hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

お寺、お坊さんの嫁入りについて

回答数回答 4
有り難し有り難し 82

また相談させていただきます。昨日鹿児島に住む親戚の姪っ子からLINEがきました。その内容が「お坊さんの事が好きになってしまった。そのお坊さんのお嫁さんになりたい」と私にLINEしてきました。私は一瞬戸惑って考えてから返信しました。私の返信は「そう簡単にはお坊さんのお嫁さんにはなれないと思うよ。だから辞めた方がいいと。返信しました。だけど姪っ子はそのお坊さんの事が好きすぎて堪らなくてこの人のお嫁さんじゃないと嫌だと言ってます。私の実家に良く来てくれていたお坊さんさんからも話を聞きましたが、一番お坊さんの奥さんが大変だと聞きました。姪っ子に何度も言っても聞いてくれず挙げ句の果てにはお坊さんのお嫁さんになれなかったら、死ぬとか言い出し、私も困ったので姪っ子のお母さんとLINE電話で話しました。姪っ子のお母さんも辞めた方がいいってずっと言ってるんだけど聞く耳を持たないと言ってました。その時だよ私がもし良かったらハスノハのお坊さんに相談してみますって言ったら姪っ子のお母さんもハスノハのお坊さん達なら相談に乗ってくれるからいいねと。また結果を教えてねと言われてLINE電話を切りました。今日か明日には返事出来たら良いと思ってます。
姪っ子の為にも諦めさせた方がいいのか、それともこのままでいいのか。
ご解答よろしくお願いします

2017年3月1日 3:16

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

住職と結婚する色々なケース。

伴侶が僧侶というケースで、必然的にお寺に関わらざるを得ないのは、それなりの覚悟が必要だろうと思います。

しかし、お寺のありかた、僧侶、住職のありかたは実はさまざまです。
私自身のことも含めて、いくつか実際のケースをお伝えしますので参考にされてください。

1.私とつれあい
私は寺の長男に生まれ、紆余曲折を経て僧籍を持ち法務にあたっています。つれあいは、医療職の資格を持ち、結婚後も数年は医療職として勤務してきました。その間、お寺のことは休日に関わる程度で、兼職と言えるものではありません。将来的には寺を共に護持運営するパートナーとなる気持ちはあるようですが、私には来寺される方に笑顔で挨拶してくれるだけで充分です。

2.親しい知人僧侶の家庭
僧侶と結婚したお相手は、普段からお寺には住まず、別の住まいでもっぱら主婦をしています。お寺には基本的に関わっていません。僧侶の彼も仕事と家庭を割り切る考えをお檀家さんにも説明し、比較的円滑な関係を維持しています。

3.会社員の夫
そのお寺の住職は、母親として子育てしながら法務に奮闘されています。おつれあいの男性は会社勤めを続けていて、子育ても協力しながら休日や大切な法要には会社を休んでお寺を手伝っています。将来的には僧侶資格を得て二人でお寺を守るつもりですが、いまは女性の住職がお檀家さんから愛され、支えられながら運営されています。

4.やはり協力が必要なお寺も
比較的大きな規模のお寺に嫁いだ彼女は、様々な研修にも参加してお寺で檀家さんを迎える役割をご自分の「生き方」として全うされています。一番の不安は「いっぱい人が来ること、礼節、作法を知らないこと」だったそうですが、檀家さんはお寺に嫁いでくれた彼女を値踏みしたりはしませんし、知らないことは教えてくれますし、失礼があればきちんと諭してくれます。
その方はお寺の住職に嫁いだことで、一気に親しい家族が何倍にも増えたと言います。
お寺をとおして、仏教をとおして、最愛の人とと結ばれただけでなく、多くの方と人生を共にしていけるのが、その方のいまのよろこびだと言います。ステキですね。

・・・不安はそのとおり。近しい家族ならなおさら「苦労するからやめておくべき」という心配は当然です。でも、本当はお寺に関わるひとりとして、淋しいのです。
きっと、苦労と共に、違う世界も開かれていくはずです。

2017年3月1日 12:00
{{count}}
有り難し
おきもち

北海道の内陸にある浄土真宗の寺院を預かっています。法名(仏弟子の名前)、釋...

