皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

中期中絶後の心境

過去の相談をお読み頂ければ幸いです!
中期中絶後、色々心境の変化がありました。
彼への信頼と気持ちはクールダウンしつつありますが、心の隅で彼を好きな気持ちがある事、彼がどの様に変わり、行動で表してくれるのかという期待があります。とても複雑な心境です。
大切な生命を失う選択をしたのは私にも責任はあるので、彼を強く責めることは違う!とも思っています。ただ信じていた気持ちを裏切られた事、親の反対を押し切る事が出来ない彼の決断力無さ、自分さえ良ければいいんだなって思ってしまいます。今後の関係については、ゆっくり進めたいと思っていますが、彼とのスキンシップや妊娠、結婚に対して前向きにはなれなくなってしまい。お空に帰してしまった我が子を思うと、
自殺願望、無気力、喪失感に襲われる日々です。
生き地獄です。こんなに辛いことはありません。
そんな彼とは早く別れた方がいい。という周りの気持ちも理解しているつもりですが、頭で考えている事に気持ちが追いつかずにいます。
善悪の区別がつかなくなってしまいました。
彼から次妊娠したら産んで欲しい。気持ちの整理がつくまで結婚は待っていて欲しいと言われましたが、正直信じられません!
けど、彼を突き放す勇気もない私に人生を真っ当する価値はあるのでしょうか?
死ねるのなら我が子の所へいきたいです。

後悔・自己嫌悪
有り難し 6
回答 2
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

あなたのお心を癒してくださいね

拝読させて頂きました。その子と断腸の思いでお別れなさり深い悲しみの中におられ、そして彼との諍いであなた自身今大変辛い思いをなさり毎日苦しんでおられる事と思います。
あなたのお気持ちを心からお察し申し上げます。
そして先ずその子が仏様に正しく救われていかれて、仏様の元で心から安心なさって下さいます様にと切に願いお念仏おとなえさせて頂きます。
南無阿弥陀仏
その子は必ず仏様の元に生まれて心安らかになられます。そして浄らかにご成仏なさいます。
どうかあなたも真心込めてその子を想い手を合わせてお念仏おとなえなさって下さい。
あなたの想いは必ずその子に届いて参ります。
あなたとその子はこれからもずっとつながっていらしゃいます。
これからもいつもその子はあなたを想い寄り添って下さいます。
いつの日にかあなたがその生命を全うなさる時必ずお念仏おとなえなさって下さいね。仏様はあなたをお導きなさって下さり、必ずや仏様の元でその子に巡り会いますからね。そして喜びを分かち合うことでしょう。
それ迄の間あなたはその子に手を合わせてこれからもどうか宜しくお願いします、それ迄見守っていて下さいね、とお願いなさって下さい。
その子はいつでもあなたの身近にいて穏やかに見守り、支えて下さいます。

読ませて頂き、彼とのご関係は今大変難しいように感じます。その方の真摯な姿勢やあなたへの誠実なお気持ちを感じる事ができません。お近くにいるならば余計に心身共に深い悲しみと傷ついてしまう様に感じます。

辛いでしょうけれども一度しっかりと距離を置く事が今できる最善の方法かと思います。
あなた自身も心身共に疲れ果てておられ感情の荒波にさらされている状態です。

しっかりと距離を取って心身共に休んで下さい、そしてゆっくりと睡眠も取り少しでも心を癒してください。
そうした上で今迄の事、そして今、そしてこれからの事を少しずつ整理なさって下さいね。その際はゆっくりと呼吸を整えて心を落ち着けてから冷静に見つめ直して下さい。

一つ一つの出来事やその時の思い、そして関係性を見直してみてください。

その時本当ならどんなことが大切だったのでしょう、そしてこれからの関係性は何が大切なのでしょうか。
あわてる必要はありません、じっくりと時間をかけて見直して下さいね。

あなたのお心がこれから穏やかになられます様にと切に願います。

ご仏縁

みぃ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

前々回のご質問を拝見致しました時、正直、涙申し上げました・・

誠におつらいことでございます。

希愛ちゃんに、どうか善きご仏縁の善きお導きがございますようにと御供養を賜れましたらと存じます。

とにかく、仕方がないでは済まされないこともございますが、どうしてもご縁の調わないことだって、この世にはございます。

しかし、何らかご縁さえ完全に切れなければ、また希愛ちゃんと会えることも可能性はゼロではありません。

仏様の下で共に同じご縁を強く結んでおかれることにより、きっとまた仏様のお導き、御計らいの下にていずれお会いできることも。

また、いずれお会いできるその時へ向けて、少しでも前を向いて頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌


関連する問答
このページの先頭へ