命日に御線香をあげたいのですが

12月に入ると、彼の命日がきます。

彼のご家族は生前からとても良くして下さり、
今も私の誕生日等には連絡を下さいます。
心からありがたいと思います。

しかし彼のご家族に限らず
周りの親切な方に優しくされると
どこか責められているような気がして、
何かが自分の中で爆発しそうになります。
上手く言えませんが叫びたくなる感覚と
似ています。

そんなこともあり、
今年こそは彼の家に御線香をあげに行きたいと
思い続けて8年経ちました。
未だ一度も足を運ぶことが出来ていません。

先日この場をお借りして
生きるヒントを頂きました。

そのヒントを活かして前向きに考えれば
今年こそは足を運ぶことが出来るはずと
思っていましたが、
いざその日が近づいてくると
モヤモヤした気持ちが勝ってしまいそうで
現在情けない自分に辟易しております。
毎晩彼の亡くなった日の夢を見ては、
やはり私が死ぬべきだったのだと改めて思います。

今回も曖昧且つ脈絡のない質問で申し訳ありません。
彼の命日を迎えるにあたり
私が今年こそ彼に御線香を上げられるように
何か言葉を頂けないでしょうか。

やはり私のような大事な家族を奪った人間が
今更御線香を上げるなど
烏滸がましい話でしょうか。

どうかよろしくお願いします。

有り難し 17
回答 3
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

モヤモヤしたまま行く

 こんばんは。お久しぶりです。めっきり寒くなりました。心境をお寄せくださり、ありがとうございます。
 モヤモヤするその気持ちのまま、足を彼のお宅へ向けるとよろしい。どんな気持ちで伺うにせよ、彼のご家族は、彼のことをずっと忘れず思い続けているあなたの存在を、きっとありがたいと思うでしょう。私が彼の家族であれば、そうです。
 前日まで、当日まで、逡巡することでしょう。歩きながら、モヤモヤするかも知れません。そのまま彼の家の前に立ち、そのまま呼び鈴を押し、そのまま玄関にあげて貰いましょう。彼という縁で、あなたとご家族は繋がっているのです。
 8年もの間、ずっと彼を大切に思ってくれていた人を、粗末に扱うことはありません。
 気持ちは、言葉や考え方では変わりません。変わったと思っても一時的なものです。行動によって変化がおき、ゆっくり定着してゆくものです。
 そして、よかったら、お線香を上げられても上げられなくても、またこのhasunohaにお越し下さい。あなたと彼のことを思っている人が、ここには沢山おられます。

(12/1)12月になりましたね。我が祖母の亡くなったのも、12月でした。今では、祖母に会いに行く報告しに行くような気持ちで、その日のお勤めをします。「僕はいま、こうしています」と。

(12/8)彼の家に向けて、出発できたのですね。それは良かったと思います。「結局行けなかった」よりも「足を向けられた」ことに、私は有り難さを感じます。「息が苦しい」と身体が悲鳴を上げているなら、一旦立ち止まって「ああ、今からだが辛がっている」と、ご自身の身体を労ってあげて下さい。

2年2ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

あなたの敵はあなた自身

あなたを責めているのは、彼の家族ではなく、あなた自身の思いにすぎません。
動く前から、行動した後の事を勝手に想像し、マコトのように考え苦しんでいらっしゃるのでしょう。
御線香あけたければ、ただあげればいいのです。思いなんかなくてもいい。ただやってみたらいい。ただご家族に会ってみたらいい。何か開けるような気がしません?これも想像ですが。
兎に角今の目の前の生活を大切にただただ行じてみてください。
なんの問題もなく、生活できている事実に気づくはずです。

2年2ヶ月前
回答僧

立正寺

常在

後悔

責られずに心安らかにお線香をあげたいのですね。
でも、責られて当然なのですね。
責任を感じながらもその責任を逃れたいのですね。
方法はひとつ。彼のご家族が全員亡くなるのを待て。
もう誰もあなたを責める人はいません。

でも、責めてくれた方が、そこで思い切り泣けた方が、よっぽど楽だったと
後悔しますよ。

2年2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

皆様迅速なお返事ありがとうございます。

責められて当然なのに優しくして下さるから、
本当は私が死ねば良かったのにと
思っているのでしょう?と考えてきました。

私を正直に責めてくれるのは私しかいません。
責めて私が悪いのだと、
私が死ぬべきだったと結論をくれるのは
私だけです。皆本当に優しいのです。
誰も私が悪いとは言いません、
どうみても私のせいなのに…
分かりきっている事実にも関わらずです。
いっそご家族にも
恨んでもらった方が楽かもしれません。
どこまでも自分本位で情けない話です…
嫌気がさします。モヤモヤします。

色々考えてしまって
なんとお返事したらまとまらないまま
書いてしまいました、すいません。
彼のご家族に大事にしていただけることが
とても嬉しいと同時にとても苦しいのです。
支離滅裂でごめんなさい。
(11/26)

今年も足を運ぶことが出来ませんでした。
家を出ることは出来たのですが、
途中で息が苦しくなってしまい
気付いたら家に戻っておりました。
せっかく頂いたお言葉も全く活かせず
本当に情けなくて自分に失望しました。
悲しいです。
(12/6)

関連する問答
このページの先頭へ