hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

会いたいです

回答数回答 4
有り難し有り難し 607

父が亡くなって一か月です。
不器用だったけど優しくて、大好きな父です。
もういないと考えると寂しくて悲しくてたまらなくなります。

毎日のように骨壺をあけて骨を触ってしまいます。
いなくなったのを納得したい気持ちと、父がいたことを少しでも覚えておきたい気持ちで触ってしまいます。

もう少ししたら納骨することになります。
そしたらもう触れないと思うと、寂しいです。
でも母や兄たちには言えません。
家族みんな寂しい気持ちを乗り越えようとしてるのは同じだとわかるから。
でも、寂しい。

誰でも大切なひとを亡くす経験をすると思いますが、どうやって気持ちに折り合いをつけているのでしょう。
悩んだときにいつも話を聞いてくれたのは父でした。
父に会いたくてたまりません。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

また会う世界が用意されています

浄土真宗のお話をさせていただきます。

阿弥陀如来という仏様は全てのいのちを救いとる為、極楽浄土という世界を建立なさいました。
私たちは命尽きると阿弥陀如来の力で極楽浄土へ参ります。
そこでは、先に行かれた方が仏となって迎えてくださります。
だから、死して別れるのは永遠の別れではありません。
極楽浄土でまた会えるのです。

私たちには煩悩がありますので、仏の姿を見ることはできません。
しかし、仏様からは私たちの姿や考えは丸見えです。
お父様は必ずmikaさんのことを見守ってくれているでしょう。

今すぐ会うことはできません。
しかしまた会う世界が用意されています。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


始めまして、釈心誓と申します。 浄土真宗本願寺派の僧侶です。 若輩浅学...

会えますよ。

お父様、大好きだったんですね。
ご心中お察しします。

私も30代で母親を亡くしました。
私も母が唯一の相談相手でしたから、母が亡くなった時には相当なショックを受けました。

ただ私は、母が亡くなってから一度も人前で泣けませんでした。
兄や姉が涙を流して悲しむ横で、気丈に振る舞う父親を見て「私まで泣くわけにはいかない」と自分で勝手に我慢していました。
毎日でも母に会いたいと、49日までのあいだ毎日欠かさず実家に通いました。
お経を上げながら、生前の母を思い出すたびに涙があふれそうになるのを必死でこらえていました。

そんなある日、いつものように母の霊前でお経を上げながら、ふと遺影を見上げた時、あることに気付いたのです。

「私はこんな顔知らない・・・」

そう、私の記憶の中のどこを探しても、遺影という写真に切り取られた母と同じ顔は一度も出てこなかったのです。

まぶたを閉じるとそこには、活きた生身の母の顔がありました。
幼い頃から見て来た母の色んな姿が、語ってくれた色んな言葉が、そして握った手のぬくもりさえもがそこにはありました。
精一杯生きて見せてくれた母の姿が、私の中にちゃんと生きていたのです。

その夜、自坊に帰った私は、母の死から初めて本堂のご本尊の前で大声で嗚咽が出るほど泣きました。
しかしそれは、悲しみの涙ではなく、母が私に残してくれた沢山の教えへの感謝の涙でした。

mikaさん、今は胸の中を苦しさが占領しているかもしれません。
ですが、もう一度お父さんの色んな姿をしっかりと思い出してみて下さい。

あなたに向けられたお父さんの目は、あなたに語ってくれたお父さんの言葉は、あなたにしっかり生きろと言っていませんでしたか?

今はまだ、お父さんの姿を思い出せば思い出すほど、もっと悲しくなるかもしれません。余計に苦しくなるかもしれません。

でも出来るならば今のうちに、あなたに思いっきり泣いてほしいのです。

涙は内側にこぼすとなかなか乾きません。
だから、涙はしっかり外に流して一日も早く乾かしてほしいのです。

あなたやご家族に、一日も早く新たな一歩を踏み出してほしいのです。

それを誰よりも願っているのは、ほかならぬお父さんのはずですから・・・。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


日蓮宗。倉敷市受法寺住職・岡山市妙立寺兼務住職 1965年生。坊主歴35...