ここで決める事なのでしょうか?

ん〜…何とも言えません。一言でお寺と言っても千差万別ですので。
お檀家さん1000軒のマンモス寺院や300軒くらいの中規模寺院、30軒くらいの小規模寺院では忙しさも暮らしぶりも、求められるものも違います。

ウチの隣町の某お寺さんに『若さん』が帰ってこられました。50歳前後の『若さん』です。お父さんと二世代食っていける経済力がなく、若いうちは一般職で仕事をなさっていたわけです。その間お嫁さんは普通の主婦だったわけですね。これを自由な期間があると捉えるか、経済的に不安があるかもしれないと捉えるかは、意見の割れる所です。
逆にマンモス寺院では、雇いの職員さんに全部任せて旅行に行きまくって(陰口叩かれて)いるお嫁さんもいます。同じマンモス寺院でも旅館の女将さんのような感じで常に忙しいお嫁さんもいらっしゃいます。
一方で、お坊さん専業でやっていくなら300軒くらいがちょうど良いという声もあります。しかしそのくらいになると、家族旅行に行くたび何故かいつもお葬式が入って夫婦喧嘩…というあるある話が目立ってきます。

最近は庭掃除用の掃除機や食洗機などの機械化によって、目から鱗の効率超絶UPも可能です。しかしお寺で機械化することを嫌う層も少なくありません。極端な人は30代でもeメールすら使おうとしません。彼にとっては私の方が極端らしいですが(¬_¬)
地域のお坊さんにしても、死ぬほど面倒臭い人もいれば、まるで包容力を擬人化したかのような人もいます。この辺は地域ごとの偏りもある気がしないでもないように思わないでもありません(小声)

まぁ、ひと昔ふた昔前のお寺は、地域の若い女性が行儀見習いや花嫁修業として奉公に集まるような場でしたからね。その頃の寺嫁さま方に求められるものは、本当に大変だったろうと思います。世間にはその頃のイメージが残っているように感じます。でも、今はそんな時代ではありませんよ。程度の差ではありますが。

そんなわけで十寺十色です。何とも言えません。だから止めるべきか背中を押すべきか、こんな所で決めることではないと思いますよ?一度会って例のお坊さんと話をしてみてはいかがでしょうか?姪御さんのリアルな状況も分かるでしょうし。

ただ、私から一言だけ釘を刺すなら、人と接するのがどうしてもストレスになって仕方がない人なら、止めておいたほうが良いです。それだけです。

2017年3月1日 23:36
{{count}}
有り難し
おきもち

曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

結婚するお互いの気持ち、愛、絆、信頼関係次第

ひまわり様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

問題は、「お坊さんということで」結婚したいと思っておられるのか、それとも「その男性に魅かれてということで」結婚したいと思っておられるのか・・そのあたりはどうなのでしょうかね。。

正直、お坊さんもまだまだ未熟な一人の人間であり、多少は修行に励んでの見識や器量を身に付けれていたとしてもやはり、普通の世間一般の男性とそうは変わらないことも・・

ただ憧れや羨望で「お坊さんだから大丈夫」みたいな気持ちがあれば、現実に後から幻滅してしまうことも心配されます・・

あとは、お互いの気持ち次第となるでしょう。苦労や困難があっても二人で支え合って、助け合って乗り越えていけるかどうかが大切となります。

お互いの愛、絆、信頼関係においてお互い同士に任せないといけないことも。。

川口英俊 合掌

2017年3月1日 12:56
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

苦労と不幸は同じではありません。

お寺のお嫁さんが大変であるのは、まず間違いのない事です。

お坊さんはお寺という「宗教法人」の代表であり、宗教集団としてのお寺の指導者でもあります。そこに嫁に入ればその共同運営者としての行動を求められます。
ですが、役割としてはとても尊いもので、檀家信徒を含め周りの方から「ありがとうございます」と言われる素晴らしい仕事でもあります。
苦労と不幸は違います。
やりがいのある人生を送れるのであれば、それはとても幸せな事ではないでしょうか。

