hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

自分の選択に自信が持てず前向きになれません

回答数回答 3
有り難し有り難し 35

初めて質問させてもらいます。解りにくい部分もあるとは思いますがよろしくお願いします。
私は、高校卒業と同時に九州を出て、東海地方に就職しました。それから17年間、同じ会社に務めてきましたが、今年の11月で退職し九州の実家に戻ることを決めました。
今年35歳になり、35歳で自分の将来(生涯住む土地)について決断(九州か東海か)しようと考えていたのでこの時期に決断しました。九州を選んだ理由は、①両親と一緒に住みたい(もしくはすぐ実家に帰れる距離にいたい)②自分は長男で兄弟は妹しかいない この2つが大きな理由です。今回の選択は自分の人生をガラッと変える選択であることを認識したうえで、色々考え、周りにも相談し決断しました。今は都会に住んでいますが実家は限界集落に近いような場所です。仕事・収入・生活環境がガラッと変わるため、すでに決断したしたこととはいえ、「本当にこれでよかったんだろうか?自分自身の心は本当にどうしたいんだろうか?」と心の靄が晴れず 自分の決断に前向きになれません。逆の選択をしても同じように悩むと思います。決断したことを変えるつもりはありません ただ 自分の決断したことに自信がもちたいのですが何かアドバイスをいただけませんか。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

自信を持つということは今を生きるということ

ご自分の決断に自信を持ちたいとのことですが、決断した後に過去を振り返り比べたり、こうだったらどうなっていたかななどと、考えの上で想像したりするから自信がなくなるわけです。

過去とはもう現実には消え去ったものです。時は流れています。こうしている間にもどんどんと移り変わり新しいことが始まっています。

今この瞬間に生かされているということに意識を向け、生活していくことで自然と自信が持てるようになるでしょう。

人と比べず、過去と比べず、想像の世界と比べず、只今を生きている。ということです。過去の経験は、自然と身についているものです。引きずる必要はありません。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


損失面の反対側には獲得面もある。

時は199X年。インドの山奥、海を越えたサイタマケン。
人々の心は憂いの闇に曇らされていた。
2人の息子を持つ安倍静江さん(65)は炎天下の中庭先で嘆いていた。
「オイーオイオイ…(泣)」
そこに一人の男が通りかかった。
彼の名は山田ケンシロウ。
どんな心の悩みも治せるという、北斗仏見の伝承者である。
「む、あれは、おシズさん…。」
ケンシロウはそばに近づいて話を聞くことにした。
「安倍のばあさん、どうした?」
「オイオイ(泣)今日は天気が晴れてもうたから、晴れの日は傘職人の長男坊の傘が売れなくて困っているだろうにと思うと…オイオイ。雨の日は花火職人の次男坊が花火が売れないと思うと、心配で心配でオイオイ(泣)。」
「そうか…、婆さんも大変だな。」
「あたしゃ毎日こんな思いをするくらいなら死にたいよ」
「あたぁ!」
「あべッ!しッ!ずッ、えッ!」
ケンシロウは婆さんに「北斗無常拳奥義 思考転生」という経絡秘孔をついて次のようにあたたたたと説法を説いて諭しました。
「婆さん、お前の考えはすでに死んでいる。晴れの時は次男の花火職人が売れてよかった、雨の日は長男の傘が売れてよかったと思うべきだ。」
静江さんは、その場で成仏したという。「たわ婆!」

以上のほのぼのとした(どこがだ)お話からも伺えるように、田舎には田舎の良さがあるものです。
物価も安いし、その気になれば人間、無人島で素っ裸でも暮らせます。
しょーもない話でしたが、ブレインストーミングの一助となって、物事の悪い所ばかりに焦点が当たってしまう考えが「ひでぶ」することを祈っています。
この話はフィクションであり、実在の人物とはまるで無関係であります。
まずは、実際にそこで暮らしてから不足があれば対処すればよいのです。実際にそこで暮らしている人たちはどうして暮せているのでしょうか?一度、自分目線を捨てて、あたたたたたらしい視点で眺めてみましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

