見た目に症状が出る病気

私は見た目に症状が出る病気を抱えています。
原因不明で、治療法も確立されていません。病院を転々とし、手応えもなく1年が経とうとしています。
症状は顔に出ます。日差しや寒暖差等により悪化し、食事だけでも酷くなる場合があります。
命には関わりませんが、見た目的にも感覚的(顔に火をつけられた様な熱感、赤み、痛み)にも辛いです。

まず、化粧ができなくなりました。化粧で誤魔化したい思いはありましたが、それで悪化することがあり、怖くてできませんでした。
整った顔立ちでもなく、化粧もできなくなり、外に出ることが嫌になりました。
外は、綺麗な人ばかり。せめて口紅だけでもと思っていた矢先、口唇にも別の病気の症状が出て、叶いませんでした。

そもそもこの病気の症状が出た頃、結婚を機に引越しが決まっており、仕事を辞める決意をしていました。
当時、一人の上司が傍若無人で、周囲の人は大変迷惑していました。
職場を去る私に出来ることはこれだと、会議を開き、問題の上司に意見し、自分なりに職場を良くしたい思いで動きました。
当時の同僚からはとても感謝されましたが、その上司からは、お前のせいで病気になったと診断書を突き付けられたことをよく覚えています。
この頃から、病気の症状は酷くなっていきました。

引っ越し、結婚後、新たに就職。しかし、環境の変化でしょうか、症状はどんどん悪化しました。外に出ることも多く、日差しを浴びることが辛く、休みがちになり休職。先月末、辞めて欲しいと言われ、退職…
現在は仕事をしていませんが、来年からはパートでもいいから仕事を見つけないとと焦っています。

治らないかもしれず、顔だから隠すこともできない(マスクでも悪化)、女性の身だしなみとして化粧もできない。
そんなことでと思うかもしれませんが、生き地獄です。食事も減り、体重もかなり減り、このまま死んでゆくのなら、それでもいいと思うようになりました。むしろ、今死ねば、楽になれるとも思います。
この病気を受入れられず、何もせず家にこもる自分が情けなく、役立たずだと思います。
あの時、上司にたてついたことが悪かったのか、前世で罪人だったのか、私が何か悪いことをしたから、こんな病気がやってきたのでしょうか。
この先、不安しかなく、こんな役立たずは居なくなった方がいいと思います。
今、生きることが辛く、希望が何一つ見えません…

老い・介護・看病・病気
有り難し 10
回答 1
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

どうか、とにかく笑顔作って下さい。努力によって…

 『あの時、上司にたてついたことが悪かったのか、前世で罪人だったのか、私が何か悪いことをしたから、こんな病気がやってきた』のであれば、今からでも逆の行動をすれば、又前世のことはそれらしい祈祷師か誰かに頼めば病気などどこかへ去っていくのではありませんか?
 そうはなりませんね。お分かりだと思います…あなたがご病気の原因と思っていることは病気とは直接の関係がありません。仏教でいうところの因果の道理から外れていますから。ただ一点、「苦悩するほど、ストレスたまるほど肉体が弱り、抵抗力も落ちて病状が悪化する」ということはあり得ます。
 しかしながら「原因不明で、治療法も確立されておらず、病院を転々とし、手応えもない」状況に置かれているあなたのご心中をお察し申し上げます。本当にお辛いことでしょう。
 治療についてはやはり医師に相談するしかないと思います。きついお薬や、それに伴う副作用などもあるかも知れませんが、どうか治療をあきらめず、投げ出さず、続けて下さい。
 そしてとにかく、今あなたが出来ることを必死でやるしかありません。あなたは御化粧を始め、様々なことが出来ないと嘆いておられますが、しかしそんな中でも出来ること、やれることをきちんと為していくより他ありません。
 旦那様ともよくお話し合いをされて、役割分担をきちんとなさって下さい。仕事をしたいと思うお気持ちはお察ししますが、まずは治療に専念されることが大切ではないでしょうか。
 そして、何よりも気分を上げること、気分転換こそがあなたにとって大切なのではありませんか? 公共交通機関を使うのが難しければ、車でのご移動によって様々なことを体験し、また挑戦することが出来るのではないでしょうか。
 「無いものを嘆かず、あることを喜ぶ」…仏教的な物事の見方です。
 笑い(笑顔)が免疫力を上げるとも聞きました…あなた様に笑顔が戻りますように…。いえ、どうか今すぐ笑顔を作って下さい…笑顔になれることを懸命に探して下さいませ。
 仏様はそんなあなたを支え続けて下さいます。
 

21日前

質問者からの有り難し - お礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
仰る通り、原因はそこではありませんね…
まるで犯人を探すように、原因、理由を追究していました。それが治癒に役立つ訳ではないだろうに…

確かに、できることをやるしか道はありません。
しかし、見た目に出る病気は、事情を知らない人からの視線も辛い物です。
化粧ができず、ポロポロと皮が剥けて赤い顔…病気だと知らない人は、あの人は何故あんなに汚くして気にならないんだろうと思われます。
一緒に歩く家族には本当に申し訳ないと感じます。
好きでこんな汚い顔を出している訳ない…
自分が思うほど、周りは私の顔のことなど気にしていないことは分かっています。
しかし、顔のことで人から言われたことは心に傷として残っています。

それでも、自ら命を絶つ度胸などない私は、生きる他ないのですよね。
毎朝、今日も目が覚めてしまったと残念に思う暮らしから、早く抜け出したいです。
全くお礼になっていませんが、回答ありがとうございました。
少しでも笑いを取り戻せるといいのですが…

関連する問答
このページの先頭へ