hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

真の反省とは

回答数回答 1
有り難し有り難し 10

中学生の頃、好きな女の子のお尻を触りました。
触られた本人は私が故意に触ったかどうか知っているかは分かりません。

当時は罪悪感は感じることなく、むしろ達成感さえ感じていました。

しかし、数年が経ち、罪悪感をかんじるようになり、謝りたいという気持ちが芽生えてきました。

この謝りたいという気持ちは許されて楽になりたいという気持ちなのかもしれないと思ったのに加えて、
大ごとになるのではないかという恐れから、謝罪をしないでいます。

私はどのように罪を背負って行けばいいのでしょうか。
私は反省できているのでしょうか。
罪を犯してから、
今まで繰り返したことはありませんし、
これからも繰り返すつもりはありません。
しかし、それだけでは何か足りないように思えるのです。

被害者の気持ちを考えるために、性的被害にあった方の本を読みました。
私にとっての少しのことが、された側には大きな傷を作ってしまいうることを知りました。

このことから、私は死を選ぼうと思いました。
死を選ぶことは反省ではなく、逃げかもしれません。
謝罪ができなかった臆病者の私には無理なことかもしれません。

私は苦しくて、どうしていいのか分かりません。
こんな私が幸せを感じて良いのでしょうか。
人を不幸にしたのに幸せになって良いのでしょうか。心の底から反省ができれば幸せになって良いのでしょうか。

苦しみから逃れたいという自己中心的な思いがありながら、幸せになっていいのでしょうか。

2017年8月26日 0:02

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

自分はさておき相手の幸せを願ってください。

おはようございます。

死は万能じゃないです。
死んだところでその方の傷がいえるとは思えないです。

質問文を繰り返し拝読して感じたのは
相手の納得よりも自分自身が過去の自分を受容できるかどうかが問題になっている気がしました。

罪悪感や反省があるなら、相手にどうあってほしいのかという願いを持ってみてはいかがでしょうか。自分を罰するより相手の幸せをずっと願い続けるほうが、いいのではないでしょうか。

自分を責めるための行動ではなく、人知れずとも相手の人生を幸せを願うこと。
何かが足りなかったあのとき自分に、今の自分がフォローできること。

その視点で
毎日手を合わせるとか、
加害する側ではなくて守る側に立てるための何か準備とか。
など、できることは何かあると思います。
前向きに人生を歩んでくれることを願います。

2017年8月26日 10:16
{{count}}
有り難し
おきもち

『壊してしまうのは一瞬でできるから、大切に生きてと彼女は泣いた』 という...

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る