皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

前を向きたいのにどうしても駄目です。

よろしくお願いします。私は高校から進学をしたかったのにできませんでした。約30数年経った今でもその時の事を思い出し後悔の念ばかりです。進学できなかった理由ですが、当時まだ生きてた祖母が「女に学問は必要無い」と母に言い、母も姑である祖母の言いつけを意地でも守ったようです。私は毎日毎日、母に進学させてくれるよう頼みました。でも駄目でした。仕方なく就職する事になりましたが、所詮進学希望の自分は楽しく働けませんでした。
もちろん自分で学費を稼いで行こうとも思いましたが叶いませんでした。これは、自分の信念と努力が足りなかったのだと思っております。
現在は結婚し、パートで働いていますが、正社員との嫌な事があると「上の学校に行っていればこんな惨めな思いをしていないはずだ」と常に当時の事を思い出し涙がでます。正直他界してる祖母を許す事ができません。私の人生をかえてしまった人なんです。
私はこの後悔を抱えたまま年を重ね死んでいくんだろうとなと思ってますが、いつもお腹のあたりに大きな後悔の塊が存在し、苦しくてたまりません。30数年前の事に執着し、お恥ずかしいのは充分承知しております。新しい何かを見つけてそれに没頭しようと思いますが、それすら見つけることができず。この後悔の塊を捨て去るにはどうしたらいいのでしょうか。

後悔・自己嫌悪
有り難し 20
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

どうかお祖母様のお気持ちを汲んで下さいませ…

 『正直他界してる祖母を許す事ができません』とおっしゃいます…お気持ちお察し致します。
 その上で敢えて申し上げますが、『自分で学費を稼いで行こうとも思いましたが叶いませんでした。これは、自分の信念と努力が足りなかったのだと思っております』ともおっしゃっておられますよね…これが事実だと思います。
 世には経済的な理由等で高校卒のお方が沢山いらっしゃいます。そして確かに学歴の壁に突き当たり苦しい思いをされていらっしゃる方もいらっしゃるでしょうし、その壁を打ち破り、お仕事充実されているお方も沢山いらっしゃいます。
 上の学校へ進んでおけば…は幻想です。
 「もっと背が高かったら」「もっとハンサムだったら」「もっと頭良かったら」…私のもっと、もっとを恥ずかしながら少し羅列しました…とてもここに書けないことは、もちろん省略しております。
 どうですか、私のもっとを聞いて…どう感じましたか? あなたなら、こんな私にどんなアドバイスを下さいますか。
 実は「もっと○○だったなら…」を仏教では煩悩(欲望)と申します…そして煩悩は滅するべきものと説きます。
 実際には歩めなかった人生を求めても、決してそのような人生を得ることは出来ません。時間の無駄であり、自らをさらに追い詰め、苦しめることになります。
 一番つらいのは「故人様であるお祖母様を許せないこと」でしょう。…どれだけ恨んでも、謝罪を求めても、何も返ってくることはありません。当然あなたが得るものもありません。
 あなたが今の苦しみから解放される道は唯一つ…お祖母様を恨む気持ちを捨てることです。そんな気持ちから離れることです。逆にお祖母様を許せなければ、あなたは一生を間違いなく後悔で終えることになるでしょう…どうでしょう、そんな恐ろしいことはありませんよね。
 このままでは、あなたのせっかくの人生が台無しになってしまう…そう見抜かれたお方が仏様です。
 お祖母様も今は既に仏様とお生まれのお方です。その上で今は仏としてあなたを心配し続けていらっしゃいます。
 お祖母様が生まれ育った時代は、女性が高等教育を受けることが本当に難しかったのです。だからこそのお祖母様の発言・お気持ち、どうかあなたが汲み、受けて止めて下さい。それが出来たとき、あなたの人生「第2章」が始まります。お祖母様はじめ仏様方があなたを応援していらっしゃいます。

回答僧

光永寺

憲章

祖母を恨んでもかまいませんが

読ませていただきました酷い祖母の方だと思いますね、そしてあなたのその悔しさを思うとき恨まれるのも仕方ないことかと思います、たとえ30年の年月は経とうともです。ただ恨んだいるだけではあなたの心の闇は消せないものかとも思います。そこでご提案は単位制、通信制の高校に通われていかがかと思うのです。出来なかった高校生活を取り戻すのです、時間的経済的に厳しものがあられるなら独学で勉強され高卒認定試験を受けられるのも有りかもしれません。私の周りでも親のせいで中退せざる得なかった人が20年後に高卒認定試験に合格してその資格を持って仕事関連の専門学校に入学卒業された方もおられます。最終学歴はその専門学校になりますよね。専門学校での学生生活がすごく楽しいと言われてました。そこには若い方に混じって50代の方もおられたようです。みんなで青春です。今からでも遅くありません、いかががでしょうか。


質問者からの有り難し - お礼

今すぐには気持ちを切り替える事ができそうにありませんが、長い間抱えていたものを少しずつ解放していければよいかと思っています。また、好きな事を見つけ、それに没頭できるような気持ちの余裕を持てたらと思っております。

回答ありがとうございました。感謝いたします。

関連する問答
このページの先頭へ