お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

恋人の死

出会って4年、すぐに結婚を望まれていましが、私は子育て中。この間、様々な出来事ありましたが、この春、子も自立し、ようやく新たな生活をと思っていた矢先、彼の病気がわかりました。

今年に入って、彼の体調が悪く、病院に行くようにと言いましたが、仕事への責任感も強く、また、病院嫌いもあり、ケンカ絶えず、諦め?見守るしかない状況でした。もっと、アプローチの仕方があったのでは。と、とても悔いが残っています。

体調が優れない日が続き、説得して入院をしたのが6月、8月末までの治療を目標に治療に専念していました。彼は、本当に頑張りました。しかし、その治療も、症状が悪化して、半分も出来ませんでした。

彼は、8月半ば、余命告知すぐに、病状が悪化し、先日逝ってしまいました。
彼には、死ぬなど予定なく、無念だったと思います。

私達は、籍を入れるタイミングを失ってました。病気がわかってから、彼は、元気になって結婚しよう、と言っていたので、私も、彼に添いました。ただ、彼が、8月、籍を入れたいと言い出し、私もそのつもりでいましたが、結局、彼が意識消失して、お身内から入籍の許可がありました。彼が言った、その時、籍が入れれず、彼の落胆は大きく、口数も少なくなりました。
私は、婚姻届を私の宝物としました。全てが遅かった。

現在は、彼のお身内は、とても私を気遣い、彼の妻として接して下さいます。感謝しています。

ですが、私は、現実が受け入れられません。いつも、彼といるような、彼を求めて探しているような・・・
彼と、リスタートしたいです。
気持ちも身体も整わない状況です。仕事も休職しています。泣いても泣いても、どうしようもなく、私は、私の事ばかり思っているようで…
ホントに自分がイヤになります。
どうか、よいお導きをお願いします。

心構え・生きる智慧
有り難し 3
回答 1

質問投稿日: 2018年9月26日 11:40

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

「供養」

えりみ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「供養」とは、「供(とも)に(仏教を)養う」ということでもございます。

彼と共に、(迷い苦しみを無くす)悟り、涅槃へと向けて、どうか仏教に取り組んで頂けましたらと存じます。

もちろん、彼は、もはや今の貴女様には知覚・認識はできないかもしれませんが、だからと言っても、彼は完全に「無」になってしまったわけではありません。

また、いずこか(できれば仏の世界)にてその心を相続しての存在としてあり得ており、今生でのご縁の繋がりも、この先のその心へと続くものでもあります。

今生でのご縁を、更に供養というカタチにて温めて頂けますれば、尚、確かなるご仏縁のもと、また彼とのご縁もきっとこの先にてもあることになるでしょう。

金子みすゞさん「星とたんぽぽ」

青いお空のそこふかく、
海の小石のそのように、
夜がくるまでしずんでる、
昼のお星はめにみえぬ。
見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ。
 
ちってすがれたたんぽぽの、
かわらのすきに、だァまって、
春のくるまでかくれてる、
つよいその根はめにみえぬ。
見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ。

川口英俊 合掌

2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。

詩を読みながら

涙しました。

関連する問答
このページの先頭へ