hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

自分で不幸な道を選んでしまうようで困る

回答数回答 3
有り難し有り難し 22

いつもお世話になっています。

過去の自分を振り返ると、自ら不幸を選んでいたようです。ブラックバイトや悪い男、性犯罪。自分で引き寄せていました。

最近まで、怒涛のように忙しかったので、仕事と家事のハムスターの回し車生活で、不幸を取りいれる暇がありませんでした。

最近、少し暇ができてきたので、嫌な予感がします。

人間暇があるとろくなことを考えないそうです。
どうすれば邪なものや、不幸を寄せ付けないようにできるでしょうか。

仕事や家事に没頭し、欲に流されないのが一番ですが、ちょっと精神的に不安定で危ういです。

不幸は呼び寄せたくないということです。

2015年11月9日 5:20

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お話聞きますよ 人生変わりますよ

今までのご質問も読ませていただきましたが、まだまだスッキリしないご様子。
人生、色々あって全然OKッスよ。
人と比較すると、自分なんてって気持が落ちることがあるかと思いますが、人世ハシゴだと思って見ましょう。年末、毎年本堂の葉っぱを落とす為に体張って屋根の上にのぼるのですが、ハシゴにのぼる時って、前と後ろを観ない方がいいんです。
比較を感じて、恐怖心が生まれてくるからです。
ハシゴの一歩一歩を踏みしめて登っていると目の前のことしかないから、怖くないのです。ネガティブな思いも生じないのです。
今までを振りかえっているのではないでしょうか?終わったんですからポインチョでいいのです。
まだ、来ぬ明日の事も無駄に憂いなくていいのです。
目の前のハシゴの階段を一歩一歩のぼるように生きてみてください。そういうスタンスに切り替えてください。比較が無くなって楽になりますよ。
ヒマがあったら埼玉にも遊びに来てください。
場所を変えるのです。気分も考えも変わりますよ。
電車で2時間かかるかもしれませんが、それだけ一人になれる時間、自分に向き合える時間が持てると思ってください。
私は鶴見川崎近辺に住んでいました。
先日も戸塚から坐禅会に来てくださった方がおられます。
電車だと遠いと思うかもしれませんが、目前の梯子を上るつもりでネットでもいじいじしていると、気がつけば着いてたりします。充電器お忘れなく。
イイ事を引き寄せるおつもりで。

2015年11月9日 20:58
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

不幸とは自分自身で起こすもの

不幸な人は、間違えなくネガティヴ思考です。
どんなにお金があっても、ネガティヴな人は不幸です。
逆にお金のない貧乏な生活をしていても、しあわせな人はいます。

不幸はやってくるものではなく本人が作り上げた妄想です。

事実を大切に生きましょう。

2015年11月9日 20:37
{{count}}
有り難し
おきもち

五戒

殺さない、盗まない、嘘をつかない、不倫しない、酒(など正気を失わせるもの)を飲まないという、五つの戒めを、できるだけ守るようにすると、危険は減ります。
完璧に守る必要はありませんが。
戒は身を守ってくれる鎧のような機能もあるので、鎧を脱ぎっぱなしよりは、着れるときは着ておいたほうが、敵(煩悩=悪魔)からの攻撃を防げる確率は上がるのでは。
なお、戒を守るにあたっては、欲・怒り・怠け・プライドの煩悩に気をつけましょう。
たとえば、嘘をついたほうが楽に解決できる場合もありますが、そのときは、楽したいという怠けの煩悩があるわけです。

2015年11月9日 12:47
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

丹下 覚元様 私は川崎市の住民です。今年中は無理ですが、いつかお寺に遊びに伺います。遊びに来てくださいとお言葉、うれしかったです。過去はぽいんちょで良いんですね。そうします。20歳までどうでもいい人生だったので思い出す時間も勿体ないですし。特段楽しいことのある毎日ではありませんが、静かに暮らしているのでよしとします。

願誉浄史様 欲・怒り・怠け・プライドの煩悩だらけの私です。自分より裕福な人に嫉妬します。不幸を寄せ付けないためにも、煩悩に飲み込まれないよう気を付けます。煩悩のせいで人間関係のトラブルに巻き込まれたことが18〜24歳ごろ沢山ありました。ほとんどは男がらみの問題で。もう色恋ざたは向いてないしトラブルはこりごりなので静かに生きていきます。美味しいお茶とごはんがあればいいです。と、思えるようになりたいです。

邦元様 私は自分で嫌だな、とうじうじ考えていることが多いです。今は安定している人生なのになにかいつも不満なのです。自分の考えを変えていくしかありません。自分の負の考えに飲み込まれないよう、客観的に自分を見つめてみます。親が散々バカやって自滅した姿をしっかと見たので、親のやったことやらないことですね。毎日飲酒、不倫、借金、嘘、転職、贅沢品を買う、弱い者いじめ、ペットを殺す、見栄でいらないものを買って無駄遣いなどなど。親にネグレクトで飢え死にさせられたり、捨てられた犬猫を助けられなかった自分がふがいないです。最悪な家庭環境に生きていたので、普通の今が居心地悪く感じて、業に流されて不幸になるようで怖いのです。業に誘われないように注意します。話がそれましたが、アドバイス有難うございました。

