hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

読経の際に…

回答数回答 2
有り難し有り難し 14

世間知らずの無知な若者です。

父の実家では父が生まれる前から仏壇があり、父が引き継ぎ将来は私が仏壇を引き継ぐ予定です。
また、物心がついた頃(おそらく1歳頃)から法要などには参加しており、周りに比べると仏教に関わる事は多いとは思っております。

お世話になっているのは曹洞宗のお寺です。

話は変わりますが先日祖母を亡くしました。
その時のお通夜・葬式で住職さんが読経なさってくださいました。
私達も一緒に読経しました。

お恥ずかしい事ですが、未だにお経を理解できておりません。
それでもわからないなりにも有り難みは大変感じています。

読経の時にいつも何か込み上げるものがあります。

祖母の葬儀であったからではなく誰の葬儀・法要であってもいつもそうです。

理解していないお経を読んでいるだけなのにいつもこうなります。

私の心の中に何かあるのでしょうか?

伝わりにくい質問で申し訳ありません。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

読経とは非日常的な儀礼行為

亀山純史と申します。
数か月前に、「葬儀のお経」という題でのご質問が、このハスノハに寄せられ、多くの方による回答がなされました。その時のご質問には、私は回答をしてはおりませんが、今回、らるさんのご質問が目に留まり、読経に対しての私なりの回答をさせていただければと思います。

さて、らるさんは「わからないなりにも有り難みは大変感じている。そして、読経の時にいつも何か込み上げるものがある。」とのことですが、それは、読経という行為が、非日常的なものであるからだと思っています。読経は非日常的なもの、まさに「有ることが難しい」ものでしょう。よく、「内容がわかるようにと、現代語訳でお経をあげたら、有難みがなかった。」という話を聞きます。それは、非日常的な行為が日常的な行為になってしまったからだと思います。そして、読経とは、所謂、説法や法話とは異なり、一種のルーティン化した行為、つまり儀礼行為です。儀礼ですから、「そうすることに意義がある。」というものです。

整理をすれば、読経とは非日常的な儀礼行為であるため、それは普段の生活や日常行為からかけ離れた行為であり、それは「そうすることに意義がある。」という行為であるために、読経を通して、多くの人は、らるさんのように有難みを感じ、何かこみ上げるものがあるのだと思います。

これからも仏教とのご縁を大切になさってください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

あなたの我を通した思いが表に出てくるのでしょう

私も僧侶でありながら、涙を流したことがあります。
感情的になりお経を中断してしまったことがあります。それは、死について頭で考えていたからでしょう。
お経をあげつつ、死ということは、悪いこと悲しいこと辛いことと決めつけていた部分があり、そうした捉え方を考えでしていました。
人前で涙を流すのは良くないことだと自分で決めていたので、その時は自分でも驚きました。しかし、冷静に後で考えてみると、やはりそこに、自分というものを置いて死について考えていた部分があります。

実際「死」とは誰にでも訪れる「生」と変わらないことだということです。お経の力というよりは、そうした死に対する思いが表に出てくるのだと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


質問者からのお礼

お二人ともありがとうございました。
回答を読んで少し気が軽くなったようにも思えます。
これからも仏教との縁、お経を大切にし、人生を歩んで行きたいと思います。

「お経・経典」問答一覧

お経をあげないと不幸になりますか。

昔から家は仏教徒で、私も産まれてから仏教を信じなさいと育てられてきました。 小学生の頃、学校環境になれず拒食症になってしまい、食べ物を見ると吐き気を催すようになりました。 その時に母が、「先祖が苦しんでいる。それがあなたに出てきてしまっている。きちんとお経をあげないから、ものが食べられなくなってしまったの」と教えられました。 その時は真に受止めお経を上げました。ですが、考えてみると、ストレスによるものではなかったのかと思うようになりました。 月日が流れ社会人になった時、やっかいな病気にかかり、毎日不安で泣いていました。 他の兄弟は、病気になることも無く、ごく普通にすごせているのに、私だけなぜこんなにも不幸が降りかかるのかと。 母に聞くとやはり、「先祖が苦しんでいるからだ」の一点張り。 私はただ不安な気持ちを聞いて欲しいだけなのに、私のせい、私のせいと言われ続け、仏教とは私を苦しめるものなのか?と思ってしまうようになりました。 確かに、先祖があってこその自分ではあるが、もし仮に母が言っていることが本当だとして、私ばかり苦しい思いになる理由も分からないです。 私ばかりお経をあげて、時間を使わなくてはならないのかと、疑問に思ってしまいます。 他の兄弟は、お経はおろか、仏教を信じていません。ですが、結婚もし、子供も生まれ、幸せな家庭環境を築いています。 このような場で、仏教やお経に対して罰当たりな事を書くのをどうぞお許しください。 私はどうやって生きていけば、普通に生きられるのでしょうか。お経を上げなくては私は幸せになれないのでしょうか。

有り難し有り難し 16
回答数回答 2

説法は邪道?お経は自己解釈すべし?

 いつもお世話になっております。私が最近通い始めた法座(読経会)の お寺の住職先生が、法話や説法を邪道とみなしているようです。  法座が終了し、私がノートを片手にお経について聞きに伺うと、 「本当のことを知っているのはお釈迦様しかいないから、説いてはいけない」 「僕のいったことも参考程度に耳に挟んでおいてね」 「説いちゃいけないって書いてあるから(確かに法華経にはそんな文言が あったと思いますが)」 「もしそれを説いて、その人の言ったことを信じてしまったら、変な新興宗教 ができちゃうよ」 「お経を直接読んで、自己解釈するように」(逆にそちらの方が危険な気が… 例:理趣経。それに漢文や中国語の文法が理解できない人はどうするの でしょうか)などと言い、教えていただくことができません。それどころか、 最後の文言のように、かえって危険な事態を招きかねないことを言われます。  法句経ーダンマパダには「教えさとせ」という文言があったような 気がします。対機説法という概念もあったと思います。  それに、積極的に法話会を開いている先生方もいらっしゃいます。  この先生のおっしゃることは、信頼しても良いのでしょうか? 私個人的には「う〜ん…」といったところです。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る