hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

何が幸せなんですか?

回答数回答 4
有り難し有り難し 34

お世話になっております。
昔から貴女は幸せだと言われても幸せだと思えませんでした。どうしたら幸せだと感じられますか。この悩み、悩めることも幸せなんですか。なにが幸せなんですか。幸福感の追求も煩悩ですか
例えば小学生の時、UNICEFの募金活動を見ても、「自分が死ねばアフリカの子供は長生きできる」と母に言って叱られた思い出があります。幸せだから、自分は不幸だ、死んでいい人間だと思ってはいけないのですか…?
よく思い出せば4歳くらいから人に気遣いをして生きてきました。が、それが原因とは考えられません。いつも何かしらの理由をつけて自己完結で悩まないようにしてますが、いつも考えてしまいます。単純に経験不足で、年数を積めば自ずと理由をつけて消える悩みかもしれません…。はたから見て嫌な質問してごめんなさい。大分お世話になっているので、この質問で最後にします。しかし20うん年生きてきて一番の悩みなんです。ご回答のほどよろしくお願い申し上げます。

2015年11月13日 22:32

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

幸せと感じることに生きる価値を求めない

亀山純史と申します。「何が幸せなんですか?」とのご質問ですが、人生で大切なことは、幸せと感じることでも、幸せを追い求めることでもなく、この掛け替えのない「いのち」である自分自身に向き合っていくことだと思っています。

幸せは形あるものではないので、千差万別です。仕事に生きがいを見出し、仕事をしているときが幸せだと感じる人もいますし、仕事を終えての一杯がこの上なく幸せだ、と感じる人もいるわけです。ですから、幸せについて、「(あなたにとって)何が幸せですか?」という問いも生まれてくるのです。ですが、「幸せと感じること」に生きる価値を見出すことは、それは不安定な土台の上に、自分の人生を築きあげるようなものではないでしょうか。そして幸せになることに生きる価値があるとしたら、不幸だと感じる人生は、生きる価値が無い人生なのでしょうか。不幸も幸せと同じく、千差万別です。低賃金のもとでの労働、震災で身内を失ってしまうこと、人間関係に恵まれていないと感じること、等々、数限りなくあります。そして、誰にも不幸と感じることは大なり小なり持っているものだと思います。

「生きる」ということは、仏さまから頂いた掛け替えのないこの「いのち」である自分自身に向き合っていくことだと思っています。自分自身への向き合い方は、宗派によって異なります。座禅を通して向き合う人、または私のように、念仏を通して向き合う人など、そのやり方は様々ですが、自己に向き合うことでは一致していると思います。そして、そのようにして自分自身と向き合える時間が、私にとっては幸せと感じるひと時です。

以上が私からの回答です。少しでも青うめさんのお役に立てれば幸いです。

2015年11月14日 13:28
{{count}}
有り難し
おきもち

hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

「幸せ」は自分には分からない

こんな話があります。

【にわとりの卵の幸せは何ですか?】
次の四つの問いから選びなさい。
①目玉焼きになること
②ゆで卵になること
③スクランブルエッグになること
④雛になること
この問いの答えは「卵」自身には分かりません。
この問いの答えを知っているのは親鳥です。
親鳥は当然④を選びます。

私たちは卵のような存在なので、何が幸せかなんて分かりません。
分からないから、とりあえず快感を得られることを幸せなことだと定義づけて生活しています。
しかしいくら快感を得ようとも満足しませんし、むしろ飽きてしまい、また別の快感を求めていきます。
つまり「快感を得る=幸せ」でないことを知らされます。
私たちはいくら考えても「幸せとは何か」は分かりませんから、それを知っておられる方に聞かねばなりません。

ここからが宗教の話です。
仏教において誰に聞けばいいのか、それは「仏様」です。
この世にお出ましくださった仏さまはお釈迦さまであり、そのお釈迦さまの説法がお経です。
そのお経の中でお釈迦さまは「仏になりなさい」「仏になる道を行きなさい」と勧められます。
だから私はお経から「幸せ=仏になること」だと聞かせてもらっています。
私は幸せになりたいので、仏教を信仰しています。

2015年11月14日 14:22
{{count}}
有り難し
おきもち

始めまして、釈心誓と申します。 浄土真宗本願寺派の僧侶です。 若輩浅学...

