お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

浄土真宗と冥福~友人の死

親しくしていた友人が若くして不慮の事故で亡くなりました。つい先日まで普通に接していたのに、いまだに信じられない気持ちです。働き盛りでまだまだやりたいこともあったろうに、まだ伸び盛りの子どもたちの成長も楽しみにしていたのに、といろいろ思うと残念でならず、彼の姿を思い出しては冥福を祈ってしまいます。
私は浄土真宗の本願寺派門徒ですが、真宗では冥福を祈らないという考えがあるのを承知しております。「祈りは自分の欲望実現の手段であり、人生無責任思想へ結びつく考えです」「死者を頭から不幸な世界と決めつけ、自分の祈りでその不幸から抜け出せるとうぬぼれている」、真宗僧侶の著書にもある通りかもしれません。
まだ、彼の死を自分が受け入れられず、自分の無念を死んだ友人の気持ちにすり替え、冥福を祈ることにっよって自己満足を得ようとしているだけなのでしょうか。それでも、いまはまだ冥福を祈ることしか、自分の気持ちをおくところがありません。これからどう気持ちを整理していけばよいでしょうか、アドバイスをお願いします。浄土真宗のお坊様のお答えをお待ちしております。

有り難し 77
回答 3

質問投稿日: 2013年8月2日 2:28

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

ナツツバキさん

こんばんは。
浄土真宗本願寺派の 中田三恵です。
大切な方との別れは、非常に辛いものですね。無常の世に生きていると分かっていても、大切な方の死は、受け入れ難い悲しみであります。

浄土真宗の み教えは、「阿弥陀如来より賜る信心一つで、死と同時に お浄土に生まれ、仏に成らせていただく。往生即成仏」です。故人は、すでに、阿弥陀如来の救いにより、お浄土に参られ、み仏になって、私たちにはたらきかけて下さっているのです。

葬儀で、死出の旅路 の発想に基づく風習で、旅装束や一膳飯を供えたりというのは、冥土への旅という考えからですが。浄土真宗では、すでに救われ仏となられているのですから、冥土への旅支度や、冥福を祈ると言う必要はないわけです。冥福を祈るのではなく、哀悼の意を表す と言う言葉が相応しいでしょう。

大切な方が、救われ仏となられたと分かっていても、ナツツバキさんの悲しみは、深いものでしょう。阿弥陀さまは、ナツツバキさんのことも、また救ってやりたい!必ず浄土へ生まれさせ 再会させてやりたい!と、今まさに 働いて下さっているのですよ。

真宗門徒の私たちにとって大事なことは、亡き方の死を通して 尊い仏縁に出遇うことができたと、手を合わせていくこと、人生を大切に歩ませていただくことです。それが、大切な あの方が 一番 喜んで下さることなのです。
大切な友も、私たちも、生死をこえて、皆 同じ 阿弥陀さまの救いの中にあるのですよ。
ともに、お念仏申しましょう。

南無阿弥陀仏

5年前

浄土真宗と祈り

浄土真宗本願寺派の長谷川哲真と申します。

真宗で語られる「祈り」に対する誤解と、
阿弥陀仏の本願についてお話しさせて頂きます。

浄土真宗の中で、「祈ってはいけない」という誤解があります。
もちろん、自らが阿弥陀様の救いの上で安心している人は、
すでに往生成仏が間違えないので、
(少なくとも自分の往生成仏に関しては)祈る必要はありません。
しかし、お経の中で阿弥陀様は「祈ってはいけない」という事は一言もおっしゃいません。

そもそも、阿弥陀如来の本願は、「一切のものを救う」という誓いです。
一切のものを救うために、救いの対象には条件を設けませんでした。
つまり、阿弥陀様の方から見れば、祈ろうが祈るまいが、
どんな生き方をしようが、どんな死に方をしようが、関係ありません。
ナツツバキさんも、ご友人も、阿弥陀様の救いの目当てのど真ん中です。
阿弥陀様は、祈るナツツバキさんを認めて下さっています。

また、相手の生死に関わらず、幸せを願うことは人として自然な行為です。
むしろ、互いにしあわせを願うというのが、大乗仏教の精神です。
その心を、大切にしてほしいと思います。

4年12ヶ月前

亡き方を偲び、ただただ手を合わせましょう

真宗高田派の浦上哲也と申します。
真宗(浄土真宗)は大きく10の派に分かれますが、考え方について大きく異なるところはないと思い、お返事書かせて頂きます。

さて、亡くなったご友人は、ナツツバキさんと同年代でしょうか。であれば40歳代、非常にお若かったので、周りの方々のショックも計り知れないものがあるでしょう。
そんな彼のことを思ってしまう、あの世での幸せを祈ってしまうというのは、無理のない自然な感情だと私は考えます。

ナツツバキさんも仰っていますが、浄土真宗で「冥福を祈る」という言葉を使わないのは、2つの理由からです。
1つめは「亡くなった方は冥土で不幸になっている」のではなく、「悩み苦しみの無い極楽浄土に往っている」ので「冥福(冥土での幸福)を祈らなくても良い」という考えからです。
2つめは、「祈る」は自分の欲求を達成したい時に使う言葉だと捉えているので、ご利益を否定する真宗では用いません。
代わりに「あくまで自分自身の思い」という意味で「念じる」という言葉を使う場合があります。

自身は働き盛りで、伸び盛りの子どもたちを遺して亡くなったのは、極めて悲痛な出来事です。そのような悲しみを「グリーフ」と言いますが、亡き方を思って手を合わせることには、その悲しみを癒す力があると言われています。
法要や読経も、故人の為に行っているようでいて、実は残された側のグリーフ・ケアでもあるのです。

私も今年、大切な方を2人失いました。
私は故人を思い出し、手を合わせながらこう念じます。
「娑婆(この世)で頑張っている浦上という人は、私の縁深い人だ」と浄土で他の仏さま方に自慢をさせてやるのだ、と。
そしていつか自分も浄土に往った時「尊い生涯を過ごしたね」と迎えて頂くのだ、と。

http://753an.blog.so-net.ne.jp/2013-07-19

5年前

質問者からの有り難し - お礼

親身なご回答ありがとうございます。まだ、気持ちに整理がついていないこともあり、またふらっと目の前に現れそうな気がして、亡き友人を仏様としてみることができません。ただ、年下ながら人格者だった彼と過ごしたご縁や、彼から受けた生前のご恩は、私の大切な財産であるといえます。そのことを思うと、不思議と南無阿弥陀仏とつぶやいてしまいます。
「往生即成仏」はそのとおりなのでしょう。でも私の中で彼が成仏するのはもう少し時間がかかりそうです。自分が死ぬときは一足飛びに仏様になりたいのに、他人の死はもちょっとゆっくりしてほしいなんて、わがままだなあと思いますけど。

関連する問答
このページの先頭へ