hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

辛い死産体験を乗り越えたい。また納骨について。

回答数回答 1
有り難し有り難し 8

2017年7月に、初めての妊娠で死産を経験しました。
不妊体質だけではなく、昔から辛いことばかりだった人生を乗り越え、やっと念願の妊娠し、幸せをやっと掴むことができた気がしていました。

しかし…妊娠中期に赤ちゃんに病気がみつかり、死産となってしまいました。元気に産んであげられたかった自分を責めて、お別れした赤ちゃんが恋しくて、今でもまだ、泣いてばかりいます。
なぜ、私の人生ばかり、こんなにも辛いことばかりなのでしょうか?

また、街中や友人の赤ちゃんをみることが、とても辛く、また、いいなぁと妬んでしまいます。どうしたら、赤ちゃんを見る度に辛くならない自分になれますでしょうか?

追伸
気持ちに整理がついたら、納骨しようと主人と話し合って思っていますが、私には到底そんな日が来る気がしません。本当にそう思える日は来るのでしょうか?気持ちに整理がつかなくとも、一周忌までには、やはり納骨すべきでしょうか?

拙い文章で申し訳ございませんが、どうぞご返信宜しくお願い致します。

2017年12月15日 19:29

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

これから光がさすために

にゃんた 様 相談ありがとうございます。

合掌礼。お辛い体験でしたね。
産声をあげなかったとしても、にゃんたさんに宿った命
その命に感謝しましょう。
「私に命をありがとう」と
そして、赤ちゃんの御遺骨に語り掛けましょう。
(多分、お名前を考えていたと思うので、その名前で)
「○○ちゃん、あなたの分まで、お母さんは命を輝かすよ!!」って
「あなたの命と私の命を輝かすことが、○○ちゃんへの愛情だからね
笑顔と元気を取り戻すことを応援してね!」って
毎日、毎日、語りかけてください。
遠慮はいりません。
「一緒に笑顔に成ろうね」って毎日、毎日、語り掛けてください。
やがて、光がさしてきますよ。
あなたを心に抱きながら、明るく生きることができる。と
きっとできますよ。
納骨は、その時でいいじゃないですか。
他人にはわからないかもしれないけど、
にゃんたさん自身で赤ちゃんとの対話を楽しんでください。
光がさしてからでいいんです。納骨はそれからでも大丈夫です。

そして、誰かの手を借りたい。悲しみを聞いてほしい
というお気持ちが湧きましたら
グリーフケアを専門にしている、カウンセラーやコーチ
グリーフケア専門士を探してみてください
また、同じような境遇の方のグループの活動もあると思いますので
そのような会合に出かけていき、話を聞いてもらうのも
心の支えとなります。
一人で抱え込まずに、ご主人と話して、出かけてみてください。

きっと、光が差します。赤ちゃんへの愛が、優しさに変わり
にゃんたさん自身の支えとなり、笑顔が輝くようになると
信じておりますので、少しづつでいいですから、
愛情ある語りかけから、始めてください。
ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・
御礼、ありがとうございました。
頑張り過ぎないように、マイペースで
優しさ、愛情を感じてください。語りかけてください。
他人と比べないように、自分のペースでお願いします。
そして、お体ご自愛下さい。
この度のご縁に感謝申し上げます。一礼

2017年12月15日 23:36
{{count}}
有り難し
おきもち

お寺の法務(法事などのご先祖の供養)と 唱題行・写経・法話・カウンセリン...

質問者からのお礼

本松寺 釋 孝修様
お返事が遅くなり大変申し訳ございません。
心のこもった 数々の 励ましのお言葉をありがとうございました。大変励まされましたし、心がほどけたように楽になりました。また、あたたかな気持ちになりました。赤ちゃんに、毎日話しかけることから始めてみます。そして、光がさしたら、ちゃんとその時、納めてあげたいと思います。私が元気になることが赤ちゃんへの一番の供養だと思えました。赤ちゃんの生まれてきたことが決して無駄にならないよう、前向きに生きていきたいと思います。この御礼の気持ちはこの文字数では到底伝えれきれないのですが…、取り急ぎ感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。私もこれから、ゆっくり、益々、より一層頑張ります。釋様、本当にありがとうございました。

