hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

毎日のお勤めについて

回答数回答 4
有り難し有り難し 43

いつも色々と質問にお答え頂き、ありがとうございます。母の一周忌が1ヶ月後となりまして、少し落ち着いてきました。ありがとうございます。

病のため休職しており、時間があるので両親、祖父母の位牌、御先祖様に毎日欠かさず朝夕お勤めさせて頂いております。

我が家は真言宗で、真言宗の増田様からお教え頂き、お経もあげさせていただいていますが、毎日お唱えしていると慣れてきたのか、般若心経を唱えながら別のことを考えてしまいます。
職場の事や、兄とのいざこざ等なぜか嫌なことばかり思い出します。本来ならば両親や先祖の成仏、冥福を祈りながらお唱えすべきかと思いますが、母を亡くした悲しみが癒えつつあるとともに、供養の気持ちがなくなりつつあるのか、罪悪感を感じます。
ある宗教家の方に、7年間は母の霊は知り合い等に挨拶廻りをし、その間は仏壇に戻ってくるといわれました。それなのにこんないい加減なお経をあげています。
ここでご回答いただく先生方は毎日毎日、何年もお勤めを続けておられると思いますが、どのような気持ちで続けておいでなのですか?修行をされ、勉強もされ、長年仏道を歩まれておられる先生方に、とても失礼な質問ですが、申し訳ありません。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

道を外れてばかりの私です

あんくまさま

今回のご質問を頂いて、改めて自分の読経する時の気持ちを考えました。

私も、ごく最初の慣れない頃は一所懸命にお経を目で追い、無心に声を出していましたが、今はほとんど無意識に読経できてしまいます。
朝のお勤めをしながら、暑いなぁ寒いなぁと余計なことを考え、法事の読経を勤めながら、この後なにを話そうか、と余計なことを考えています。

ご質問の回答にはなりませんが、初心を失っていた自分に気づかされました。そして同時に、初心でいることの難しさ、無心に読経することの難しさにも。

それが私という人間の本性なのでしょう。
でも「私」だけが亡き人を供養するのではなく、最終的には仏さまが亡き人をお救い下さるのではないか、と私は思います。

そして、煩悩を離れられず余計な思いを捨てられない私をも、仏さまはお救い下さるのではないでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

仏様のまえに身を置く

あんくまさま、こんにちは。
真宗の釈理薫と申します。

朝夕のお勤めは、全仏教徒の慣習とはいえ、どこまで心を込めてお勤めすればいいのでしょうか。

毎日のお勤めともなりますと、最初の慣れない頃よりだいぶ経典を見ないでも口をついて出てくるようになるかと思います。
次に大事なのが、内容を意識しながらお勤めをすることかと思います。
そして、最後には自然に言葉があふれ、仏さまと自分とが一対一で語り合う場になっていくのではないでしょうか。

いま辛いこと。
哀しいこと。
うれしかったこと。
どうでもいいが、心をよぎったこと。

それらをすべてさらけ出し向き合ってくださるのが、仏さまのような気がします。

日々のお勤めは、仏さまの説法を毎日聞いているということです。
そこで、日々の悩みや報告を仏さまになさってはいかがでしょうか。

それこそが、毎日仏様のまえに身を置く大事さだと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


平松理薫(釈理薫)
真宗大谷派(東本願寺)僧侶 東京品川 日夜山正徳寺 住職 主な活動...

普通は49日前後で成仏します。

特にこの世に未練が無いのなら、普通は49日前後で成仏します。
あんくまさんが毎日勤行を欠かさずなされていることを
お母様は喜ばれていると思います。
人間ですもの、邪念があって良いのです。
神様では無いのですから。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


50代、妻と娘2人。 若い頃はタイやインドなどアジアを中心に10年程旅行...

ただただ集中・・・

あんくま様へ

素朴な質問ありがとうございます。
改めまして自分の行について振り返りの機会をいただきました。

ただお勤めをするという行だけに集中しております。
そして心の中で
世界平和、すべての人々が幸せでありますように
と祈願させていただいております。

ただこの気持ち、この行に集中することは
言葉にすると簡単ではありますが、大変難しいことでございます。
しかしそのことへ挑戦することに意義、ご縁があると思っております。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...

