皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

就活やバイトで自信を無くしました

  就活やバイトに自信をなくして、人が怖くなりました。
もう一生仕事は見つからないので、早めに死んだほうが幸せな気がしてきました。
この世はエゴばかりの世界ですよね?
人に気に入られないと生きていけないのはとてもじゃないけどやっていけません

 この世のすべてを恨んで死のうと考えてます
甘えかもしれませんが、そうかもしれません。

 資格とか取っても、生かせなかったら意味ないですし

正社員の人がうらやましいです。
死んだら生まれ変わらずに、いたいです

嫉妬・蔑み
有り難し 6
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

エゴを破る自信

就活やアルバイトが上手くいかず大変ご苦労されているのですね。それで死にたいとまで考えてしまうのですね。

「自信を無くしました」とおっしゃるのだから自信があったのですよね。「きっとこうなる」「こういうことができる」という自信があったことと思います。
でも本当の自信はどんな自分でも信じること。今の自分をそのまま信じることです。「こんなはずない」「こうなるはず」「できるはず」ではなく、「こんなこともある」「そんなこともある」と受け入れていく自信。この自信があればどんな境遇の中でも歩んで行けます。これこそ「こうあるべき」というエゴを破る自信です。

「もう一生仕事は見つからない」とか、「早めに死んだほうが幸せ」と決めつけてしまうのもエゴなのです。エゴが満たされることに人は幸せを求めますが、本当の幸せはエゴが打ち破られていくところにあるのかもしれません。

「人に気に入られないと生きていけない」…そう感じてしまうかやこさんの心は大変傷ついているのだとお察しします。
でも実はそれもエゴなのです。「私を見てくれ!」「私を気に入ってくれ!」とエゴの中に沈んでいくのでなく、まずは自分のエゴから破っていきましょう。

就労支援センターとか、職業訓練のスタッフとか、自治体の窓口とか、身近な支援者の方たちの声に耳を傾けましょう。アドバイスを素直に聞きましょう。支援の手を受け入れましょう。正社員にこだわら過ぎず、かやこさんの力を活かせる場所を探しましょう。

死んだら生まれ変われません。いや、死後がどうなっているかは実際にはわかりませんが、少なくとも今の「かやこ」さんとしての人生はもうありません。かやこさんは前世の記憶なんかないでしょう?今のかやこさんの人生がそれで本当の幸せなのか問うてみましょう。

私としては別に仕事をしなきゃ絶対にいけないなんて思っていません。でもきっとかやこさんはお仕事したいのでしょう。だから応援しています。

また経過を聞かせてくださいね。お待ちしています。


質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます

関連する問答
このページの先頭へ