「納骨」問答一覧

納骨、供養について

13年前、私が再婚する際に実母を引き取り生活しておりました。 その母が先月亡くなりました。 身内がある宗教の会員のため、叔母が亡くなった際、友人葬をあげて頂いた事がきっかけで、母は叔母のご本尊様を引き取る形で入会しました。 ただ、母は友人葬に感動したとの事でそれ以外は信仰することも活動もなくお仏壇も押入れに片付けてある状態でした。 突然母が亡くなったことで私自身パニックになり、主人といとこ(学会員)を頼るばかり… 唯一、母が感動したという友人葬にする事にし、いとこが声を掛けて下さり無事に葬儀は終わりました。 主人は長男で自宅には、主人が幼い時に亡くなった父親のお仏壇があります。 私の母とは宗派も違うので、お隣にお仏壇を置かせて頂いてもいいのか分からないでいます。 納骨に関しましても、母の実家のお墓であれば両親兄弟揃っているから…と思うのですが、これもまた宗派の違いがあり、母は旧姓に戻ってはいるものの一旦は外に出た人間だから…それに母の実家は遠方なので私自身近くに居てほしいとの想いがあります。 学会の方々にお世話になったので、そこに納骨と考えているのですが、その場合、母は自分の両親と離れ離れになってしまうのではないかと不安になります。 納骨、今後の供養 宗派は違えど一緒にさせてもらっていいのでしょうか? どうすることが最善なのでしょうか? 近くのお寺で相談することも考えたのですが、やはり宗派の違いで問題が生じたり、自分の信仰する所を勧めたりされるとお聞きしたのでなかなか前に進まずにいます。 乱文で申し訳ありませんがアドバイスを頂けたら幸いです。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

檀家でない場合、お経をあげていただくことは難しいでしょうか?

初めて質問いたします。何かアドバイスいただけたらありがたいです。 <背景> ・宗派:学会系(ただし熱心ではなく、父方祖母の代に親戚付き合いから宗旨変えしたと聞いています。どちらかというと宗教に関心の薄い家です)。 ・父方親戚は学会系の方が多く、これまでお葬式をあげる際は「友人葬」として親戚の方に題目?を読もらっていました。 ・父が一人っ子で祖父母も亡くなって時間がたっているため、父方親戚とは疎遠気味です。 ・祖父母のお墓は地域の共同墓地(宗派がないところ)です。 <相談内容> 先日弟が事故で無くなりました。少し普通ではない亡くなり方(犯罪等ではありません)だったため、疎遠気味だった父方親戚には知らせず、ごく身内だけで葬儀を行いました。 数か月たちそろそろ納骨を考えているのですが、納骨時にお経をあげていただく伝手がありません。父方親戚にお願いすればあげてもらえそうですが、事情により伝える予定はありません。 できたら宗派の近い日蓮宗系の方に、納骨の時だけ立ち会っていただきたいのですが、何か方法はないでしょうか? お墓近くの日蓮宗系寺院に相談したところ、檀家になることをすすめられました。ごくまっとうな意見だと思うのですが、すぐには踏ん切りがつけられず家族で悩んでいます。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

母親の納骨について

去年11月に病気で大切な母親が永眠しました。84歳でした。一周忌に墓に納骨をしようと準備していますが、母親の先祖代々のお墓のある寺に問い合わせたら、墓の管理者の許可が必要といわれました。母親は四姉妹の末っ子で長女と母親が先祖代々の名前です。長女と母親は生前あまり仲良くなかったらしいのですが、母親は代々のお墓に入るのを望んでいました。長女には何の遠慮もせんでいいよと常々言ってました。長女親族とはずっと連絡などしてこなかったのですが、墓の管理者となるとやはり長女の子供たちでしょうか。長女も生存してるのか不明です。今名古屋に住んで30年経ち、代々の墓は石川県で遠方で、数年に一度母親共々墓参りしていました。自分は40代独身で父親と姉の3人です。まだまだ一周忌経ってないので日々淋しさと悲しさは溢れた日々です。 代々の墓に普通に入れると思っていたので、今不安と一番最善はどうしたらいいか、そして、自分もおそらくこのまま独身で生きてくと自分が亡くなった後の不安、母親と同じ場所に絶対に入りたいのでどうすればいいか、、是非ともアドバイスいただけけたらと思います。 もし、先祖代々の墓に母親が入れないと母親との約束が果たせない辛さ、悲しさとか強く抱いてるので、不安です。 片足が不自由だった高齢の母親といつも一緒にいれたことが凄く幸せでした。側にいて当たり前と思ってた大切な存在だったので悲しみと淋しさもとてつもないです、、 今はまだ母親の遺影と遺骨をミニ仏壇に添えて日々お参りしています。涙が止まりません。 今後の残った自分、高齢の父親、姉の3人も絶対に母親と一緒に永遠にいたいのでその点も含めてアドバイスよろしくお願いします。。

有り難し有り難し 12
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る