お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

宗教感の違いと友人関係

短大時代から40年弱の付き合いの友人がいます。お互い子育てや離婚を経験し、頻繁には会えないのですがとても助けられる存在です。
しかし、30年ほど前に彼女がある信仰の会員だと打ち明けられ、今までいろいろ相談してきたことについて、『信心すればすべて解決するんだよ。ご本尊様に祈ろうね』 と言われました。裏切られた、という気持ちはないのですが両親も亡くなってしまった今、先祖のお墓を守ろうとする気持ちがあり受け入れ難くその旨、何回も話しており、彼女も納得してくれた様子でした。その後は普通に旅行へ行ったりランチをしたり、一切宗教の話しは出なかったのです。
しかし先日、普段の私の話から、今の状況は信心していないからだ、となり、宗教団体の発行している新聞を1ヶ月送るから、と本当に毎朝届けられています。
その宗教が悪いとは全く思いませんが、私には私の事情があり、それを聞いても尚且つ信心がないから何事もうまくいかないのだ、とする友人にどう接したらいいものかと悩んでいます。とても良い付き合いだと思っていたのは私だけで、結局信仰心があるからこそ、だったのかと思う気持ちも。
私は離婚して引っ越しもしたので本当に心を許せる人は彼女しかいないので、友人を失うのが怖いのか、付き合っていくために信仰を始めるべきなのか、そこまでしないと付き合えないのか、迷っております。このような質問で本当に申し訳ないのですが、決して仏教を否定するものではありません。

他人・友人関係
有り難し 11
回答 2

質問投稿日: 2018年9月9日 14:24

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

あなたはあなたの信仰を大切にしたらいいと思いますよ。
お釈迦様は言いました。
「盲目的に何でも簡単に信じてはなりません。よく調べて、他の人の意見も聞いて、自分でもよく考えてから、なるほどそれは正しい、と判断できたことを信じなさい。」
お友達が理解してくれたらいいのですが。
苦しいときは藁にもすがりたくなるのが人間の弱いところですから、お友達がそれを熱心に信仰するのは仕方のないことなのでしょうね。

11ヶ月前
回答僧

大忍貫道

ご質問を拝読させて頂きました。
正直言って、文面だけでは判断が難しいです。
悪徳宗教の勧誘の常套手段にも信頼させてから、勧誘させるものがあります。

また、一方で特定の宗教を盲目的に信仰しており、その教えに、「信仰しないと地獄に堕ちる。」などとあれば、親しい人に信仰してもらいたいと考える事も十分にあり得ます。
この場合は、親切心ですね。
そのどちらかは私には判断出来ませんが、信仰しないと友人関係を続行出来ないのであれば、それは絶ったほうが賢明かと思います。

ちなみに、「信心すれば、全てが解決する。」というようなスタンスが仏教というわけではありませんのでご留意頂ければと思います。

11ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

早速のお答え、ありがとうございました。
私は宗教、というものはすがるというよりは自分の心の中の灯りみたいなものだと思っています。妄信的に何かをして貰うということは考えもつかないので彼女の考えには賛同できなかったのです。これからも両親や祖先のこれまでを大切にしながら手を合わせていきたいと思います。ありがとうございました。

確かに脅迫とまではもちろんいきませんが、信心していないから貴女の生活はこんなにだめなんだ、としばしば言われるようになり不安にも思っていました。
お答えにあるように信心しなければ云々、というのは違うと思います。心に留め、暮らしていきたいと思います。ありがとうございました。

「パートナー・親族・友人と宗教」問答一覧

「パートナー・親族・友人と宗教」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