hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

占いに左右されないために

回答数回答 3
有り難し有り難し 66

悩みを相談させてください。
2年ほど前に、彼との恋愛関係発展を願い、友人と占いに行きました。全国で五本の指に入る方で、ネット上でも当たると有名な方です。

言われたことは、
「あなたは人当たりも良くてモテそうに見えるけど、絶対に結婚できない。もし結婚できても必ず離婚する。今の彼とも別れる。」とあっさり言われました。
「子どもを授かることも無いという事ですか?」と聞くと、「産もうとすれば産めるが、あたなはこれから大きな病気をするから育てられない。だからよく考えなさい。」と言われました。

「仕事の面ではクリエイティブな才能がある」との事で、職業は伝えてませんでしたが私はデザイナーだったので、それはありがたかったのですが、、、
あまりに辛辣な言葉を簡単に言われたので、人柄を疑問に思うと同時に、とても辛い気持ちになりました。

それでも、落ち込んでいたら思うツボだ!と思い、気にしないようにしてきましたし、結果をくつがえして当たらないと証明するぞ!くらいに思っていたのですが、

その後すぐに健康診断で癌が疑われ、占いが当たるのかと恐ろしくなりました。(手術の結果は良性腫瘍でしたので、今は健康です。)

彼とは、結婚を意識するほど上手くいっていましたが、つい先日 別れてしまいました。その前の恋愛も上手くいかないことが続いていたので、本当にどう頑張っても幸せにはなれないような気がしてしまい、占いで言われた事を思い出してしまいます。

それでも幸せな家庭を築きたいという夢もありますので、結婚相談所に入ろうかと思いましたが、「結婚しても必ず離婚する」という言葉が私の心を重たくしています。

また、手術の結果が良性だったので、これから大きな病気をするのかと怖くなることがあります。

自分の人生は自分で築くものだと頭ではわかっていますし、今は彼と別れたばかりで余計に気になってしまう状態だと思いますが、今後 何があっても占い結果にとらわれないよう、ご指南頂きたくお願いします。

2018年2月3日 21:14

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

占いのネタバレを少々

僧侶・臨床心理士としての見解を一つ。
占いに限らず、対人面接には色んなテクニックがあります。

まず顔色や対面したときの雰囲気から、様々な疾患の見立てが立つことがあります。
赤ら顔でなら血管系、土気色なら腎肝系、表情や目の動きから精神疾患、語り方や言葉の選び方からこれまでの成育歴や人間関係、身なりや「語る言葉」に注目して抱えている課題を推測することもできます。
それだけ見る人から見れば「黙っていても得られる情報がある」訳です。
よく当たり稼いでいる占い師は、それを巧妙な言い回しで脅しに使います。
良心的な医師や心理士や僧侶ならば、『それをどう伝えたらこの人が幸せになるだろう』と考えます。それがうまくできていない時点で、その占い師の倫理観のレベルが知れます。

推測するに、貴方の話し方や態度から「あなたは人当たりも良」いが、うまくいかないだろう、と伝えたのでしょう。そして、実際に良性の腫瘍があったということであれば、視覚的直観的に体の不調を察知されたのだと思います。もしかすると、「関係がうまくいかないだろう」と察知できる何かを貴方が発信していたかもしれません。
もしもその占い師が良心的であるならば、予言的な言い回しではなく、なぜそう思ったか、どうすればうまくいくかを検討することでしょう。
そうすることなく「必ず離婚する」という言葉を使うことは、悪意に満ちています。
そんな言葉に引っ張られないでください。相手は「当たらなくてもOK」「当たればもうけもの」と思っているのです。

もう一つ付け加えるなら「予言の自己成就」という社会学の言葉があります。
交際相手が浮気していると思い込んでコミュニケーションすると、疑惑の連鎖から実際に関係がぎくしゃくして浮気を誘発します。うまくいかないだろう、と思って生きていると、うまくいかない方が多いのです。
もし仮にうまくいかない何かがあるとしたら、それは運命やらのよく解らないものではなく、具体的な行動の連鎖です。もし複数の人間との関係にうまくいかないことが多いのであれば、改善すべき行動の仕方が何かあるはずです。貴方が気にすべきなのは、そういった「具体的なコミュニケーションについてのアドバイス」です。予言で脅す人ではなく、具体的に検討してくれる人を探しましょう。
それが、これからうまく生きていく為の一歩のように思います。

2018年2月4日 0:01
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


本立寺の住職をしながら、臨床心理士として医療・教育現場で活動しております。...

