hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

私は物事を考えすぎているのでしょうか?

回答数回答 4
有り難し有り難し 41

はじめまして。
私は長い間、それこそ中学生の頃から、生きる事について自分なりに考えて参りました。

幼い頃は、生きるとは正しく(簡単にいうと道徳で習うような基本的なこと)在るよう努め、幸せになる事と思っておりました。

しかし、今までを振り返ると、正しさは私の人生において、幸せになる事とは異なる存在でした。

なぜ嘘をつくのか、なぜ陰口をいうのか、なぜ優しくしないのか、なぜ相手の立場に立って話をしないのか、なぜ傷付け傷つけられるのか…

これらのある種意味のない疑問を持ち考え続けたことで、大切な人達にも息苦しい思いや悲しい思いをさせてきことがあると思います。実際に、そこまで正しく生きれない、お前を見てると辛いと言われてしまったことがあります…

また、私自身も、正しさに執着し過ぎている為か、怒り悲しみを抑え込み、何よりも叶えたい強い望みも、他者の悲しみの上でしか成立しないと思うと何もできず、消化出来ない感情や気持ちとの矛盾で頭と心が度々悲鳴をあげます。
(勿論、抑えきれないない時もあります。その時は自己嫌悪で悲鳴をあげております…)

そんな時にであったのが「人は苦しむためにこの世を生きる。現世で苦しみカルマをかることで、生まれ変わりの輪から抜け出すために人は生きている。」という一文でした。

おかしな話ですが、とても救われたきがしました。幸せにならなくて良い、正しさを求め苦しむことは、間違いではない、と言われた気が致しました。

ただ(だいぶ長い前説となってしまいましたが…)本当に根本的な事なのですが、正直、ここまで考えて生きる必要があるのか、疑問に思う自身もおります。
身近な人たちにこの様な話をすると、そこ迄考えなくて良いと言われてしまいます。

私は…考えすぎなのでしょうか?
もう少し気楽に、幸せを求める方が健全なのでしょうか…
(ただ、私は現在も決して不幸ではなく、むしろ感謝がつきない日々を送っておりますので、幸せと言う言葉には少し語弊があるかもしれませんが…)

長文の割りにあまり意図が伝わりにくい内容となってしまい申し訳ありません。なるべく素直に頭の中の言葉を書き出させて頂きました。

ご意見をお聞かせ頂けましたら幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

いいかげんに過ごす。

ものすごく悩まれた結果、その考えにたどりついたのですね。

考えすぎかどうかという質問に答えるのならば、そんなことはありません。
もっともっと考えて、「正しさ」「幸せ」について突き詰めていくのも、
決して悪いことではないと思います。

ただ、もう少し気楽に幸せを求める方が健全なのでしょうか、という質問に関しても、
そうかもしれませんね、と思います。
「健全」かどうかを決めるのは自分なので、一旦置いておいても、
もう少し気楽に、幸せを求めることも、悪くないのです。

私は、「人は苦しむためにこの世を生き」ている訳ではないと思っています。
お釈迦さまは、「生・老・病・死」などの苦から離れるために出家し、
瞑想ののちに悟りに至りました。

有無さんは、ご自身で仰っているように、正しさに執着しすぎているのかもしれません。
なぜ嘘をつくのか、なぜ陰口を言うのか、なぜ優しくしないのか……、
などなどのことは、すべて有無さんにとってみれば、他人の行いです。
まずは自分が正しくあるように努める方が先で、
他人などは放っておけばよいのです。

少し「いいかげん」に過ごすくらいの方が、楽しく過ごせます。
「いいかげん」は「良い加減」。
中道を知り、極端を避けるということです。

中道を意識しつつ、「正しさ」や「幸せ」について、考えを深めていけば、
じきに、自分にちょうど良いと思える、
正さを求めても苦しくない道がみつかると思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


佐山拓郎
目黒・五百羅漢寺の佐山と申します。 浄土宗教師の資格を得たあと、10年間...