20うん年来の悩みなら

「端から見て嫌な質問して」などと、自分の評価を添えて出すことはありませんよ。
実際、「幸せとは何か」は、問いを出すに足ることだと思います。だからこそ、何人もが「お答え」をしているのです。
 アフリカの子どもの話は、(その当時は精一杯考えた答えだったとしても)大人になったあなたがご覧になっていかがですか?例えば、テレビで同じ発言をしている小学生を見かけたら。「私もそう思ったんだよ。」の次を。
 「アフリカの子どもの飢えを救うために、それは一つの方法かも知れないね。けれど、他にないかしら。元気になったアフリカの子と、一緒に遊べる方法を考えてみない?」と、「自分が退席する」以外の方法を考えようとしませんか?

 あなたの歴史について、私なりに勝手なストーリーを考えてみました。
 4歳頃は、好奇心が旺盛で、何を見ても不思議、何を見てもやってみたい、貪欲に外界を吸収する時期だと思います。しかし、「人に気遣いをしてきました」。好奇心のままに行動すると、良くないことが起きるのではないか?親が困惑するようなことを、聞いてはいけないのではないか?…そんな決断をした可能性があるように感じます。
 「自己完結で悩まない」は、そんな「好奇心の封印」という感じを受けるのです。
 好奇心は、試行錯誤と一体です。ですから、「単純に経験不足」…これも、誰かに指摘されたのではありませんか?…におちいる。
 で、4年生頃に、久しぶりに「アフリカの…」を自分で一生懸命考えたら、全否定された。「やっぱり、自分で考えた事は言わない方がいいのだ」と、思いを強化してしまったのではないかしら。
 私が思うに、その時の、「あなたは(日本に生まれて、ご飯も食べられて)幸せなんだから、そんな事言うんじゃないの」という言葉は、発した方の「私が一生懸命育てているんだから、死ぬなんて言わないで」という思いからの、でも「アフリカの子たちについて、何か大人として言わねばならない」という苦しさ半分から出た言葉ではないかと推察します。
 よくありますよね、小さい子が大人を問い詰めて、ギブアップさせちゃう話が。
 だから、「幸せとは何か」を考える時、その4年生の会話は具体例から外して良いのだろうと思います。ただ、長い間の習慣で、「幸せ」という言葉に過剰反応してしまう。
 何か、思い当たるところはありましたか? 続きは、またの質問で。

2015年11月15日 1:35
{{count}}
有り難し
おきもち

一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

「死なないで欲しい」という意味でしょう。

自分は不幸だ、死んでいい人間だ、などと言われたら、あなたの親しい人々は、あなたに死なれたくないから、「何言ってんの、幸せじゃないの」と言うのです。
つまり、「私はあなたに死んで欲しくない」という意味で言っているのです。
あなたの周りの人は、幸せとは何かとか、そんな問答をしたいわけではなく、あなたが漂わせている危うさに心配させられるのが嫌なだけでしょう。
「あなたは幸せだ」は、「心配させるようなことを言わないで」という拒否反応の場合もあるでしょう。
身近な人が不幸だ不幸だという顔をしていると、周囲の人も晴れ晴れとした気分になれないので。

2015年11月14日 0:25
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

「幸せとは・幸せになりたい」問答一覧

幸せになるのが怖いです。

こんばんは。 イモムシと申します。 以前「自分は不幸だという思い込みがある」ことについて、相談させて頂きました。 そこで頂いた回答のおかげで、自分の幸せに目を向けることが出来ました。 しかし、もっと根本的な問題がある事に気付きました。 私は幸せになるのが怖いのです。 私の幸せは数えればいくらでもありました。 ・優しい家族がいる ・自分を理解してくれる友達がいる ・毎日ご飯が食べられる ・かわいいペットを飼っている ・あたたかい布団がある ・ホワイトな会社に勤めている ・優しい恋人がいる ・スマホを使えている…等々 これだけ恵まれているのに、 「もう生きていたくない!幸せになんかなりたくない!」と、幸せを拒否してしまいます。 自分でもおかしいと思います…。 不幸だと思う原因も、幸せになる方法も分かっているのに、幸せになるのが怖いです。 原因はおそらく、不幸な方が頑張らない言い訳ができるからです。(我ながらクズです…) 自分を不幸だと思えば、“言い訳”という鎧を着ていられます。 逆に幸せになるという事は、鎧を全部脱いで、剥き出しの自分で人生を受け止めることのように思います。それがとても怖いです。 甘えていると、自分でも思います…。 それでも深刻に悩んでいます。 こんなにも恵まれているのに、鬱になったり、自殺衝動に駆られてしまいます。 幸せを受け入れるにはどうすれば良いのでしょうか? 宜しければアドバイスをお願い致します。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

幸せになる資格はありますか??

