hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

前世を知りたいです。

回答数回答 3
有り難し有り難し 42

私は自分の前世がどのようなものだったのかとても知りたいです。
でも、自分の前世を知ってはいけないから、思い出す事が出来ないのかなとも思います。
今の自分が苦手な物や今自分の周りにいる人は前世とも関わっているという話を聞いた時にそれは本当かなと疑問に思いました。
私の一生で前世を知ることは出来るのでしょうか?
それとも前世とは、今世から現実逃避したいと願う空想の話なのでしょうか?
支離滅裂な文章で申し訳ありません。
教えて頂けたら幸いです。

2018年9月9日 6:05

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

現実逃避ではなく現実を引き受けるための物語

前世を知りたいのですね。しかし前世があるかどうかもわかりませんし、仮に前世があったとして、それが今世に影響を与えるかどうかも分かりません。

科学技術の進歩はめざましいのでタイムマシンなどが開発されれば知ることもできるかもしれませんがしばらくは難しいでしょう。

ですからもしも「あなたの前世は〇〇だ」と明確に言うような人がいたのならそれは怪しいので注意が必要です。

しかしながら仏教では前世について考えます。それは「今世から現実逃避したいと願う空想の話」ではなく、むしろ「今世を引き受けるために人々が見出した背景」といえるようなものでしょう。

「ジャータカ」や「本生譚(ほんしょうたん)」と呼ばれるお釈迦様や仏弟子の前世物語が仏教ではあります。
それはお釈迦様のような偉大な人は「お釈迦様をしてお釈迦様としてたらしめた要因があるはずだ」と人々が考えたことから生まれたものではないでしょうか。その時人々が重きをおいたのはお釈迦様の過去世の物語ではなく、今世における偉大さでしょう。

だから私たちも前世を考えるならばけして今世からの現実逃避に使うのではなく、むしろ前世への思いを通して「私が私として生まれた」という今世の事実・現実を明確におさえるものとしましょう。

もしもあなたが「今の自分が苦手な物や今自分の周りにいる人」についての原因を前世に求めているとしたら、前世に重きをおくのでなく、今世で今あなたは何が苦手なのか・今何を悩んでいるのかなどを是非hasunohaで相談してみてください。

2018年9月9日 8:29
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

前世を知っても・・・

前世については、様々な議論されて、いろんな考えがあります。
単純には前世とは、過去の生きた自分と言えるのかもしれませんが、では、その前世を知ってどうするかです。過去は何も変わりません。又、変えることもできません。

しかし、因果の法則はありますから、今、こうして生きていることにも何らかの原因があったことも事実です。どんどん遡(さかのぼ)れば、自然に過去の自分を知りたくもなりますが、反対に今の自分を見つめれば、過去の自分を知ることにもなります。もちろん、簡単に語れることではないでしょうけど、それも事実でしょう。

又、あなたの過去世はこうだったと言われても、ある意味では無責任なことだと思います。言われても、だからどうなの?と。大抵は、良くない面の原因は、昔こうだったからという事の方が多いでしょう。
であれば、次には良き結果となるよう、今から良き原因を作っていけばいいのです。
過去世がこうだったからということに影響されないような生き方もあるということで、常に良きことをしていけばいいと思います。そのために生きているのだとも思います。

2018年9月9日 11:01
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


日蓮宗のお寺で、名古屋市南区にあります。 ”お寺は生きている人のためにも...

「大乗本生心地観経」

みみこ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「大乗本生心地観経」というお経がございますが、このお経の中に、「過去の因を知らんと欲せば、其の現在の果を見よ。未来の果を知らんと欲せば、其の現在の因を見よ」という言葉がございます。

簡単には、過去のことを知りたければ、今のこの自分のありようを見ればわかるということであります。現在のわが身が迷い苦しみの中にあるのであれば、それは過去における業(カルマ)などの因縁(原因と条件)によるところなのであります。

もちろん、人として生まれる果というものは、誠に稀有なること。仏教のある世界に、人として生まれられて、尚、仏法を修せられる境涯にあるとするならば、過去に善き因縁があったからこそなのでもあります。

善き未来、善き来世を迎えていきたいのであれば、この今の有り難い機会を無駄にせずに、悪い行いをなさずに、善き行いに励みて、心を清らかに調えて参りたいものとなります。

川口英俊 合掌

2018年9月9日 13:19
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


「輪廻転生」問答一覧

輪廻転生なんて本当にあるの?

