hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

何を指針に生きればよいのでしょう

回答数回答 5
有り難し有り難し 35

心身ともに健康に生きるにはどうすればいいのでしょうか。

一度壊れた心は戻らないのでしょうか。

ずっと感情に振り回されて生きてきました。でも今まで得た成功は感情がモチベーションになったからこそでした。主に自分の感情と能力や現実性を天秤にかけて取捨選択してきました。感情に振り回されず人生の選択を行っていくには、何を指針に生きていけばいいのでしょうか。

バランス良くなんて器用なことはすぐにはできません。中庸というのでしょうか?どうしたらそこにたどり着けますか。

漠然とした質問をぶつけてしまいすみません。もしよかったらよろしくお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

こころはこわれない

あなたの心は壊れていません。
きっと、悪いことをちょくちょく思い返しているだけなのでしょう。
それはひょっとすると誰かにSOS信号を発している状態かもしれません。
もし自分で陶酔の自覚があったら、強い気持ちで断ち切るほかはありません。
人間時として悲劇のヒロイン、悲劇のヒーロー症候群に陥り、自己陶酔してしまうことがあります。
冷静になって、すぐさま、心の善玉菌回路を復活させましょう。
その為には、もうネガティブな言葉、思いを慎むだけで良いのです。
ここでの質問も可能ならば、言葉を改めてお礼欄にでも再送信してください。
自分がなネガティブな言葉を口にするとそれだけで脳は影響を受けて、本当にネガティブになってしまうものなのです。
自分が発するもの、自分が思い起こすことは、人生すべて手前もち、自己責任なのです。
私は、あなたを責めてもいません。これもどうか悪く受け止めないで、私をネガティブな事を思わせないようにしてくれているんだと、ポジティブに受け止めてください。
人は思ったことや思ったものになる訳ではありませんが。思った性質に染まるということがあります。
今日から、ネガティブな言葉遣いと、悪く思うことは我が身に毒であると思い、一切使わないようにしてみてください。
否定しない、悲観しない、批判しない。
これを33回言ってみてください。
そして終わったら
肯定する、楽観する、その通りに受け止める。
と33回言ってみてください。
終わった後に、こんなこと言ったってダメだ…と思ったり、口にするようでは、それがネガティブな思考です。
これは、自分がどんなことがネガティブであるかを自覚がないために、それをさせないようにするネガティブマインド封じです。
こころはこわれない。
いつも変化しているだけです。
より悪く変化させちゃダメ。
より良く変化させていこう。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...

心は壊れても崩れても絶対立て直せます。

初めまして、霊河太樹(よしかわたいき)と申します。

漠然とした質問を、と謝られることはございません。
抱えているお悩みをhasunohaに投稿していただき、本当に有難く思います。

タイトルにもある通り、壊れた心は戻ります。
況して“絶対無理だ”ではなく、“どうすればいいのだろうか”と考え
(hasunohaに投稿など)動いていらっしゃるmi様なら絶対に戻せます。

人は誰しも、人と接する上で、考え事をする上で、生きる上で
“感情”というものが必ずあります。

感情がモチベーションになって得られた成功もあるとのこと。
どうか今までの時間を否定されることなく、お陰で気付けたことがある、と考え過ごしていただきたく思います。

“バランス良く器用”な人に、心の底からなりたいと思えていますか。
というのも、バランス良く器用な方で様々な空しさを抱えている方は珍しくありません。
求めた場所に辿りついた時、今度は違うもやもやが生まれてはどうしようもないです。
(勿論これは杞憂に終わる場合もあります。)

ですので、そこを目指すよりも
自分の良いと思う部分、良くないと思う部分の認識を深め、
何事も受け入れる準備が出来ている“心”を形成することから。

(その“感情”というものに、自分は振り回される人間なんだと心から受け入れられると、振り回されそうになった段階で気付き引き返せる自分になっていきます。)

「これもまた自分」
そう思えるようになることが、感情に振り回されぬようになる大切な一歩目だと、私は思います。

その上で根底に、自分が一番重きを置く“考え方”を構築する。

例えば「何をして生きていくか」ではなく、
「生きていく上でこれだけはしたくない」など。

何を指針にして生きていこうかと考えるより
生きる上で、mi様の本当に大切なヒト、モノ、コトを明確にすることで指針が表れるのだと思います。

以上を踏まえて、自分と対話する時間を今一度作られては如何でしょうか。
またモヤモヤされたならばいつでも何度でも投稿して下さい。

長々と失礼致しました。
有難うございました。

霊河 太樹

{{count}}
有り難し
おきもち


人の欲、悩みというものは生きている限り絶えることがないですが、そのもやっと...

