hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

十三佛真言について

回答数回答 2
有り難し有り難し 38

真言宗で唱えられる十三佛真言は、他宗派の信者が唱えても差支えないのでしょうか。
曹洞宗の経典を見たところ、真言宗の

発菩提心真言 おん ぼうじしったぼだはだやみ 
三摩耶戒 おん さんまやさとばん
光明真言 おん あぼきゃべいろしゃのう まかぼだらまにはんどまじんばらはらばりたや うん

上記3点の真言が~陀羅尼という別の呼称で掲載されておりました。

曹洞宗でも仏壇や墓石に向かって十三佛真言をお唱えてしても構わないのでしょうか。

2015年9月3日 21:53

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

問題はありません

曹洞宗の側から回答します。
そちらの3つの陀羅尼は甘露門というお経に『収録された陀羅尼』としてお唱えします。特にお寺では夕方のお勤めのお経としてお唱えしますので、お仏壇やお墓でお唱えなさっても何ら問題はありません。

ただ、真言宗さんの十三佛真言というのがどういった意味合いなのか存じ上げませんので、何とも言い難いのですが、曹洞宗でご家庭のお仏壇やお墓にお唱えするというのはいささか意図の見えないお唱えとは言えるでしょう。

曹洞宗では菩提心に関するお唱えごとでしたら四弘誓願文(しぐせいがんもん)や三帰礼文(さんきらいもん)が適当でしょうし、曹洞宗のご先祖さまは全員、三摩耶戒ではなく三帰・三聚浄戒(さんじゅじょうかい)、十重禁戒のあわせて十六条戒を受けています。灌頂もたびたび行われるものではありません。

また、曹洞宗では長年、お仏壇やお墓へのお唱えには「南無釈迦牟尼佛」とお唱えしましょうという形になっていますし、近年では「南無釈迦牟尼佛、南無高祖承陽大師(なむこうそじょうようだいし)、南無太祖常済大師(なむたいそじょうさいだいし)」という一仏両祖のお唱えをお願いするようになっております。真言そのものもおすすめしているというわけではありません。むしろ禅は無言を好むと言ってもいいかもしれません。決して真言をお唱えしない訳ではありませんが。

「他宗派の信者が唱えても差支えないのでしょうか」の背景の事情が分かりかねますのでハッキリとした回答はできませんが、「問題はないが推奨もしない」という回答に留めさせていただきます。

お仏壇やお墓を継いだ方が質問者さまとは別にいらっしゃる場合は、その方が他宗派の作法を快く思われないこともありますので一言お断りを入れてからになさると良いでしょう。

2015年10月5日 16:40
{{count}}
有り難し
おきもち

曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

十三仏真言について

hannnyasinngyou様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

基本的に真言や陀羅尼というものは、宗派はあまり関係なく、適宜必要に応じて用いられて唱えられるものではないかと存じております。(但し、浄土真宗さんは例外になるかもしれません。)

拙生も朝の梵鐘勤行の中においては、十三仏真言をお唱えさせて頂いておりますし、各中陰法要・回忌法要においては、十三仏供養として、塔婆に梵字で真言を書かせて頂くこと、法要にて真言を唱えさせて頂くこともございます。

真言は、呪やマントラと言われますように、少し神秘的な呪文として、密教的要素が強くあるものと思われてしまうこともございますが、サンスクリット語(梵語)を原典とするものとして、その意味内容もある程度訳出することができるものとなっております。

その内容は、如来・菩薩様の叡智や加持力を讃えて救済を冀うもの、ただ、お名前を尊くお呼びさせて頂いて帰依を深めるためのものなど、それぞれに意味内容がございます。

ある意味では、南無釈迦牟尼仏、南無阿弥陀仏とお唱えすることと同様に、仏様への帰依信心を表すことに近いものがございます。

仏壇や墓石に向かって十三佛真言をお唱えすることについてですが、ご仏壇が曹洞宗の場合でしたら、ご本尊様はお釈迦様となりますので、やはり、ご仏壇のご本尊様へと向けましては、「ナウマク・サウマンダ・ボダナン・バク」とお釈迦様のご真言を唱えられるのが良いのではないかとは存じます。お墓でも十三仏供養としてならば各真言をお唱えするのも良いでしょうが、基本的には、お釈迦様のご真言で良いのではないかと存じます。

ただ、「ナウマク・サウマンダ・ボダナン・バク」には、「帰依します。三千大千世界の諸仏とお釈迦様に。」となりますように、「サウマンダ・ボダナン」で、諸仏の中に全ての仏様(と菩薩様も)が含まれることになり、それだけで他の真言もカバーされてしまうと言えば、そうなってしまうのではありますが・・

また、二年半前となり拙い内容ではございますが、十三仏について扱わせて頂きました拙考がございますので、もし宜しければご参考にして頂けましたらと存じます。

「十三仏 追善供養を司る如来・菩薩たち」
http://oujyouin.com/13butu.html

川口英俊 合掌

2015年10月5日 14:36
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

質問者からのお礼

岩瀧山往生院六萬寺・副住職 川口 英俊様

この度は、十三佛真言について詳しく丁寧に説明して下さいまして、誠にありがとうございました。
「十三仏 追善供養を司る如来・菩薩たち」 も拝読させていただきましたが、尊格の名前は聞いたことがあっても、初七日から三十三回忌までの追善供養において、仏道に導いて行く役割が各尊格に与えられていることも初めて知り、大変興味深く拝読させていただきました。

