hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

何を指針に生きればよいのでしょう

回答数回答 5
有り難し有り難し 37

心身ともに健康に生きるにはどうすればいいのでしょうか。

一度壊れた心は戻らないのでしょうか。

ずっと感情に振り回されて生きてきました。でも今まで得た成功は感情がモチベーションになったからこそでした。主に自分の感情と能力や現実性を天秤にかけて取捨選択してきました。感情に振り回されず人生の選択を行っていくには、何を指針に生きていけばいいのでしょうか。

バランス良くなんて器用なことはすぐにはできません。中庸というのでしょうか?どうしたらそこにたどり着けますか。

漠然とした質問をぶつけてしまいすみません。もしよかったらよろしくお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

こころはこわれない

あなたの心は壊れていません。
きっと、悪いことをちょくちょく思い返しているだけなのでしょう。
それはひょっとすると誰かにSOS信号を発している状態かもしれません。
もし自分で陶酔の自覚があったら、強い気持ちで断ち切るほかはありません。
人間時として悲劇のヒロイン、悲劇のヒーロー症候群に陥り、自己陶酔してしまうことがあります。
冷静になって、すぐさま、心の善玉菌回路を復活させましょう。
その為には、もうネガティブな言葉、思いを慎むだけで良いのです。
ここでの質問も可能ならば、言葉を改めてお礼欄にでも再送信してください。
自分がなネガティブな言葉を口にするとそれだけで脳は影響を受けて、本当にネガティブになってしまうものなのです。
自分が発するもの、自分が思い起こすことは、人生すべて手前もち、自己責任なのです。
私は、あなたを責めてもいません。これもどうか悪く受け止めないで、私をネガティブな事を思わせないようにしてくれているんだと、ポジティブに受け止めてください。
人は思ったことや思ったものになる訳ではありませんが。思った性質に染まるということがあります。
今日から、ネガティブな言葉遣いと、悪く思うことは我が身に毒であると思い、一切使わないようにしてみてください。
否定しない、悲観しない、批判しない。
これを33回言ってみてください。
そして終わったら
肯定する、楽観する、その通りに受け止める。
と33回言ってみてください。
終わった後に、こんなこと言ったってダメだ…と思ったり、口にするようでは、それがネガティブな思考です。
これは、自分がどんなことがネガティブであるかを自覚がないために、それをさせないようにするネガティブマインド封じです。
こころはこわれない。
いつも変化しているだけです。
より悪く変化させちゃダメ。
より良く変化させていこう。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
お悩み相談は「08020659278」まで。どなたでも無料。 救われた方...
このお坊さんを応援する

心は壊れても崩れても絶対立て直せます。

初めまして、霊河太樹(よしかわたいき)と申します。

漠然とした質問を、と謝られることはございません。
抱えているお悩みをhasunohaに投稿していただき、本当に有難く思います。

タイトルにもある通り、壊れた心は戻ります。
況して“絶対無理だ”ではなく、“どうすればいいのだろうか”と考え
(hasunohaに投稿など)動いていらっしゃるmi様なら絶対に戻せます。

人は誰しも、人と接する上で、考え事をする上で、生きる上で
“感情”というものが必ずあります。

感情がモチベーションになって得られた成功もあるとのこと。
どうか今までの時間を否定されることなく、お陰で気付けたことがある、と考え過ごしていただきたく思います。

“バランス良く器用”な人に、心の底からなりたいと思えていますか。
というのも、バランス良く器用な方で様々な空しさを抱えている方は珍しくありません。
求めた場所に辿りついた時、今度は違うもやもやが生まれてはどうしようもないです。
(勿論これは杞憂に終わる場合もあります。)

ですので、そこを目指すよりも
自分の良いと思う部分、良くないと思う部分の認識を深め、
何事も受け入れる準備が出来ている“心”を形成することから。

(その“感情”というものに、自分は振り回される人間なんだと心から受け入れられると、振り回されそうになった段階で気付き引き返せる自分になっていきます。)

「これもまた自分」
そう思えるようになることが、感情に振り回されぬようになる大切な一歩目だと、私は思います。

その上で根底に、自分が一番重きを置く“考え方”を構築する。

例えば「何をして生きていくか」ではなく、
「生きていく上でこれだけはしたくない」など。

何を指針にして生きていこうかと考えるより
生きる上で、mi様の本当に大切なヒト、モノ、コトを明確にすることで指針が表れるのだと思います。

以上を踏まえて、自分と対話する時間を今一度作られては如何でしょうか。
またモヤモヤされたならばいつでも何度でも投稿して下さい。

長々と失礼致しました。
有難うございました。

霊河 太樹

{{count}}
有り難し
おきもち


人の欲、悩みというものは生きている限り絶えることがないですが、そのもやっと...
このお坊さんを応援する

考えるから動けない、ねじ伏せるから健全になれない。

心身ともに健康に生きるには・・・

欲を持ちましょう。
貪欲になりましょう。

感情に振り回されれば自分の心に疑問が生まれます。

お釈迦様も、疑問から悟りを開かれました。
疑問のないところに悟りなどあり得ません。

貪欲になって、自分の感情に振り回されていると気付いた時に初めて、一歩自分から離れて冷静に自分を見つめられるのです。
悟りもまた欲から生まれるのです。

指針なんていりません。
目の前にあることをこなしていく中で、その都度指針は変わるものです。

人はいくら経験をしても成長などしません。
その経験を反省し、自分なりに修正しようとするから成長するのです。

その時の自分のキャパ、それまでの自分の経験による反省値、それによって指針も変わってきます。

わかったような気になって内観することや、教えられたことをそうしなければと頑なに思うことは、返って理屈で自分をねじ伏せることになりかねません。
いつか必ずボロが出ます。