社員の代わりはいるが、長男の代わりはいない

失礼な言い方ですが、あなたの会社であなたが辞めても、別の人を雇えばあなたの代わりの社員は作り出せます。
しかし、ご両親にとって、あなたは唯一の長男なのです。
ですから、あなたの選択は間違っていません。
もちろん、あなた自身に今の会社でまだまだやりたいことがあるだとか、今の都会暮らしが好きだとか、感情面はわかりませんが、理屈の上では、あなたの選択は間違っていないし、まだ若いこのタイミングで決断したのも賢いと思います。
九州の生活で色んなことを積み重ねていけば、九州の生活に愛着が出てきますから、だんだん、東海への未練はうすくなりますから、きっと大丈夫です。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

邦元様、回答していただきありがとうございました。今を生きているんだという言葉とても考えさせらましたし自分は自分だと思っていたのですが自分の中でも過去や想像と比べてしまって悩んでいることに気が付くことができましたありがとうございました。
願誉浄史 様 回答していただきありがとうございました。長男の変わりはいないという言葉に
とてもすくわれた気がしました。生活についてもまだ九州の生活は始まってないので見えない不安はありますが、願誉浄史 様のおっしゃるとおり生活するうちに馴れ、知り合いも増え、気が付いたときには「戻ってよかったな」と思えるのかなと考えました。
お二人に言われたことを忘れず頑張ろうと思いました ありがとうございました。

「人生の選択・岐路・決断」問答一覧

ミスコン 何でも挑戦するべきでしょうか。

私は現在大学に在学しており、お恥ずかしながら周囲の人から大学で行われるミス・コンテストに応募してみないのかという話をよくされます。 私自身はSNSや人前に立つことが極めて苦手な性格であることや、ミスコン自体が何となく恐いと感じることから、今までミスコンへの応募は考えていませんでした。 しかし来年度が自分が参加できる最後のチャンスであることを知り、周囲の言う「応募しないともったいない」という言葉が胸に突き刺さるようになりました。 挑戦したいという意欲が湧くというより、挑戦しない自分は逃げている臆病者で一生後悔するのではないかという不安に駆られます。 また、周りにそう思われているのではないということも怖くなりました。 正直なところ、私には自己顕示欲もありますし、応募を100%否定的に考えているわけではありません。 しかしミスコンのことを考えていないほうが心穏やかでいられます。 今しか挑戦できないことは挑戦すべきでしょうか?それとも自分の心に従うべきなのでしょうか。 最終的には自分が決めることとは思いますが、どのようにすれば自分が納得のいく選択ができるか、ぜひアドバイスを頂きたいです。 自慢のように思われてしまいそうで家族や友人に相談できず悩んでいます。 読み辛い長文で申し訳ありませんがお言葉が頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

地元に戻るか悩んでいます。

初めまして。 第三者様の意見を伺いたく相談させていただきます。 今の職場に勤めて3年半経ちましたが、イライラが顔に出る人間なのでそのせいでずっと人間関係が上手くいかず仕事を辞めたくて辞めたくて悩んでいました。 年末年始に帰省したとき両親からそろそろこっちに戻ってきて結婚相手を探したらと言われるようになり、①来年賃貸の更新がある、②今まで職場の方に嫌な思いをさせてしまったので続けづらい、③関東に友達がおらず寂しい、④結婚して子供が出来たら親に協力してもらいながら仕事を続けたい、という理由から辞めようと決めて上司に何度か(4月上旬、5月末、8月中旬)退職希望の旨をお話ししました。 しかしその度に私の成長を褒めていただき、もう少し頑張ってみたら?と引き止められ仕事内容にはやりがいを感じていたので、辞めるべきか悩み保留状態になっていて今に至ります。 最近、職場の人間関係が良くなってきて仕事にももっとやりがいを感じて辞めたくないなと思うことが多くなりました。 しかし親は帰ってきて欲しいと言うし、私も結婚や子育ては地元でしたい。地元にいる友達と会いたい。 でも仕事は楽しくて辞めたくない。 という感じでずっと葛藤している状態です。(あと3ヶ月ちょっとで賃貸の更新なので焦っています) 文章が苦手で分かりにくくて申し訳ありませんが、何かアドバイスを頂けたらと思います。 よろしくお願いいたします。 ちなみに今恋人はおらず婚活中です。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