手元供養があります

mikaさん、はじめまして。

徳島県の法話と天井絵の寺 觀音寺 中村太釈です。

mikaさんのお父さまを亡くされたとのこと。心中お察しします。
身近な人を亡くすということは、言葉以上に重いものです。昨日までいた人が突然にいなくなる。話しかければ返事をしてくれたのに、もう返事が返ってくることはありません。川下の水を川上に流せない如く、もう帰ってこないという現実に、ご遺族は悲しみをこらえきれないのです。

mikaさんは納骨を前にして、寂しい思いをされているようですね。
私から提案があります。ご遺族と相談の上、考えていただければと思います。
仏壇仏具を取り扱う店で、手元供養(てもとくよう)するための商品が販売されています。ペンダントの形をしていたり、卵の形をしていたり、写真とともに遺骨を納める容器が付いていたり、様々な商品があります。
手元供養の容器に少しだけお骨を入れて見守りとして持っておくのはいかがでしょうか。それ以外のお骨はお墓に納骨しておくことができます。

mikaさんの心の整理がつき、お父さまが亡くなったことが思い出として心に収めることができるまで手元供養を検討してみるのも一つの方法だと思います。

mikaさんの心が穏やかでありますように。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...

「愛別離苦」について

mika様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

皆、誰もが大切な人との別れは、つらく、悲しい、寂しくなるものでございます。

愛別離苦の苦しみ・・

愛別離苦につきましては、これまでにも下記の各問いにてお答えさせて頂いて参りました。

「愛別離苦について」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_319854.html

もちろん、すぐには乗り越えられない、折り合いはつけられないものであって当然です。それがゆえにも仏教では、私たちの代表的な苦しみとしての八苦(生苦、老苦、病苦、死苦、愛別離苦、怨憎会苦、 求不得苦、五蘊盛苦)の一つとして「愛別離苦」も挙げられている次第でございます・・

しかし、釈尊は、これらに代表されている八苦の苦しみを無くすためにはどうするべきであるのかという教えをお説きになられておられます。その基本となるものが、「四聖諦」(苦諦・集諦・滅諦・道諦)という教えとなります。

「・・苦しみは確かにあるが、その苦しみには、必ず原因・条件(縁)があり、その原因・条件(縁)をしっかりと見極めた上にて、その原因・条件(縁)を解決させることによって、当然に結果としてのその苦しみを無くすことができるのだとして、そのための方法・手段を様々に巧みなる方便にてお説きになられました次第でございます。・・」

拙生もまだまだではございますが、mika様もこれから少しずつでも仏教を学び修されていかれる中で、それらの苦しみも乗り越えていくことができるようになっていくのではないだろうかと存じております。是非共に頑張って参りましょう。

また、悩みがある時には、いつも話を聞いてくれておりましたお父様の代わりといっては、まだまだ役不足かもしれませんが、是非、hasunohaへとこれからも気軽にご質問、ご相談なされて下さいませ。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

お言葉ありがとうございます。
「会える」と断言してくれてすぅ~っと心が少し楽になっていくのを感じました。

小原様の言ってくださったこと、本当によくわかります。
つらい気持ちも、泣くことの意味も、感謝の気持ちも。
何度も読んでかみしめています。

中村様 手元供養という方法があるのですね。
ちょっと検索してしまいました。
手元におくといつまでもふっきれないのでは・・・とちょっと心配になりつつ、考えてみます。

釈心誓様
ちょうどうちが浄土真宗で最近お経に親しむようになりました。
きらきらと輝く極楽浄土で会うために、いまを生きねば・・・と思います。いつか会う世界を楽しみにしています。

