お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

資格試験の勉強をしています。

資格勉強して何回か受けています。
もう今年こそは受からなければいけないと
思いました

勉強の仕方等
教えてください。

有り難し 6
回答 1

質問投稿日: 2015年8月8日 15:26

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

受からなくてもいいんだという選択も持つ

あなたの心や体調不良は、自分の決め事があるからです。
人間は、恐ろしいほどに自分ルールを作ります。
これをおちたらおわりだ、もうだめだ、と自分に縛られるのです。
まずは「落ちてもいいや、精一杯やろう」と口にしてみてください。
脳がモードチェンジするまで、言ってみてください。
あなたは、何としても受からなければいけない、自分の自由を奪われたようなある種、無我であると感じているかもしれません。
仏教の無我、無私は、そうではありません。
それも自分のマイルールですから、それも取り外すことで、重荷が取れて百パーセントの力を発揮できるのです。
「そうか、受からなくてもいいのか!死ぬわけではない」と思ってみましょう。
あなたの人生です。
試験と言うのは、インプット能力とアウトプット能力が試されているだけです。
あまり、脳をワタクシ情報を取り込まないようにしましょう。
無私、無我であれば、脳は、勉強すべきことだけをそのままストレートに覚えます。
「自分」「こうでなければいけない自分」に 力 が入りすぎていませんか?
武術も書も演奏も修行も力を抜くことにこそ神髄があるのです。
これはあなたの力を抜く為のお話でした。
力が抜ければ、見たもの、聞いたもの、学んだものはストレートに入ってきますよ。
落っこちたら、また来てください。
落っこちなくても、またお待ちしています。

3年前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます(^^)
そうです。その通りです。(;゜∀゜)

力を抜きます。
ある日の自分は
勉強をすることがとても楽しかったんです。

しばらく無我になりたい

試験問題して見たのです。
そうしたら気がつきました。
肩の力を抜いていたら見えていない部分
(まだまだある)が見えてこようとしています。

以前の悩みに答えて下さってありがとうございます。

耳鳴りがお陰様で良くなって まいりました。

関連する問答
このページの先頭へ