自分が提起した問題を自分で解決させればスッキリしましょう。

あなたは、
・正しさという正義の剣で他人も自分までも切り付けてしまった。
・自分の問題提起が自分で解決されないままであるのに、他人にそれを強要してしまっていた。
あなたはおそらく本当の「正しさ」に出会っておられないと思います。
「正しさ」「正義」というものは考えであり、ある種危険思想なのです。

人間の「あるべき」と
天地自然の「あるべき」と
人間を極めた仏の「あるべき」というものは違うのです。
本当の正しさというのは、決してそんな窮屈なものではないのです。
「人は苦しむためにこの世を生きる。現世で苦しみカルマをかることで、生まれ変わりの輪から抜け出すために人は生きている。」
↑ この一節にしても矛盾点を申し上げれば、
「苦しむために生きる」なんて悲惨な生き方をする必要はありません。
現世というと来世が想起される。その直後、本当の現世、たった今、目の前がおろそかになる。あなたを苦しませたのは、正義感、自分の立てたルールでしょう。
それをたった今という現世で、断ち切りましたから、負の無限ループという輪から抜け出すことができましたよ。
だから、この一節は、あなたは救われたにせよ、ちょっとアヤシイ響きも持っているので、一般世間にも通じるような、もう少し理知的で、明晰さを持った言葉を信じるようにしましょう。
有無を論ぜず 有無のどちらにも偏らず 有無にわたらざる心は いかなる心か。
興味があったら坐禅会にお越しください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

「人に迷惑をかけるな」

 前半の「なぜ?」シリーズは、みな同じ答えがあります。「自分が可愛いから・自分が世の中で一番大切だから」。聞いてみればナァーンダかも知れませんが、ようは「人間、理想のようには生きられないよ」というのが土台です。ここまで来ると、「そこまで正しく生きられない」と同じ根ですネ。なぜ辿り着けないのか。多分、「正しさ」というのは「言葉の上にしかない」からだと思います。あるいは「仏さま(人にムと書きますし)=人ではない存在」が「正しい」から。
 つまり「正しさというものは、追究しきれないと知りなさいよ」ということだと思います。追究するな、捨て置けというのではないと思います。「追究しきらないと納得できない!」というのが執着です。
 そこを諦める…のは嫌ですか?怖いですか?でも、それは不利でも弱味でもありません。むしろ夢から醒めた状態。これが、「幸せ」に繋がっているような気がします。
 私が典型的な例と思っているのは「人に迷惑をかけるな」という「正しい考え」です。「他人を傷つけたり、悲しませてはいけない。自分を悲しませてはいけない。」それは「言葉上は全く問題ない、100点満点の正解」なのですが、実施しようとすると途端に躓く。「言葉通りにはやりきれない」ことが分かると…
 謙虚になり、感謝の日々が始まります。「自分は、ゴメンネって言って良いんだ」「他人に甘えてもいいんだ」。「自分が一番可愛い」人間が、それでも他人へ少し手を貸してくれる事がある。そこに「人間の世のありがたさ」はあるのだろうと思います。
 もう一つ、「考えすぎなのか?」ということです。ときどき、世の人たちが「あれ買って嬉しい、旅行行って嬉しい」を声高に話す(要するに自慢げ)のが聞こえると、あまりいい気はしません。「楽しそうで良かったね」とは思うけれど。…それよりも、半ば偶然な嬉しさの方が好きです。「小さな幸せ、小さなありがとう」に気づくセンスが自分にあると思う時は、嬉しくなりますね。
 そう、「幸せを求めるよりも、幸せに気づく自分でありたい」ということです。
 もしもこのhasunohaで、お坊さん方の答えの中に、あなたにピッタリのモノがあったなら、取りあえずこの問いが浮かんでくる機会は減ると思います。いいんじゃないでしょうか、考え続けても。「考えてたら、歯磨き忘れた!」ではどうかと思いますけれど。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

