お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

異母兄弟の死

私の子供(幼児)には十以上年の離れた異母兄弟がおります。面識はなかったのですが先日お亡くなりになられたそうです。

複雑な家庭環境にある為、子供には伝えておりません。
亡くなって2週間経った頃、子供の夢に出てこられたみたいです。
いつかはお墓にお参りに行きたいと思っていますが、子供を亡くされた母親の気持ちを考えると同じ母親としては心苦しく、
血縁関係にあるとはいえ遠慮するべきなのか、亡くなった方は何を望まれていいるのか頭から離れません。

49日までは子供の亡くした父親の支えになりたいと頑張っていたのですが、
49日を過ぎて急激に自分の精神的に不安定な部分を隠せず子供の前でも感情的になっては自己嫌悪に陥ってしまいます。

子供を亡くすという辛い経験をしている父親には余計な負担をかけたくなく
私がしっかりしなければ思いつつも気持ちがついていかず、頑張り方がわからなくなってしまいした。
何がアドバイスをいただけないでしょうか。宜しくお願いします。

有り難し 4
回答 2

質問投稿日: 2015年9月9日 21:23

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

深く首を突っ込まなければ良いのです。

あなたのお子さんの異母兄弟ということは、ダンナさんの元奥様のお子さんという事ですから、間接的な関わり合いとはいえ、あなたには直接的には関わり合いはないと言えます。
あなたが気に病む、気にする、気を注ぐことというより、その子の生みの親である、あなたの旦那さんとお母さんの問題ですから「深く首を突っ込まなければ良い」のです。

人間は、人さまの事でも、情が沸くから、自分のことのように感じてしまう。
あたかも自分のことのように。
これは、自分の正義感が刺激されている状態にも似ています。
一旦それ(マイルール・自分ルール・自分流正義)を手放してみましょう。
人さまの事は人さまの事。
それって、本当に、あなたの事ですか?
違うはずです。
同じような気持ちではあるかもしれません。
でも、どこまでいっても違うはずです。
だからあま「り深く首を突っ込まなければいい」のです。
問題にするべき一番の当事者があなたではないからです。
東日本最震災が起こった時、1000キロ以上離れていた所に住んでいた人がノイローゼになられました。
川崎の少年殺害事件でまったく関係の無い方が心を患って病んでしまいました。
映画「パッション」をみた敬虔なキリスト教の信者さんがショック死してしまいました。
気持ちを注ぐことが愛といっても、深すぎればそれは苦しみが生ずるのです。
注ぎ過ぎると、それにとらわれすぎてしまい、外の事なのに、こちらも病んでしまうことがあります。
何かしてあげるがあるならして差し上げるべきです。ですが、それは冷静にするべきことであって、あまり深く首を突っ込まなければ良いのです。
これはあなたがまず冷静になって頂く為の処方箋でした。
あとは、公の立場、中立の立場として、私的感情を交えずに冷静に、手を合わせてあげてください。ご主人もあなたに気を使っている所があるでしょうから、そこをゆるめて冷静に中立の立場で接してあげるようにしてみてください。

3年1ヶ月前

慈悲の心

ロロさん、はじめまして。
徳島県の法話と天井絵の寺 觀音寺 中村太釈です。

異母兄弟を亡くされ、どう対処したらいいのか分からなくなっておられるのですね。
子どもの夢に出てきたり、ロロさんが父の支えになろうとしても、ロロさん自身が不安定になってしまうのですね。

仏教には慈悲という教えがあります。
慈は、慈(いつく)しむという字です。親が子を大事にする心です。
悲は、他人の悲しみを我が悲しみと感じることを指します。

今、ロロさんは慈悲の心を感じておられます。
しかし、誰かに成り代わることはできないのです。子を失った悲しみを共有することはできても、悲しみを代わってあげることはできないのです。ロロさんは、それ故の苦しみを感じておられると思います。

慈悲とは、悲しみに寄り添い、悲しみが少しでも癒やされることを願い手を合わせることです。ロロさんが、慈悲の心で手を合わせられるようになるよう、祈念しております。

3年1ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

回答有難うどざいます。周りがそれぞれに気を遣ってどう接してよいか私が一人で気にしていたのかもしれません。亡くなった方は兄弟がいて幸せだったのか?兄弟がいなければ父親との時間をもっと持てたのではないか?次から次に自分の存在を否定したくなって悩んでおりました。
私ができる範囲の事をして差し上げたいと思います。

関連する問答
このページの先頭へ