心が壊れていると思っている内はまだ壊れてなんかいません。
どうにかしたいと思っている内は、自分でちゃんと心が分析出来ているという証拠です。

人と比べた成功など、何の役にも立ちません。
じぶんが、やった!と思えることならば、どんな小さなことでも成功なのです。

理想の身心など簡単には手に入りません。

失敗したら次を考え、成功したら心が喜び安堵する。
失敗ばかりを繰り返すと心が疲弊してしまいますが、逆に成功ばかりを繰り返すと、心が増長してしまい物事が見えなくなってしまいます。
小さな失敗と成功をくり返すからこそ、心を健全に保てるのです。

バランス良くなんてしなくて良いんです。

中庸なんてたどり着くことを考えずに、目の前の見近なことをやり遂げることのくり返しが、おのずから目指すものを見せてくれます。

今やりたいこと、それが指針です。
今これをやりたい、それが選択です。

難しく考えるから動けなくなる。

動いて失敗したとき初めて、どうするかを考えたらいい。

その時気付いたら、もっと先へ進めている自分がいるかもしれませんよ。

{{count}}
有り難し
おきもち


煩悩は悩み苦しみの原因

煩悩をスキャンしましょう。
気分が優れないときや、感情に飲み込まれそうなときは、
「欲・怒り・怠け・プライド」と念じてみてください。
該当する感情にヒットしたら、
「煩悩は悩み苦しみの原因」と思い出してください。
以上です。

{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

決断の連続で生きている。しかし意味は付け加えない

miさま

以前お礼の言葉の中に、「決断をどのように・・・」といった内容がありましたので、今回のお悩みと関係しているのかと思い、お返事を私なりに書かせていただきます。

人は生きていくときに様々なことを考え決断をして生きています。ビーフORチキン
ライスORパン そんな時様々なことを計算し決めていくのでしょう。パンよりライスの方がヘルシーか、しかし、ビーフシチューにはパンがあうか。
など・・・

そうしたことを瞬時に考え決断をしているのではないでしょうか。しかし、仕事の決断となれば損得では決められないように思います。損得のみで決めてしまうと、続かなくなってしまいますよね。本当にやりたいことなのか。やりがいをみいだせているのか。そこが重要な気がします。
「成長したい。」「こうなりたい。」「ああなりたい。」という欲望がありそしてそこに向かうのではないでしょうか。
例えば、将来のことを考えたときにいつも考えとして浮かんでくることは、自分のやりたいこととなるのではないですか。

しかし、考えに執着し振り回されていると何にも見えなくなり、決断どころではなく、苦しみの生活を送ることになります。
そうならないためにも、現実を見る練習をしてください。思いが出てきたときに気が付けるようにご自分を観察してみましょう。
おのずと頭の中が整理され、決断できるようになると思いますよ。

私たち仏教徒も、仏教の智慧によりすくわれたいの願い、学び実践していくのでしょう。欲望がいけないわけではありません。そうしたことで決断をして生きています。

{{count}}
有り難し
おきもち


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

皆様
回答ありがとうございました。
それぞれのご回答を、じっくりと何度も読み返しました。大変参考になりました。
また質問させていただくかと思いますが、よろしくお願いいたします。
このたびはありがとうございました。

「今を生きる・自分の生き方」問答一覧

自分なりの頑張り方の見つけ方

仕事において、自分なりの頑張り方を見つけることが出来ず悩んでおります。 現在私は、精神疾患(適応障害)が原因で休職しており、近いうちに復職または新しい職場に転職する予定です。 それにあたって、再発をしないよう無理をしない頑張り方を見つける必要があると感じております。 恥ずかしながら、私はこれまで無理をした(あるいは気を張り詰めた)働き方しか知らず、無理をしないでどのように働けばいいのか分からない状態です。 友人等からは「無理しないでね」と声をかけてもらえるのですが、心の中で「じゃあどうすればいいんだよ」という声がします。 会社員である以上、ある程度の成果は出すことは必要だと思います。 無理をするのは私にとって必殺技のようなものでしたので、それを失った喪失感みたいな感覚もあります。 また、しようと思えばきっと無理をすることが出来てしまうので、その結果でまた体調を崩すことへの恐怖心もあります。 サボっているのではなく、無理をしているわけではない、でもやるべきことをこなすことが出来、たまには結果も出せる。そんな「頑張り方」を自分のものにしたいです。 悩みは以上となります。 皆様のお知恵をおかりできればと思います。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