考えるから動けない、ねじ伏せるから健全になれない。

心身ともに健康に生きるには・・・

欲を持ちましょう。
貪欲になりましょう。

感情に振り回されれば自分の心に疑問が生まれます。

お釈迦様も、疑問から悟りを開かれました。
疑問のないところに悟りなどあり得ません。

貪欲になって、自分の感情に振り回されていると気付いた時に初めて、一歩自分から離れて冷静に自分を見つめられるのです。
悟りもまた欲から生まれるのです。

指針なんていりません。
目の前にあることをこなしていく中で、その都度指針は変わるものです。

人はいくら経験をしても成長などしません。
その経験を反省し、自分なりに修正しようとするから成長するのです。

その時の自分のキャパ、それまでの自分の経験による反省値、それによって指針も変わってきます。

わかったような気になって内観することや、教えられたことをそうしなければと頑なに思うことは、返って理屈で自分をねじ伏せることになりかねません。
いつか必ずボロが出ます。

心が壊れていると思っている内はまだ壊れてなんかいません。
どうにかしたいと思っている内は、自分でちゃんと心が分析出来ているという証拠です。

人と比べた成功など、何の役にも立ちません。
じぶんが、やった!と思えることならば、どんな小さなことでも成功なのです。

理想の身心など簡単には手に入りません。

失敗したら次を考え、成功したら心が喜び安堵する。
失敗ばかりを繰り返すと心が疲弊してしまいますが、逆に成功ばかりを繰り返すと、心が増長してしまい物事が見えなくなってしまいます。
小さな失敗と成功をくり返すからこそ、心を健全に保てるのです。

バランス良くなんてしなくて良いんです。

中庸なんてたどり着くことを考えずに、目の前の見近なことをやり遂げることのくり返しが、おのずから目指すものを見せてくれます。

今やりたいこと、それが指針です。
今これをやりたい、それが選択です。

難しく考えるから動けなくなる。

動いて失敗したとき初めて、どうするかを考えたらいい。

その時気付いたら、もっと先へ進めている自分がいるかもしれませんよ。

{{count}}
有り難し
おきもち


煩悩は悩み苦しみの原因

煩悩をスキャンしましょう。
気分が優れないときや、感情に飲み込まれそうなときは、
「欲・怒り・怠け・プライド」と念じてみてください。
該当する感情にヒットしたら、
「煩悩は悩み苦しみの原因」と思い出してください。
以上です。

{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...

決断の連続で生きている。しかし意味は付け加えない

miさま

以前お礼の言葉の中に、「決断をどのように・・・」といった内容がありましたので、今回のお悩みと関係しているのかと思い、お返事を私なりに書かせていただきます。

人は生きていくときに様々なことを考え決断をして生きています。ビーフORチキン
ライスORパン そんな時様々なことを計算し決めていくのでしょう。パンよりライスの方がヘルシーか、しかし、ビーフシチューにはパンがあうか。
など・・・

そうしたことを瞬時に考え決断をしているのではないでしょうか。しかし、仕事の決断となれば損得では決められないように思います。損得のみで決めてしまうと、続かなくなってしまいますよね。本当にやりたいことなのか。やりがいをみいだせているのか。そこが重要な気がします。
「成長したい。」「こうなりたい。」「ああなりたい。」という欲望がありそしてそこに向かうのではないでしょうか。
例えば、将来のことを考えたときにいつも考えとして浮かんでくることは、自分のやりたいこととなるのではないですか。

しかし、考えに執着し振り回されていると何にも見えなくなり、決断どころではなく、苦しみの生活を送ることになります。
そうならないためにも、現実を見る練習をしてください。思いが出てきたときに気が付けるようにご自分を観察してみましょう。
おのずと頭の中が整理され、決断できるようになると思いますよ。

私たち仏教徒も、仏教の智慧によりすくわれたいの願い、学び実践していくのでしょう。欲望がいけないわけではありません。そうしたことで決断をして生きています。

{{count}}
有り難し
おきもち


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...