去年、7年ほど付き合った人とお別れをしました。彼氏のことは人としては好きでしたが、お付き合いの期間が長くなるにつれて、この人との結婚は考えられないと思うようになりました。それでも一緒にいて楽なのもあり、ズルズル付き合っていました。彼氏を性の対象として見ることが出来なくなり、自然とセックスレスにもなりました。 別れる2年ほど前に数合わせで呼ばれた合コンで出会った人と体の関係を持ってしまい、彼氏と付き合う前までは性に対して奔放だったこともあり、それをキッカケに今まで我慢していたものが解放されてしまいました。その日に知り合った人と関係を持ってそれで終わり、を何回も繰り返しました。 ある日、友達の紹介で出会った人にアタックされて遊ぶようになり、私自身その人に惹かれていき、真剣にお付き合いをしたいと思うようになりました。今までいろんな出会いがありましたが、彼氏と別れてまで付き合いたいと思う人に出会ったのは初めてでした。 それから彼氏と別れて今の人とお付き合いをするようになったんですが、半年経って不安なことが次々と出てくるようになりました。仕事のことで精神的に疲れてるだけだから安心して、と言われますが、自分も散々嘘をついて好き勝手してきたので、どうしても疑ってしまいます。 今までのことを反省して、もう絶対に相手を傷つけるような後ろめたいことはしないと決心して頑張っていたつもりでしたが、やはり自分は幸せになる資格なんてなくて、そのうち自分がしたことが返ってくるんじゃないかと考えるようになりました。 いくら反省して心を入れ替えても、人を傷つけてまで手に入れた幸せなんて長くは続かないんでしょうか。 こんな私でも幸せになる資格はありますか???

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

幸せとは

先ほど質問を書いたのですが、感情に任せて書いてしまい、少し物足りないというか、落ち着いてきたので、改めて質問させていただきたいと思います。 衣食住を与えてくれ、学校に行かせてもらい、勉強をさせてくれるのだけが、幸せだと思いますか? 私の両親は、そこが少しズレているような気がします。 幸せの基準は人それぞれだと思います。 私は、あまり人付き合いが得意な方ではありません。人間ですので、嫌いな人もいたりします。 酷いことされた時は愚痴を聞いてもらいたいものですし、困ってる時は相談に乗って欲しいくらいです。 しかし、母は聞く耳を持たないし、ならばと妹に言っても聞いてくれません。 ですが、「甘えもしないし、相談もしてこない」と言われ、すごく腹が立ちました。 それだけじゃないです。人に気を遣いなさいと口酸っぱく言われてきたので、気を遣うことに気をつけてました。しかし「人の顔色ばっか伺って生きている」と言われました。これは私が腹がたつのがおかしいのでしょうか。 終いには勉強を強いてきたのに、勉強ばっかりしてつまらないと言われてしまいました。もうどうしようもありません。 母は特に、今から10年ほど前に不倫をしたことがあります。その時から、父との関係もあまり良くなく、なんだかすっかり、自分の好きだった母ではなくなった気がします。ファッション面でも変わりましたしね……。 こういった対立は初めてではないです。3回目くらいだと思います。 学費や生活費を払って、家事をしてくれることにも感謝してますが、母はどこかそれをすれば必ず幸せだと思ってるところがあります。ですが、私は母の発言に愛を感じません。 父は父で、私たちにほとんど興味ないようです。ずっと仕事人間で、私たちの成長なんか興味がなさそうです。 性格上の問題なのか、妹と気が合うみたいで、あまり喧嘩もせず、夜遊びしたり、勉強しなくてもあまり叱ったりしません。 どんなに小さなワガママを言っても拒否されてきたのにどうやって甘えればいいのか……甘え方も忘れましたし、甘えるつもりもこれから先ないです。 何をしても私だけが悪いように責められる。私にも悪いところはありますが、母は私だけを責め、いつも子供すぎる!と叱ります。 もう正直しんどいです。家にもあまりいたくないです。どうすればいいのでしょう。 長々とすみませんでした。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

悟り世代?幸せぼけ?