家を建てるか地元に帰るか

結婚して5年、地元から車で6時間ほどかかる県外で、家族3人で住んでいます。 旦那は地元が同じですが、会社のある今の県で家を建てようかという話になりました。 土地を探し、工務店の目処もたち、あとは契約というところで、妊娠が発覚しました。 ・2人目を望んでいたが、家を買うのと重なるとなると、お金の流れが不安 ・買おうとした土地の周りの道が狭く、水路があり、ハザードマップにかかる為2人の子供を育てるのに不安 ・住まいが変わる、弟妹が生まれる、幼稚園に通い始めるなど、上の子の環境が一気に変わるのが不安 ・根底に地元に帰りたいという思いが私にある 以上が問題になり、契約は取りやめに。 主人は、家を建てたかったようですが、早速転職のサイトを見てくれています。 とても有難いのですが、また別の不安が出てきました。 ・転職できる職種の会社が、両方の実家のある市内にない。車で1時間ほど。 ・転職したら年収が今より200万ほど下がる ・地元は地価が高く、土地は買えない ・転職前後は蓄えを崩す上、子どもが生まれることで、貯金が減る。 安定した収入と、主人の出世の為なら、残った方が良いです。 今転職すると、主人も私も訪れたことのない環境に身を置くことになります。それなら今の誰も知り合いのいない、馴染みのない環境と同じです。 コロナ不況や子どもが増えることもあり、今の会社で2、3年ほど貯金し、それまでに良い転職先があればと思いましたが、主人は若いうち方が良いとの意見でした。 子育て支援センター等で、昔からの友達と楽しそうにしている他のお母さん方をみて、とても羨ましく思います。 主人は朝早く夜遅い仕事なので、ほぼ私が一人で子育てしています。 自分に余裕がない時はイライラしてしまい、子どもに当たってしまいそうになります。ちょうどイヤイヤ期なので、毎日「どうしたら良いのか」と悩みます。 こういう時、実家や義実家に行って1時間くらい息抜きできたら良いのにと思います。 また、産後のセックスレスが理由で、一度だけですが主人に首を絞められたことがあり、主人の機嫌が悪いと実家に帰りたいと思うようになりました。 やがて大きくなれば、私も働くつもりでいます。そしたら、私の知り合いも増えるかなと期待してます。 それまでここで踏ん張って家を建てるか、地元に帰るか、悩んでます。

