hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

明けましておめでとうございます。

回答数回答 3
有り難し有り難し 37

以前から何度も相談させていただきましたものです。
無事に離婚が成立しました。
向こうは親に挨拶に来ることもなく、ただただ私を捨てれて喜んでたのか、相手は公証役場で泣いてました。それがこれまで言ってきたことやって来たことを考えたら、何でお前が泣くねんと言う感じで、あまりにも腹が立ちました。本当に意味のわからない人間です。これまでの経緯から考えると、かわいそうな俺アピールでしかないとおもってしまいます。
かわいそうな自分だとか、よくやった俺とかってすぐに自分に浸る人なので本当に気分が悪かったです。それだけ余裕があって良いですねと思ってしまいました。
そして、良い父親面しようと色々またいってきたので、拒否する心がより一層強くなってしまって今に至ります。すみません。また愚痴ってしまいました。
以前より助言していただいたように、離婚した今となっては考えを改められるよう今年はまた我慢の一年でがんばらないといけないなと思う次第です。
昨年の一年で沢山相談して皆様方に支えていただきまして、多分理想?の離婚とは違いますが、なんとか乗り越えてこれました。皆さんのお言葉を何度も読み返して、この怒りに支配された心を少しずつほぐして子どもとの幸せを考えられるよう進んでいきたいと思います。本当にありがとうございました。

2017年1月1日 4:36

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

別れは、出会いの始まりです。

そうでしたか。。。
離婚という形になりましたが、あなたの決断を尊重します。
子育てしながらは大変なこともあるでしょうが、子どもさんが いつかきっと、ママを助けてくれるよ◎
別れは、出会いの始まりです。
今までのことは、決して無駄ではないよ。後悔するより、人として多くの学びを得たと思うようにしようね。

もっと、幸せになれるよ(*^^*)
応援しています☆

2017年1月1日 5:04
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして(*^^*) 中田みえです。 住職として、中学生の息子の母親...

怒りから離れてみましょう。

はじめましてのすけさん、安藤亮英と言います。ご質問お悩み、読まさせて頂きました。これまで離婚まで、大変な苦労をされましたね。ご質問全て目を通しました。

この度は怒りに関して書いてみようと思います。

怒りは仏教では毒に例えています。怒りの感情は毒のように、持ち続ければ体を蝕み健康、精神を害します。

お釈迦様が
「怒りが生まれたら、生まれた瞬間に消しなさい」
と言われるくらい、怒りは毒なんです。

怒りの感情が生まれれば、その影響力は同じ空間にいる方にまで、その怒りの感情が広がります。何も関係ない人にまで、当たり散らしたりすることもありますし、ギスギスした空気になりますよね。そのように怒りの感情の伝染は早いのです。

のすけさんには、お子さまもいらっしゃるので、お子さまに怒りが伝わらないように気を付けなければいけないと思います。

人生のトラブルの原因はほとんど、怒りの感情が原因なんですね。嫉妬、悩み、ストレスなど、原因を突き止めれば、何かに怒っていることで生じています。それが苦しみになります。

すぐに無くすことは出来ませんが、気を付けていくことは可能です。怒ったと思ったら、頑張って怒らないようにしましょう。

まずは怒りの感情が、どれほどの毒(猛毒とも)なのか学ぶことが大切だと思います。

初期仏教の「慈悲の瞑想」をしてみるのも良いかも知れません。

「生きとし生けるものが幸せになりますように」

これだけを心の中で唱えるだけです。落ち着くまで唱えてもいいし、暇なときに唱えてもいいと思います。

(※長いバージョンもありますが、今回は一文のみを紹介します。)

また法句経(ほっくきょう)というお経から幾つか、怒りに関してのことを記載します。参考になさって、どうぞ怒りから離れて頂けたらと思います。

「怨みに報いるに怨みをもってしたならば、怨みはやむことはない。怨みを捨ててこそ怨みはやむ。これは永遠の真理である」

「怒りを捨てよ。慢心を除き去れ。いかなる束縛をも超越せよ。無一物になった者は苦悩に追われることがない」

「他人の過失を探し求め、つねに怒りたける人は、煩悩の汚れが増大する。彼は煩悩の汚れの消滅から遠く隔たっている」

私も感情的に怒ることはありますが、出来るだけ早目気付き、相手に謝るようにしています。(怒る原因を作ってしまったことなどに)

2017年1月1日 16:55
{{count}}
有り難し
おきもち

皆様のお悩みを聞き、お答えすることで、 苦しみが少しでも和らいでくれれば...

離婚した方がいい場合もあります

色んな意味で心の闇、長い心の夜も明けましたようでおめでとうございます。
それはお疲れさまでした。
DV相手やパワハラ、モラハラ旦那であれば別れた方が良かったりするものです。
私ども仏教者でも救えない人がいます。
本人が改心しようという気持ちの無い人です。
あなたにもお願いがあります。
その人がドーシヨウモナイ人であっても、もう、恨んだり、悪口を言わないことです。
あなた自身が心が悪くなり、子供にも影響を及ぼすからです。
新年早々、物事は悪く考えない様にしましょう。(*´▽`*)
せっかくのお正月ですから、私が人類を救うんだという大きな誓願、菩提心を越してください。
お子さんにもそれを誓わせてください。
大きな父性が宿るでしょう。
飯田トウインという曹洞宗と臨済宗の両方の印可を持っている僧侶は、自分が全宇宙を救うのだという菩提心を持てと説いています。その心が人間を大きく成長させるからです。自分のコトだけお願いするより、世界、地球、全宇宙を救うという菩提心を起こすことで、自分を離れて怒りが滅せられるのです。

2017年1月1日 16:59
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

質問者からのお礼

中田さま
ありがとうございます。
前向きな助言をいただき、これからは同じように様々な思いで苦しむ保護者の方々に寄り添って行こうと離婚を決意した始めに思っていたことを思い出しました。
こんな苦しい経験も、すべて自分の身となり力となることを思い出させていただき、本当にありがとうございました。

丹下さま
ありがとうございます。
そうですね。愚痴をいったり恨まないこと。難しかったのですが、菩薩心を持つと言うこと、それにより自分から離れると言うこと、なんと言いますか、腑に落ちました!目から鱗と言いますか。秋前くらいまでは少し違いますがそんな気持ちで過ごそうと思っていたこと思い出しました。全然長続きせず、悪い心になっていました。気づかせていただきありがとうございます。何度も分かりやすく伝えていただきありがとうございました。

安藤さま
ありがとうございます。怒りは毒と言う言葉、本当にそうでした。怒りに支配されている今、体全体頭から足の先までどす黒くジクジクと痛く感じていました。多分このままだと、私は本当に体も心もダメになると体が悲鳴をあげているから離婚したので、それを取り去ることができた今、気をつけて怒りを抑えて行けるよう努力します。
どれだけ毒かと言うこと、よくわかりました。
子どもや周りにも嫌な思いをもうさせたくないので、これからは本当に修行して自分を変えて行けるよう頑張ります。

何度もよくよく見返して、自分の身に染み込ませるくらい教えていただいた言葉を自分のものにしていきます。
本当に皆様ありがとうございました。

書き忘れていました。
何度も何度も、このコメントにお返事するために時間や気持ちを沢山費やしてくださり、本当にありがとうございました。
そうしていただける幸せを強く感じました。
悪いところを見るよりも、幸せだったり嬉しいと思えることをみて子どもに伝えていきたいと思います。
本当にありがとうございます!

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る