お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

送り火を行う日

こんにちは。是非教えていただきたいことがございます。
命日の8/19日に合わせてお盆のお墓参りをする事になっております。
送り火はそれに合わせて8/19に行ったほうがいいのでしょうか。
調べてみると16日におかえりいただくとなっていますが、16日に送ってしまうと
19日のお墓参りすること自体がおかしいことになってしまうのかな。
と、疑問が出来てしまいました。
アドバイスいただけると嬉しいです。

行事・座禅・お経
有り難し 31
回答 4

質問投稿日: 2018年8月16日 8:22

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

願誉浄史

お墓参りは365日いつでも可

死者の霊があの世から帰って来るというのは、仏教的には正しいかどうかわかりません。
仏教では輪廻転生を考えますから、死者はすでに新しい生きものに生まれかわっている。
たとえば、私の前世が数十年前に日本のどこかで亡くなった老人だったとする。
じゃあ、お盆の時期に、現在の私の霊が身体から抜け出して、前世の老人が住んでいた町に帰るのだろうか?
ちょっと考えにくい気がします。
まあ、それはおいといて、お墓参りは、死者の霊が帰って来ているかどうかに関係なく、いつお参りしても良いのです。
春秋のお彼岸やお正月にもお墓参りはしますし、お墓のお花が枯れている日がないくらい、毎週お墓参りしている人もいますし。
お盆の慣習はお盆の時期に行い、お墓参りは別の日に(行けるときに)行く、という考えでも良いと思います。
お盆の行事は、クリスマスやハロウィーンや節分みたいに、決まった時期に家族で楽しめば良いと、個人的には思います。

お墓は、死者を思い出すための記念碑です。
死者がそこにいるわけではありません。死者の霊がそこに帰って来るわけでもありません。
ただし、遺骨を安置している場所ですから、重要な参拝スポット(死者を思い出すのに最適な場所)の一つではあります。

1年1ヶ月前

送り火で一度帰っても、またすぐに戻って来てくださるでしょう。

こんにちは。亀山純史と申します。

私が所属している浄土真宗では、迎え火や送り火といった風習は行いませんが、お盆のお墓参りは、仕事の関係などでお盆期間中からずれて行うご家庭はあります。

私自身、このサイトでの回答で何度かご紹介した詩ですが、中西智海和上が次のような詩をお書きになっておられます。

『人は去っても その人のほほえみは 去らない
 人は去っても その人のことばは 去らない
 人は去っても その人のぬくもりは 去らない
 人は去っても 拝む掌(て)の中に 帰ってくる』

ご先祖さまはいつでも戻って来られているのです。送り火で一度帰っても、またすぐに戻って来てくださるでしょう。

1年1ヶ月前
回答僧

鳳林寺

光禪

こんにちは。

 お盆はお盆の風習として.13日に迎え火をして、16日に送り火をして、ご命日はご命日でお墓参りをするのが一番かと思いますが、距離的に難しければ、合わせて行っても良いと思います。

 行事はなんでもそうですが、早めにやることはあっても、遅れてやることはあまりしません。
 ですので、合わせるならば16日に、送り火のお参りと命日のお参りをするのが良いんじゃないのかなぁ?と私は思いました。

 もちろん都合で16日が無理で19日になったのでしたら19日で良いです。でも送り火かぁ...質問から迎え火もしていないようなので、私は焚かなくても良いと思うなぁ。

1年1ヶ月前

お盆

拝読いたしました。

私のお寺では、お盆の期間は8月1日から8月24日までです。

8月1日。
ここからご先祖様はこちらへ出発されます。

8月7日夕方、家に到着。
家の者は、精霊棚に幡をさしお迎えをします。
昔は7月7日でした。

棚幡(たなばた)七日の夕刻。
七夕の語源との説もあります。

8月15日か16日、送り火。
ご先祖様を送り出します。

でもゆっくりと帰られるので、8月24日までかかるのです。
8月24日は地蔵盆。
お地蔵さまに見送られてお帰りになります。

あなたは8月19日に送り火を焚かれるのですね。
帰りゆくご先祖様を見送るという事です。

ですが、私の地域と、あなたの地域とでは風習が違うでしょう。

ただ、お盆のお経の冒頭にこんな言葉があります。
この世の中の見え方は、自分自身の心が決定していると。

皆それぞれのお盆があるのです。

8月じゃなくて7月だよ。
本来の意味合いとまったく違う、ご先祖様など帰ってくるもんか。
自分で手を合わせれば、僧侶を呼ばなくてもそれでいい。
お盆なんてわかんないから、知らない。

人それぞれの心が、自分自身のお盆を作り出しているのです。

8月19日。
ゆっくりと地蔵様に従って帰りゆく、ご先祖様の背中を感じながら、送り火を焚けたら素敵ですね。

1年1ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

たくさんの方からお返事を頂き、また貴重なお話もいただけて嬉しかったです。
私の実家の方ではお盆にお経をあげていただくことはあっても迎え火、送り火ということをしたことがないため質問するに至りました。

やらなきゃいけない!と思いより故人のことを思ってお参りするのが一番ですね。
家族にもゆっくりと話してみようと思います。
ありがとうございました。

「お墓参り」問答一覧

  • 私のご先祖の父方と母方のお墓は非常に遠方の為、 お墓参りには、十年に一度...
  • お墓まいりについて 男性 40歳代
    私は一人暮らしです。帰省するにも、金銭的に非常に難しい遠い地域です。 そ...
  • お墓のお尋ね 女性 40歳代
    お世話になっております。 ひまわり です。 四十九日 法要に...
  • お墓参り 女性 40歳代
    先日、義理の両親のお墓参りに行きました。掃除に夢中になり、つい無意識で隣の...
  • お墓まいり 女性 40歳代
    同じ職場の友人であり、お姉さん的な存在だった人がいます。ご飯を一緒に行かせ...
  • 感謝しなければならないご先祖に対し、こんな風に考えるのは罰当たりなのは重々...
  • 正月のお墓参り 女性 40歳代
    実家は千葉県北東部の浄土真宗です。 この地域限定で、正月のお墓参りは良く...
  • 今日仏壇に団子と花をお供えし、お墓参りに行って来ました。帰宅後何も手につか...
  • お墓参りに行きたいのですが、遠くて休みも取れず、ご先祖様にご挨拶が出来ませ...
  • 元義父のお墓まいり 女性 40歳代
    6月に元夫の度重なる不倫で離婚しました。 元義父は娘が生まれる1ヶ月前に...
「お墓参り」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