私はゆとり世代です。 悟り世代とも言われます。 悟り世代の特徴は、欲が無い・恋愛に興味が無い・旅行に行かない・無駄遣いをしない・気の合わない人とは付き合わない・合理性を重視するなど、あたかも悟りを開いているかのように見えたところから生まれた言葉なのだそうです。 私の考え方は全くその特徴と重なります。 なりたいものもやりたい事も無いです。 芸術系の大学を出ましたが仕事にするにはブラックが多いので普通の事務に就きました。 彼氏は気が合うからパートナーとして支え合おうという関係です。 浮気されたら自分はその程度だったかと思うだけです。 子どもは合理的じゃないのでいらないです。 昔から好きじゃなかったのと、責任持ちたくないのと こんな若者が生きにくい世界に生み落としてしまうのはかわいそうだと思うからです。 食事は考えるのが面倒なので、毎食同じもの食べてます。 味音痴なのでなんでも美味しいです。 飽きるとかいう概念も無いです。 不味いものがある人がかわいそうだと思います。 旅行も自分からは行きません。 考えるのが面倒です。 誘われたらついて行きます。 行ったら行ったで楽しみます。 おしゃれは好きです。 最近祖母の着物を大量に頂いて、休日は着物を着て過ごしてます。 全部揃ってるので買っていません。 洋服も着なくなったので買わなくなり、いよいよ無欲だなという気持ちです。 鬱の様にも見えますが苦しくはないです。 趣味は先程の着物と読書とネットで見る映画ドラマ、体験型謎解きも行きます。 気になったものは手を付けて合わなかったらやめます。 私は私で生きてればいいと思っているだけです。 先日同い年の友人に生きる意味の話を聞きました。 私は生きる意味なんていらないし、生きてても死んでてもどっちでもいいなと思いました。 だって現に今生きてるんだし、死んじゃいけないらしいし 死んじゃいけない時点で存在価値ありますよね? 人生なんて途方も無い暇つぶしで、何かを掴もうとして小さな喜びに気づかなくなくなるよりも、小さな喜びを喜びと思える方が幸せだと思います。 嫌われるなら嫌えばいいし、苦しいなら逃げればいいし、一緒にいてくれる人と一緒にいたいし、居たいところに居たいです。 それじゃだめなんですか? 幸せぼけですか? 仏教的にどう思います?

有り難し有り難し 21
回答数回答 2

今が幸せすぎて怖い

今、自分は恵まれていてとても幸せだと感じています。 そのことがすごくありがたいと思うと同時に、こんなに幸せでいいのか、いつか悪いことが起きるんじゃないかと大きな不安に襲われてしまいます。 私は、正しい人生を真っ直ぐ歩いてきたわけでは決してないと思います。 嘘をついたことだって数え切れないほどありますし、ずるや卑怯なことをしたことだってあります。人が聞いたら顔をしかめるようなこと、神様に顔向けできないことだってしました。 自分が過去にしてしまったそれらのことに、心から反省し、これからはそのようなことはしないよう心に刻んでもいます。 けれど、これでいいのかとも思ってしまうのです。いくら後悔しても、これから先を同じことを繰り返さずとも、過去にしてしまったことは消えません。その報いをいつか受けるのではないかと思うと、恐怖で日々の生活すら満足におくれなくなってしまいます。 過去に対する後悔だらけ、罪悪感だらけの自分が嫌で、こんな私が幸せでいてもいいのか、でも、今の幸せを失いたくはないという矛盾した気持ちになります。 自分の過去を後悔し続け、将来のことに怯えながら生きていくのが辛く、どうすればいいのかわかりません。 どのような心持ちで、これから生きていけばいいのでしょうか?

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

大事なモノと人生の幸福量

こんばんは。 いつもご回答ありがとうございます。 私はいま20なのですが、今まで青春というものを送ったことがありません。 人それぞれ青春は違うものであるとは思っているのですが、大事なものがあるから頑張れる!とか、ここが私のいていい居場所などがまだ見つかりません。 そして、卒業してから今も受験勉強中で大学を狙っています。 この2年間何をしてもうまく行かなくて、ずっと悩んでいました。夜も、また落ちるんじゃないか、とか不安なことが多くて夜中までずっと起きてしまっています。 私は幼少期から、母がずっと入院したり、友達に騙されたり、いろんなことがありました。 そして、いまは受験勉強をしていて、このままでいいのかな、とか、この先何か幸せだって、大事だって思えるものに出会えるのか、不安です。 そこで、私のように自分に自信がない者でも、何か人生を変える出会いなど訪れる者なのでしょうか。 人生の幸福量は、幸せな人は幸せ、そうじゃない人はずっとそのまま、なのでしょうか。 気づき、や、少しの事にも感謝することで人生は幸せになるものだとも思っています。 青春を送れなくて、いま青春コンプレックにも陥っています。 ご回答よろしくお願いします。

有り難し有り難し 50
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る