有り難し有り難し 32
回答数回答 2

夫との別居という選択に悩んでいます

私は関東出身で、遠距離恋愛を経て夫の地元である九州の離島に嫁ぎました。 結婚前から田舎での子育てに不安があり、自分の地元ではなくともせめて本土での生活を望んでいましたが、家族従業員である夫や夫家族の強い意向で、夫の地元に住むことになりました。 結婚前に、夫自身はずっと地元に残るつもりはなく、いずれは島を出たいと思っていることや、子育て環境を考えたときに、教育や医療の面でも本土の方がいいと思ってるということを話していたため、一時的に住むのならばということでそのときは私が折れました。 ですが小さい子どもふたりを連れていざ引っ越してみると、想像以上に不便で、買い物は車で片道30分、子どもを遊ばせる公園もなく、知り合いをつくろうにもそもそも子育て世代がまわりにおらず孤立状態、気分転換をしたくても1時間半以上船に乗らないと島外にも出られず、なんのために自分がここにいるのかわからなりました。 この環境での生活はしんどい、今すぐとは言わないが本土へ引っ越ししたいと夫に伝えても、大変な思いをさせているとは思うが、家族従業員ということで仕事を辞めるわけにはいかないの一点張りで話が進みません。 結婚前と話が違う、と思いましたが、夫は家族で地元に住み続けたいと思っているそうです。 (仕事は親族が営んでいますが、本人は継ぎたいという意思はなく、資格試験も嫌々受けているため何年も落ち続けています) 先月私の実家に子どもと帰省してからは、夫の地元に戻る気持ちがなくなってしまいました。 田舎を全否定するつもりはなく、都会と比べて本来の人間らしい生活ができる場所だと思いますし、自分の時間に余裕があるのであれば楽しみ方も色々あると思いますが、他所から来て子育て中の身には厳しいと感じる部分が多いです。 夫は育児家事ともに進んで行ってくれて、子どもも夫に懐いているので家族揃って生活できるのが一番ですが、お互いの妥協点として別居という選択しか浮かばず、夫も同意見でした。 自分で提案した事ですが、夫にとって私たち家族よりも夫の親族との関係の方が大切といわれたようで悲しかったです。 私はともかく、子どもたちと離れてまで、地元に残ろうとする理由がわかりません。 このまま別居となると夫婦関係が悪化しそうで、この選択で良いのかと、ずっと同じことを考えてしまいます。今後私はどうしたらよいでしょうか。

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

ジムを辞める決意したのに、揺らいでいます

以前ジムでスタッフ側の友人と喧嘩し、相談させて頂いたものです。 また相談させてください。 以前のアドバイスを参考に、友人とジムでのいじめを切り離すため、ジムの退会申請をしました。 その際、ジムの会長から、友人以外の運営スタッフに、今までの礼をつくして辞めるように。と指導されました。なので、従いました。 スタッフ側の友人は、以前のキツイ表情が消え、喧嘩前の優しい友人で対応してくれました。7月1ヶ月のうちジムでの一瞬の時間を本当に大切に思い出にできるようにと配慮してくれているようでした。 コロナ禍で頻繁に通えない状況なので、次の予定日を告げると、とても嬉しそうに笑顔で、承りました。と対応してくれました。 私の主観で感じているだけで、友人は他の会員さんと同等にスタッフ対応しているにすぎないのでしょうが。私にはそう感じてしまいました。 他のスタッフさんからも、コロナ禍で自粛の中、体力と技術が維持若しくは以前以上になっていませんか?自粛中YouTubeとかで自主練されてましたか? とか マスクしての運動なんですから、楽しめたらそれでいいんです。健康でジムにこれた自分に感謝だけで十分です。 と心遣いのお言葉がありました。 いじめをしてきた会員さんとは時間を変えているので遭遇はなく。 他の会員さんは、会長やスタッフに公言すると大事になるから、トプさんだけに宣言するね。とご自身の目標と達成希望日を宣言してくださり、達成できた暁には、お祝いしてね♪との一言まで。 私は、今月で退会と言えず、応援しております。達成してください。と言ってしまいました。 その方は、宣言した以上やらなきゃね!と嬉しそうに、またご自身の練習ワールドに戻っていかれました。 7年通っていじめに遭遇したのは一回。またそのような機会があるか?と思うとジムが怖くなり、辞めると自分で決意したのですが。 ジムでの素敵なご縁の繋がりは、数えられないくらい経験させてもらってきました。 40歳まで運動してこなかった私が、7年間週5〜7日通い月9割の出席を維持してきました。その間出来なかったことができるようになった喜びを共に分かち合えた友人やスタッフ、仲良し会員さん。そのご縁が消せないとまた思いようになってしまいました。 優柔不断な自分に、どうしたら良いか分からず、再度また相談させてもらいました。 アドバイスお願いしてよいですか

