皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

母も父も私をいじめます。

昨日、風呂の入り方で、父に怒られました。
現在、家の外壁を塗っているので、風呂場が結露しないように、風呂場を汚したままで上がって来いと父が私に言いました。
私はいつも風呂場を汚してはいけないので、シャワーで浴槽を流してしまったんです。
そうすると、「お前はバカか!なんで言われたことをやらないんだ!どうしてなんだ!なんでだ!なんでだ!」と何度も怒られ続けました。
私は「わからなかったから」と答え、母に言われるままに謝りました。
しかし、浴槽に泡を残して来いとは母にも言われなかったのです。
母も「お前はバカだ!」とののしります。

母は私をかばってくれず、都合のいい時だけ私を利用します。
その日も、病院の消化器外科へ母の検診に行くのに、私が付き添いました。
母は医師に言われると怖くて、何も言えないそうです。

来月も婦人科の母の検診があります。
私が付き添わなければなりませんが、私は行きたくありません。
母の都合の良いように利用されるのがもう、嫌です。

母は私と弟を生んだ後、中絶しています。
そのことも今の病気と関係するかどうか、私から医師に話を
させられました。
母は、「私はおばあさんだから、わからない…」と言うのです。

母は、医師の前では、自分の病名すら聞くことができません。
白衣を着た人は頭がいい、自分はバカだから聞けないと思って
何も聞かずに帰ってくるような人です。

娘が母の中絶を、医師に話すのは酷ではありませんか?
私も弟も殺されていたかもしれないのに…?

母の中絶は弟には言っていません。
知ったらショックを受け、メンタルをやられるでしょう。
「母の中絶を医師に告げることは、娘の仕事」だと母は言うのです。

私も弟に伝えたくはありませんが、私ばかりが辛いです。
父は「お前はスケベなことばかり、医師の前で言って!」と父は
逆に怒ります。
しかし、中絶が現在の母の病気(卵管の腫れ)に、関係するか
どうかは、聞かないとわからないと私は思ったのです。

父は更にひどく、「お前は(俺たちのセックスを)見たことが
ないだろう?」と言って笑います。
父のこういう態度は、更におかしいと私は思います。

両親の性の尻拭いは、娘の仕事でしょうか?
父の暴言から、母は私をかばってくれず、更に、「自分たちの
性の尻拭い」を娘である私にさせます。
どうしたら良いでしょうか?

その他
有り難し 4
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

今の日常は、いつまでも続くものではありません…

 お辛い毎日でしょうね…お察し致します。
 ご両親こと、どうしたものか…私にも名案はありません。
 ご自分の気持ちのみで行動される御父様、その御父様に逆らえない御母様、そしてそのご両親に生まれ育ち、今もご一緒のあなた…この状況は簡単には変わりませんね。
 いえ、でも必ず変わる日が来ます…御父様も御母様もそれなりの年齢でいらっしゃることでしょう…ということは、体調不良やご病気などであなたに文句や嫌みを言えなくなる日が来るのです。
 それはもちろんあなたにとって好ましいことではなく、かえって不安を覚えることでしょう。
 でも、だからこそ今の毎日を大切に生きて下さい。ご両親についていろいろとお辛いこと、イヤなこともあるでしょうが、そのことすら懐かしいと思える日が来るのです…いえ、どうしても来てしまうのです。
 そのような思いで今のご両親を見て下さい…ご両親に接して下さい。
 そして、やっぱり耐えられなければこのハスノハにご相談下さい。
 仏様とハスノハ僧侶方は間違いなくあなたを支え続けます…。


質問者からの有り難し - お礼

小林覚城様

御回答どうもありがとうございます。
小林様のおっしゃる通りです。
いずれ、父も母も亡くなってしまいます。
嫌なことや辛いことも懐かしいと思う日が来るのですね。
心にしみ入る御回答をありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