お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

ありえない態度

先日、法事をおこないました。
曾祖父の代からずっとお世話になっているお寺で、先代の住職さんにはとても親切にしていただいてました。

その先代の住職さんが体調を崩されて、
2、3年ほど前に息子さんが住職になられたのですが、本当に失礼な態度で頭にきています。

無言で入ってきて、用意してあったお供え物も知らん顔だったので、祖母が
「お供え物置いてもらえますか?」
と聞くと、こちらを睨みつけて
「それ以上、入らないでください。」
と一言。結局お供え物は置いてもらえませんでした。

その後挨拶も何もなしに始まり、
小さい子供がいたのですが、子供が少し声を出す度にお経をよむのを止めてこちらを睨んでいました。それが3回ほどありました。

そして明らかに今までにはない短さで終わり、
何の挨拶もなしに部屋から出て行こうとしたので、
「あの...お焼香してもよろしいんですか?」
と聞くと
「こちらが合図したのに、そっちが拒否したんでしょ?」
と言われ、親戚一同呆気にとられていました。
合図なんてなにもなかったし、言葉も発してない。
たとえこちらが気づいてないにしても、その言い方。とてもじゃないけど、ありがたい気持ちなんて全くおきませんでした。
むしろ亡くなった祖父に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

帰る時も一応挨拶を、と父と祖母が挨拶しに行ったのですが、
「お焼香のタイミングなんて、常識でしょ?
それに最近は法事をお寺で行う人なんてめったにいませんよ。こっちが迷惑だ。」
と言われたそうです。

こんなことあっていいんでしょうか。

ただの愚痴ですいませんが、この行き場のない怒りをどうしたらいいのかわからなかったので、話を聞いていただきたくお話しました。

お坊さん
有り難し 27
回答 1

質問投稿日: 2018年3月4日 16:07

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

お育ていただければ幸いです。

本当に申し訳ございません。ただただ申し訳なく、また恥ずかしく感じます。

大変に不快な思いをされた中、申し訳なく、また厚かましいことも承知の上なのですが、もし…もしも…お願いをお聞きいただけるのなら頼みごとがございます。

是非、檀家の皆々様で新住職様をお育てください。

お坊さんも人間です。人間色々です。

皆さまからは僧侶だからこそ礼儀・人柄・言葉使い等多くの期待をいただくことと心得ておりますが、残念ながら僧侶だからこそ勘違いをしてしまっていたり、社会経験がなくコミュニケーションが不得手だったりという現実も往々にしてございます。

厳しく、あたたかく、育ててやってください。直接言うのは角が立つようでしたらお寺の役員さんにお伝えください。

私個人としてはお焼香のタイミングが常識だとも、お寺で法事をするのがめったにない失礼なことだとも思いません。
ただし地域柄はもちろん、そのご住職の経験もございます。まだご住職は経験も乏しく「常識」の範囲も狭いのでしょう。本来であれば経験がなくとも想像して檀家様、信徒様に寄り添う姿勢を持っていただきたかったところですが、この度はありえない態度で接してしまったとのこと申し訳なく思います。

お寺はみんなで作るもの、住職はみんなで育てるものというお気持ちをもって皆々様のお育てに預かることができれば幸いです。
本当に失礼をば致しました。申し訳ございません。

1年1ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

回答ありかとうございました。

少し心が落ち着きました。
住職の母親にも話をしたのですが、
「何が気に入らないんですか?」
としか言われず空いた口が塞がりませんでした。

とはいえ、どんなに腹をたてても仕方がないですよね。

あなたのような方のお寺が近くにあったらよかったのに、残念です。

とりあえず今は、祖母が「あんなお坊さんの寺の墓に入りたくない!」と言い出してしまったので、祖母とこれからのこといろいろ考えたいと思います。

ありがとうございました。

「お寺とのトラブル・嫌なできごと」問答一覧

「お寺とのトラブル・嫌なできごと」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