私が占ってあげましょう!

ロコさん、こんにちは。

占い師にひどい未来を告げられたのですね。どんなに有名な占い師か知れませんが、それは本当の占い師ではありません。宗教者でない占い師は基本、人の不幸を伝えてきます。なぜなら答えは簡単です。不安をあおってお客になるからです。

 当たる当たらないは言葉のマジックです。あなたの人生のどこかには当たるようになっているのです。だから、不幸が当たることだけを目的にした占い指導は余りのめりこまないことです。
 半面、元三大師さまが作られたお御籤や、私が指導している九星気学に基づく指導は、仏道修行です。仏教修行をするための一つの指針として活用します。そういう形で仏教は占いを活用してきました。もちろん九星気学でも、そのまま鵜呑みにしたら、仏教の教えではありません。占いで人は本当の幸せにはならないのです。一つの占いの言葉から自分の人生修行の方針にして正しい行いを実践することに意味があります。

 私も30年以上、九星学を学んできましたから、どうしても前の占いが心配であれば占いますよ。私はあなたの質問を見ただけで、あなたは幸せに生きられると感じます。もちろん離婚するしないもあなたの努力次第です。←占い関係なく、当然ですよね(笑)

 自分の幸せは自分で作るものです。それがあなたにはできる心を持っています。だからハスノハに相談できたのです。

 がんばって、自分の幸せを作ってくださいね。もちろん、新しい恋を始めましょう。応援します。いつでもご相談を!合掌

2018年2月3日 22:01
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


★僧伽(お友達)になりましょう。一緒に仏教を楽しみましょう★ Email...

「有名=いい占い師」とは限らない

 占い師は基本的にはパフォーマーであり、カウンセラーである。そう理解して、占いの方法の占い師のアドバイスを振り返ってみてください。

 占い師に所には来る方々の多くは、何らかの悩みや心配ごとを抱えています。占い師は顧客から占って欲しい内容を聞く際に、顧客の経歴等をリサーチし、分析します。右に行くか、左に進むか、迷っている人にとって背中を押してくれる人を求めて占い師の門を叩く場合が多いと思います。
 
 ご質問の占い師さんはずいぶんひどい言い方をするんですねえ。これも一種の営業戦略なのかも。顧客を不安にさせる託宣を行い、占いのリピーターにさせようという営業戦略だと思います。占い師は具体的な日時や具体的な結果までは言わない場合が多いと思いますが、この方はずいぶんはっきり言いますね。自信があるというよりも、むしろハッタリが強いタイプなんでしょうねえ。
 強い口調でハッタリをかますから、良い意味でも悪い意味でも有名になると思います。占いがドンピシャリ当たった人はその占い師さんを大いに称賛するでしょうから、ますます有名になるでしょう。占いで悪い結果を予想されたからと言って、自分の不安や悩みを周囲に口外することは無いでしょう。ロコさん同様、不快な占いを言われた方は多いと思います。ただ、自分の不安や悩みを知られたくないから、占いのことを周囲に言わないのだと思います。
 占い師の営業戦略に右往左往させられる必要は無い、と思います。占い師とは本来カウンセラーであると思います。不安や悩みの聞き役だと思います。たとえ有名な方であったとしても、この方は「占い師失格」だと思います。

 以前、hasunohaに或る占い師さんが仕事上の悩みと心構えについて質問されたことがあります。この方の占い師としての姿勢は実に真っ当だと思います。こういう方が本来の占い師だと思います。
「占い師としての葛藤」  https://hasunoha.jp/questions/6225

2018年2月4日 0:13
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

質問者からのお礼

高野さま

ご丁寧なご回答をありがとうございます。
確かに、あの時、彼との関係が順調であれば占いに行っていないわけですので、私の様々な不安を見抜かれていたのだと思います。その占い師の方の発言は、私の人生などどうなっても関係ないというような印象をうけました。そのような方の言葉を信じるのではなく、ここで親身にご回答くださっている高野さまや、皆様、そして相談にのり応援してくれている家族や友人の言葉を信じ、感謝するようにいたします。そして要らぬ不安で未来を暗くするのではなく、本当に自分がなりたい明るい未来を描きます。
あたたかいお言葉、本当にありがとうございます。感謝いたします。

