お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

生きることや目標、夢ってなんですか。

夢は非現実なものですか。

私には夢があります。
オリンピックに出たいとか、総理大臣になりたいなどほんの僅かな人にしかできないことではありません。

大学に入り勉強すれば叶うと私は思ってます。
日本で学べる大学は3つしかありません。
どうしても行きたくて二浪目してでも行こうと思ってます。
ですが、「高校の先生にはそんな一部の人にしかできないことなんて元からの才能がないとできない。」と言われ、「諦めるか大学でてから留学でもしろ」と言われました。

大学って言うものはただの学歴だけを得るところなんですか。私は夢を叶えるための段階だと思ってます。
意味もなく大学に進んだ方がいいですか。

こんな優柔不断でクヨクヨする自分が嫌いです。親不孝だとすごく感じてます。
生きていることがものすごく申し訳なくなります。
1度ストレスで倒れて死の間際に立ったとき家族が必死に命を繋いでくれました。 
ですが、そこから家族の歯車が狂い始めました。
倒れた三日後から高校に登校しました。
ですが、私の送迎中に母が怪我をし、次の週から、両親ともに怪我で入院しました。

私が居なければ母が怪我をすることがなかった、浪人なんかしなければ母が仕事をしなくても済んでる。

大学進学することだけが親孝行になるとは思いません。でも、目標もありません。
そしたら、生きるってなんだろうとなって2月からずっと悩みおかしくなりそうです
夢ってなんですか。生きるってなんですか。私はどう親孝行すればいいですか。

有り難し 14
回答 2

質問投稿日: 2017年3月31日 11:14

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

生きることは自由に流されていくということです。

初めまして。本多清寛と申します。
 みいぽぽさんは大丈夫です。生きることの大切さ、親孝行の大切さを知っているから大丈夫です。ただ、大切にしすぎてこんがらがっているだけだと思います。まずは親孝行を知りましょう。一般的な親孝行なんかではなく、みいぽぽさんのご両親が喜んでくれる孝行を考えてみて下さい。
 まずは、目標もなく大学へいくことと、目標を決めて大学にいくことのどちらが親孝行だと感じるのかを、直接ご両親に聞いてください。ご両親の怪我や、お母さんのお仕事についても、親不孝だと思っているのかどうかを直接ご両親に聞いてみて下さい。
 絶対に分かった振りをせず、直接会話をして下さい。できれば会って話す、会って話せなければ電話をして下さい。メールや手紙はやめておきましょう。Lineは特に避けて下さい。(雰囲気がスタンプや色に流されてしまうので。普段の連絡はLineで構いません)
 一人で悩むことはとても大事なことですが、たいがい答えは出ません。特に、生きることなどの抽象的な悩みだと、答えを出すのは至難の業です。だからこそ、誰かに相談をする。近くに誰も相談相手がいなければ、「おっさんレンタル」(http://ossanrental.thebase.in/about )というサービスもあります。あえて無関係の人に相談してみるというのも手かもしれません。

自由は「自らに由る」と書きます。意味は自分を原因にしているということです。だから、みいぽぽさん自身がどうやって生きるのかを決めて時間に流されるしかありません。決めていれば流れが来た時にすぐ乗ることができます。

今は、まず生き方を決めるところからだと思いますので、たくさんの人と直接話しをして下さい。よろしくお願いします。

本多清寛

2年4ヶ月前

笑顔で、活き活きと頑張る姿が親孝行

みいぽぽ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「生きることや目標、夢ってなんですか」・・

それらは「因縁(原因や条件)次第である」と、仏教では一つ説明することになります。

もしも、善い結果を望まれるのであれば、諦めずに善い因縁を調えることに努力するのが必要となります。

そして、また因縁次第でも変わっていくことにもなります。

拙生だって、何度これまでに変わっていったことでしょう・・

叶えられたものもありますし、できなかったものももちろんあります。

叶えたいのであれば、それなりに勇気が必要なこともあります。

勇気を出して、目指してみると、また分かることもありますし、今まで見えていなかった景色が見えることもあります。

まあ、やってみなければわからないこともたくさんです。

また逆に因縁を調える(特にどうにもできない外部環境によるものなど)のが、とても無理でありそうならば、退くのも勇気です。

どちらにしても後悔しないことです。

親御さんの怪我も仕事もそんなに貴女が負い目に思われるようなことではありません。

仕事のことも、子どもの為なら、子どもの幸せの為ならと、親は勧んで喜んでしていることもあると思いますし、それが逆に励みになっていることも。

何より笑顔で、活き活きと頑張る姿が親孝行になると思いますよ。。

川口英俊 合掌

2年4ヶ月前

「生きる意味」問答一覧

「生きる意味」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