hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

亡くなったあと

回答数回答 3
有り難し有り難し 212

亡くなったあとはあの世での意識的なものはあるのでしょうか
例えば、「ああ、自分は亡くなってしまったんだ」と思うようになるのでしょうか?

よく、亡くなった方は自分が亡くなったことに気づかないとおききしたものでご質問させていただきました。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

今が大事…

まつなかさん、こんにちは。

前置きとして、

お釈迦様は、死後の霊の存在については聞かれてもお答えになりませんでした。
肯定も否定もされていないのです。

ですから、霊についてはあるともないとも断言ができません。
むしろ、死後ではなく今を見なさいというお釈迦様の教えだと解釈しています。

仏教が日本に渡ってくる課程で、大乗と呼ばれる仏教が発展し今につながっています。
そこには、死後の意識を肯定しているお経も沢山あります。

ですから、日本でも宗派やお坊さんによっては死後の意識を認める、認めないが分かれます。
このところをまずご理解下さい。

死後の意識を肯定するなら死の自覚はあると言わなければつじつまが合いませんし、死後の意識を否定すれば自覚はないとしか言えません。

ただし、沖縄を含めて日本の風土では死後の意識があると古くから信じられてきました。

仏教的には断言できませんが、あなたの考え方一つだと思います。

死後の世界に目が向いたなら、自分が死を迎えた時に後悔しないように、今の自分を精一杯生きて下さい。

答えになりませんが、申し訳ありません。

{{count}}
有り難し
おきもち


前世の私が思うあの世を今私が生きている

いのちは輪廻していますから、前世から見れば今のこの世界があの世です。
輪廻をしているいのちには過去世を見通す能力はありませんので、死んだという記憶はありません。
輪廻から解脱し仏になったらば過去を見通す神通力が備わるので、過去のいのちの在り様が分かります。

{{count}}
有り難し
おきもち


始めまして、釈心誓と申します。 浄土真宗本願寺派の僧侶です。 若輩浅学...
このお坊さんを応援する

前世の記憶があるのは特殊

たいていは、前世の記憶はないと思います。
たとえば、あなたが赤ちゃんのとき、前世の記憶があったでしょうか?
それと同じです。
あなたにも前世があったはずなのです。
ただし、かなり修行を積んだ方、いわば神通力を得たような方の場合は、前世の記憶があるようです。
死者は、どこか遠いあの世に生まれかわるのではなく、我々と同じこの宇宙のどこかに、新たな生命として生まれるのではないでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

とてもわかりやすくて良い回答ありがとうございます!

「死後の世界・死んだらどうなる」問答一覧

自分の行く場所

「地獄の裁き」の「地獄」とは、仏教の考え方における最下層の世界のことで、罪を犯した者が死後に生まれ変わる場所です。人間は死ぬと、この世とあの世を 分ける三途の川を渡り、そこで閻魔と呼ばれる大王の裁きを受けます。裁きによる罪の重さによって、落とされる地獄が決定します。地獄には罪の重さに応じて 段階があります。 地獄の思想は、浄土思想や平安時代の末法思想の広まりとともに人々に定着し、民間信仰となりました。お経の功徳によって地獄に落ちることを防げることから、当時の人々は熱心にお経をとなえるなどの信仰活動を行っていました。 こちらの文章はとあるサイトの一文をコピーさせていただいてます。 https://biz.trans-suite.jp/20492  ←こちらのサイト様です と書かれていますが、人間が死んだら行くべき所は、もうすでに固定されているという事でいいんでしょうか? 天国地獄どちらかに行くというものは、そもそもなかったんでしょうか。 不安です。 というか、どれだけいいことをしても無意味ってことですかね。 人に優しくしたり、色々あると思いますが・・。 自分の行くべき場所はもう決まってる訳ですから・・・ 生きてるのもしんどくなりますね。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

死因による魂の行先

大好きな父を病気で亡くしました。 若いうちに私を産んだのに、きちんと育ててくれて成人させてもらえました。 私はパパが大好きで、ファザコンと言われる程仲良しです。父に限らず家族が大好きでしたが、父が1番の味方でした。私はインドアで1人が好きで、友達ですらも人と過ごすのが苦手で。 なので休みの日はいつも父と一緒でした。いつも私のワガママに付き合ってくれました。 急性と名のつく病気だったためありがとうもごめんねも言えず、どのくらい痛いのかどのくらい苦しいのか、何か伝えたいことがあったのかどうか、父の言葉も何も聞けず。 私はいつか絶対に父に会いたいのです。父と母からもらったこの身体と命を自分の手で無駄にしない為には、死後の世界に縋るしか生きる希望がないのです。 本題ですが、 自死をした場合は、天寿を全うした人達と同じ世界には行けない、即地獄行き、自死は罪なのでカルマがどうのこうの、沢山調べました。 これらは本当なのか、少しでも自死をする人を躊躇させるため減らすために適当に作られたものなのか。 そもそも死因によって魂の行先は変わるのか。 仮に私が自死をしたら、病死した父には会えないのか会えるのか。 知りたいです。 もちろん死後の世界のことは誰にも分かりませんから、私が見漁ったWebサイトよりも信用出来るお坊さんの考え方が知りたいだけです。 別に死ぬつもりも度胸もないので私を止めるための綺麗事は必要ありません。死について調べてる間に見飽きました。 自死でもお父さんに会えるよ!という返答が来たからと言ってじゃあ自死します!ともなりませんので、変に気遣わずそのまま元々のお考えを教えていただければ嬉しいです。 お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 55
回答数回答 4

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