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

人生の選択を過ってしまいました

私は現在、無職で実家住みの再就職活動中の28歳でございます。 経歴を全て明かしますと、高校卒業後、一年浪人し、地方国立大学工学部電気電子工学科に進学。二年休学しつつも卒業し、新卒でプラントの設計職に付きました、そして、人員の関係で半年間現場配属となり、一年で退職しました。 その退職の理由というのも、愚かしくも、幼少期の頃からの夢である漫画家を目指すためです。 実は、浪人のとき休学のときと漫画家を目指したいと進路に迷った時期があり、実際にインターネットに漫画を公表し、少々の反響をうけておりました。一応、現在もその反響の痕跡をネット上に見ることができます。 その反響で勘違いしたのか、心の奥底に「自分は本気で漫画家を目指せばなれるのではないか?」という、執着がのこりつづけ、就業中も意識が片足泥沼に浸かったような感覚で業務に集中できず、現場配属となった際に、漫画家になれるという幻想への逃避、また自身の責任感の無さからくる自責、対人関係の軋轢、不安から 「漫画家を目指し、漫画家になれなかったら死のう」と考え、 実家に無理を言って戻り、二年ほど漫画家を目指しました。退職後の初年度の4月に漫画を出版社に持ち込み、期待賞を受賞し、担当編集者についてもらいました。その後、二作目で佳作を受賞し、デビューを目指し続けましたが、ようやく自分の実力と年齢に限界を感じました。 というのも自身の漫画はエンターテイメント商品というより、世の中に対する自分の負の感情の塊のようなもので、商品になり得ないと思ってしまったからです。 そして、現在、再就職に向け転職活動をし、面接で上記の経歴を、なるべく、良く見えるように、かつ、虚偽なく語るのですが、やはりどこの面接官も顔を渋らせ、採用にはなりません。 今や少々絶望を感じております。 ただ自分は自分の人生の選択の結果こうなったのであり、世の中に対する恨みはありません。そして、大きな視点で見れば好きなように生きて、好きなときに死ぬということはありだと思うのですが、一人の人間の思考にたち戻ると、かけた親への迷惑を考えると自殺はできません。単純に死が怖いだけかもしれませんが… 再就職活動は続けていますが、仮に再就職できたところで、幻想が砕かれた今人生に希望はもてません。どう生きたら良いのかもわかりません。情報の羅列になってしまいましたが助言をお願い致します。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

最良の選択がわからない。

仕事における人間関係の悩みです。 オフィスワークと飲食業を営んでおりました。本業はオフィスワークです。 本業を一緒にやっている仲間と、飲食業で関わる仲間との板挟みに悩んでいます。 多くの資金を使って始めた飲食事業が、今回のコロナ騒ぎで大打撃を受けてしまい、本業の運転資金にも弊害が出るようになりました。 本業の立て直しをするため、本来ならば心を鬼にして飲食店を今すぐ切り捨てるべきだと頭では理解していても、 弱っている仲間を目の前にして、ついつい助ける選択をしてしまいました。 危ない橋に自ら足を突っ込んでいる自覚もありましたし、後になって後悔もしました。 私は優柔不断で、嫌われるのが怖いからか、ついつい目の前の人にいい顔をしてしまう悪いクセがあります。 それが今の状況を招いたのだと感じています。 結果として、本業の仲間からの強烈な突き上げがあり、立場を追われ、 コロナ渦の最中に飲食店と借金のみが手元に残りました。 自業自得です。 飲食店の仲間たちからは感謝の言葉を頂くのですが、この先の不安が拭えません。 また過去の仲間との関係性もギクシャクしたままで心が痛みます。 私は、目の前にいる困っている人をおこがましくも助けたいなど思ってはいけなかったのか。 助けられるほどの人間ではないのに、思い上がりで安易な行動に出てしまったのではないか、 と、毎日を不安に過ごしています。 誰からも嫌われたくないと思う気持ちは、悪い事ですか? どうすれば、前を向いて気持ちよく再スタートに踏み出せるのでしょうか? または今からでも遅くないと、過去の仲間の元へ立ち戻ったほうが良いのでしょうか? 気持ちの整理がつきません。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る