質問者からのお礼

皆様
回答ありがとうございました。
それぞれのご回答を、じっくりと何度も読み返しました。大変参考になりました。
また質問させていただくかと思いますが、よろしくお願いいたします。
このたびはありがとうございました。

「今を生きる・自分の生き方」問答一覧

独身女性がしっかり生きていく方法

将来が不安で仕方ない。 社会人の女性です。仕事も恋愛も将来が不安で仕方がありません。私は繊細な部分があり、職場で怒られたり、イラつかれたりするととても気にしてしまいます。このまま続けていけるか不安です。 また、学生時代は常に彼氏がいましたが、少し依存してしまう部分があったり、早く結婚したいと言ったりして結局うまくいきません。今の職場は出会いがほとんどありません。今のご時世、ネットやアプリなどで婚活ができるかもしれませんが危険なんじゃないかと不安ですしあまり、お金をかけたいと思わず躊躇しています。 心を安定させるために、自分は、収入が少なくても、独身でも幸せに生きていけると思っていますが、ネットを見ると独身女性は老後が不安とか、生涯孤独とか書いてあります。母親も、父親と結婚しアルバイトをして子育てをしてきました。父親の収入があったからこそ安心して生活してきたのだろうと思います。対して、私は生涯独身で仕事もうまくいかなくなったら何も無くなってしまうと心配になります。 結婚したからと言って、女性の老後は安定なのでしょうか?独身が正社員じゃないと生きるのが難しいのでしょうか? ワガママばかりかもしれませんが、何かアドバイスお願いいたします。

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

「自分軸」で以て生きたいです。

いつもお世話になっております。 20代半ばの者ですが、この頃何かと精神的に不安定で、涙脆くなりました。そんな中、先日「自分軸」という言葉を知りました。 私の拝見した解説では、生き方のベースを「自分がどう在りたいか」に置くのが自分軸、対して「他人にとっての自分がどうか」に置くのが他人軸との事でした。そして、自分軸で生きる=本来の自分で生きている、すなわち自己理解ができている状態だとありました。 私は社会人5年目の今尚、親の送迎で通勤しています。主に持病の関係ですが、正直いつ治るか目処すら立っていません。現状、内服である程度のコントロールはできており、病状(主に意識朦朧・喪失です)が治まっていれば生活上で何ら支障はないに等しいです。ただ、あくまで今は寛解の状態で、加えて病状がいつ起こるか自分では予期できない点が厄介です。 そんな私は現在「そろそろ一人で通勤したい」という思いが強いです。より正確には、「周りへの負担を少しでも軽くしたい」、「周りへの依存状態から抜け出したい」という思いで、その具体的な第一歩として、まずは通勤ができるようになりたいと考えています。これが上記で言う「自分がどう在りたいか」の部分だと自身では捉えています。 一方で、万一病状が出た時を想定した際、意識が不明瞭の状態で自分を守れる自信は当然ありません。となると、仮に先述の思いが実現されても、結局私は周りに負担をかけ兼ねない立場である事には変わりなく、自己責任だけで済まされるものではないと思うのも事実です。 ここで話が戻りますが、上記のような私の考えは、果たして自分軸に沿ったものと言えますか。自分軸で生きる事は、必然的に自己責任のもと生きる事だと思いますが、それとは少し矛盾があるようにも思えます。「自分がどう在りたいか」の中身に他者の存在が絡んできている時点で、そもそもこれは自分軸でなく他人軸の考え方なのでしょうか。よく分からなくなっています。 単純に、周りに甘えたり依存したりしている状況を少しずつでも変えたいだけなのですが、そこに伴うリスクに対し自分で責任を取れるかと問われると、途端に自信がありません。むしろかえって周囲を巻き込み兼ねず、それでは何の意味もないとさえ思え、自分の本心自体が混乱しつつあります。 自分軸で生きるために、私は何からどう取り組むべきかを教えて頂きたいです。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