質問者からのお礼

釈 理薫様いつもご回答ありがとうございます。すべてさらけ出し向き合ってくださるのが、仏さま。毎日の気持ちをさらけだし、素直な気持ちで仏壇にむかえば仏様と対話できるようになるでしょうか?そうなれるよう続けていきたいと思います。

水上 昇真様いつもご回答ありがとうございます。そうですよね、49日で仏様の仲間入りすると聞いたのですが・・・。「人間ですもの、邪念があって良いのです。神様では無いのですから。」とても救われます。ただ形だけの供養になっていないか、両親や祖父母ご先祖のためになっていないのではと反省していました。毎日、仏前で手を合わせる、そしてその時の気持ちで素直に語りかけて行こうと思います。ありがとうございました。

浦上 哲也様いつもご回答ありがとうございます。人は無心になれるのでしょうか?浦上様が仰る通り、色々考えてしまいます。「「私」だけが亡き人を供養するのではなく、最終的には仏さまが亡き人をお救い下さるのではないか、と私は思います。そして、煩悩を離れられず余計な思いを捨てられない私をも、仏さまはお救い下さるのではないでしょうか。」煩悩だらけの私には、とてもありがたいお言葉です。それゆえ余計に慈悲深い仏様に甘えていてはいけないのかな、供養の気持ちを忘れずに毎日のお勤めに励んでいこうと気持ちを一新したいと思います。

鈴木光浄様ご回答ありがとうございます。日々のお勤め、慣れでしょうか、別のことを考えてしまいます。当然、両親、ご先祖の冥福を祈る気持ちはあるのですが。しかし、浦上様の最終的には仏さまが亡き人をお救い下さるとのお言葉、釈様のすべてさらけ出し向き合ってくださるのが、仏さまとのお言葉、そして、人間ですもの、邪念があって良いのです。 神様では無いのですから。とのお言葉に救われます。今は穏やかな気持ちで仏壇に向かえ、素直に話かけられるようになりました。あまりにも固苦しく考え、構え過ぎていたのかなと思います。今はいってきます、ただいまと普通に話しかけています。 皆様のアドバイス、ご回答のお蔭様で今月、一周忌を迎えます。しきたり、考え方等々色々とお教えいただき、なんとかここまで来れました、ありがとうございます。供養は自分の寿命が来るまで続けて行きます。今後ともよろしくお願いします。

「供養全般」問答一覧

旦那が死去、供養する気が起こらない。

今年の2月に旦那が自殺しました。それもたわいもない夫婦喧嘩で私が子供を連れて実家へ戻り4日後に家に行くと自殺していました。遺書などはなく突発的に思えました。なぜならその4日後には私の両親、おばあちゃん、妹夫婦に私の家族で旅行の予定だったからです。 旦那が自殺後にいろいろなことが発覚し、夫婦で貯めていた貯金が全て使われ、さらに子供の将来のためにと夫婦で貯金した分、子供の児童手当も使われてしまい約200万ほど使われていました。さらに子供の手当てはお義母さんへの仕送り(携帯代をお義母さんが家族分を払い、月々携帯代として仕送りをしていました)として使われて手元に残ったお金は5万程でした。それに借金も出てきました。 旦那は30歳すぎてから社会に出てそれまで司法試験の勉強のために実家暮らしでした。 初めて入った会社がハードな仕事であり夜間にも急な呼び出しがあるような職業でした。そして、私が妊娠中に休職をしました。診断名はうつ状態でした。そこから約1年家で何もすることなく初めは起き上がることもできませんでしたが徐々に活動する様になりました。その間私は今後の不安もあり仕事を掛け持ちしました。うつ状態で休職していることは旦那からお義母さんには黙っていて欲しいとのことで黙っていました。そして、私も出産し子育てに追われて産後クライシスにもなりました。その間旦那は一日中動画を見てお酒を飲み寝ての繰り返しでした。私は産後3ヶ月で子どもを実家に預けてほぼ毎日仕事をしました。 私も子育ても家事もしない旦那に対してキレること多々ありお義母さんへ愚痴も言っていました。その頃お義母さんはまだ休職していることは知りません。さすがに私も誰にも言えないことがストレスになり、もうお義母さんには休職して約10ヶ月経った頃に全て打ち明けました。始めに言われた言葉がなんでもっと早く言ってくれなかったの!それなら息子を実家へ戻すこともできたでしょと...私が一人でずっと子育てに家事、旦那の面倒も見て...だったのでお義母さんからはご迷惑をかけてすいません。って言われるかと思いきや、そんな言葉は一切なく旦那の心配ばかりでした。 今回の件でさらにお義母さんには私が旦那を殺したと言われました。それで旦那に対しても怒りの気持ちが大きく供養する気持ちがもてないです。今年初盆ですが、どのような気持ちで迎えたらいいですか?