川口様
49日法要が過ぎましたが、まだなかなか乗り越えられません。
他の方への回答を拝見させていただき、何度も言葉を読ませてもらいました。
誰にでもおこる苦しみで、ひとりではない、
皆つらく、それでもなんとか折り合いをつけようとしていると思うとそれだけでしっかりしないと!と思えます。
まだまだ迷いが多いですが、縁を探り解決していきたいです。
ありがとうございます。

「亡くなった・死んだ人に会いたい」問答一覧

亡き母に会えるのは

相談になっていませんが、お邪魔してしまいました。 夏に母が亡くなり、つらい毎日です。 父も主人も、前に亡くなり、母と私いつも一緒でした。外から帰ると、こんな事があったよ。と、時間が経つのも忘れて話し込み、高齢でしたが、自分の事は自分でし、本を読んだり、 たまに息子(孫)も、連れて旅行に行きましたが、母も私も出不精なので、休みの日は、家でお喋りしていました。 息子達は、一人暮らしや、仕事で遅くなったりで、母がいなくなって、一人ぼっちになり、毎日つらくてたまりません。 よく、死別の悲しみには段階があると、書いてありますが、今、寂しさと、つらさに加えて、他の人へ対して、「どうして、こうしてくれないんだろう!」とか、「こうしてほしい!」とか、「こう言えばよかった!」と、普段の気にしいの恨み辛み事まで出たり、 集まりで、何人かの人達と会う時も、母の事をなぐさめては、くれるんですが、帰った後、精神的にしんどくなり、動悸を打ち、喪失感が大きくなり悲しくなります。(慰めてもらえなかったら、それは、それで、どうして誰も何も言ってくれないの?と思ってしまうと思いますが) この精神的にしんどいのと、寂しいのと、恋しいのは、もうちょっとしたら、母が帰ってくるんだったら、我慢もできますが、いつまでも、このままだと思うと、あと何年我慢したら母に、会えるのかなあと考えてしまいます。 仕事は、週1〜2回行って、その間だけ気が紛れています。 今は、食事を作るのも、買ってきたお惣菜を食べるのも、家の事も、ほとんどできていません。 仏壇の前の母の遺影の前で、書き物をしたり、布団を持ってきて寝たり、少しの食事を取り、ずっとこの部屋にいます。 息子が、思いもしない優しい言葉を言ってくれただけでも、感動して泣いてしまう始末です。 少しずつ、前に進んで行けたらいいのですが。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

母に会いたい

はじめまして 語源力がないですがよろしくお願いします。 今年7月に母が亡くなりました 癌でした。 僕は地元離れた2、3時間の距離に住んでました 癌ってことを知ってからは 会いに行く頻度を増やそう 食べたい物や行きたい所に連れてってあげようと思いましたが自分の事優先にしてしまいあまり親孝行もしてあげれませんでした。 それでも母を連れてプチ遠出したり買い物したりご飯食べたりしたら すごくニコニコしてて楽しそうにしてくれてすごく嬉しかったです 後からばぁちゃんが言ってたのですが すごく嬉しそうにどこどこ連れてってもらったんだよ〜とか話してたよと聞きました。 その事を聞くとこんな事になるならもっと親孝行できたのにと後悔しかありません 最後は病院で一緒にいる事ができたのは良かったです。 亡くなるちょっと前の日に帰省するからね美味しいもの食べに行こうと言ってたのにお盆が近いからその時に帰る事にするねと言うと母は僕の事を心配してくれてお金もかかるからゆっくり家で休んでお盆においでと言ってくれました それなのに僕は家で休まず友達と遊んでました その時には母の状態もあまり良くはなかったです あの時行ってれば家にいる母に会えて 美味しい物食べに連れてけたのに 後悔しかない自分が情けなさすぎて 母には謝る事がいっぱいです 罪悪感でいっぱいです 最後は薬の影響で多分意識朦朧としてて きちんと感謝の気持ちや謝る事が出来ませんでした なので話す事もいっぱいあるので 母に会いたいです 母がどう思ってるのか この先どうして行けばいいか知りたい そしてちゃんと謝りたいです