「不幸・悪・不運が続く」問答一覧

試練ばかり

この二週間地獄の日々でした。 主人が退社二週間前に会社のお金50万弱を紛失(盗難)され、会社からお金を全額返済するまでやめられないと言われました。 それは私が借金をして返済しました。 退社同日に車のトラブルがありましがそこを正直に話したらやめられなくなるためうやむやにしてしまいました。 会社自体がブラック企業で残業代はださないけど残業は当たり前、ミスしたら自己責任という中ずーっと耐えて働いていました。 精神安定剤や眠剤を服薬しながら耐えてきましたがこの間は全く薬は効かず夜になると眠れないと騒ぎ、眠剤を飲んでいるのに車ででかけると支離滅裂なことを言っては私がなんとかなだめて寝かしつけていました。 そんな状況が続いて眠れないで精神崩壊した中で働いていたらお金をなくす、車のトラブルとなりました。 これ以上続けていたら彼は死を選びかねないと思いなんとか仕事を辞めるところまでこぎつけました。 大きな一難を必死に乗り越えたのになぜまたこんな辛い災いが降り注ぐのだろうと嘆きたくなります。八方塞がりすぎてなんとかならないかなぁと悩んでいます。また、うやむやにしてしまったことへの罪の意識を強く持っていますが心の中で謝罪をするしかできずにいます。

有り難し有り難し 9
回答数回答 2

不幸な事ばかりでもう無理です。

よろしくお願いします。 ここ3ヶ月の間に色んな事が起きました。 姉の末期ガン宣告から祖父母介護の開始 そして主人の自営業で取引先の会社が倒産し 手形が紙切れになり一瞬で数千万円が消えてしまいました。 1番の取引先だったみたいで、資本金も なくなってしまった今もう仕事を続けるのは難しいと言われました。 子供は高校生と中学生で受験を控えております。 今主人とはあまり口も聞いていない状態で、 八つ当たりされるので、私も話しかけていません。毎日姉の病院の付き添いか祖父母の自宅に通いでお世話をする毎日ですが、周りに代わってくれる人がいません。でも子供を育てないといけないので、私も働かなくてはいけないのですが、 時間がなかなかありません。 もうストレスから身体に不調が色々出てきてしまい、涙が止まりません。 もうこんな人生なら早く終わってほしいとさえ、子供がいるのに自分勝手な思いが駆け巡ります。ごはんも食べれません。 毎日死にたい死にたいとしか考えられなくなってきました。 道を歩いていてもみんなが幸せに見えて 無性に悲しくなってしまいます。 今は心が弱っているからそんな思考になるんだと思うのですが、この先のことを考えると不安で怖いです。貯金もなくなり、仕事もなくなり、年金もほとんどなく、受験を控えた子供たちの学費、塾代が高額、本当に不安で押しつぶされそうです。 いきなり生活が急変するような出来事が立て続けに起き心と身体がついていきません。 これからもっともっと悪い事が起きるような気がしてなりません。 夜も眠れないので、夜中辛くなり 早く逝きたいと涙が出ます。 なぜ悪い事が次々に起きるのでしょう。 ちいさな時から次から次に生死に関わるような出来事が常に周りにありました。心が休まる時がなかったです。 もう生きていくのが怖くて消えてしまいたいです。読みにくい文章で申し訳ございません。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

後厄さんの本気?

ご無沙汰しております。最近気にかかることが増えてきたので、是非回答願いたいとこうして筆を執らせて頂きました。 今年、わたしは後厄年にあたるのですが、これはもうこのせいなのでは?と思うほど、いままでにない不運に見舞われています。 たとえば偏頭痛が突然悪化したり、職場のごたごたにおける巻き込まれ具合とか、まだ壊れる段階ではなかったはずのものが突如壊れたり。 こういうことが起こったとき、一日を振り返るとやはり運がないとただ一言では片づけられず、そういうときに限って「あ、そういえば今年後厄だったわ」と気づくのです。 盆に墓参りをした際、ご先祖さまに厄からお守り頂けるようお願いはしてきたので、そのおかげでこの程度で済んでいるのではと思えてしまうほど。 これはもう後厄さんが本気を出してきているのでは?と思い、これから年末に向かってその威力がさらに増える可能性に気付き怯えております。 いっそのこと、元旦を待たず毎年お世話になっております神社さんにてお祓いを受けたほうがよいのかと考えてしまっているのが現状です。 そこで、お坊さんがたに質問です。 わたしは「厄年」とは、ただ単に運が一番悪くなる年であると認識しているのですが、その認識で間違いはないのでしょうか?また、三種類ある厄年とはどういった意味があるのかも教えていただけないでしょうか。 それから、個人でお祓いを受けようとした場合は、ひとりでも執り行ってもらえるものなのでしょうか?こういったことは元旦の一斉祈願のときにしかやってもらったことがないので、どういった感じになるのかまったく想像がつきません。やることはあまり変わらないのでしょうか?また、その際にかかる平均的な金額も教えて頂けると幸いです。 お忙しいでしょうが、お手すきの際にでも回答願えればと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る