口が軽い友人との関わり方

 20年来の学生時代は親友だった友人がいます。今はそれぞれ家庭を持ち、偶然かなり近所に住んでいます(私は子供がいなく、彼女にはいるので地域のママ友繋がりが激しい人です)。

 昔は信頼できたので何でも話していましたが、ここ数年、彼女と話していると「あの家の奥さんがガンになって~」「誰々のお兄さんの友達の友達が借金で~」など他人の(しかも細かく何丁目のどこに住んでるなど相手の特定ができる話し方で)病気、金銭トラブルなどを何の関係もない私に話してくるようになったので、きっと私の事も同じように筒抜けだと思い自分の話はあまりしないように、そして会う回数も理由をつけかなり減らし距離をおくようにしていました。

 そして、ここにきて私が子宮系の病気が見つかり手術をひかえています。彼女には言わない方がいいと考えていたのですが、4月に入り自分の子供達の入学式の事細かな内容と写メをわざわざ送ってきて(いつもの事ですが、いつもは「何で子供のいない私に…嫌だな」という気持ちを押し殺し「よかったね」など彼女の望むであろうレスをしていました)、自分の病気で苛立っていた私はつい「誰にも言わないでほしいんだけど、今度子宮系の手術をするので悪いけど今は子供の話を聞ける状態ではない」と送ってしまいました。
 彼女からは「落ち着いたらまた話を聞かせて下さい」と返信が。

例えば、実質的な距離がある人なら少しずつフェードアウトしたと思います。が、実際かなり近所で一生過ごしていく学生時代の友人なので、この先、喧嘩したわけでもないのにずっと会わないわけにもいかない気もして…。
 今の私の彼女への感情は「若い頃は気もあって信頼できる大切な親友だったけど、今はそれぞれ価値観も変わり、縁を切るほどでもないが自分の話はしたくない。近所に住む過去の親友」です。

 中途半端に情報提供をした自分が悪いのですが、これから彼女とどう接していいかわかりません。
 どうかお知恵をお願いいたします。

他人・友人関係
有り難し 7
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

自然の流れに任せるのも一方法

喋りたがり屋の人はどこでもいるものです。私の周りでも、ビックリするほどご近所の事をよく知ってる人がおられます。ただ、本人には悪気はなく、ただおしゃべりなだけのようです。
彼女がどうなのか分かりませんが、口止めしても多分話されるのではないかと思います。もし回り回ってあなたの元にお見舞いの言葉が来た時には、彼女にそれとなく匂わせ、少し距離を置くようにして見てはどうでしょう。
心当たりがあるようなら、何らかのアクションがあるかも知れませんし、これを機会に縁遠くなるかも知れません。あなたからは特に意識する事なく、昔は仲が良かった友達として自然に任せれば良いのではないでしょうか。

追加の回答です
もし彼女と出会うことがあって、そのことを聞かれた場合は「話したところで自分の気が晴れることはないし、話すことでさらに落ち込むと思うので、この話しは止めにしましょう」と言って下さい。そうすれば彼女もさらに尋ねることはないでしょう。それでも、まだ聞きたがるというのでは、友人とは言えません。
今後は、むかし仲の良かった友人ということで、普通に接していけばいいと思います。縁があれば続きますし、なければ遠ざかって行くでしょう。他人の言動に振り回される必要はありません。
子供があるために悩み続ける家族もあれば、一生一人で過ごす人もあり人生ぞれぞれです。与えられた環境の中で、精一杯努力し、その結果をそのまま受け入れることが悔いのない人生につながります。

7ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

 りゅうよう様ご回答ありがとうございます。
 まさに悪気はなくただのおしゃべりという感じです。多分口止めしても話されると私も思います。ちなみに共通の知り合いはいないので、いつも私が知らない他人(の家の場所などをわざわざ教えられながら)の事を聞かされるように、私が全く知らない他人に話されると思います。
 「心配なので落ち着いたら話を聞かせて下さい」との事、気が重いです。「嫌です」とも言えないのでいつか接した時には話さなくてはならないですよね。子宮という臓器がら、子供がいない人生がこれで決定になる手術になるので、田舎の「どうしてあの家には子供いないの」という好奇心をくすぐる最高のエサになるのだろうなと。
回避方法、ないですよね(泣)。半端に情報もらした自分の落ち度としてこの件は人に話されるの承知で諦めて話すしかないでしょうか。たびたびの相談になり申し訳ありませんがご意見いただけましたら幸いです。

 りゅうよう様、追加回答ありがとうございます。
 その返し方は思いつきませんでした。それなら角も立たず話さずにすみそうです。そしてそれ以降は自然の流れにまかせてみます。今は本当は手術にむけてやるべきことがたくさんあるのにこんな事ばかり考えてしまい何も手付かずでした。彼女への対応がわかり胸のつかえがとれ前に進めそうです。
 心からありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