この先自分がどう生きていくか

お世話になります。 40代を目前にした中学3年生の子を持つシングルマザーです。 これまで生活のためにと懸命に仕事をし転職等も含め収入を上げてきました。しかし、4ヶ月ほど前まで勤めていた会社の上司と合わず、精神的にも追い込まれ仕事に行けなくなり、今は違う会社で働いています。収入はかなり下がってしまいましたが、身体を壊したら子供も育てられないと思い、転職しました。 全く別の業種に転職したこともあり、嫌な気持ちになったり、一緒に働く人に正直イラッとしたりしてしまい。あまりやりがいも感じていません。 子供を育てるのにもあと4年位がピークだと思い、子離れしていく中で私は何が生きがいなんだろうか。これからどうして生きていくことが良いのだろうかということばかり考えてしまいます。 なんだか毎日つまらなく感じてしまうというか、淋しさなのか、どうして満足できないのかがここ2年ほど考えていますがわかりません。 ボランティア活動を少しやってみたり、新たな趣味に挑戦したりしますが、面倒になったり、疲れてしまったりで、続きません。 こんな風にもやもやすることがなく、毎日はつらつとして生きることが理想だと思っているのですが、私の考え方が何かおかしいのでしょうか? 勿論、自分がすごい人間なのだとは全く思ってません。ただ、なんだかのこのモヤモヤから晴れたいとずっと考えていますので、おすすめの思考法や、アドバイスなどいただけたら、本当に嬉しいですし、参考にしたいと思っています。 拙い質問で恐れ入りますが、読んでいただけましたら幸いです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

私の命の使い方

22歳、今年大学を卒業したばかりです。 学生の頃、私は大きな夢や野望をたくさん持っていました。また、それと同時に、自分の置かれている立場や住んでいる場所、全てに不満を抱えていたのです。卒業してすぐに、家族の反対を押し切り以前からずっと憧れていた街に飛び出しました。しかしそこでの暮らしは思い描いていたものとは大きく異なり、鬱のような状態になった私はすぐに実家に帰ることになりました。そして家族の有り難さにようやく気付いたその頃から、私の中の一部がまるで他の人と入れ替わってしまったような気がするのです。以前は猪突猛進でやりたいことに向かって後先考えず進むような性格だったのですが、そんな人格はどこかへ消えたかのように、家の中に引き篭る生活を何ヶ月も続けました。その間に段々、叶えたかった夢のこともどうでもよくなりました。家があること、母のご飯を食べられること、ただそれだけで幸せだと思うようになったのです。自分の目的の為なら家族や親友を犠牲にしても良い等と言っていた私が突然そんな風に変わったのですから、両親も驚いていました。 そして非正規ではありますがやっと仕事も見つかりました。それは学生時代、就活中に友人が馬鹿にしていた職種であり、当時の私自身もそんな仕事をすることは永遠にないと思っていました。けれど、この度のことで自らの愚かさや傲慢さに気付いた私は、誰もが憧れるような仕事をしたいという欲を捨て、自分でもできることをやっていこうと思い直したのです。何も出来ない、資格も無い私には元々そんな生き方がお似合いだったのかもしれません。 最近はよく「自分の人生なのに何故そんなに他人事でいられるの?」「若いのに何故もっと頑張らないの?」と言われ、色々と考えてしまい疲れます。 周りの友人は、今も目標に向かって頑張っています。しかし私はそれを見て焦るということもなく、このままでいいと思うのです。少しのお金を稼ぎ、適度に趣味も楽しんで、家族と平和に暮らしていきたいと思うだけです。とにかく今は、家族に恩返しがしたいです。それ以上のことは望みません。 私の考え方は間違っているでしょうか? 目標も夢もない人生を送るのは、せっかく与えられた命を無駄にしていることと同じなのでしょうか?

