お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

お金を盗む母親、どう付き合えば?

5年前に離婚して息子を連れて実家に帰って来ました。私の母親もシングルマザーです。

共働きだったため祖母(母と血はつながってないが実母)といる時間が長く、高校、大学の費用、仕送りも兄弟3人分、祖母が出してくれたのでほとんど祖母に育てられたようなものです。

母親と父はお金の使い方が荒く、両親が離婚した際も父の作った借金の保証人が母だったということもあり祖母が肩代わりしています。

その後も金融会社から何度も借金をしては返すことが出来ず祖母が肩代わりすること数千万。職場から数百万円のお金を盗んで解雇されていたということもありました。

今まで私のお金に手を出すことはなかったのですが昨年実家を2世帯に新築し、今年に入り新築祝の100万円が盗まれました。「使ってないようだから借りてしまった」と手元に戻って来たのは40万でした。その後不信感から一時期ギクシャクもしましたが元に戻りかけた先月。私の息子の学資保険から貸付を私に黙って受けたようです。

母親に問い詰めたら最初は知らぬ顔でしたが、実はと告白しました。それも委任状をわざわざ私が書いたようにし、私の健康保険証まで持っていき借りたようで、姑息な手段を使ってでもお金を手に入れたい母に呆れてしまいました。

正直私もお金の使い方は下手です。でも母とは違い1人息子を大学まで自分の手で育てていきたいのです。私と息子が生活する分には充分の給料ですが将来が不安です。母の借金などで自宅を手放すような気がしてなりません。

それまでは母と息子で出掛けるくらい仲も良かったのですが、今は顔も見たくありません。

2世帯なので完全に上と下で生活する事も考えていますが、祖父母も同じ敷地内の離れで夕食以外は生活していることもあり、それを機に家族がバラバラになってしまうようでなかなか言い出せません。

今後私はどうすればいいのでしょうか?
できれば母とあまり関わりを持ちたくないです。
長文、乱文ですみません。御教授頂ければ幸いです。

有り難し 8
回答 2

質問投稿日: 2015年10月10日 21:04

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

空間的にバラバラであってもバラバラとは言わない。

身内は身内。
罪は罪。
いくら親でもDV働く親は暴力家なのです。
それで一生を台無しにされてしまった子どもも沢山います。
同じ様に、いくら親でも、泥棒は泥棒です。
あなたの中に、親だから、家族だからという甘え、甘やかし、スキを与えている事もいけません。
一切お金に関してはきっちり管理する。
スキを与えない。
家族というものは、家族だからいいじゃないか、という私的ルールを持ち込んでしまうものです。
自分の我欲のために使うだけでしょう。
それが為にお子さんに不憫な思いをさせてはいけません。
ですが、家族は憎むと、その憎む気持ちで自分が苦しみます故に、罪を憎んで人を憎まず。
母親に、このような行動をさせてしまった背景が悪いのであって、誰かを憎んではいけません。今後、お金の無心に来た時は、娘から母へのカウンセリングの機会だと思うことです。
話を聞いてあげてください。
何かきっと過去に壮絶なことがあったのだと思います。娘のあなたがそれを理解することで、あなたは母親を憎んだり、嫌ったりすることは無くなるでしょう。
人が悪事に走るのには必ず理由があります。
お母さんの心の不足、渇きを受け止めてあげてください。

2年7ヶ月前

同居を続けたいならお金に触れさせないことです

お金にルーズな人を何人か見てきました(お坊さんに多い)。残念ながらそれが改まった人を見たことがありません。共通するのは、なおらないということと、何故なのか一見ひと当たりがよく、「いい人」を演じることができるという点です。だから、その人と対立すると対立した方が正しくても、周囲から悪者と誤解されるケースもあるようです。母上がそうであるかどうか分かりませんが。

したがって、残念ながら関わらないのがいちばん妥当なのだと思います。それができないのでしたら、お金そのもの、通帳はもとより、身分証明証などに至るまで絶対に母上の目の届かないところに保管なさるべきです。残念ながら、お金がほしいとなったら歯止めがきかないので、隙を見せないことです。

それにしても母上と同居したいお考えになるあなたはお優しい方です。ときとして私の周囲にも似たようなことが起こります。そんなとき家族や親せきの人の中に想像を絶するほど一生懸命に問題を起こしつづける人の世話を続ける方々がおいでになります。本当に素晴らしい方々です。あなたもそのようなお方なのでしょう。

しかし、現実は現実なので、今の生活をお続けになりたいのでしたら、ある面、心を鬼にする必要があると思います。

2年7ヶ月前

関連する問答
このページの先頭へ