永代経について

度々失礼いたします…
失礼な質問かもしれませんが…
先日主人が亡くなり、すぐ初七日ですが、お寺さんに、'初七日法要に永代経として20万もってきてください'と タバコ片手に言われました…妥当な金額なのでしょうか。母子家庭になってしまったのでそんな大金はちょっと無理です…
ちなみに、院号代も20万円でした。

お参り
有り難し 6
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

妥当ではありません。しかしあるいは……。

永代経懇志は「懇志」です。
布施か、布施に近いものですから、要求するものではありません。
僧侶にはそういうつもりがなかったのかもしれませんが、
たぶん、そのお寺では従来からそのようにすることが多いので、
そういう言い方になったのかもわかりません。お寺の事情もあるのかもしれません。
しかし、ねこさんにはねこさんの事情があるので、
そのむね、おっしゃってみるのが良いと思います。
ぜったいにそのときに納めてもらわないといけない!とはおっしゃらないと思います。
おそらく。
僧侶もフツウの人なので、フツウに話してみてください。

院号は、料金とか代金とかではなく、これも懇志です。
本願寺派の場合は、京都の本願寺派の本願寺に「20万円以上」の懇志を納めると
本願寺からお礼としてもらえるものです。
(お礼としてもらえるものに対して「料金」のようにわたしたち僧侶も説明してしまうことがあります。
これはおかしいことです。)
本山にすべて納めるのでお寺にはなんにも入りません。

ここまで書いてすこしわかったかもしれません。
そのお寺では、院号を授与された方には、篤い志があるはず、と受け取って、
それならば、本山だけではなく、このお寺にもご懇志を納めてくれるはず、
と理解されているのかもわかりません。
それでそのような「要求」になってしまったのかもしれません。

従来「そういうこと」になっていたのだとしても、
院号をつけるかどうかという時点で、そこまで
(同じ額をお寺にもおさめてください、ということまで)
説明しなかったなら、それは説明不足だったわけですから、
うーん。でも、事情を話せば……。

これを機会に、お寺でおそらく開催されている「ご法座」に参加されて、
永代経ってなに?とか、阿弥陀さまの救いのたしかさとか、
聞かれてみるのも良いかと思います。

ここからはひとりごとです。

「おろおろ、ばたばたしていて、詳しい説明をうかがえなかったこともあり、誤解してしまいました。
ぜんぶで40万円の懇志ということなら、院号をつけてもらうのも考え直したかもしれません、
すんでしまったことですが……。
失礼なことだとは思うのですが、しかし、永代経懇志までは、
今も、今後も、用立てが難しいと思います。
どうしたらよいでしょう?」

7ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

石田智秀 様
おはようございます
ありがとうございます 大きな字で、初七日法要に納めてくださいという紙を頂いたので、納めなくてはいけないものかと思いました…永代経の説明を受けたのですが、葬儀が始まるギリギリ前の時間だったのと、まだ気持ちが動揺していてきちんと聞けてなかったと思います。
色々ありがとうございました

関連する問答
このページの先頭へ