有り難し有り難し 44
回答数回答 2

兄の自死と供養

初めて利用させて頂きます。 同じ境遇の方々への返信を読みながら涙が溢れました。  兄の死から5年、恐らく今日あたりが命日です。 子供達が寝静まり今夜は涙が止まらず、ここへ辿り着きました。  突然の自死、真坂の出来事でした。10代から運命の歯車が狂い悩み続けた36年間だったと理解しています。家族も苦しみ悩み悲しみました。何故こんなにも兄だけが不幸なのか、最後は自死を選ばなければならなかったのか。5年経ってもまだ現実ではないように感じてしまいます。 私よりも現実を受け入れられない母は人が変わった様で、父方の親族へはまだ話しもできていません。 また、遺骨はそのまま家にあり供養もできていません。 父が戒名と兄の友達がお経をあげてくれたりはしましたが、時間が止まった様な状況なのです。 このままでは報われないと思い、色々と調べていますが金銭面での余裕があまりなく悩んでいます。  どう考えてあげれば兄の為になり、どうしてあげる事が兄や家族の為に一番いいのか教えてください。  また、私はこの事で旦那からは酷い言葉を言われ不信感が募り色々あり離婚しました。 人の死に方が人にはいえない様な死に方でも、故人を馬鹿にする様な人が夫である事に吐き気がしました。今でも怒りの様な感情と私の子供達へは死に方を伝えられていないので後ろめたさを感じてしまいます。 どこにも、誰にも言えない心の内が爆破しているようです(涙

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

姉の供養について

姉が亡くなりました。事情があり10年以上も疎遠でした。波乱万丈な人生で周りにも迷惑をかけてきた姉でしたが、根は優しい性格で私も昔は可愛がってもらいました。 自殺ではないのですが、ずっと自殺願望がありさみしいとずっと思っていたみたいです。 姉の一人暮らししていた部屋に行きました。20年も前に私が書いた手紙をずっと持っていてくれました。写真などもたくさん出てきました。 私は自分の生活を守る為に、姉に優しい言葉もかけず冷たい妹でした。何かしてあげれなかったのか...今は辛く寂しい気持ちです。 遺骨は姉の旦那さん(籍のうえで)が持ち帰りお寺に納骨すると言っていました。私は分骨してもらい、今は自宅の父のお仏壇に。もう少ししたら、父の納骨堂に納骨するつもりです。 事情があり、お葬式もあげてなく火葬の時にお経をすこしあげてもらっただけです。今は毎日、般若心経をあげています。 そこで教えてください。 1,般若心経以外にもお経をあげたいです。どのようなお経をあげたらいいですか?(浄土真宗です。) 2,納骨後も家のお仏壇でも供養したいのですが、戒名もこちらにはなく、(姉の旦那さんは戒名をつけてくれたかは分かりません。)自宅のお仏壇には姉の写真だけしか残らないのですが、それでも姉がいるお仏壇として供養できますか? 3.今後、一周忌や、三回忌、、、ずっとお経をあげていきたいのですが、お経の本とかがあれば教えてください。 生きている間に仲良くなれなかったことはとても心残りですが、これから姉が上の世界で成仏できるように供養したいです。 どうぞ宜しくお願いします。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

できれば供養したい

父は私が幼少の頃から何度も不倫をしていました。その度に母は傷つきそれを目の当たりにしながら育ってきました。 時は過ぎ、私が中学生の頃父が家を出る形で別居することになりました。私は父のことが嫌いでした。理不尽に怒り、家族を捨てた自分勝手なあの人ことが。その為、別居した1年間ほどは荷物の受け渡しなどで適度に会っていましたが、そのうち父から会いたいと連絡があっても拒否するようになっていました。それでも父はなぜかお金を毎月振り込んできました。私は不思議でした。なんで捨てた娘にここまでするのか。母も養育費を求めていた訳ではなく、父が独断で振り込んでいました。私はそれを成人して父と落ち着いて話ができるようになったとき聞きに行こうと思っていました。 しかし私が高校生の頃、父は亡くなりました。自殺でした。その連絡を受けた時、私は泣いてしまいました。悲しくて泣いているのか、なんで自分が泣いているのかわかりませんでした。あんなに恨んでいた父ですが、思い出すのは優しかった父のことばかり。あんな最低なことをしておいて、なんで勝手に死んでしまうのか。どういう心境でお金を毎月振り込んでいたのか。私のことはどう思っていたのか。愛していたのか。何がそんなに父を追い詰めたのか。沢山聞きたいことが溢れてきました。 父が亡くなった今、私以外の家族は父の墓参りには絶対に行かないと言っています。心の中で私は大人になったとき墓参りに行く権利があるならば行きたいと思ってます。しかし、父を自殺に追い込んだのは私なのではないか、そんな私が行ってもよいものか悩んでます。父がもし私を恨んでたら、私がお墓参りに行った時何か良くないものを持ち帰ってきてしまうのではないかと心配しています。私は墓参りに行くべきでしょうか?父は私のことをどのように思っていたのでしょうか。また今簡単にできる供養の仕方や心持ちはどういったものがありますか。父を思い出す度胸が苦しくなります。回答頂けると嬉しいです。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る