り私は罪人ですし、彼女が訴えたら犯罪者です。それなのにこんな奴が彼女の優しさに甘えて幸せになっていいのか、彼女が苦しんでいる間のうのうと生きていていいのか分かりません。 私みたいな罪人はもっと苦しむべきだという思いがいつも頭の中にあります。 自分を犠牲にしてでも彼女を助けなきゃ、力にならなきゃとも思っています。これはきっと優しさや償いではなくてただのエゴだとは思いますが…。 私はもうこれから先どのように生きていけば良いのか、どのように償えばいいのか、どのように彼女の隣でいればいいのか分かりません。 いくら考えてやってみても、全部裏目に出てから回ってしまい、余計に迷惑をからげることばかりでした。 死ぬ事が償いになるなら死にたいですし、ちゃんと自首するのが償いなら自ら警察にも行きます。 彼女の言うとうりにすべきならそうします。私にはどれが正解かわからないです。 下手くそな文章でごめんなさい。回答貰えると助かります。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

罪悪感との付き合い方

高校三年男子です。先日の質問に回答いただいてありがとうございました。彼女にも話をし、時間をかけてもいいから直す形で解決しました。 今回はそのこととも少し関連のある話です。 自分は承認欲求や自己顕示欲が高く、虚言癖や妄想癖がある人間でした。無駄に自信を持ち調子にものっていたと思います。自覚してからは治すように努力していますが、そのことで彼女に辛い思いをさせたこともたくさんあります。 つい最近は前回の質問のようなことがあり、自分のせいで彼女を傷つけてしまいました。 しかし、冒頭にも書いたとおりもう解決し、あとは自分の心と向き合って直していく段階なのに、どうしても罪悪感のようなもやもやが消えません。 朝起きたとき、暇なとき、ふとした時に具体的にどうということはなくとも心の中に罪悪感のようなもやもやが襲ってきて、そこからいろいろなことを考えてしまいます。 過去は変えられないし反省してこれから頑張れば良い、罪悪感を背負うのも仕方ないと自分に言い聞かせていますが、このまま罪悪感を抱き続けると彼女のことをまた傷つけてしまいます。 罪悪感が浮かんできても時間が解決してくれるから、考えたり連想しないようにしようと自分で思っています。 こんなことを考えるのはおこがましいかもしれませんが、もしかしたら時間は解決してくれず一生罪悪感を背負うのかと不安です。 罪悪感から元カノのことを連想してしまい、そのことからまた彼女のことを傷つけてしまうという罪悪感に襲われます。 せめて時間が解決してくれるという確信が持てれば忘れるように努めることができますが、そんなのは誰にもわからないというのはわかっています。 時間はかかってもいいのでこの罪悪感から解放され、ことあるごとに過去のことを思い出す生活から抜け出したいです。 わかりづらい文章で申し訳ないですが、少しでも助言いただけると幸いです…よろしくおねがいします。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

罪悪感

こんにちは。初めて質問させていただきます。 私は現在、大学生です。小学3年生の時にバレー部に所属していました。入部したばかりで練習にも慣れていない頃、3つ上の先輩と声を上手くかけられなかったこともあり、ぶつかってお互い転んでしまい、その先輩が骨折をしてしまいました。その場でその先輩には謝罪をしましたが、こういうことが初めてだったこともありどうすればいいのか分からず、自分の親にはぶつかってしまったということだけ伝え親は私のせいで骨折をしたということは知らないと思います。なので、自分の親から相手の先輩の親に謝罪することは無かったと思います。しかし、たまにこの出来事を思い出してとても罪悪感を感じます。本人には謝ったとはいえ常識としてその相手様の親にも謝るべきだったと、、。歳も離れていることもあり、その先輩とは会うこともありません。親同士が年に1度スーパーなどで会うか会わないかくらいです。私は今上京してきてしまっているので、先輩の親御さんに会うことは出来ませんが、自分の親にもその当時のことを話し、もし自分の親がその先輩の親御さんにお会いした時に私の代わりに謝罪をしてもらった方がいいのでしょうか?何年も経ってしまったということもありどうすればいいのか分かりません。罪悪感が消えなくて苦しいです。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