怒りも煩悩です。

怒りは煩悩ですから、悩み苦しみの原因です。
正義が理由であっても、怒ったら苦しむのは自分です。
なので、正しく生きつつも、悪に対して怒らない、仏様の生き方が理想ですよね。
正しくても怒ったら負け、が、仏道修行というゲームのルールなのです。
怒らないためには、他人への慈しみ、あわれみを持つのが有効でしょう。
そのためには、悪いことをしてしまった他人の人生、生い立ち、そうせざるをえない状況・能力について、想像してみてはどうでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

「考えすぎる・行動できない」問答一覧

考えすぎを直したいです。

たびたびお世話になっています。 20代半ばですが小児科に通院中です。昔から脳疾患による意識消失があり、手術しましたが反対の脳で再発、今は飲み薬での治療です。 自分では殆ど病状を予期できず、かつて自転車に乗ったまま倒れた経験があります。当然ながら運転免許も無く、現在通勤(片道1時間半)も親の送迎です。万一の場合に危険が大きいとの理由で、電車通勤はしていません。 自分が周りの手助け無くして生活できない身である事は重々承知です。だからこそ、「これ以上迷惑を掛けぬよう、周りの指示に従う事が最低限の務め」と常々言い聞かせています。一方、それと矛盾して「この状態が周りにとって最善なのか」と常に疑っている自分もいます。 先ほどの通勤を例に取ると、両親は共働きですが「身体の事情があって送り迎えしているだけだから深く気にする必要はない」と言われます。また、弟(無職)が母に代わって運転してくれる事があります。 しかし自分は「電車通勤ができれば弟は働けて、母は夜中に働かなくても済み、父は自由に休みを過ごせるかも」等と色々考えます。周りに迷惑を掛けたくなくて指示に従っているはずなのに、それが逆に周りの負担に繋がっているように思えてしまいます。自分の捉え方の問題でしょうか。「本当に現状で良いのか」と不安でなりません。 単純に職場を変える手もあると思いますが、「仕事上で問題がないなら慣れた職場で頑張れば良い」と言われます。私自身も続けたいのが本音ですが、上記の通りどこか引っかかるものがあります。 元々極度の心配性なせいもあると思いますが、「考えすぎ」からどうしても脱せません。周りの好意や手助けでさえ素直に「ありがとう」と受け取れず、「迷惑掛けてごめんなさい」が常に付いて回ります。 散々考え続けた挙げ句に「単に自分の無力さを【考え続ける】事で打ち消したいだけなのか」、「【考える努力はしている】って思いたいだけなのか」なんて事がふと浮かびます。 今こうしながらも、「【抱え込まない】を口実に、単に話を聞いてほしい甘えなのか、結局は弱すぎるだけなのか」と考えている自分がいます。ひねくれ者だと自分でも思います。 体調のためにも物事を考えすぎないようにしたいです。そのために意識すべき方法や発想転換の仕方を教えて頂きたいです。 どういう心掛けが必要でしょうか。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

どうしても考えてしまう

前回も回答ありがとうございました。 今では前回よりもだいぶ前向きになれました。 私は今でも死ぬのが怖いです。 人はいずれ死ぬ。わかってます。理解もしてます。 できれば、おばあさんになるまで生きて今世に悔いがないように生きたいと思っています。 ですが、最近頭から離れないのは、災害での死です。 私は、東京に住んでいます。 いつ来るかもわからない、そもそも私が生きているときに来るかもわからない首都直下型の地震に怯えています。 今は建物もだいぶ強化されていて、被害は予想よりも少ないかもしれない。実際被害は予想より少ないかもしれない。 被害にあわれる方も、考え方が悪いかもしれませんが、一握りだけです。 最近は、その一握りに入らないように精一杯生きていこうと思っています。 ですが、もし建物が倒れてきてつぶされてしまったら、火災に巻き込まれて死んでしまったら、水害に巻き込まれて死んでしまったら、予想よりも被害が大きかったら。 最悪なケースしか考えられません。自分が生きている未来が見えません。 死んでも、死後で昔一緒に暮らしていた愛犬や愛猫、おじいちゃんたちが迎えてくれるかもしれない、そう考えると悪くないかなと考えることもあります。 でもやっぱり怖いものは怖いです。死ぬときのことを考えすぎて日々しんどいです。 想像するだけでも火災は熱いし、水災は苦しいし、潰されるのは嫌だし。 死について両親に言うと「考えるからだよ」「身近な人がいなくなると怖くなくなるよ」と言います。友人は「その時にならないと分からなくない?」と言います。言っていることはわかりますが、怖いものは怖いです。 一か月ほど前までは、周りの人と同じように楽しく暮らしていたのに、コロナで暇になった今、こういうことしか考えられなくなりました。 少しでも心を落ち着けるにはどうしたらいいでしょうか。前向きに生きたいです。 相変わらず読みにくい文章ですみません。

