お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

存在価値が低く自己肯定ができない

世の中にとっての自分の存在価値のなさが悲しく、生活の中でいつもその事を感じては情けなく、悲しくならずにいられません。
仕事はバリバリしていますが、求められているのは人がいないからであって私でなくてはできない仕事が出来ているという気持ちになれず、真面目でやり辛いと思われているなぁと感じる相手もいます。

また、プライベートは2年お付き合いしていて同棲中の恋人がいますが、常に忙しい仕事でいつも疲れていて家ではぐったり。たまの休みも何をする意欲もありません。私は彼と一緒にここに行きたいなあまとか、何かしたいという気持ちがあるので、外食や旅行など提案してみたりしますが、なかなか気が進まないようでほぼ保留。彼の意欲を全く掻き立てられない自分が情けなく、一緒に生活していて自分の存在価値のなさにいつも悲しくなってしまいます。家のことは余裕がある私がやればいいと思ってやっていますが、それすらストレスに感じられているのではないか、私の存在事態が鬱陶しいのではないかと不安になります。

私自身も常に忙しく、仕事と生活でいっぱいいっぱいで、最近友達付き合いにあまり前向きになれず少し距離を置いています。自身に余裕がある訳じゃないので、友達と過ごす時間や友人関係で疲れてしまうことが今の自分にとって負担が大きいためです。

しかし、そんな自分の今の生活の中心である仕事と家で存在価値の低さを感じずにはいられず、悲しくなってしまう日々。お付き合いする人が変わろうが、仕事が変わろうが、ずっとこんな感じで生きてきたので疲れてきてしまいました。

どうしたらこんな悲しい気持ちを抜け出して前向きに生きられるでしょうか。自己肯定とは何ですか?精神が疲れずに穏やかな気持ちで生きたいです。

生きる意味
有り難し 17
回答 2

質問投稿日: 2017年8月19日 22:39

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

あなたは頑張っていますよ

自己肯定って、案外難しいですよね。面接なんかで自己PRをしてくださいって言われると、ダメなことはすぐに浮かぶのに、良いところはあまり言い過ぎても良くないような感じもしてきて・・・
日本人に多いこのパターンですが、実は少し見方を変えると、短所と思っていた部分も長所に変わるんです。(その逆もしかり)
だいふくさんはとっても頑張っていると思いますよ。こうした弱音を彼氏に話したりしていますか?
話せなくてhasunohaに相談されたのだと推察します。違ったらすみません。
疲れてぐったりしている彼に遠慮して、愚痴ったりできないのは、だいふくさんの思いやりだと思います。あなたはとても頑張って彼を支えていると思いますよ!
さて、会社での存在価値についてですが、確かに自分の代わりはいくらでもいるというのも事実なのかもしれません。でも、今、だいふくさんの仕事はだいふくさんの仕事なんです。他の人にできても「今のあなたの仕事」なんです。
だいふくさんは他人に遠慮をし過ぎるところがあるようですね。でも、この短所の部分は、言い換えれば「傲(おご)らない」「思いやりがある」「欲が少ない」「我慢強い」とも言えます。
素晴らしい性格ですね!僧侶になって欲しいような方だと思います。
自分にしか出来ない仕事に憧れるのは解りますが、まずはだいふくさんの長所と短所にもう一度向き合って、長所をたくさん見つけだして欲しいと思います。そして、自分の事をもっと誉めてあげてください。
少しずつでも良いので、練習だと思ってやってみてください。
だいふくさんはあなたが思う以上にとっても素敵な方だと思いますよ!
自分を認めてあげるのは自分にしかできません。

2年前
回答僧

慈眼

価値は人間には決められない

まず、もし自分がいなかったら、自分なんかいなくてもという思考をしているなら、それはやめましょう。人生に「もし」はありません。現実その場にあなたがいるだからあなたが頼りになる仕事になるのです。働いているのはあなた。あなたがいるから仕事がそのように動いたのです。「それが事実」リアル、真実です。

そして、価値は人が決めることではないのです。もちろんあなたが決めるものでも、彼や仕事場の人、家族が決めるものでもないのです。
価値という言葉はあっても、実生活に絶対的な価値のあるものなんてありません。人の考えた基準により上下をつけて判断しているにすぎないのです。そんな曖昧でワガママな「価値感」は捨てましょう。

思ったように彼が乗ってくれない。それは残念ですが、そんな時もあります。彼もあなたもゆとりがないのでは?遊ぶための心のゆとり。
人には無駄に思えるゆとりが必要です。何にもしないダラダラも、つぎの活動につながります。彼の提案を聞いて見て、それに合わせてみるのもいいのではないですか。もしくはのんびりダラダラする。部屋で映画でも見てとか。
無駄なようでいて遊びは大切です。車のハンドルでも、日本家屋の中庭でも、いらないようで重要な役目をしています。

あなたが存在していてあなたに救われている人はいます。それが事実。人の考えを超えたところに、私たちは生かされているのですから、仏様の働き、法にお任せして安心してゆったりと穏やかに生きていきましょう。人に優しく自分に優しく。

2年前

質問者からの有り難し - お礼

お二人の方、お言葉ありがとうございます。
気持ちが少し救われました。

確かに自分の価値は誰が決めるものでもないのですが、自分で自分を認める(諦めることではなくポジティブな意味で)ことが何より難しいです。
でもそれは自分自身が努力していないからだと思いました。何も努力することなくただ不安と虚無感を感じながら生きてるだけでは駄目ですね。
己を見直さなくてはならないと思いました。

「自分の存在価値・生きる価値とは」問答一覧

「自分の存在価値・生きる価値とは」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