感謝されて逝きたい

いつもありがとうございます。緊急度低めの質問なので、他の手助けをもっと必要とする方がいましたらその方を重要最優先でかまいません。 少し前までは、両親は愚か、娘や夫を許せなかった私ですが、ハスノハを見て、しょうもないことに腹を立てても、煙たがられて良いことはないなと気づきました。 怒りっぽくて、度々人と衝突し、時間にルーズ、ミスだらけ、忘れ物なくし物の多さに、毎日毎日後ろ向きなことばかり呟いていた性根は、 お経やお寺参り、仏様の顔を観て自分を見つめる時間とともに、ずいぶん円くなったと自分でも不思議なぐらいです。 年を取れば体もオツムも弱くなり、逆に子どもや若い方の力に頼らざるを得なくなります。 最近は、周囲に心から長生きしてね、と言われる歳のとり方をと願う今日この頃です。 と思うと、せめて周りの困りごとの種にならないよう、今から日々の行いや習慣をちょっとずつ改めなきゃとも思います。 三十代まで構ってちゃんの村八分だった私ですが、お寺での奉仕員を経てから、今では嘘のように休み無しに仕事が来ます。 (大きな声では言えませんが、当時ハスノハにも嘆きの質問をし、目の敵にしていたお局様よりも、諸々3倍くらいには…これもお寺の皆様の智慧のおかげです) 願はくは一生現役で、死ぬ前まで働いて、世の中の役に立ち、感謝とともに逝きたい。 老いることも、いずれ死ぬこともありがたいのですが、どうか世話・厄介にはなりたくないです。 『今ここを生きる』仏教の考え方からすれば、未来を勝手に思い煩うことは、煩悩そのものだとは思いますが、まだまだ未熟な、家の中ではサボり魔の私が、心を入れ直してちゃんと、娘からも認められるような大人の母親となれるようお諭しいただけましたら幸いです。 最後に一言。ああ、片付けが、苦手です! 本当に、外ならまめまめしく動けるのに、なぜ家だとこんなに愚かな母親になってしまうのでしょう…お空のお母さん、ごめんなさい!

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

家族の自殺後、前向きになるには

弟が自殺してから二ヶ月が経ちました。事件後の家庭での振る舞い方について悩んでいます。 私自身も、小学生の時から自殺を意識するような陰鬱な人間で、「あなたの欠点は暗いところ」と複数の人に指摘されてきました。 弟が自殺した直後はアドレナリンが出たように"家族を支える気持ち"や"新しい人生に向けた希望"などがあったのですが、少し時間が経った今は虚無感と絶望が濃くなってきました。 私自身、自殺に共鳴するところがあり、弟がなぜ自殺したかったのか共感できるし、弟が亡くなった当日、首を吊って病院に搬送されたと聞いた時も”中途半端に救命されるよりは逝かせてあげたほうが本人の為になるのでは”とすら思いました。 結局、似てるんです。人間関係、社会進出がうまく出来ず、うまく生きられず、絶望する性格が。 弟が亡くなり、家族が深い哀しみを抱えている中、唯一子供として残った自分が家族を支えなければならない、家族の希望にならなければならない、と分かっているのですが、私には命や人間の営みが良いことだと受け入れられません。 最近、長年情熱を注いできたことで挫折したことも重なり、自分の人生を前向きに考える余裕がありません。昔からの癖ですが、どうしても人生を終わらせる方向、または生まれてきたくなかったという願いに収束してしまいます。 家庭が暗いと、上手くいくものも上手くいかなくなる気がするし、前向きな考えや人に憧れるのですが、自分には性質的に向いていない、生きることにも向いていないように感じます。 これからの生き方について、私には助けが必要だと思い質問させていただきました。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

今までの怠慢とこれからの生き方

来年4月に入社を控えた、学生の者です。 来月以降、どう過ごすか悩んでいます。 というのも、自分の自己中心的な考えで、家族、友達、大学の先生方、 その他周囲の人たちの思いやりを何度も踏みにじってしまい、 現在孤独な状況になってしまいました。 入社を控えているというのも建前の話で、事実上は入社後数ヶ月で 退職になることが目に見えています。 大学の研究は続けてはいますが、途中で集中が切れ、どうしても頭が働きません。 今まで学びを怠ったせいなのも、自分なりに気づいています。 親に家賃や学費を払っておいてもらいながら、このような不甲斐ない結果になり、 その上さらに、残りの分も払ってもらい、安全な場所にいようとしている自分が情けないです。 このまま大学で研究を続けるべきか、来月までに大学からいなくなり、 別のことで経験を積むなりするべきか、どうすべきか悩んでばかりです。 二十数年間の人生に対して、自分は本当にもったいないことをしました。 世間一般から見て、今の自分は社会的にいらない存在だと感じています。 未来で利益を生まないこんな自分に、これからを生きていく資格はあるのでしょうか。 乱文、長文、未熟な文章で、大変失礼しました。 厳しいご意見でもお聞きします。よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