hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

おおらかに生きる

回答数回答 2
有り難し有り難し 56

法は法でも世俗の法を学んでいる者です。
しなやかに生きる心構えについてお聞きしたく存じます。

つい先日、法話をうかがう機会がありました。
その和尚さんは「大いなる哉心や」を引いた上で、心に限界を設け縛りつけているのは自分自身だとおっしゃっていました。

法律を学ぶ学生の世界はなかなかにストレスフルです。
学ぶこと、学び続けること自体には不安や不満を感じてはいませんが、誰かと比べられ、数字をつけられ、それをまた比べられ……というプレッシャーに重装備した心で立ち向かい、空回りする日々が続きました。「なるようになればいい」と思っていた頃もあったはずなのに、過去の失敗や将来への不安に囚われ、肝心な時に限って上手くいかないこともありました。何のために法を学んでいるのか、目の前で困っている人に手を差し伸べるためではなかったのかというもっとも根本的なさえ、卒業を前にした今まで忘れかけているような有様でした。

なるほど、私を囚えたのは私自身だったのか。法話に膝を打ってはみたものの、それでは時間をかけてガチガチになってしまった心をどうほぐしたものかと思いあぐねています。いびつな形でありながらも平和に共存している二つの民族が、血で血を洗う戦乱を繰り広げ憎みあった記憶を取り戻すことの意味を問うた小説を読んだことがあります。私もまた心を塗り固めて抑え込むことでやっと踏ん張ってこられたのではないのかという恐れを感じているのです。

巧みなる画師であるところの心にのびやかに過ごしてもらうためには、日々どのように考え過ごせばよいでしょうか。アドバイスをいただけますと幸いです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

糸の弛緩のタイミングを大切に!

質問読ませていただきました。

私も僧侶をしながら大学で法律を学び、一時期は弁護士を目指した身ですので南北さんの葛藤は少し分かるような気がします。

さて、法で悩む人へ手を差し伸べるという志しはとても素敵なものです。法治国家である日本においては、法を熟知した人が法に疎い方を陥れたりすることもありますよね。
真っ直ぐ生きていても、法を知らないために多大な不利益を受けると言うことも日常茶飯事におこっています。
そんな方をなんとかしてあげたいという南北さんの心は、とても慈悲に溢れているのでしょう。

ところで、法に悩む人に手を差し伸べるというのは色々な方法が考えられます。弁護士を目指す、司法書士を目指す、行政書士や他の資格試験を目指すといったものも1つです。
もしくは、法の知識を蓄えて法曹界とは異なる道へ進むという方法もあります。私も、弁護士にはなれませんでしたが、学んだ法の知識で御信者さんにアドバイスしたりなんてこともしております。

このように色んな方法がありますが、自分の進もうしている道次第では、やはり周りや数字と戦わなければならない時期があります。
心をほぐすというのはとても大切な事です。釋師のおっしゃるように張り詰めすぎはいつか切れてしまいます。しかし、自分の目的を叶えるための過程に置いては、歯を食いしばることも必要となります。

ですので、上手に気分転換をする術を身につけ、自分の夢の初心をしっかり胸に刻みながら前に進むことを忘れないで下さい。
過去の失敗も将来の不安も、自分が一歩ずつ進んでいくことで必ず解消されてきます。一歩進めば過去の失敗は経験に変わって活かされ、一歩進めばまだ形として見えない将来が少しずつ具現化してくるので不安は解消されてくるからです。

そして、一歩進むたびに少し心の緊張を緩めてあげればいいのではないでしょうか。
夢を叶えるためには、緊張の糸の弛緩のタイミングが大切ですよ。そのタイミングが自分で上手に掴むことが出来れば、普段の生活でも充足感を持っていけるはずです。

なかなかうまくいかないこともあるでしょうが、頑張るべきときは気分転換と初心を心がけて前を向きましょう。その歩みを進める中で見えてくるモノもありますよ。

何か少しでも参考にしてみて下さいね!

{{count}}
有り難し
おきもち


京都府・大阪府・奈良県の県境に当たる、京都府京田辺市の天王院というお寺でお...
このお坊さんを応援する

頑張る事も時には必要ですが

普段から頑張り過ぎていると緊張の糸はいつか切れてしまいます。
私は趣味でギターを弾くのですが、弦楽器には丁度良いテンションで張らないと、きつ過ぎると切れてしまい、弱過ぎると音が出ません。
人間の精神も同じではないでしょうか?
緩め過ぎても駄目、かと言って法を学び始めた最初の目的を忘れる程の張り詰め過ぎでも、いつか切れてしまいます。
自分なりのいい塩梅というものを見つけてみて下さい。

{{count}}
有り難し
おきもち


浄土真宗本願寺派 忠専寺 住職 同宗派 特別法務員 同宗派 布教使 ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

釋様
藤川様

お二人ともお忙しい中ご回答いただき、どうもありがとうございました。おかげでさまで、少しずつ考えがまとまってきたように感じています。

緊張の糸の弛緩のタイミングが大切だというのはおっしゃる通りですね。きちんと気分転換をするということ自体忘れてしまっていたようで、糸が切れかけていたと気づいた今になってみれば、休もう、休んでもいいんだという不思議な感慨さえあります。

そこに限度があることも承知しています。私の問いも思い返してみれば、どのように休めばもっとも上手くいくかと考える戦略的な私が、努力しなければならないと所構わず正論を振りかざす私に殴りかかられ、戸惑った末に投げたものだったというのが実情かもしれません。「いいの?本当に休んで?」「押さえ込んできたものが解放されてもっと酷いことにならない?」と。