2日前に父がなくなりました。 父が生前心配していた、母のことを姉と支えたかったのですが、やることなすこと母も姉も気にいらないらしく実家にいたのですが帰ってきました。 姉は父の近くに住んでいたのにもかかわらず、自身がうつ病だうつ病だと言ってずっと父を心配させてきていました。 そんな姉をみていたので、父は私に近くに住んでほしいとずっと願っていましたが離婚などをしてたためお金がなくなかなかすぐにはとはいきませんでした。 結局心臓発作で倒れたときも母はパニック、姉は動揺してなにもできず、遠くにいる私が救急車をよびました。 葬儀の手続きも私が行い、葬儀のお金も私がすべて支払いました。 それにもかかわらず、母と姉は私の行動に批判をし、折り合いがつかず実家をでてきました。 父がいれば、間をとりもってくれるのにとおもいます。 会いたいのです。 父がいたから私の家族はなんとかまとまっていました いつ会えるのですか? 本当に輪廻転生なんてあるのですか? 科学的には人は死ぬと無になりますよね。 輪廻転生は生きてる人間がそんな考えをしないと、辛いから考えられたお話なんじゃないかとおもいます。

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

死んだら輪廻転生しないですよね?

先程、寒いのに蚊が飛んでいたので殺してしまいました。菩薩心を持ちながら感謝の気持ちを持ちながら申し訳ない感情で、手を洗剤で洗い手に付いていた細菌を信じられない数で殺してしまいました。しかし人生上手くいっている人は細菌など意識すらしないでしょう。感謝や申し訳ない気持ちすらなく手を洗い成功しています悟りに近いのでしょうかね。 はてさて、これらの生き物は輪廻転生するのでしょうか?  私にはお婆ちゃんがいましたが、認知症になり自分すら認識できていませんでした。 お婆ちゃんが亡くなりましたがお婆ちゃんという根底の存在?アートマン?それってなんだったのでしょうか。自分すら認識できない彼女の根底の意思とはなんだったのでしょうか? ISISというテロ組織が色々ロケットランチャーで1人を殺害する動画を作っていました。 ロケットランチャーで跡形もなく粉のようになっていました。 死んだ彼はなんだったのでしょうか?原子が組み合わさった物としか思えませんでした。 私が輪廻転生して、また再び人に生まれたとします。それは私ではないのでは?私とは?今の私というのも曖昧です。記憶を喪失したら私? もしそれも私なら今IQが高い人のみ輪廻転生できて、自分すら認識できない人間は輪廻転生してまた人間になったら自分すら認識できない存在? 少子化とは言いますが70億人に人口が膨れています。 さて、それまでの輪廻転生があるとしたら60億人ほどの魂はみんな人間界に一斉に来れたの? 死というのは、ただ肉片になるだけではないでしょうか?そうとしか思えない感情が湧いてきます。 踊って唱えるだけで悟りを得れるのなら、知能の低い人や認知症もそれができないとおかしいでしょう。 やはり救いはなく、死という拷問に近い形の苦しみを受けて全てが抹消されて苦しい気持ちを得たという事実だけが残るのではないでしょうか。 もちろん人生楽しんだ恵まれた人は生まれつき遺伝子や環境に恵まれてるので、仏教も興味なくて人生に何の疑問も持たなくてただただこの世界は楽しみだったという感情に溢れてるんじゃないですか。(それこそもはや輪廻転生のせいというか生まれつきの条件を輪廻転生側が選ぶという暴挙) まあなんであれ死んでも輪廻転生なんてないし素粒子になるだけだよね。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

輪廻があるなら、私は天界も地獄も見て来たのでしょうか?

こんにちは。 前回質問で、輪廻思想がどうも腑に落ちない、と主張した者です。 ただ、輪廻に限らず、事物が「ある」とも「無い」とも断定するのは中道の教えに反すると感じるので、輪廻思想の側からも質問させてください。 輪廻転生があるなら、私は六道あらゆる世界を見て、生きて来た事になりますよね。何しろ仏教の宇宙観は無数劫の時間スケールで成り立ってるのですから。 また、私は、いわゆる地球外生命というものも、必ずどこかの惑星で誕生し生を営んでいると信じています。 そうなると、私の魂(?)は天上界のめくるめく壮麗な世界も体験して来たし、地獄の底の恐ろしい責め苦も受けて来た事になりますよね? また想像を絶するような異星の光景も目の当たりにしてきたのではないでしょうか? 輪廻転生が教えているものって、 「そういう一切合切の有情は、別個に生きているのでなく、過去、現在通して、物質から魂のレベルまで、密接に繋がって生きてるんや。天人も地獄の衆生も、あらゆる命も決して他人事じゃおまへんで。なにせアンタがそれ自身だったんだからな。」 と言っているようにも思えるんです。なぜか関西弁ですが。 そういう所から、いわゆる慈悲って生まれるのでは無いでしょうか? 生前や死後を無記とするのは「智慧」ですが、また輪廻をわが事として受け止めるのは「慈悲」の根源なのかな?とも思います。 この2つの考えは矛盾するものではないとも、私には思えます。 お坊様方は輪廻と言うものをどのように受け止めてるのか、気になったので再び質問させて頂きます。 お考えを聞かせて頂ければ嬉しいです。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る