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

今も待ってます

こちらのサイトには凄く助けられております。長男が亡くなりもうすぐ五ヶ月。けど、私は五ヶ月前から時が止まったままです。毎朝毎晩線香をあげながら、いつ、帰って来るのかな。と、聞いてます。今思えば、色々長男がおかしかった事を思い、後悔ばかり。あの時、ああしていれば、色々思います。何故、何故、自分で死を選ばせてしまったのか後悔ばかり。出来るなら、あの子が生きていた時に戻りたい。もう一度抱きしめたい。二度と離さない。けど、日々無情に過ぎて行きます。私はあの日から動けずにいます。何故私では無かったのか、何故あの子でなければいけないのか。帰って来て欲しい。あの日の前に戻りたい。今すぐ会いに行けるなら、会いたい。私の最後のわがままです。あの子に会いたい。私は、何度かリストカットをしてしまい、精神科にも行きました。そこで鬱ではないと、言われました。だから、考えもまともです。最後に息子と約束をしました。次男が一人前になったら、すぐにでも会いに行くよと。それだけを希望に今は生きています。毎回同じ様な内容になってしまいすいません。自分の本心はやはり家族や、身内には迷惑がかかると思い、言えません。自分自身で飲み込むしかなく、同じ事ばかり繰り返しです。本心は何故私は生きているのか、こんなにも死にたいのに、生きて苦しいなら、けど、私が死んでも息子には会えないから。会えるのは今写真でだけ。けど、死んだらそれさえ出来なくなる。とてもしんどいです。生きる事も死ぬ事も出来ず、息子に対する後悔ばかりが増えてゆきます。すいません。本当に、読んでくださりありがとうございました。

有り難し有り難し 16
回答数回答 2

会う方法を教えてください

 2度目の相談となります。 大事な方がなくなり、今日で19日が経過しました。 毎朝毎晩、以前いただいたアドバイス通り、手を合わせ、私の声が届いていることを願いお話ししています。 でも、亡くなってからは毎日、 五感を通じて、色々と思い出して、ずっと泣いています。頭が痛いです。 もう疲れてしまいました。 自動車学校や大学に通っている途中ですが、1番に支えてくれていたあの人が頭に浮かび、学び続けることが困難になっています。 あの人から好きだとかそういった言葉は一度ももらえませんでした。 でも、私の体調を1番に心配してくれて、いつも頑張る元気をくれて、どこに行くにも連れて行ってくれて一緒に居てくれました。 そして、本当に色々な人に親しまれていました。 そんな方が 最後に会ったのが私で良かったのか。 なんで私に会いにきてくれたのか。 私のことは、どう思っていたのか。 色々聞きたいことが沢山あります。 だから、また絶対に会いたいです。 そもそも、家族でもなく、世間的には許されない関係、そして出会って2年、ましてやほぼ毎日一緒に居続けた期間が半年程の私ではもう会うことはできないのでしょうか。 私のことは忘れられてしまいますか? 私でも、あの人にまた会えますか? 私はどう生きて、どう死ねば会えるのでしょうか。 あの人は今どこで何をしていますか? 教えていただきたいです。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

父は今、笑顔でいますか?

