hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

占い師としての葛藤

回答数回答 2
有り難し有り難し 47

どうぞよろしくお願いいたします。

私は現在、占い師という肩書きで多くの相談に毎日回答させて頂いている身です。

なぜ占い師になったか?というと、話すと長くなるのですが、尊敬できる人との出会いがあり、「この人のように誠実な人になりたい」と心理カウンセラーの資格を取った事が始まりです。

それまでの自分が好きではなく、何か人のために活動している自分でいようと思えたからです。

ただ、私は主婦ですので心理士になるための学費も時間もなく、通信講座の上級心理カウンセラーしか道がありませんでした。

医療や学校などで活動するには足りない資格ですので、「どのように活動すればたくさんの人から依頼がくるだろう?」と考えたところ、

「人は悩みがあればカウンセラーに相談に行くよりも占い師に相談する方が断然多い」
と思ったのです。

そして、タロットの勉強もしながら無料で鑑定を続け、プロとなった現在約5000人のご相談を回答してきました。

占い師になって5年。
ここへ来て葛藤があります。

占いがわかるにつれ、占いが何なのか?もわかるようになり、
「私は占い師としてお金をいただいていて良いのだろうか?」と思う事が多くなりました。

目に見えない事です。
「がんばろう!」と思えるアドバイスが出来る事が一番うれしい事ですが、占いに頼って自分の行動を決められない人が多く、
逆にそういう方にとって私は出過ぎた事を仕事としてやっているのではないか?
と思うようになったのです。

ただ、家で空いた時間にありがたい報酬も頂けているのも事実。

外へ働きに出るのも考えますが、まったくカウンセリングから離れる事も寂しいので葛藤しています。

このサイトのような場で占いではなく、心のお休み場所として無料で奉仕活動する方が良いのでしょうか?

みなさんの占い師としての肩書きの仕事の見方を教えて頂けたら嬉しいです。

よろしくお願いいたします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お坊さんになってください。

ちーこさんへ こんにちは。

素晴らしい活動をしていますね。人の悩みを積極的に受けられるように、占いも取り入れて、カウンセリング活動をしているなんて、素晴らしいじゃないですか。ちーこさんが作った道なのですから、その活動に誇りをもって続けてください。

仏教では、僧侶は信者さんからのお布施を受け取ることに対して、仏の教えを授けます。これを「法の布施」、法施といいます。逆にお布施を受けるに相応しい僧侶という意味で「応供」といいます。私がhasunohaの回答僧に参加させて頂いたのもお布施を受けるに相応しい応供になるには、まだまだ法施が少なすぎると感じたからです。

人は僧侶も生きるためには生活費が必要ですから、どこからか収入を得なければなりません。僧侶はお布施から生活費を頂いております。その分、応供に相応しい僧侶になれるように精進しなければなりません。信仰と占いは少し方向性が違いますが、理念はちーこさんも同じことだと思います。収入を頂くに相応しい相談者として努力してください。

ただ、ちーこさんのレベルは占師カウンセラーではもったいない。僧侶になってもっと心の深いところにアプローチする僧侶になって活動することをお勧めします。そしていつかこのhasunohaでご協力ください。それぐらいのレベルのある方だと思います。僧侶になる気があればいつでもご連絡ください。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


★僧伽(お友達)になりましょう。一緒に仏教を楽しみましょう★ Email...

基本的に、占い師は宗教者です

  現代は、僧侶、祈祷師(拝み家)、占い師は割ときちんとした境界線が引かれています。しかし、宗教史という括りで、日本の歴史を見ていくと、昔は今ほど明確な境界線がありませんでした。僧侶が祈願もする。祈祷もする。お祓いもする。卜占もする。ということも、決して珍しくありませんでした。と言っても、僧侶もいろいろで、天皇家貴族大名のブレーン・アドバイザー的な地位の僧侶もいれば、民衆の中で庶民の葬祭・法事・寺子屋・よろず相談に当たっていた僧侶も居ました。相談の依頼者の地位身分にはいろいろと差はありましたが、カウンセリングも僧侶の重要な役割でした。残念ながら、我々僧侶の場合、儀礼執行者としての役割しか果たしていない場合も多く、大いに反省しなければならないと思っております。檀信徒そして請われれば一般の方の相談にはのっておりますが、「敷居が高い」と思っている方も居るようで、まだまだ課題も多いと感じております。こうして、hasunohaという場で微力ながらも様々な方の悩みや疑問にお応えさせていただくのも、有り難い御縁だと思っております。