今回十三仏真言について質問させていただいた理由ですが、真言宗様に宗旨替えするつもりで、
十三仏真言を読めるように練習したわけですが、墓地が見つからない為、墓地の空いている曹洞宗様にお世話になることになりまして、曹洞宗の在家勤行の練習をしておりました所、経典に
発菩提心真言、三摩耶戒、光明真言が掲載されておりましたので、せっかく練習した十三仏真言も
お唱えして構わないものか疑問に思い質問させていただきました。
単にお唱えして良いか否かという枠を超えて、各尊格の役割を知り、仏道に帰依する心がけこそ大事なのだと、私なりに解釈することが出来ましたので、おおいに質問させていただいた甲斐がございました。お忙しい中、大変詳しくご回答いただき誠にありがとうございました。

大慈様

この度は、お忙しい中ご回答下さいまして誠にありがとうございました。
「他宗派の信者が唱えても差支えないのでしょうか」の背景ですが、当初、わけあって真言宗様に
宗旨替えするつもりでおりましたが、墓地が見つからないため、曹洞宗様の墓地に移ることになり、
曹洞宗様の在家勤行の練習をしておりました所、3つの陀羅尼が真言宗様の真言と同じでしたので、
せっかく練習した十三仏真言もお唱えして構わないものか、疑問に思い質問させて頂きました。
ご回答を拝見させていただき、やはり曹洞宗では曹洞宗の作法に則ったお唱え方をするべきだと、
納得致しました。お墓や仏壇を継ぐのも私ですので、他者に気兼ねすることは無いのですが、
作法を正しく守り、気持ちを込めて供養していく所存でございます。

お忙しい中ご回答していただき、重ねてお礼申し上げます。ありがとうございました。

「真言」問答一覧

独学で行う“印”と“真言”について

初めまして、私は仏様を側に感じたい時やお寺で参拝する時に印を結び、真言を唱えている破戒するヒトと申します。 私の結ぶ印や唱える真言は師に習ったものではありません、ネットや書籍で調べたものです。 本当は出家をして師に習うのが一番だと言うのは分かりますが、どうしても人が苦手で集団に溶け込んで修行する自分が想像出来なくて、独学でまったりと学ぼうとしています。 このように独学で印や真言を調べるなかで「印は行者しか結んではならない」「印や真言は誰が行おうと構わない」「師に習わない印や真言に効力は無い」「軽い気持ちで印を結べば仏罰がくだる」…など様々な情報が入り乱れて混乱します。 ただそれでも私自身に「印を結び、真言を唱えたい」という欲求が合ったので都合の悪い情報は気にしないようにして印と真言をしてきました。 ちなみに理由は魔法使いみたいで格好が良いから、または自分はいま仏様に近付く修行している…といった心地のよい感覚があり、このまま根気よく続けていれば仏様との間に、より濃密なご縁を頂けるかも…なんて期待をしつつやっていました。 しかし時に後ろめたさの様な物を感じる事があります。この行為はもしかしたら仏様に対し失礼に当たるのではないかと。 とある質問サイトでこのような事を質問してみても意見はバラバラでどうすれば良いか分かりません。 このような混乱と欲求と後ろめたさが入り乱れ撹拌されてか、今朝の夢のなかでお坊さんに「真言や印は欲望で行うものではない、貴方が好意でそのように行動しても仏様は迷惑だと感じるだろう」と言われました。 すみません、あくまで夢の中のお話です でもとても鮮明な夢で「仏様は迷惑だと感じるだろう」という言葉が突き刺さり、堪らずこちらのサイトに登録を行い質問をさせてもらいました。 もしも夢など紛い物で無いお坊さんにそのように言われれば、私はキッパリと印と真言の欲求は断ち切るつもりです。 しかし私の欲求として仏様の迷惑にならないなら印を結び真言を唱えたいです。 どうしたら良いでしょうか。 分かりにくい所があったらすみません。 混乱と欲求が激しく渦巻いてそれ以外の事が考えられません。 どうか回答お願いします。

有り難し有り難し 42
回答数回答 2

ご真言と涜神恐怖

密教に詳しいお坊様にご質問・ご相談です。 護摩に何度か参加させていただいているのですが、一字金輪仏頂のご真言を最後によく唱えます。 興味を惹かれて、文献で調べましたところ、大変な効力のあるご真言で、他の真言や修法の効果をかき消してしまう。しかし修法の時に唱えれば、「あらゆる障碍(しょうげ)を払い修法を成功させる」とありました。 ここまでは良かったのですが、普段の家のお勤めの時、このご真言が頭に浮かんでしまいます。 これではお勤行の功徳がかき消されるのでは?  と心配にかられます。 また私は、子供の頃から、軽い涜神恐怖(とくしん恐怖)があります。 強迫性障害のひとつで、無意識のうちに、思ってもいないはずの神仏への冒涜的な雑念が、勝手に頭に浮かんで、その不安と恐怖に駆られる非常に厄介なものです。 こちらはお勤行の時に懺悔文を唱えることで、数年以上前に克服できたのですが、この「一字金輪仏頂」のことを知ってしまったために、ぶり返してしまいました。 つまり、冒涜的な雑念と一字金輪仏頂のご真言が、一緒に頭に浮かんで、せっかくのお勤行が台無しになるのでは? と言う脅迫観念と言いますか、不安です。 これは気にし過ぎでしょうか? やはりご真言は、口で唱えるか、意図して観想したものでなければ問題ないと考えてよろしいのでしょうか。 我ながら、バカな質問では? と思うのですが、よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る