嫉妬します…

こんにちは。
私は同じ学校の友達に恋しています。
同性の子です…。その子がほかの人と楽しそうに話しているのをみるとすごく嫉妬してしまいます…。

もともと仲が良く、もっと仲良くしようと思い色々試しました。おまじないだったり自分から積極的に話しかけたりです。
ですが逆にどんどん離れていってしまってるのです。
だんだんと、話しかけても適当にあしらわれるし、たまに無視もされます。
LINEで、1度アカウントを消したみたいで、その後みんなにはアカウント教えてあげたのに私にだけは教えてくれませんでした。差別されてる気がします。
これらのことはいきなりです。いきなりこうなってしまいました。なにかした覚えはありません。昨日は普通にバイバイしてたのに次の日から態度がかわったのです。

前まではずっと一緒にいて一番の仲だったのです…。いつの間にか離れていって今に至ります。
悲しくてもう話しかけることもできなくなってしまいました。
割り切ろうと思ってもどうしてもできず苦しくて仕方ないです…それでご飯もあまり食べれなくなってしまいました。学校にも行きたくないと感じるようになりました。
それから誰かにずっといてほしいと思うようになりました。一人が怖いです。

このことを相談できる人はなかなかいませんのでお坊様にご相談させていただきました。
この気持ちを楽にする方法はあるでしょうか…?
お返事の方をお待ちしております。

嫉妬・蔑み
有り難し 4
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

sramana kaden

どうなるのが「楽」なのか、それを考えてみましょう。

ご相談読ませていただきました。
以前にも、同じ想い人との距離の変化でお話しさせていただきましたね。

日々の暮らしの中で人間関係というものは微妙に変化し続け、その原因が自分にあることもあれば、相手にあることもあれば、なにやら与り知らぬことが大きな影響を及ぼすこともあります。
何がきっかけで今のような状況になってしまったのかという判断は難しいですが、しかしそれでも、現状に対してどうしていこうかということは考えないといけませんね。

元々仲が良かったということですから、その方があやっちさんを嫌いだったわけではないでしょう。
ですが、距離が近づいていくなかで、親友のような関係を求める彼女と、恋人のような関係を求める貴女の振る舞いで、少しずつすれ違いが積み重なってしまったのかもしれません。

前にも同じようなことを言ったかと思いますが、心を落ち着けて、ご自身の望みを、改めて考えてみてください。
気持ちを楽にしたいという、その「気持ち」がなんなのか、ほんの少しだけ整理しましょう。

例えば、嫉妬する自分をどうにかしたいのであれば、自分の気持ちで変えられる部分はあります。
例えば、辛い悲しい思いをどうにかしたいのであれば、自分の気持ちで変えられる部分はあります。
例えば、一人が怖くて誰かに側にいて欲しいのであれば、誰かが必要になってきます。
例えば、その子と以前のような関係に戻りたいのであれば、その子に変わって貰いたいということになります。

自分で楽にできる部分であれば、仏教なりなんなり、多くの先人の知恵が参考になります。
ですが、誰かが何かしてくれないと得られない楽であったら、これは自分がどうこうというだけでは満足できない部分もあり、難しいところもあるでしょう。

そして自分の気持ちと向き合えたら、今度は周りの人、相手の気持ちも想像してみてください。
互いの望みがぴったり重なるなんてことは、異性間だってそうありません。
それぞれが違う思いで、でもどこかで折り合いをつけるのです。

関係性は変化して然るべきものです。
ときには悪くなってしまうこともあります。
しかし、関係性は変化するものです。
良いほうにだって変えていけるのです。

誰かに変わって貰おうというのは難しいことです。
ですが、あなたの持っている関係性は、
あなたの行い、あなたの言葉、あなたの心で、変えていけます。

1ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

sramana kadenさまへ

大変遅くなってしまい申し訳ありません。
前回に引き続き、お返事の方ありがとうございました。
求めるだけでなく、自分自身でやはり変えていかなければならないところもあるのですね。
自分から動くこと…がんばってましたが、やはりあんな態度をとられていたことで怖くなり、最近はなかなかできずにいました。
また自分からいけばかえられるでしょうか…?ならば自分の言動で良い方向に変えられることを信じて頑張ってみます!
またおっしゃる通り、多くの人たちの知恵等を吸収して力にしていきたいです。

ありがとうございました!

関連する問答
このページの先頭へ