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

親の言う通りに努力したら失敗

私はオールAの成績を取っても親から「学校のレベルが低いのに何、もっと頑張りなさい」 90点でも「10点たりない」 コンクールで日本一になっても「ただの学生レベルにすぎない」と言われてきたのが印象に強く残っています。 常に「二度と間違えないようにしなさい」 「再発防止策を考えて紙に書け」 「改善策を考えて紙に書け」 と言われて、言う通りに努力しました。 「人の生きる道を教えるのが親の仕事であり、それでないと子どもは犯罪者になる」と言われてきました。 ただ、間違いの起こさない人間などいなかったようで、全ての悩みに改善策を書き出そうと、図書館に通い文献に当たりながら、子どもなりに最善を尽くしましたが、考えすぎて、脳疲労で幻聴が聞こえるまでになり、それで薬を飲まされると、眠くなるし、体も動かなくなり、10年以上半分寝たきりです。 問題を二度と起こさないようにしようとするのをやめる、 対策を立てないのが対策だったのでしょうか? 悩みは解決しなければならない決まりは無かったのでしょうか? もしかして、成長しようとするのをやめたら、考え事のしすぎで脳が疲れるのは治るのではと思います。 幸せの青い鳥は、青い鳥を探す必要などなく、最初からここにあったのだという結論です。 マインドフルネス瞑想をしているのですが、思考によって解決するのではなく、思考により答えを探し求めなくとも最初から安らぎはここにあったのではないかと感じるようになりました。 10代半ばから半分寝たきりのため、一般教養がありません。 私はずっと、自分を適性のある仕事につけて、成長させ、失敗しないよう努力するとか、人間や社会や自然の仕組みを知ればもう困らないのではないかとか…そう考えてきました。 適性は見つかってきました。 ただ、教養をやり直すかと考えた時、こんな調子で、中年になっても老人になっても改善策のため努力するより、何も知らない自分、人間も社会もわからない自分のまま、再発防止策の探究に没頭するのをやめ、周りの事も見たら、トラブルも減るのではと思っています。 自分の世界に入り込んで常に考えるのをやめれば、教養の勉強にまたのめり込むよりいいですよね? もしかして幸せの青い鳥は勉強の先にあるのではなく、最初からここにあったのではないかと思うのですが…

有り難し有り難し 29
回答数回答 2

病気だらけの人生。私に出来ることは?

私は生死をさまようような病気をはじめ、大小様々な病気を30種類以上してきました。病気だらけの人生です。 まず7歳で年齢的には珍しい病で開腹手術をしました。その時にある病院では「うちでは助かったケースはない」と言われましたが、転院先で手術は成功。生き延びることができました。 しかし、その後、お腹の中で溶けるはずの糸が傷口から飛び出てきて、ピンセットで引き抜くような痛い思いもしました。 その手術との因果関係は不明ですが、小3から内臓疾患になり、乗り物酔いや吐き気に悩まされました。 中学から離人症になり、突然、夢か現実か分からなくなる精神疾患になりました。 小中と心身の病があり、学校を休みがちでした。 勉強は好きで自宅学習をしていたので成績は良かったのですが、逆に災いし、酷いいじめにもあいました。 後に不登校を乗り越え教員となります。 高校からは新しい内部疾患になりましたが、明るく前向きな気持ちで過ごし、楽しい学生生活でした。 大学卒業後は教員になりました。教え子から麻疹がうつり、42度の熱が1週間続き、生死をさまよい、母に育ててくれた感謝の言葉を述べ、死を覚悟しました。 後遺症で記憶力の低下があります。 その後、仕事や介護、家業の手伝いなどがプレッシャーとなり、20代後半で双極性障害(躁鬱病)になりました。 家族の癌が発覚、ショックで寝たきりの鬱になり、車椅子生活でした。転院の末、徐々に回復し、家族の介護を行い見送ることができました。 双極性障害は重症化し、今では数日おきや一日の中でも躁鬱の波に苦しんでいます。 数年前に私の心身の病気を理解してくれる夫と結婚できたことが、人生最大の幸せだと思っています。 子供が欲しいのですが不妊治療が必要で、心身の持病が悪化する可能性があり、迷っています。 自分の子供を産みたいので養子は考えていません。 小さい頃からほぼ毎日のように病気に振り回されてきましたが、なんとか生き延びることができているのは有り難いです。 同じ病気の人の為になれたらとSNSもやっていますが、あまり共感を得られず、考え方や書き方に問題があるのかと落ち込みます。 なぜこんなに病気の多い人生なのでしょうか? 誰かの役にたちたいです。 私は何を学び、何をする為にいきているのでしょうか? 人生の指標を探しています。

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る