 古代において、政治を行うにしても、農耕を行うにしても、占いは不可欠でした。占いは政治の一部であり、宗教でもありました。現代においても、卜占という行為はカウンセリングを行うための大切な儀礼であり、その儀礼の力によって占い師の方々は「前に踏み出せない方々の」背中を押してあげているのだと思います。無論、占い師と言っても、いろいろな方が居られると思います。あなたは占いの力をカウンセリングを通して妙薬としておられると思います。しかし、残念ながら占いの力が毒となってしまっている場合もあるかと思います。
 あなたの場合、カウンセリングの理論と技術をきちんと学び、実践の場として占いを選ばれました。その選択は的確だと思いますし、その志は立派だと思います。その信念を貫いて行けば、大丈夫ですよ。

 ついでながら、我々の僧侶が受ける相談にも言えることですが、占いの立場から出来るカウンセリングの可能性を模索しつつも、踏み込んではいけない領域をきちんと認識することが必要だと思います。
行政や弁護士税理士に行ってもらった方が良いケースも有ります。病院に行ってもらった方が良いケースもあります。気を付けたいと思っております。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

質問者からのお礼

染川様。
ご丁寧に回答くださりありがとうございます!(*^_^*)
みなさん、自分を愛して欲しい…
そういう思いで進んできました。
最近、初心を忘れていたのかも知れません(^_^;)
迷いも必要な学びなのでしょうね。
誰に相談できる事ではなく、偶然にもこちらを見つけてお話し出来て本当に良かったです☆

これからも自分を省みながら誇りを持って頑張っていきます。

ありがとうございます!

ちーこ

吉田様。
ご丁寧に回答してくださりありがとうございました^^

まさに「相談しにくい」という敷居を低くさせるために占い師の肩書を選びました。
占い師は魔法使いではありませんし、自分の人生のシナリオは自分自身で創造して欲しいですね。
暗い中でシナリオを描く際に、明かりを灯して描きやすくしてあげるのが私の務めだと思っています。

なので、占う事をタブーとする中に病気、生死、試験の合否、裁判に関わることなどしっかりと明記しています^^
その道の専門家がちゃんとおられて、私が立ち入る場ではない。と思っているからです。

常に自分の身の程をわきまえて鑑定していかなくてはいけませんね。
ここで気持ちを新たにする事ができました。

ありがとうございました☆

「占い・姓名判断・霊能」問答一覧

占いを信じすぎてしまいます

こんばんは。 私は昔から周囲の人の意見や何の根も葉もない占いなどの言葉を信じてしまい、流されるように生きてきました。 特に今悩んでいてご助言を頂きたいことは、占いを信じ過ぎてしまう自分についてです。 2年ほど前に友人に、当たるとおすすめされて無料の占いサイトで「あなたの人生占い」のようなものを占いました。 私の結果はグラフで「2021年にかけてが貴方の人生にとって最も幸せな年で、そこから歳をとるにつれて徐々に運気は下がって行く。」とありました。 私は現在22歳ですが、どの占いでも「23歳頃(2021年)が貴方の人生にとって最も恵まれる年です」とあります。(運気が下がっていく。とあったのは最初の占いだけです。) そしてその、来年を過ぎたら私の人生はどんどん悪くなっていくのか…という思い込みがどんどん大きくなり、悪い未来を想像してしまい、これからの未来がとても恐ろしいです。 占いで外れることもありました。当たることもたくさんありました。 ただ、こうやってすぐ占いを信じてしまったり、これからの人生を悪いほうにイメージしてしまったり ネガティブな自分をどう変えていけばいいかと思い悩んでいます。 これから悪くなっていくんだ と思うと「これからの未来なんてどうせ悪いんだし、自分が何か学んだり真剣に取り組んだりすることは無意味なんだ」と思い込んでしまいます。 自分の人生できることならば、色々な経験をし色々学んだり、自分の一生懸命になれることに真剣になって楽しく生きたいです。 他の質問でもかかせていただきましたが、今まで生きてきて今年になり初めて本当の自分を見つけました。ですが 土台となるべきこれから生きていく意志すらも、そのモヤモヤで埋め尽くされます。 このモヤモヤした考えを手放したいです。 こうなってしまうのも自分の弱さや無知故だと思います。ですがどうしても自分1人の考えでは乗り越える為の解決策が見つかりませんでした。 どうかご助言、よろしくお願いします。