この迷いを捨てて、おおらかに構えていれば自然と湧き上がってくる力をいかにそのままにしておくかという問題さえ片付けてしまえば、それができても駄目かもしれないというのは実のところ不安というほどの不安でもありません。ここは不思議と能天気なもので、今日の悩みが明日の笑い話になっていればいいなと一息ついて、これからの一日一日を気楽に頑張ってみようと思っています。

この度はたいへんお世話になりました。
末筆ではございますか、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

「今を生きる・自分の生き方」問答一覧

家族の自殺後、前向きになるには

弟が自殺してから二ヶ月が経ちました。事件後の家庭での振る舞い方について悩んでいます。 私自身も、小学生の時から自殺を意識するような陰鬱な人間で、「あなたの欠点は暗いところ」と複数の人に指摘されてきました。 弟が自殺した直後はアドレナリンが出たように"家族を支える気持ち"や"新しい人生に向けた希望"などがあったのですが、少し時間が経った今は虚無感と絶望が濃くなってきました。 私自身、自殺に共鳴するところがあり、弟がなぜ自殺したかったのか共感できるし、弟が亡くなった当日、首を吊って病院に搬送されたと聞いた時も”中途半端に救命されるよりは逝かせてあげたほうが本人の為になるのでは”とすら思いました。 結局、似てるんです。人間関係、社会進出がうまく出来ず、うまく生きられず、絶望する性格が。 弟が亡くなり、家族が深い哀しみを抱えている中、唯一子供として残った自分が家族を支えなければならない、家族の希望にならなければならない、と分かっているのですが、私には命や人間の営みが良いことだと受け入れられません。 最近、長年情熱を注いできたことで挫折したことも重なり、自分の人生を前向きに考える余裕がありません。昔からの癖ですが、どうしても人生を終わらせる方向、または生まれてきたくなかったという願いに収束してしまいます。 家庭が暗いと、上手くいくものも上手くいかなくなる気がするし、前向きな考えや人に憧れるのですが、自分には性質的に向いていない、生きることにも向いていないように感じます。 これからの生き方について、私には助けが必要だと思い質問させていただきました。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

今までの怠慢とこれからの生き方

来年4月に入社を控えた、学生の者です。 来月以降、どう過ごすか悩んでいます。 というのも、自分の自己中心的な考えで、家族、友達、大学の先生方、 その他周囲の人たちの思いやりを何度も踏みにじってしまい、 現在孤独な状況になってしまいました。 入社を控えているというのも建前の話で、事実上は入社後数ヶ月で 退職になることが目に見えています。 大学の研究は続けてはいますが、途中で集中が切れ、どうしても頭が働きません。 今まで学びを怠ったせいなのも、自分なりに気づいています。 親に家賃や学費を払っておいてもらいながら、このような不甲斐ない結果になり、 その上さらに、残りの分も払ってもらい、安全な場所にいようとしている自分が情けないです。 このまま大学で研究を続けるべきか、来月までに大学からいなくなり、 別のことで経験を積むなりするべきか、どうすべきか悩んでばかりです。 二十数年間の人生に対して、自分は本当にもったいないことをしました。 世間一般から見て、今の自分は社会的にいらない存在だと感じています。 未来で利益を生まないこんな自分に、これからを生きていく資格はあるのでしょうか。 乱文、長文、未熟な文章で、大変失礼しました。 厳しいご意見でもお聞きします。よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

どうしても今を生きたいと思えません

現在30代前半で、将来的に結婚予定の方の元で専業主婦状態で暮らしています ただし、彼だけの収入ではほとんど貯金ができないため、いずれは私も働いてと言われています 現在の生活はとても穏やかなもので、幸せな日々だと感じています プロフィールと過去の質問も読んで頂けたらと思うのですが(長いので) 私は勉強が好きで学年で1番の成績だったものの、高校進学をしていません 虐待だけでなく、いじめも幼少からずっとあったため、中3の夏休み後1ヶ月休んでしまったのです 高校に行きたいと通学を再開したのですが 「もう地元の公立の1番校は行けないだろう、本人には言わないで」と言う学年主任の言葉を親は伝えてきて、どこも学力に合った高校には行けないかのよう思い込ませ、不登校と進学断念を選ばせたのです 当時父は単身赴任で東京にいました。母は専業主婦でしたが、父の稼ぎは高かったので引っ越しや私立の選択肢は十分可能だったはずです 実際、担任の先生は県外の私立を薦めてくれてたようで、つい最近その学校は偏差値70を超えることを知りました 高度な学びを得られる機会があったのに、自ら捨てさせられたとより悔しくなりました 中学卒業後は無職で独学で勉強し、国公立大学を目指すよう強いられました。塾はもちろん行かせてもらえませんでした(高卒認定試験は中学卒業後すぐ受かってます) 妹は中高大と全て私立で、学費も全額親が払いました 私は私立大学に行きたいなら奨学金を使えと言われましたが、父の収入が制限に引っかかりかねませんでした 私には勉学のためのお金を出してもらえない理由を、父本人が私の友人に「妹は姉よりも馬鹿だから塾と私立に行かせた、私は頭が良いからそれは不要」と以前言っています 結果を出していたことでより冷遇されたと思うとやるせません あらゆる家庭内の出来事が私の責任にされる環境の中、結局心折れてしまい勉強も仕事もほとんどできませんでしたけれど 今も学ぶことは好きです。本当は、良質な授業を受けられる大学に行きたいんです でもお金もありませんし、優れた学力も過去のものです バイトを探そうとすると、彼らへの怒りでいっぱいになるんです いざ実家を離れ、愛してくれる人を得て、彼らのおかしさや沢山騙されてきたことを確信したからこそ、怒りや絶望で前向きになれません どうしたら、今を大事に頑張りたいと思えるのでしょうか

有り難し有り難し 10
回答数回答 2

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