はじめまして。いつも拝見させていただいております。乱雑な文章ですが、どうかよろしくお願いします。 今年の4月に父を亡くしました。人の住まいを作る、立派な父でした。 2ヶ月経った今も、ふと涙が止まらなくなります。 約1年前に病気がわかったときから、父はなにを考え、一日一日を過ごしたのでしょうか。 闘病中は家族みんな希望を捨てず、可能性を信じて父を励まし続けました。父はそれに応えるように、弱音を一切吐かず治療を頑張り、体が以前のように動かなくなっても“生きる”という意思を貫きました。私たち家族の為だったと思います。 亡くなる1週間ほど前に、私が「父さんは絶対大丈夫。絶対治る。」と言ったとき、父は「嬉しい。」と言って泣きました。父がこんなにも泣く姿を初めて見ました。 でももしかしたら、父は、“自分はこの先どうなるんだろう“という不安に寄り添ってほしかったかもしれないと、今更答えの出ないようなことばかり考えてしまいます。私がポジティブな言葉ばかりかけ続けていたのは、ただただ自分自身の為で、私が父の病気を受け入れられず、現実から目を背けていたのではないかと思います。 ときには不安を共有し、泣きたいときには一緒に泣いてほしかったのではないでしょうか。 自宅で明け方に亡くなった父は、家族に「おやすみ。」を言って、みんなが寝静まってから、眠ったまま逝ってしまいました。苦しんだ形跡もなく、寝入るときのままの表情だったので、本当に穏やかに眠ったのだと思います。父の最後が安らかで良かった、生前積んできた徳がこうして人生を締めくくったのだと思いました。 しかし私たち家族は旅立つ間際に手を握ることも、今まで大切に育ててくれた感謝を伝えることもできませんでした。 お医者さんや看護師さんは、“人は死に方を選ぶ”とか、“お父さんは自分で決めて、この時間に逝ったのだ”と言ってくれました。確かにこの言葉にどれだけ救われたかわかりません。 でも、私が眠らずに手を握っていれば…逐一様子を見ていれば…とどうしても後悔が消えません。 まだまだこの世でやりたいことが沢山あったと思います。でも強い人でしたので、自分の生きる世界が変わったことなど早々に受け入れて、新しい毎日を過ごしているのではないかとも思います。 父は今、笑顔で私たちを見守ってくれていますか?

有り難し有り難し 25
回答数回答 2

おばあちゃんに会いたくて苦しい

こんばんわ。 先日もこちらで投稿させていただき、その際はお言葉をいただきましてありがとうございました。 大好きで大切だったおばあちゃんが旅立ち、告別式がおわり、通常の生活に戻ったのですが、ふとしたときにおばあちゃんに会いたくてお話ししたくて、苦しくなります。 おばあちゃんは生前からピンピンコロリといきたいと言っていたそうで、本当にその通りの最期だったのです。虚血性心不全の突然死でした。 しかし、こちら側としてはあまりに急すぎて、受け止めるのには時間がかかりそうです。 まだまだ、おばあちゃんは元気だとおもってました。なにも病気をしてなかったので100歳くらいまで生きて、ひ孫を抱かせることができると本気で思ってました。 90歳という年齢で、最期までほとんど周りの力を借りず、自分で料理や洗濯、身の回りのこともこなして生活をして、頭もはっきりしていて、ずっとニコニコしていて、かわいくて、本当に立派で尊敬できるおばあちゃんです。 でも、急すぎて伝えたいことを伝えることができませんでした。大人になってから1人でおばあちゃんちに遊びに行って、喜んでもらおうとおもっておばあちゃんにご飯を作ったりもしましたが、たったの2回しかできませんでした。もっともっとしてあげたかったです。大好きで大切で尊敬しているということを伝えたかったです。 おばあちゃんの遺骨や位牌やお線香などは実家にあるので、離れて暮らしてるわたしの家には小さい遺影しかありません。 わたしがおばあちゃんに対して思ってることを伝わるようにと思って、毎日遺影に話しかけています。ご飯も一緒に食べています。毎日お菓子やお水などもお供えしています。これからお線香をあげられるような小さい仏壇も買おうと思っています。棺にも思いを書いたお手紙を家族で書きました。 おばあちゃんにわたしの思いは伝わっているんでしょうか。伝わってると信じてますが… また、わたし以上に辛いのがお母さんだと思います。わたしたちの前ではあまり弱い姿を見せないのですが、本当はすごく辛いと思います。 わたしにできることはなんでしょうか。 また、おばあちゃんに会いたくて会いたくて仕方がないたきはどうすればいいですか。 長文乱文乱筆で申し訳ありません。お言葉をいただければ幸いです。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る