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

どうしても考えてしまう

以前にも別件で相談させてもらった者です。 今回は、2年前にあった出来事が今も悔しくて辛くて許せなくて苦しんでしまっています。その事を相談させて下さい。 実はその時に詐欺にあってしまい全財産を騙し取られ借金まで出来てしまいました。 借金は祖母がお金を用意してくれて返済は出来ましたが、そのせいで僕は職場に内緒で副業を始めて祖母への返済にあてています。 今、そのお金があればもっと余裕がある生活や貯金なんかもできるのにって犯人に対して怒りが治りません。 また、その時に母も騙されそうになってしまい、二人とも騙されていたらと思うと恐ろしくなります。 母を騙そうとした事にも怒りが治りませんし許せません。 あと、今僕には結婚を考えている彼女がいるのですが、そのお金があれば結婚式の事や新生活の事に不安を今よりは持たなくて良いと思えて考える度に怒りが湧いてきます。 それと同時に、騙された自分が悪いんだろう。あの時に周りに相談したら良かった。周りを頼らなかった自分がいけない。なんでも一人でやろうとしたのが悪いといった自分を責める思考や後悔してあの時にこうしていればといったたられば思考も湧いてきて最近頻繁に苦しくなってしまいます。 この思いはどうすればいいのでしょうか? この思考を持ち続けているから幸せにはなれないのでしょうか?

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

なにをしたらいいのか

私はいつも何かに不安や緊張をしながら生きていると思います。もっと気楽に生きればとか、考えすぎとか言われますが、どうしようもできません。考えてしまうから。 今年で社会人2年目なのですが、最近少しずつ考え方が変わってきました。でも、よくない考え方です。自分の人生なんて自分が良ければいいという考え方です。今の仕事は特に好きでもないし、昇進したいとも思いません。無理やり努力しても結果はついてこないし、なにより楽しくないんじゃないかと思います。高校までしていた野球もいつしか親に恥ずかしい思いをさせたくないというプレッシャーだけで努力しいました。 言い訳かもしれませんが、私は両親が大好きで、両親を喜んでもらうことが本当に嬉しかったです。今まで一生懸命頑張ってきました。今でも家族が大好きです。今の会社に入社が決まった時も喜んでくれました。もちろん私も嬉しかったです。でも働き始めてから、本当に自分がやりたかったことはこれなのかと思うようになりました。やってみたいことはいくつかあります。でも、それをすれば安定した収入もないですし、なにより今の仕事から逃げるという甘えなんじゃないかと思ってしまいます。周りは我慢して頑張って結果を出しています。ここで逃げたらこれからずっと一緒なのかなと思います。でもこれからこの仕事を続けてもこんな気持ちで嫌々働くのかなぁ、いつかメンタルブレイクするんだろうなぁと思います。  長くなってすみません。なにに悩んでいるかもたまにわからなくなります。自己嫌悪に陥るばかりです。自己嫌悪って多分甘えた言葉だと思います。だからまたそんな自分が嫌になります。ぼくの唯一の自慢は周りの人には本当に恵まれていることです。家族や友達は本当にできた人ばかりです。そういう人たちと、もしくはそういう人たちのために生きるような生き方をしたいです。でも具体的になにをしたらいいのかわかりません。やりがいのないもの、したくないことから逃げる事はやはり甘えですか?