ロコ

染川さま

ご丁寧なご回答をありがとうございます。
「占いは人生修行の方針」というお言葉、心に響きました。全てが決定されている訳ではなく、それを元に、正しい行いを実践し、自分で自分の幸せを作っていく。そして、それが私にできると言ってくださったことがとても嬉しかったです。あれ以来、占いに怯える気持ちが強かったですが、染川さまのお言葉により、救われた気がします。まずは、当たる当たらないにせよ、人を不安にさせる行為自体に、疑問を抱くべきでした。自分の幸せは自分でつくります。
あたたかいお言葉に心から感謝いたします。ありがとうございます。

ロコ

-----

吉田さま

ご丁寧なご回答をありがとうございます。
おっしゃる通り、営業戦略と言われるとそのような気もします。私以外の友人はそれほど悪い事は言われていませんでしたが、それは、私が電話をして予約した本人であり、私が友人を誘って来ているのを分かっていたからかもしれません。私を不安にさせることで、私はまた来ると思われた可能性も確かにあります。悪いことを言われると信じたくないので口にも出したくありませんし、当たった例だけが拡散されていく仕組みも理解できました。当事者ではない吉田さまの立場から見ても「占い師失格」と言ってくださったことで、私の心は救われました。すっきりしました!
またご紹介いただいた占い師の方のリンクを拝見しましたが、このように相手の幸せを願う気持ちを持った方こそが「相談を受けるべき人」であり、それが無い人の言葉に左右されてはいけないと思いました。
ありがたいお言葉、本当にありがとうございます。感謝いたします。

ロコ

「占い・姓名判断・霊能」問答一覧

占いを信じすぎてしまいます

こんばんは。 私は昔から周囲の人の意見や何の根も葉もない占いなどの言葉を信じてしまい、流されるように生きてきました。 特に今悩んでいてご助言を頂きたいことは、占いを信じ過ぎてしまう自分についてです。 2年ほど前に友人に、当たるとおすすめされて無料の占いサイトで「あなたの人生占い」のようなものを占いました。 私の結果はグラフで「2021年にかけてが貴方の人生にとって最も幸せな年で、そこから歳をとるにつれて徐々に運気は下がって行く。」とありました。 私は現在22歳ですが、どの占いでも「23歳頃(2021年)が貴方の人生にとって最も恵まれる年です」とあります。(運気が下がっていく。とあったのは最初の占いだけです。) そしてその、来年を過ぎたら私の人生はどんどん悪くなっていくのか…という思い込みがどんどん大きくなり、悪い未来を想像してしまい、これからの未来がとても恐ろしいです。 占いで外れることもありました。当たることもたくさんありました。 ただ、こうやってすぐ占いを信じてしまったり、これからの人生を悪いほうにイメージしてしまったり ネガティブな自分をどう変えていけばいいかと思い悩んでいます。 これから悪くなっていくんだ と思うと「これからの未来なんてどうせ悪いんだし、自分が何か学んだり真剣に取り組んだりすることは無意味なんだ」と思い込んでしまいます。 自分の人生できることならば、色々な経験をし色々学んだり、自分の一生懸命になれることに真剣になって楽しく生きたいです。 他の質問でもかかせていただきましたが、今まで生きてきて今年になり初めて本当の自分を見つけました。ですが 土台となるべきこれから生きていく意志すらも、そのモヤモヤで埋め尽くされます。 このモヤモヤした考えを手放したいです。 こうなってしまうのも自分の弱さや無知故だと思います。ですがどうしても自分1人の考えでは乗り越える為の解決策が見つかりませんでした。 どうかご助言、よろしくお願いします。

有り難し有り難し 28
回答数回答 3

占いで一喜一憂

運命論や易学が好きで、またある意味で自分を客観視出来るので占いが好きなのですが 親がつけてくれた名前の画数が悪いとか、 その日の化粧が派手に見えたのか、鑑定に行った際は、会って早々あなたとは友達になりたくないとか、 どうしようもなく自己中でワガママとか、 心無いことばかり言われてしまい、傷付いてしまいます。 それでも心が弱ってくると、第三者の言葉を求めて占いに行きたくなってしまいます 占いで否定されて傷付いているのに、占いで私が生まれてきて良かった、祝福されたと言う肯定の証が欲しいと矛盾した気持ちで一杯です 私はごく普通に、横柄な態度や物言いもせず、本当に普通にそのときそのとき悩んでいることを占い師に相談をしていた筈ですが、 初対面の人からすら「あなたとは友達になりたくない」と思わせるなんて、いっそ私は人として生まれて来たのは間違えたのかな?と思えてきます… とりとめがなくてすみません 占いはやめた方がいいのでしょうか。そもそもどうして占いに行きたいと思ってしまうのか お忙しいところ申し訳ありませんが、占いに依存しない生き方や考え方を、お手隙のときで構いませんので教えていただければ幸いです…