ただ、今回のご相談で気になるのは、お話がまだ姪御さんだけしか見えてきてません。そのお相手のお坊さんのお気持ちはどうなのでしょうか?
もしも、相手の方もそれを望まれているのなら、相手のお坊さんを通じて現役のお寺の奥さんにお話を伺うのはどうでしょうか。

ちょっとまだ結婚というよりも恋愛か片思いのレベルにも感じられましたので。

2017年3月1日 8:29
{{count}}
有り難し
おきもち

こんにちは。芦川宗念と申します。 48歳で出家して、現在小さな山寺の住職...

「お坊さんと出会い、恋愛、結婚」問答一覧

親戚の菩提寺の副住職様への恋

はじめまして。めぐみと申します。 不謹慎かもしれませんが、祖父の葬儀でお見かけした、親戚の菩提寺の副住職さんを好きになってしまいました。 葬儀後の法要でお話しする機会があり、その後お寺の行事にお誘いいただいたことがきっかけで、個人的な連絡先は知っております。 しかしながら、お寺様と檀家(側)、というと、教師と生徒といった壁を感じ、私から何かしらお誘い等してもよいものか、烏滸がましいのではないかと躊躇われてしまいます。 私は20代後半、お相手は30代前半で、ご住職とお話しする限り、明確な恋人や婚約者はおられないようです。 ただ、確りしたお寺さんのようで、お寺関係のお見合いは多いのではないか、また、私は在家でお寺関係者ではありませんので、身分が不釣り合いなようにも思います。 また、共通の知り合いや接点が全くない状態です。 これら背景を踏まえ、この恋は諦めるべきか、諦めなくてもよいのであれば、どのようにアプローチをしたらよいのか、ご助言をいただきたく質問致します。 (現在親戚は代替わりしており、先々代まではお寺様との繋がりはそれなりにあったようですが、現在では月参り、葬儀等程度のお付き合いとのことです。) 現在は、私から連絡をすればお返事をいただけますが、お相手から連絡をいただいたことはなく、また、二人きりでプライベートでお会いしたことはありません。 久しぶりに、好きだ、と思えるお方に出会え、何とかご縁を結べたなら幸せだな、と考えています。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

住職同士の結婚と生きる意味

はじめまして。 自身もお坊さん(住職)なのですが、悩んで悩んでこちらに投稿させていただくことにしました。 お寺に生まれ育ち、一般企業への就職を経て、僧侶とならせていただきました。長女ということもあり、跡取りの第一候補です。 ですが、「この人なら」と思えたパートナーもまた住職&遠距離に自坊があり、そのままでは結婚が難しい状況です。 幸いにも互いの両親に理解があり、それぞれのお寺をうまく運営する方法さえ見つかればというところなのですが、考えても考えてもうまい着地点が見つからず、時々諦めそうになってしまいます。 実はこれまでにも、わたしがお寺の跡継ぎということが原因で他の方と結婚が破断になったことが2回あります。また、年齢のことからも出産を急ぎたく焦る気持ちもある中で、なんのために息をするのか、生きる意味がわからなくなってきてしまいました。 お相手方のお寺は自坊よりも大きいこと、かつ、わたしの両親は自身にお寺を継いで欲しい気持ちが強いことから、私自身が双方のお寺を行き来する形で考えていたものの、それも難しそうです。 わたしの両親は、私自身のしあわせよりも、今日までのお寺を維持してきた自分たちの苦労が血縁者に受け継がれることの方が大切なんだろうなという発言もあり、心がポキっと折れてしまいました。 最近では徐々に御教えもありがたいと思えなくなってきてしまい、板挟みになって涙が止まらなくなってきています。 こんな私ではだめなんだろうな、でも今度こそはこの人と一緒にいたいだけなのにな、という思いではりさけそうです。 死にたいの単語ばかりよぎってしまいます。 お寺を捨てたいわけじゃない。 でも、自分の幸せはどこにあるんだろう。 どうかこの先のヒントだけでもいただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

