hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

自分も他人も信用できません

回答数回答 1
有り難し有り難し 6

私は自分や他人を信用することができません.相手がほめてくれたことを素直に受け取れなかったり自分が積み重ねてきたものが信用できない時が多いです.
本で勉強したり仕事を通して人と接するようにしていますが,だれといても息苦しさを感じてしまいます.
お忙しいとは思いますが,お返事いただけると幸いです.
ビビ

2018年12月5日 18:27

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

信用できないのですか。信用するということは難しいことですから無理に信用しなくてもいいと思いますよ。
そうですね、もしかすると「信用」という言葉にこだわり過ぎているのかもしれないですね。
信用してもしなくてもいいので、気持ちを落ち着かせて、他者から褒められたりしたら素直に「褒めているという現実」を受け取り、「ありがとう」とお礼を伝えましょう。
自分を信用してもしなくてもいいので、「これまで積み上げた事実」を受け取りましょう。
誰かと接する時は、相手が何を考えているのか、相手が自分をどう思っているのか、そういう頭の中での想像は少し控えて、目の前の人の「実際の言葉や行動」を素直受け取りましょう。
私もそうなのですが、人と接する時は、考えれば考えるほど息苦しくなるのです。
考えることは程々にして、素直な言葉や行動を重視してみてくださいね。

2018年12月6日 12:27
{{count}}
有り難し
おきもち

私は浄土宗の坊さんをしています。 なかなか良い回答はできませんが、少しで...

質問者からのお礼

事実に目を向けるということですね
わかりました.早速明日の仕事からはじめてみようと思います
お返事ありがとうございました

「人を信用できない・信じられない」問答一覧

義両親、夫が信用できない

義両親と夫が信用できなくなりました。離婚も考えています。 些細なことかもしれませんが、4年前に夫の転勤で義実家から遠い場所に現在は住んでいます。今回の連休に義実家に帰省しました。 すると、義実家の夫の部屋の本棚に義母の許可を得て置かせて頂いた、洗面用具が入ったバックがまるごとなくなっていました。夫に家の中を探してもらい義母に聞いてもらいましたが、「そんなもん、買えばいいでしょ!」と激高し「そういえば父さんがあれは何だって?って聞いてきたから、まなみさんの物と言ったけど・・・」との返答。義父はテレビに夢中なのか?全く素知らぬ顔でした。夫に部屋で二人になったとき「物が無くなって悲しい。あなたが逆の立場だったらどう思う?」と聞くと「悲しいよな、ごめんな。でもうちの親が捨てたなんて思いたくない。どこかにあると思いたい。それにこの部屋は俺の部屋じゃないから」と言い私は耳を疑いました。なぜ義実家に洗面用品を置かせて頂いたかというと、現在住んでいる場所から7時間かかること。義実家の近くにはお店もなく、緊急の備えで置くことの許可を頂きました。私にとってはショックなことでした。その後義両親と夫は仲良くテレビを見て過ごしていましたが、私は一人で他の部屋で過ごしました。行けば朝から晩まで様々な用事を申し付けられ女中のような扱いも「嫁は仕えるもの」という考えの人だから仕方ないと思っておりましたが、今回のことで義両親にはもう会いたくないし、笑って話せそうにないです。夫ともこのまま生活してゆく自信 もなくなりました。「許せない」「信じられない」この気持ち。やはり別れるしかないのかと考えてとおります。今は冷静になれず、考え方、捉え方、ご意見お聞かせください。宜しくお願いいたします。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

人間が信じられない

人間不信に関しての質問です。長文ですがお願い致します。 小中学校のときにいじめ(陰口を言われ孤立状態にされるなど)に遭い、教師にも私が我慢すればいいというような曖昧な対応をされたのが発端。 親も真剣に考えてくれず、世の中には酷い人間は沢山いるから悩んでたら仕方ないと言われましたが、私はそれを自分の傷を放置して結果だけ見たものと解釈しました。そのうちに自分を攻撃、それを容認する『敵』と攻撃をしない『味方』とを区別するようになりました。 しかも段々敵とする範囲も広くなっていき、今では怒鳴られたり呆れたような態度を取られただけで「あれは敵」と自動的に認識してしまいます。頭ではそうではないと言い聞かせてますが治りません。 そんな中で職場でトラブルが。 私は要領も物覚えも悪くミスを連発してしまい、そうしているうちに周りの視線が冷たくなっていきました。 そして「少しは覚えろよ!」、電話口で「貴方のことなんだから他人事みたいに言わないで!」と怒鳴られてしまいました。今思えば私ももっと努力出来たのかもしれませんが、それよりも先に話したこともあり、パニックになり、より強い恐怖として上書きされてしまいました。 それでその職場は敵だらけと思い込み、恥ずかしいことに身体の方も参って辞めてしまいました。 もう攻撃してくる奴らが化け物のようにも思え、家に一人でいる時でも攻撃されているような感覚が起こります。それに攻撃してきた奴らが今も存在することが恐怖ですし、始末したいと考える自分にも恐怖を感じます。 これでは働いてもまた同じ恐怖を受けて辞めてしまうのでは、と思うと再就職にも尻込みしてしまいます。 質問は2つです。 ①他人は全て敵ではないということをまた信じられるようなお話を頂きたいです。 ②攻撃的な人間、他人の失望の目から自分の心を守り、前向きに考えるにはどうすればいいですか? 難しい質問かもしれませんが、何卒ご回答宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 12
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る