お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

遅刻魔の友人との関係性

土地柄的に遅刻する人が多い地域に住んでいます。
ある女子の友人で、一緒に趣味の活動を週1以上のスパンで定期的に行っている子がいるのですが、彼女は遅刻魔で1時間以内にくればいい方です。
約束の時間通り来たことがなく、2時間以上待ったことが7回はあります。また、場合によっては予定時間を3時間遅らせた後に2時間遅刻であったり、ドタキャンをされたりすることもありました。

私自身も全く遅刻しないわけでもなく、大雑把な性格です。しかし、彼女はそれを上回る計画性のなさと、大雑把な性格の子で、たまにおごってくれたり、優しいところもありますが、最近になって待つのがとてもストレスだと感じるようになりました。
これまで、彼女はそういう性格でこの年まで(大体25歳くらい)育ってしまったのだから言ってもしょうがないし、治らないだろうと怒りもせず許していましたが、最近そのストレスに見合ったものを返してくれてないと感じるようになりました。また、最近少し助言をしたのですが、あまり意識が改善されていないようなので、少し嫌いかもしれないと思うようになりました。
でもこれは私のエゴであり、私が嫌われたくないから注意してこなかった部分もあり、自己防衛で勝手に嫌いになっているというのもわかっています。
彼女の性格と合わないと切り捨てることも可能ですが、今後も友人と合わないという場面に会った時に、毎回このように切り捨てていって大丈夫かと心配になりました。
話し合えば聞いてくれる気もしますが、嫌がられるような内容をわざわざ言った時に治ってないと感じた時の疲労感や、友人を失ってしまった場合の悲しさに見合わないような気がして、踏み出せていません。

このことで悩まされると結局私自身が友人と長く付き合っていけないのは私に問題があるのかと思ってしまってなりません。
まとまりがありませんが、彼女への助言することや向き合うことが正しいのか、私自身の友人との向き合い方に助言いた抱けると幸いです。
よろしくお願いします。

他人・友人関係
有り難し 12
回答 2

質問投稿日: 2018年1月2日 5:34

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

時間は有限、大切になさって下さい。

 遅刻…ものすごく単純で、しかしながら待たせる相手をこんなに「ないがしろ」にする行為はありません。
 遅刻は相手の時間を奪い、無駄にします。大げさに聞こえるかも知れませんが、時間を奪うということは相手の「いのち」を奪っていることなのです。
 生きている時間は有限です。だからこそ時間は貴重で大切にすべきものです。
 このことをお相手に伝えて下さい。そして、だから約束の時間を守ってと重ねてお伝え下さい。
 それでも、お相手が約束を破るならば…お付き合いを止めることも止む無しと思います。
 時間は貴重なのです…お金では買えません。お金以上に大切なものです…いのちそのものなのですから。
 もちろんお相手との関係が切れてしまうことより、お相手に時間の大切さが伝わり、良い友人関係が続くことを念じております。
 仏様があなた方をじっと御覧になり、そして導いて下さいます。

11ヶ月前
回答僧

鳳林寺

光禪

こんにちは。

 私は早めに到着するタイプなので、遅刻する人の気持ちはよくわかりませんが、それなりに事情があるのだと思います。私の場合、遅刻しそうな友人には、あらかじめ早めの時間を伝えておきます。10時に約束なら「じゃあ9時30分にね」といった感じに。1時間も遅刻してしまうのでしたら、10時の約束に9時と伝えておけば良いでしょう。また、例えば「9時45分」など半端な時刻を伝えておくと相手の記憶に残りやすく、時間を守ってもらいやすいようです。試してみてください。

11ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

回答ありがとうございます。
彼女は夜も昼も働いていたりと、働き詰めの上、無理にキャパオーバーの予定を入れるタイプです。
なので時間を覚えれないのではなく、単純に起きれない、起きる気力が失せる、といったような感じです。ですがなにを優先して生きているのか、その優先順位の上で、友達を待たせるのは良くないのか、とさすがに5時間近く待たされた時は思ったものです。
それまで1度もまともに怒らなかったので、さすがに小言ではないですが、
「怒らなかった私が悪いね、直していこうね」と機会があれば言うようにしました。
仕事を減らしたことなどの要因もあるのですが、最近では1時間以上遅刻することが滅多に無くなりました。
私自身彼女との向き合い方を考えるきっかけになりました。
小林様、光禪様ありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