お坊さんとの出逢いかた

お手間をおかけいたします 読んでいただけたらありがたいです。 私は40代という大きな年齢なのですが、まだ結婚を望んでおります。 これまでいろいろな職業のかたと出会い、恋愛などもしてきました。 結婚が遅れている理由はよく聞かれるのですが自分でもわかりません。 ここ数年はお坊さんという職業に憧れを抱いており、お坊さんを見かけると何故か安らぎを感じ、他の男性に目をむけることができずにいるのもあります。 数年前、法事でお寺に出かけ、いつも耳にするお経がとても居心地よく感じ、それからお坊さんに憧れを抱くようになりました。 普段の生活からお坊さんと個人的に知り合う機会は全くなく、インターネットで調べて婚活パーティーがあるときにはお知らせをいただけるように登録はしているものの、未だに参加したことはない状況です。 このような大きな年齢で、お坊さんに限らず結婚を望むなんて厚かましいので周りの人には婚活をしていることも隠しています。 お坊さんはどのようにして結婚までたどり着いておられるのでしょうか。 一般のかたと交流できる場はあるのでしょうか。 私はできればお寺に嫁ぎたいと考えております。 お仕事の大変さもインターネットで調べ、理解しております。 教えていただくことができればありがたいです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

住職さんとの恋愛について

はじめまして。心が苦しく、初めてご相談を聞いていただきたく…宜しくお願いします。 私は42歳バツイチ今年高校生になる娘と2人暮らしです。長年、シングルマザーで仕事と子育てに没頭していたら今の年齢になりました。 何度かこれまでにお付き合い経験はありますが、基本、子育て中心でしたので、ここ10年くらいは恋愛はしていません。 たまたま、ご縁があり住職さん(融通念佛宗)とお付き合いをさせて頂く事になりました。災害ボランティアをされたり、誠実そうな方でした。 私は僧侶の方とのお付き合いが初めてで、朝早くから夜までお忙しい仕事の様に感じており、彼の仕事を理解しようとし、すべて彼の都合にお任せしてました。 話は変わりますが、本題なのですが、 彼と性交渉をする事になり、これからこの人と少しずつ素敵な人生を歩んでいけたらいいなと思っていました。 元々、自分のモノに違和感があり婦人科で見てもらっていましたが、まれな体質な体(性器)であると言われてました。 突然、ある日、彼からどうしても合わない…気持ち悪いと言われ…別れを告げられました。 私は42年の中で初めて言われた言葉であり、とてもショックと共に、避妊すらしなかった彼にも少し怒りもわきました。 元々、性格がとても好きだし… これから末永くよろしくお願いしますと言われていた事もあり、真剣に交際出来るパートナーに出会えた事にとても嬉しかったです。 別れを告げられてから、急に冷たくなり…女性としてすごくショックです。 彼の本山は、乳児院、母子シェルター 保育園、様々な福祉の心の温かなお寺です。 私も福祉職でして。毎日、人の支援にあたる業務をおこなっています。 住職という方書きは別として彼自信の気持ちの言葉だったんだろうと思いますが、どうもやり捨ての様な気がします。 ですが、私は彼に見返り等を求めてはいませんし、ヒドイ言い方されてまで、彼にそれほど、心残りはありません。 ただ…住職というお坊さんなら信じてもいいかと思っていただけにショックもあり、聞いていただきたく思いました。彼は46歳です。 今のこのモヤモヤはどうしたらスッキリするでしょうか?またもうすぐ誕生日という事もあり、お坊さん名を彫って貰ったボールペンを購入してます。 捨てるべきか、渡すべきか、悩みます 長文になりましたがどうぞよろしくお願い致します

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る