お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

中絶をした自分を許せません

私は、17才から25才までの間に6回中絶しました。
そのうち1度は子宮外妊娠でした。
産むことが出来なかった、というより、本心では産みたくありませんでした。
どの時も、相手との結婚を望めなかったからです。
内、3人の子供の父親とは10年一緒に暮らしましたが、相手が結婚を望まず、また私への返済も断られました。様々に気持ちが限界で、家財も全て置いて私は部屋を出ました。私には親はいません。

今はOLとして勤めていますが、様々な経緯から風俗経験もあり、経済的にもボロボロです。
部屋を出る費用もどこからも借りられず、友人夫婦から借りましたが、彼を訴える事は止められました。感謝する反面、友人夫婦は彼と仲が良く、何故かとても悔しかったです。

1人になっても全うに生きることはない。
絶対に過去がついてくるから、真っ直ぐな世界には行くまい。怖い。
そう思っていました。
でも、そんな私にプロポーズしてくれた人が居ます。
とても大切にしてくれて、私と会えて幸せと言ってくれます。
風俗に勤めていたこと、こういった過去がある事は言っていません。

結婚の話があっという間に進む中、経済的に厳しい事は話し了承してくれましたが、それでも前の彼と別れるために友人からお金を借りたと言えず、取り繕いながらこっそり夜のお店でアルバイトをしています。
とても惨めです。

望み続けた幸せの筈なのに、毎日過去の事を思い出して、後悔ばかりしています。
唐突に死にたくなります。
もう、普通の顔をして生きて行きたいけれど、これだけの事をした自分を許したらどうなるのか。
望まず子供を殺しておいて気休めに謝って、そんなに救われたいのかと。
自分の事ばかりですが、何か幸せに繋がる事を想像しただけで大きなストップがかかります。
浅ましいと思います。
逆恨みと知りつつ友人夫婦の事も、また前の彼の事も、自分の事も許せません。
ただ、もう、投げ出したくも逃げたくもないのです。
気持ちが壊れそうです。
過去と事実をどう受け止めればいいのでしょうか。
全て忘れて人並み(もしかしたらそれ以上)の幸せを手にしたとて、その先に何があるのでしょうか。

後悔・自己嫌悪
有り難し 5
回答 1

質問投稿日: 2018年3月2日 0:12

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

皆が幸せに至れるために

ごまめ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

色々とおありであったのですね・・

ご不安なお気持ち、誠に理解できるところでございます。

それでも、慚愧、懺悔、反省のお気持ちがあるのであれば、やり直しはできていけるのではないだろうかと存じます。

皆、人生、それなりに色々とあっての人生となります。

色々な失敗や反省を繰り返していくことにより、少しずつなりにでも、失敗や反省を活かして、人生をより良いものとして参りたいものとなります。

とにかく、人生、何より心をより善くに調えていくための教えが仏教となります。

そして、中絶により亡くなられたお子や、これまでに貴女様とご縁のあった方々、更には、これからご縁のある方々、また、ご縁のない者であっても、皆の幸せと、そして、悟りという目的のために、仏教はございます。

許すも何も、全ての衆生(有情)を救うための教えが仏教となります。

貴女様も、そして、皆も、幸せとなり、そして、悟りへと至れるためにとして、是非、仏教を学び修していって頂けましたら有り難いことであると存じます。

川口英俊 合掌

6ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

お礼が大変遅くなりました。
温かいお言葉、本当にありがとうございます。

許しではなく救うための教えとのご回答に、胸の支えが少し取れた気がします。

人生、やり直せる。
まだより良く生きることは出来る。
そう思いたいと思います。
ありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