罪悪感で心が苦しい

2ヶ月前に母親と喧嘩し弟の事をクズの○○はいいんかーって暴言吐きました。ドアを蹴られの穴があいてしまい、鳥かごを投げ飛ばされインコ一匹骨折しました 。クズって言葉で弟を傷つけたと思うと。頭の中でずっと「このクズがー」って言葉が響いて苦しいです。早く忘れたく弟と離れたいけど親が家から出させてくれません。外見が悪いため結婚して出る事もできません。保証人になってくれるような親しいひともいません。一生弟と離れられず罪悪感を忘れられないのは苦しいです。母は弟を溺愛、私冷遇、私が風呂を入る前に寝てしまい、目が醒めた時にシャワーを夜中に浴びただけで怒り、それで私も、クズの○○はいいんかーって冷静さを失いました。ちなみに弟の事は何もいいません。弟は学生の時から学校いかず、今も働かなく引きこもりでゲームばかりしてる弟の世話を親の死後自分が弟のぶんの生活費を稼がないと行けないのが悩みで自分の事だけで精一杯で共倒れしたくないなら親が存命のうちに早く死んでほしい。みんな頑張って働いてるのに怠け者のクズって心の中でずっと思っててそれが外に出てしまったんです。吐いたものは戻せないと分かってるけど弟の人格を否定して傷つけてしまった事に対して大変辛いです。弟に自分の気持ちをしられ信用をなくしたのも辛いです。今、思えばギャンブルに狂ってるわけでもなく、血の繋がった大切な弟なんです。クズの言葉で傷つけた事が頭から離れません。どうか助けて下さい。お願いします。謝罪しても許してはくれませんでした。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

罪悪感で死んでしまいたい

人に迷惑をかけた罪悪感で苦しいです。 数年前、自己への無価値観に就活が追い討ちをかけ、鬱になりました。 恐怖でスマホが触れられなくなり、電源を切ったままでずっと自室に引きこもりました。 その間重要な連絡ややりとりを一切出来ず、そのせいでエージェントや企業など沢山の方に迷惑をかけたと思います。 全てを絶って自殺するつもりでした。 でも結局出来ませんでした。ODくらいしか出来ませんでした。もう自分の全てを諦めていたはずなのに。情けないです。 1年ほど死んだように自室で何もせず過ごしていました。 病気にも通い、現在は精神的に少しだけ立ち直りましたが、気分が上向きになればなるほど、その当時のことを思い、罪悪感で苦しくて死にたくなります。 当時は精神が相当参っていて、アルバイトのシフトを変わって欲しいという人からの頼みをLINEで断ることすら申し訳なくて出来ず、泣いていました。最終的にLINEを消してしまうくらいでした。人の連絡がなによりも恐怖でした。 当時の自分には仕方のないことだったのだと言い聞かせますが、それでも過去の自分を責めずにいられません。 この前勇気を出してエージェントサイトにアクセスしたら、もう登録が解除されていました。もう何年も前のことなのでどの企業と選考が進んでいたのかも曖昧です。 ここで他の方の問答を読んでいたら、良い行いをしていくことで罪滅ぼしをしようとされてる方を沢山見ました。 でも私の場合、昔から人へ親切をすることで足りない自己肯定感を満たしてきたところがあったので、いまや良いことをしようとする自分自身すら浅ましく辟易してしまいます。自己嫌悪が永遠に治りません。 どうしたらこの罪悪感から抜け出せるでしょうか。ご指南ください。 そんな罪悪感もあり、自分への諦めや人生への後ろ向きな思考からずっと抜け出せず、ここ何年も欲しい物を買うことすらできていません。そのうち死ぬつもりだから物を持つのが怖く、一瞬を満たし消えてくれるお菓子のようなものばかりにお金を浪費してしまう自分が情けなく、自分を変えたいけれどうまくいきません。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

過去の過ちに対する罪悪感で死にそうです。

これで最後にします。もう一度相談させて下さい。私が高校生の時に父がある手術を受けました。そのとき私は何故か「父が死んだらどうなるだろう」とか「別に死んでもかまわない」「死んでもいいかな」などとても不謹慎な事を考えてしまいました 。また、「父がいなくなれば携帯を買ってもらえる」「嫌な部活を辞めれる」「好き放題自由に遊んだりできる(夜中に遊んだり非行に走ったり)」などそのような考えも浮かんできて父の死を望んでいる自分と心配している自分がいるような感覚になりました。 私は父が嫌いではなかったですし父の事を心配していたはずでした。しかしふとそんな考え、雑念のようなものが頭に浮かんでしまったのです。死ぬ事なんてまずないような簡単な手術だったのですが、そんな事を考えてしまいました。手術は無事成功してそれから5年ほど経って現在に至るのですが、最近ふとその事を思い出してあんな事を考えた自分が恐ろしくなって動悸がしてパニック状態になるぐらいです。今は親に対してそんな不謹慎な事を思うこともなく、あの時の事を申し訳なく思っていますし、反省も後悔もしています。親孝行したいという気持ちもあります。しかしあんな事を考えた自分が平然と生きていていいのか?と思うと怖くて怖くてたまらなくなります。趣味や好きな事で気を紛らわそうと思ってもその事が頭から離れず怖くてたまりません。許されない事だとわかっていますし。罪が消えない事もわかっています。しかしなんとか罪を償いたいです。私はどうすればいいのでしょうか?こんな私は生きていてもいいのでしょうか?アドバイスやご意見よろしくお願いします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