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

霊的世界を知りたくて電話占いをしてしまう

こんばんは。 私は、神様や仏様、妖精など霊的なものをすごくしんじています。 前までは不安や寂しさから電話占いをしていましたが、今は神様は私にどんなメッセージを送ってらっしゃるんだろうとか、仏様からのメッセージがほしくて、電話占いをしてしまいます。 よくスピリチュアルで自殺者は地獄にいくとか、呪いをするとした本人ではなくその子供に呪い返しがくるとかそういう話もきき、この世界の仕組みはどうなっているんだろうと考えてしまうのです。 妖精は、なんとなくお花とかにはそういう存在がいてもおかしくはないなと考えてしまいます。 神社仏閣にいったあと電話占いをしたり、私がもっている観葉植物にはなしかけたりしたあとに電話占いしてしまいます。 まえまえからなんとなくですが電話占い依存症になってしまっているとはわかっているのですが、どうしても毎日なにかしら妖精や仏様神様からのアドバイスやメッセージがほしくてかけてしまいます。 寂しさもあるのかもしれませんが、なんとなくそういった存在に昔から気をひかれるたちで、してしまいます。電話占い依存症を治すグループとかもなさそうで、こまっています、 ただ神様仏様の存在をもっと近くに感じたいと考えてしまいます。神社仏閣に行くと心がすごくおちつくんです。 どうしたら電話占いせずとも神様仏様からのメッセージをえたり、より神様仏様に近づけるようになるでしょうか? 神様仏様に祈るのが大好きなのでいつも神様はこの祈りに対してどうおっしゃっているんだろうと思ってしまう日々です。 わかりにくかったらすみません。 ご助言のほどよろしくお願いします。

有り難し有り難し 55
回答数回答 3

死後の世界と霊能者

はじめまして、中学生のにいなと申します。 とあるサイトで霊能者「名前は伏せます」の方が転生についてこんなことを言っていました。 ーーーーーーー 転載について 多少の個人差はありますが、私が現在拝見するご相談者さま方の一つ前の前世は、1800年代前後の方が一番多いように感じます。 今から約150年〜200年前くらいです。 また、そのへんでよく見かける幽霊は、現代人から古い方でもだいたい100年くらい前までの方が多いので、よほどの想いを残している方で無い限り、おおよそ数年から100年程度以内で成仏するんだと思われます。 そしてよく見る前世の時期の平均からして、成仏という状態からおおよそ100年〜150年後くらいに転生するのではないかと思われます。 ですから、次の転生にかかる時間は「魂の位によって」というよりも 「早く成仏するか、霊としてこの世に長く留まるか」によって変わってくる様子です。 今世の自分に影響を与えているのは一つ前の前世だけでは無く、その前の前世である場合もありますし、前世の影響がほとんど無い方もいらっしゃいます。 また前世が動物だった人や、前世のない新しい魂の方もいらっしゃいます。 転生は前世でクリアできなかったことの再チャレンジや、一つ上級課題へのチャレンジのようなものです。 ですから、今世での悩みやつまづきが、前世から引き継がれた「克服すべき再チャレンジ課題」や「次の課題」である場合もあります。 ーーーーーーーーーー この方はとても霊感が強いらしく、お笑い芸人が肝試しに行く某テレビ番組でも廃神社で神様が見えるとか寺の跡地で修行僧の霊が見えると言っていました。 正直眉唾な感じがすごくします。 また死後の世界についてこのサイトで色々とお坊さん達の回答を見させてもらったところ、死後の世界や霊についてお釈迦様はあまり語られなかったようで、宗教にもよりますが霊感やあの世に関してはある程度のタブー?バイアス、があるように思えます、それをこの人がズバズバと言ってのけるので怪しさ全開ですね…。 その霊能者の回答についてのお坊さん的見解を是非聞きたいです、また死後の世界とはやはりどういうものなのか耳学である私にわかりやすく説いてはもらえないでしょうか。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る