hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

供養について

回答数回答 2
有り難し有り難し 16

昨年、実母が他界しました。12年前から私と二人暮しです。14年前に父が他界、その後、色々あり、兄とは絶縁状態。兄も母の子、死ぬ前に会わせました、もう意識はありませんでしたが。
葬儀は私が行いました、家族葬。兄家族はお客様気取り。墓参りも(父の)、仏壇に線香1本すらあげに来ません(母にも)。ずっと兵庫県に居住、家の墓は香川県のお寺にあり、父も納骨しました。1年に1度私が掃除に行きます。母は生前、知らない土地の墓に入るのは嫌と言っていました。葬儀から7ヶ月、まだ納骨もせず、仏壇も次男の私の家にあり、毎日供養している状態です。家は真言宗ですが、お寺の檀家にはなっていません。
ここから質問なんですが、
①私も病になったため、お茶の入れ替えやお経(般若心経、光明真言と大日如来様、観音様、お大師様の真言)も午後になったり(お経もこれでいいのか)、本当は午前中にしないといけない?
②ご飯を炊かないので、ご仏飯もたまにしかお供えしていません(当然、ろうそく、線香、お茶お水、お菓子、果物、お花は欠かしてません)
③経済的にも家の墓(香川県)に納骨するしかなく、私が独身、兄も子供は女の子で、いずれ無縁になると思うので、私が永代供養のお墓を兵庫県内に買ったら、両親もそちらに納骨し直したりしてもいいのでしょうか?
④次男の家で仏壇を祀っていていいのでしょうか?
⑤死後、40年近い祖父母の位牌も祀っていますが、お墓のあるお寺に引き取って頂いてもいいのですか?ただ、うちに過去帳はありません。
⑥父の葬儀時、葬儀社の紹介のお坊様に来ていただき、四十九日以後、お坊様にお経をあげていただいてないのですが、成仏できないですか?
ご回答、よろしくお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

墓地のあるお寺へご相談を

ご愁傷様です。兄弟間の事だけでも大変なのに、葬儀の事や、その後のこと、これまで一人で抱えて来られ、どんなにか大変だったろうと思います。
質問に対し順番に書かせていただきます

①「般若心経、光明真言と大日如来様、観音様、お大師様の真言、」十二分です。ちなみにお大師さまの「南無大師遍照金剛」は、ご真言ではなくご宝号(ゴホウゴウ)と呼びます。できましたらその後にお母様のお戒名や、南無○○家先祖代々各霊(ナムマルマルケセンゾダイダイカクレイ)とお唱えし、最後に廻向文(エコウモン)をお唱えください。きっとお手持ちのお経本の最後に書かれているはずです。お勤めは午後でも構いません。あまりお身体のご負担にならないようにされてください。

②お供えはパンでもそうめんでもお餅でも結構です。

③気になったのは本文に香川県のお寺とあったことです。兵庫県内に新たに永代供養墓を購入されること、ご両親のお骨を移す事自体は、問題ございませんが、事前に香川県のご住職と相談が必要です。

④もちろん大丈夫です。そういう方は大勢いらっしゃいます。

⑤お位牌をお寺にお任せした場合、過去帳を整えたり、○○家先祖代々のお位牌を作られることをおすすめします。できましたらそのまま祖父母さまのお位牌も一緒にお仏壇にお祀りされればよいと思いますが。お寺からご指南があるはずです。

⑥もう既に成仏しているのですからご心配はいりません。気になったのは、葬儀の際に葬儀社紹介の、とありましたが、本来は香川県のご住職に一報いれるべきだったと思います(いれていたら、失礼しました)

以上、順番に回答させていただきましたが、気がかりなのは香川県のお寺とあんくまさんのご関係です。普通、お寺にお墓があればすなわちそのお寺の檀家になります。そして、年間の管理費もしくは護寺会費などを納めることになります(そういう会費が無いお寺もありますが、まれです)。もし万が一、何年も滞納されていた場合、お骨を移す、位牌をお任せする、などの際、スムースにいかないかもしれません。不安をあおってしまったようで申し訳ないのですが、全て、香川県のお寺に連絡すれば氷解することですので、まずは先方へ御電話されることをおススメいたします。

{{count}}
有り難し
おきもち


住職のかたわら、大道芸人PRINCOちゃんとして幼稚園保育園など各種施設、...