有り難し有り難し 31
回答数回答 3

占いで一喜一憂

運命論や易学が好きで、またある意味で自分を客観視出来るので占いが好きなのですが 親がつけてくれた名前の画数が悪いとか、 その日の化粧が派手に見えたのか、鑑定に行った際は、会って早々あなたとは友達になりたくないとか、 どうしようもなく自己中でワガママとか、 心無いことばかり言われてしまい、傷付いてしまいます。 それでも心が弱ってくると、第三者の言葉を求めて占いに行きたくなってしまいます 占いで否定されて傷付いているのに、占いで私が生まれてきて良かった、祝福されたと言う肯定の証が欲しいと矛盾した気持ちで一杯です 私はごく普通に、横柄な態度や物言いもせず、本当に普通にそのときそのとき悩んでいることを占い師に相談をしていた筈ですが、 初対面の人からすら「あなたとは友達になりたくない」と思わせるなんて、いっそ私は人として生まれて来たのは間違えたのかな?と思えてきます… とりとめがなくてすみません 占いはやめた方がいいのでしょうか。そもそもどうして占いに行きたいと思ってしまうのか お忙しいところ申し訳ありませんが、占いに依存しない生き方や考え方を、お手隙のときで構いませんので教えていただければ幸いです…

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

霊的世界を知りたくて電話占いをしてしまう

こんばんは。 私は、神様や仏様、妖精など霊的なものをすごくしんじています。 前までは不安や寂しさから電話占いをしていましたが、今は神様は私にどんなメッセージを送ってらっしゃるんだろうとか、仏様からのメッセージがほしくて、電話占いをしてしまいます。 よくスピリチュアルで自殺者は地獄にいくとか、呪いをするとした本人ではなくその子供に呪い返しがくるとかそういう話もきき、この世界の仕組みはどうなっているんだろうと考えてしまうのです。 妖精は、なんとなくお花とかにはそういう存在がいてもおかしくはないなと考えてしまいます。 神社仏閣にいったあと電話占いをしたり、私がもっている観葉植物にはなしかけたりしたあとに電話占いしてしまいます。 まえまえからなんとなくですが電話占い依存症になってしまっているとはわかっているのですが、どうしても毎日なにかしら妖精や仏様神様からのアドバイスやメッセージがほしくてかけてしまいます。 寂しさもあるのかもしれませんが、なんとなくそういった存在に昔から気をひかれるたちで、してしまいます。電話占い依存症を治すグループとかもなさそうで、こまっています、 ただ神様仏様の存在をもっと近くに感じたいと考えてしまいます。神社仏閣に行くと心がすごくおちつくんです。 どうしたら電話占いせずとも神様仏様からのメッセージをえたり、より神様仏様に近づけるようになるでしょうか? 神様仏様に祈るのが大好きなのでいつも神様はこの祈りに対してどうおっしゃっているんだろうと思ってしまう日々です。 わかりにくかったらすみません。 ご助言のほどよろしくお願いします。

有り難し有り難し 57
回答数回答 3

死後の世界と霊能者

はじめまして、中学生のにいなと申します。 とあるサイトで霊能者「名前は伏せます」の方が転生についてこんなことを言っていました。 ーーーーーーー 転載について 多少の個人差はありますが、私が現在拝見するご相談者さま方の一つ前の前世は、1800年代前後の方が一番多いように感じます。 今から約150年〜200年前くらいです。 また、そのへんでよく見かける幽霊は、現代人から古い方でもだいたい100年くらい前までの方が多いので、よほどの想いを残している方で無い限り、おおよそ数年から100年程度以内で成仏するんだと思われます。 そしてよく見る前世の時期の平均からして、成仏という状態からおおよそ100年〜150年後くらいに転生するのではないかと思われます。 ですから、次の転生にかかる時間は「魂の位によって」というよりも 「早く成仏するか、霊としてこの世に長く留まるか」によって変わってくる様子です。 今世の自分に影響を与えているのは一つ前の前世だけでは無く、その前の前世である場合もありますし、前世の影響がほとんど無い方もいらっしゃいます。 また前世が動物だった人や、前世のない新しい魂の方もいらっしゃいます。 転生は前世でクリアできなかったことの再チャレンジや、一つ上級課題へのチャレンジのようなものです。 ですから、今世での悩みやつまづきが、前世から引き継がれた「克服すべき再チャレンジ課題」や「次の課題」である場合もあります。 ーーーーーーーーーー この方はとても霊感が強いらしく、お笑い芸人が肝試しに行く某テレビ番組でも廃神社で神様が見えるとか寺の跡地で修行僧の霊が見えると言っていました。 正直眉唾な感じがすごくします。 また死後の世界についてこのサイトで色々とお坊さん達の回答を見させてもらったところ、死後の世界や霊についてお釈迦様はあまり語られなかったようで、宗教にもよりますが霊感やあの世に関してはある程度のタブー?バイアス、があるように思えます、それをこの人がズバズバと言ってのけるので怪しさ全開ですね…。 その霊能者の回答についてのお坊さん的見解を是非聞きたいです、また死後の世界とはやはりどういうものなのか耳学である私にわかりやすく説いてはもらえないでしょうか。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る