過去の過ちに対する罪悪感で死にそうです。

私が高校生の時に父がある手術を受けました。そのとき私は何故か「父が死んだらどうなるだろう」とか「別に死んでもかまわない」「死んでもいいかな」などとても不謹慎な事を考えてしまいました。私は父が嫌いではなかったですし父の事を心配していたはずでした。しかしふとそんな考え、雑念のようなものが頭に浮かんでしまったのです。死ぬ事なんてまずないような簡単な手術だったのですが、そんな事を考えてしまいました。手術は無事成功してそれから5年ほど経って現在に至るのですが、最近ふとその事を思い出してあんな事を考えた自分が恐ろしくなって動悸がしてパニック状態になるぐらいです。今は親に対してそんな不謹慎な事を思うこともなく、あの時の事を申し訳なく思っていますし、反省も後悔もしています。親孝行したいという気持ちもあります。しかしあんな事を考えた自分が平然と生きていていいのか?と思うと怖くて怖くてたまらなくなります。趣味や好きな事で気を紛らわそうと思ってもその事が頭から離れず怖くてたまりません。許されない事だとわかっていますし。罪が消えない事もわかっています。しかしなんとか罪を償いたいです。私はどうすればいいのでしょうか?こんな私は生きていてもいいのでしょうか?アドバイスやご意見よろしくお願いします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

母を死に追いやった罪悪感

母が重い病気を患っていましたが、お医者様からは、すぐに命にかかわることはないと言われて安心していました。しかし、突然、どんどん病状が悪化し、2カ月ほど前にあっけなく亡くなりました。 私が母の健康の為と思って毎日食べるように勧めていた食べ物が、その疾患を悪化させるので絶対に摂ってはいけない物だったことを、最近になって知りました。そういえば前に母から電話で、「あれ、毎日たくさん食べ過ぎちゃってるけど大丈夫かな?」と聞かれたことがあり、亡くなる1カ月ほど前には、「もうあれ食べるのやめたから」と言われたことを思い出しました。今から思うと、母は私が勧めた食べ物が原因で悪化したことを知ったのでしょう。お医者様も、突然の悪化に驚いていらしたので、きっと食生活などを聞かれて分かっていたのかもしれません。 私はただでさえ、母の死でどうしようもなく苦しんでいたのに、もっと長く生きられた母を殺してしまったのが自分だとわかり、罪悪感で死んでしまいたいほどです。悲しむ家族の姿を見ると、本当の事を言ってしまいたいですが、悲しませるのと恨まれるのが怖くて言えません。 母は最期まで私を責めることなく、それどころか感謝していました。寂しそうに「もう少し生きたいな」と言っていた母を思い出しては、毎日泣いてばかりです。自分のしたことが恐ろしくて、一生立ち直れそうにありません。 これは、よくある残された者の根拠のない罪悪感ではありません。医者をしている友達にすべて話しましたが、やはり「それはまずかったね。でも、済んでしまった事を後悔しても仕方ない」と言われてしまいました。この言葉で、やはり私が死なせてしまった事を再確認しました。 自分の気持ちが軽くなる方法を教えて下さいと言いたいところですが、私は自分の犯した罪を償う為にも苦しむべきのような気がしています。それよりも、母に懺悔する方法はないでしょうか?どうすれば、私の心からの謝罪が母に伝わるのでしょうか?また、家族には話すべきでしょうか?

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

昔してしまった最低なことについて

前に質問させていただいた事なのですが、私は昔最低なことをしてしまいました。 小学生低学年の時、図工の授業で作った作品を学年中の人たちのを壊して回ってしまったことを今まで犯人だと言い出せなかったことや、他にも最低なことをしてしまったことを以前質問させて頂きました。そして回答をもらい、その事は墓まで持っていくしかないと言われ、深く反省しその事は一旦忘れ、真剣に生きようと思いました。 ですが、壊してしまった作品の中に私の親友のものもあったのです。当時は悲しんでいる親友に対して「酷いね、だれがこんなことしたんだろう」みたいなことをのたまって慰めていました。その親友とは今でもたまに遊びに行ったりしている仲なのですが、私がその最低なことをしたとは親友にはバレていません。 私の自業自得なのですが、その事がとても心苦しく、謝りたいと最近思い始めました。 その事で親友に絶交されても仕方ないとも思います。 ですが、私が本来謝らなければならない人は沢山います。現実的にも心情的にも全員には謝れません。その中で親友にだけ謝るというのはその子にもこの苦しみを負わせてしまうのではないか、その子のためにならないんじゃないかと思うと怖くて、そもそも私がその子に謝りたいのは自分が楽になりたいだけなのではないかと思うと、やっぱり謝らないでこのまま自分が背負うべきなんじゃないかとも思います。 お坊様はどう思いますか?

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る