ご供養、お墓、お仏壇のことにつきまして

あんくま様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

①ご病気で身体に支障をきたすにも拘わらず無理にまでなさられることはありません。誦経もできる時にて構わないかと存じます。お経も般若心経、ご真言と回向で十分でないかとは存じます。もし更に丁寧になさられるならば、般若理趣経・百字偈も宜しいのではないかとは存じますが、詳しいことは真言宗の方よりアドバイスがあるかと存じます。

②お仏飯もお炊きになられた際の一番取りを都度に御供えなさられるので良いかと存じます。お供え物、御丁寧なることにてご敬服申し上げます。

③本来は長男であるお兄様がお墓の名義人として継承されて管理なさられるのが良いとは存じますが、現在、墓地の使用認証がどなたの名義なのか、墓地管理者に確かめられる必要があるかと存じております。そのあたりを明確にしておかないと後々にお兄様夫婦も亡くなられて入られることになる時にややこしいことになってしまいかねないと懸念致します。また、現在あるお墓をそのままにて永代供養、あるいは数十年後に無縁塔合祀供養など方法はあるかと存じますので、墓地管理者にお伺いなさられると良いのではないかと存じます。また、新規に墓地・墓石購入となりますと負担も大きくなってしまいますので、その際には永代納骨堂供養の検討もなさられると良いのではないかとは存じます。

④お仏壇も本来はお兄様が継承しご供養なさられるのが良いかとは存じますが、お兄様にその気がなく、また生前のご両親の意思に適う形でのお祀り、ご供養となっているようでありましたら特に構わないのではないかとは存じます。

⑤もし、これから先にてお仏壇をお祀りできない状況となって参りました場合のことでしょうか?まだお仏壇をお祀りになられるのであれは、そのままにてご供養を続けられても構わないかとは存じますが、例えば、ご位牌をお寺にて永代供養して頂く、また、浄梵にてお焚き上げご供養して頂く、お墓に納めるなどいくつか方法はあるかと存じますので、お寺にご相談なさられると良いかと存じます。

⑥ずっとお仏壇にてお経も唱えられて懇ろにご供養なされておられます。もしどうしても気になるようでありましたら、十三仏真言を唱えられて、各回忌の御仏・菩薩様方からのご加持を賜われますようにとご供養なさられても良いのではないかと存じます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究 この度、仏...

質問者からのお礼

川口英俊様
ご丁寧なご回答、ありがとうございます。
墓地の使用認証があることすら、全く存じませんでした。
葬儀社から紹介されたお坊様も気軽に質問もしにくく、母が供養していたのを思い出しながら、見よう見まねでしたので、不安でした。お墓の事もこれから考えていこうと思います。
これから供養していく上で、とても安心いたしました。
感謝申し上げます、ありがとうございました。

増田俊康様
ご丁寧で詳細なご回答、ありがとうございます。
お経はこれで良いものなのかと思いつつでしたので、今日からご回答の通り安心してあげさせて頂きます。ご仏飯も、私自身が自炊できる状況でなかったので、買ってきた麺類等をお供えし、お下がりとして頂いておりましたので、安心いたしました。
香川県のお寺の件ですが、それまで何もお納めしていないと思われます。父の納骨の際、といっても14年前ですが、お布施と品物をお渡ししましたが、特に何もお話はありませんでしたので、その後も特に何もしておりませんが一度確認したほうが良いですね。
父の時もでしたが、母の葬儀も香川県のお寺には連絡していませんでした、お寺様に大変ご無礼な事をしてしまいました。教えて頂いただくまで、それすら知りませんでした、ありがとうございます。
これからはご先祖様、両親の冥福を祈りつつ、できる限りの供養を続けてまいりたいと思います。
大変勉強になり感謝申し上げます、ありがとうございました。

(ただダラダラと自分の過去、気持ちを書き込んだのでスルーしてください。もし読まれて気分を害された方は申し訳ありません。)
私は生後、先天性の病で障害があり、苦しみから逃れたいと死ぬことばかり考えていました。両親や周りの方々の助けで、それなりに普通?に学校を卒業、就職し、人並みに一人暮らし等々もしました。父の死後、母が脳梗塞で手術もできず、言語障害、高血圧を薬で現状維持しながら、家事を頑張ってくれ、何とか仕事、生活してきました。母も80歳近くになり、それなりに覚悟もしていましたが、不調を訴え、意識が無くなりました。それまでは喧嘩もし、食事に出かけたりしました。突然のことで、ありがとうも言えず逝ってしまいました。それまで年老いた母が少しでも長生きできるようにと自分なりに頑張ったつもりです。しかし、今はもう何のために頑張っていくのか、生きていくのか分かりません。母の死後、眠れなくなり、鬱と診断され通院しています。母の死だけではなく、自分の身体、仕事の諸々等、理由は幾つかありますが、医師や上司からは、気持ちを切り換えて…と言われますが、そう簡単に気持ちのコントロールもできません。自殺、自死というより消えてしまいたいです。私がいなくなると、あの兄家族が両親の供養をきちんとしてくれるか心配で、供養の仕方やお墓のことお教え願いました。ありがとうございました。

