お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

彼のきもち

先日、33歳浄土宗のお坊さんに別れを告げられました。もともと一度二度ならず何度か別れては本人同士もわからないまま付き合っていました。私は好意はあり彼は友達しか見えないと言われそれでも身体の関係は普段通り私も流されたままでもいい好きな気持ちは変わらないと思って受け入れていました。
もともとこういった状態になりだしたのも三年目の交際期間でそろそろ結婚。彼親に挨拶で交際は認めても価値観の違いで結婚までは反対と告げられてから環境が狂い始めました。
私の職種も気にいらなかったそうです。
それでも2人で頑張って説得しようと提案しても彼からは多少動いても自分で背負っていたのか状況を教えてくれませんでした。
悩むのも疲れた私は別れを告げては彼から離れましたがやはり彼も心配で連絡はきてくれてましたがヤッパリ離れてしまって彼の存在が強く離れたくなくよりを戻していました。
こんな繰り返しが続いたせいか私も精神的におかしくなって安定剤を多くとり自殺まで図ろうとしました。
先日も彼を引き止めたかった為に髪をむしったり、皮膚をかきだす動作。言った言葉も曖昧でしたが、ちゃんと記録をみておもいかいしてみたところ酷い言葉で傷つけてしまいました。
謝りたかったけど素直には言えず彼もまた会わずにメールで済ませたいとのことだったので考えた末に私ももう連絡してこないでと伝えました。
でも、、、正直スッキリしません。。でもこのまま悪く思われていたほうが彼にとっていいのかもとも思っています。。
自分もなんやかんやで自分の人生を自分で傷つけてそれが当たり前だと思ってしまって居心地も感じられています。
なぜかまだ彼との繋がりはあると勝手に思ってしまう。。こんな自分が気持ちわるいとも思っています。
かといって私も彼と一緒にいることは彼を傷つけてしまうとも思っています。少しでも彼の気持ちを分かってあげたかった。でも許せれないとこもある。もうこのまま離れたほうがお互いの為でしょうか?諦められない私はどうしたらいいでしょうか?毎日が怖いです。足がすくんだような感覚です。何かアドバイス下さい。宜しくお願いいたします。。

有り難し 8
回答 2

質問投稿日: 2015年6月18日 2:09

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

愛と依存は違います

マユミさん、はじめまして。
徳島県の法話と天井絵の寺 觀音寺 中村太釈です。

マユミさんは彼と別れたけれど繋がっている気がして、スッキリしないのですね。

文面を拝見すると、彼を愛しているというより依存しているように思います。
「彼がいなくては生きていけない」というのは依存です。表面的には彼を愛しているように見えますが、彼を自分の思うようにしたいという欲求が透けて見えます。

人は見たいもの、必要なものだけを見ていることが多いものです。
マユミさんが見ているものは彼だけではないはずです。他に何が見えていますか?

3年1ヶ月前

不完全なコミュニケーションを完全に

芸能界でも某有名歌舞伎役者と、タレントさんとの破局報道がありました。
片方は「とっくに分かれた」と言っていますが、相手方が納得していないご様子。
人間、恋愛のやり取りはどこまで行っても一人対一人。
個人と個人の❝かたらい・会話・対話❞を疎かにしてはいけないのです。
そのやり取りに行き違いがあって、そこをお互い明らかにしていない、曖昧なままにしていることが心が晴れない最大の原因と言えましょう。
その不完全なコミュニケーションを完全にするのは、あなた(達)しかいません。
うやむやにしているところを明かしあうべきであろうと思います。
恋とは、相手と自分との理想の状況を想定する夢想、思い描き状態とも言えます。
全身全霊で以て、相手に自己投入をしたとしても、相手が同じレベルで居るとは限らないものです。結婚生活に入ってから、今までの自分の恋愛は、自分が相手に対して思い描いていた夢想であって、相手の現実は違っていた、幻滅したという女性も男性も沢山います。その時はすでに遅し、子供も生まれていたり、別れたくても別れられない状況になっていたり。こういう方々も恋愛の当時は、お互い燃え上って、モエあがっていた時期はちゃんとあったのに、そういう結果もあるのです。
そういう意味では、結婚前にお互いの、理想とする恋、自分の夢想が初期の段階で去ってくれたと考えてみてはいかがでしょうか。
好きだからといっても、現実的に合わないということはあります。
好きだからといっても、相手は自分の思い通りにならないものです。
自分が相手に対して思い描いているようでも、それはどこまでいっても、自分の中の砂上の楼閣であったということを見極める必要があります。
他人というのは、自己の上の身体感覚作用、心象作用であるゆえに、自分の身の一部であると思い込んでしまうものですが、どこまでいっても、他者は他者なのです。
今後新しい出会いの中であっても、相手への完全依存ではなく自分を生きるように致しましょう。http://hasunoha.jp/questions/1377

3年1ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

お返事ありがとうございます!仰るとおり依存だときずきました。実際彼の家の様子を見に行く位です。自分が怖いです。だから離れてくれたことにも正直ほっとはしてます。
でも内心はまた連絡もしてくれると感じています。何を根拠にって感じなんですが。
今私が見えている先は、、死に対する思いと借金返すことしか頭が働きません。でもつらくても前に進むしか方法ないですよね?彼のことも思うだけでも思ったらいけないでしょうか?

関連する問答
このページの先頭へ