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

気が済むまで悩んでしまうことについて

私は長年、いつも何かに悩んでいます。 世の中がそもそも私のような人間には都合が良いようにできていない(生きづらい、孤独になりやすい)と痛感し、本を読んで孤独や孤立に向き合った時期もありますが、気持ちが楽にはなりませんでした。 自分がこれはと思う本の著者は男性が多く、本を読んで共感するうちにまわりの女性とは違った価値観が身についてしまい、さらに孤独や孤立を感じて生きづらくなったこともあります。 (ここで相談に乗ってくださるお坊様も男性が多いので、私の方向性が矛盾しているのも原因かもしれないのですが...) だいたい悩むのはいつも人付き合いですが、いつもどんなことでも納得がいくまで、気がすむまで、何時間でも何日でも考え、悩んでしまいます。 悩みだすと止まりません。ほかにやらなくてはならないことがあっても、悩みが最優先になります。たまに、悩んで良い答えが見つかることもあるので、悩むことをきっぱりとはやめられないのです。 このままでは親の死に目でも私は自分のことで悩んでいるでしょう。 最終的には、悩む自分に悩んでしまうのですから... 悩み中毒のようなものです。 私はアルコールや薬物や買い物など、物に依存しているわけではなく、自分の中の悩みに依存しているだけです。 ただ、目の前の人間関係の課題を自力で良い方向に解決できたという達成感や成功体験を得たことがないので、結局、ずっと悩み続けることでしか、精神の安定が得られないようです。 自力で頑張っても空回りしてさらに事態が悪くなるだけなので、悩んで悩んで、そのあいだに運良く他力本願で物事がうまくいけばラッキーですし、いかなければまたただ悩むだけです。 悩みから離れて安らぎや気分転換をする場所も、今のところみつかりません。その事実にも焦ります。 もうこんな人生からは抜け出したいのです。 でも、自信が持てるような人間関係の達成感や成功体験はいまだに訪れません。 よい年をして悩みつづけることは他人から馬鹿にされ、ますます自己評価も下がり、悪循環です。 抜け出しかたは、有るでしょうか。 世の中は自分の都合の良いように変えられませんが、この年まで自分は努力しても変われない。まわりに合わせすぎたり反動で感情が溢れでたり、疲れました。 長くなりましたが、読んで頂きありがとうございました。

有り難し有り難し 28
回答数回答 1

小さなことにこだわる

いつも有り難い回答をいただきありがとうございます。 その時は頑張ろうと思って前を向けるのですが、小さなことでまたつまづいて、後ろ向きになってしまいます。 今回新年度のクラス発表がありました。クラスを持ちたかったのに、いろんな事を考慮されて私はフリーになりました。クラスに属さずいろんなところへ応援にいく立場です。 ただ、周りの方々の反応が力不足だろうできるの?と思われているようで(私も思ってます)、直接大分がんばらなあかんでと鼻で笑われたり、こそこそと話されたりしているようなきがします。 そして、やはり仲間内での集まりにも声はかけてもらえず、昨日は私の目の前でAとBが どこどこのお店予約して、この人たちに連絡してと相談をはじめ(仕事中)、私は声をかけられずでした。なんかまたものすごくむなしくなりました。 でも切り替えて行かないとと、Aに一日の引き継ぎをして仕事を上がろうとした夕方、Aが他の方に 目の前にいるのに話しちゃいましたー(笑)と笑って話しているのが聞こえてきて、いじめみたいだと感じてしまいました。 私の被害妄想がひどすぎますか。 くらーい淵のなかから這い上がるすべがなくなって来てしまいました。 自分の悪い点もあるとわかってます。 でも、どうしていけばよいかがわかりません。誰にも言えず辛いです。 助けてください。

有り難し有り難し 20
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る