すみません、お礼のコメント等の順番が新しく書き込んだものから上に表示されました。申し訳ありません。

すみません、お礼のコメント等の順番が新しく書き込んだものから上に表示されました。申し訳ありません。

「供養全般」問答一覧

考えの違いを受け入れる方法

故人を受け入れていくことや思い出を大切にしていくことは本当に大事なんだなと、お盆を迎えながら気付くこの頃です。 家族の初盆を迎え、残った家族それぞれの考えの違いが顕著になり、少し戸惑っています。子ども時代を過ごした中で、亡くなった家族は父母としての役割を確かに果たしてくれたはずなんですが、父母は当時私たちを祖父母に預けることが多かったようで、私と兄弟は祖父母を父母のように慕いながら育ってきました。 私自身も父母との確執は以前あったのですが、いい歳の大人になったのもあって受け入れられるように少しずつですが、なりました。 ただ兄弟だけが、確執というか、心残りのようなものが残った状態で生き別れてしまったようで。亡くなった家族に対してあまり心を開けないままになっているようです。確かに葬式などを過ごした中で悲しみや悔しさなどはあったのですが、あまり深い思いがないような心地がする様になったと。 母は、父が亡くなってからは受け入れるのに必死で。私と何かで衝突する時があったのですが、その際に今までのことがプツッと切れてしまったのか、子どもにように泣き出してしまって。 必死に父のことを受け入れたかったようで、今まで誰にも言えなかったようです。私はそのことに全く気づかず、母が今社会と切り離されたような生活をしていて孤立(専業主婦のため)していることに焦りと不安があり…。趣味など見つけようとしない母を問い詰めたり、何か始めたらいいのにとなじったりする始末です。 残った家族の関係性や、亡き故人への思いの違いがよりはっきりしてきて、そのことを受け入れるのに不安と怖さがあります。 兄弟がまるで非協力的に思えてしまったり(母に対してもあまり思い入れがなく)、私と1人の親戚のみが唯一母に対しても心開いて接することができるような状況です。この先どうなってしまうのだろうと、急に不安で。私自身、仕事にようやく慣れて自分の生活を再開できるようになったところです。 不安なことが多く、誰にも打ち明けられないのも現状です。何かアドバイスがあったらとすがる思いです。長々とした文章を読んでいただいて、ありがとうございます。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

先祖供養はどのような意味を持つのですか?

仏教について調べていると、葬式とその後の供養が最重要トピックの用に扱われているのが不思議です。 親や先祖の供養ってそこまで大事なのですか? 血縁ってそこまで重要なのかしら? 先祖供養は儒教ではないのかしら? いえ、私も木の股から生まれたわけではないので、縁なり因果なり何かしらあるのだろうとは理解はしていますが。 この世に産み落としてくれたことは有り難いのですが。 血のつながりばかり大事にしなくてもそこかしこに縁はあると思うのです。 個人的に家族の縁が薄いこともあり、 親や先祖のことはよく知らず供養もしていません。 私の死後供養してくれるものもおりません。 しかしそんな私が死んだ時も 仏さまなら何とかお慈悲をくださるのではなかろうか というのが信仰を持ちたいと思った動機なのです。 「私と仏さま」の話ならわかる気もするのですが「私と先祖と仏さま」の話がよくわかりません。 先祖供養が必須なら、親のない人間は仏さまに救っていただけないのでしょうか。 そもそも私の理解が間違ってるのかもしれませんが、 苦しみの多い輪廻の輪から解脱するため修行をしよう、また大乗仏教においてはいろいろな仏さまの力を借りたりおすがりして解脱にいたろう、 というように仏教的な死生観を解釈しています。 修行が足りず仏さまとの縁も結べなければ輪廻の次の段階に進むでしょうし、 宗派によっては生前から成仏しているわけですし 浄土系の宗派では阿弥陀さまのお慈悲によって極楽往生できるでしょうし…。 死後、死者の行く末に関して、生者はどれだけの干渉ができるのだろうか、というのが疑問です。 それは死者本人と仏さまの間の話ではないのかと思います。 そうすると供養とは何のためにするのでしょうか。 お教えをいただければ幸いです。

有り難し有り難し 42
回答数回答 4

義父、義母の菩提寺へのご供養依頼

義父が亡くなって7年、義母も10年前に亡くなっています。昨年子供である私の配偶者も亡くなりました。義父母の菩提寺(真言宗)、墓は遠方にあり、婚家の長男が墓や菩提寺とのお付き合いを受け継いでいます。だた、関心が薄く、面倒がり、一周忌の法要も特に集まったりはしませんでした。義父の葬儀の際から、配偶者が連絡役を行っていたり、直近では菩提寺への支払いを代わって行ったり(恐らく、七回忌に関連するもの)といった状況です。                                            今回配偶者の遺品整理等を行う中で上記のような状況を知り、お世話になった義父母に対して申し訳なく、感謝の気持ちを伝えたいこともあり、機会をとらえて、菩提寺にご供養をお願いしたいと思います。 義父が心を寄せていた土地であることから、依頼はその菩提寺にしたいと思います。                                       質問ですが、決まった年忌法要ではなく、私が個人的に法要等をお願いすることは可能でしょうか?また、どのようなご供養をお願いすることができるのでしょうか。 菩提寺さんにももちろんお尋ねしますが、電話、手紙でのやりとりとなり、あまり詳しくは聞けないこと、宗派による違い等があったらと思い、こちらで質問させていただきました。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る