お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

自分の40代が想像できず、不安です

現在30代。
結婚もあまりするつもりがなくこのまま1人で生きていった時、自分がどうなっているか不安で仕方ありません。

老い・介護・看病・病気
有り難し 23
回答 1

質問投稿日: 2019年2月20日 20:29

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

淨流寺

転落院

【正念】一所懸命

過去に囚われ過ぎれば、後悔に付きまとわれ、
未来を憂いすぎれば、不安に苛まれる。

もちろん過去の反省を教訓にし、計画的に見通しをもって生活していく事は大変重要ですが、過去の栄光も挫折も【今ココ】と今後によってその価値が変わってくるし、まだ見ぬ未来も結局は【今ココ】の積み重ねである事を再確認しましょう。

だれもが【今ココ】今この一瞬一瞬をより善く生きていけるよう日々精進することしかできません。今の心と書いて【念】という。済んだ過去を価値有るものにするために、そして明るい未来を築くために、今為すべきことを念じましょう。今為すべき事、今為している事に集中できている時って、将来の不安なんて感じていないでしょう?

仕事する時は精一杯仕事をする。メシを食う時は精一杯食う。
遊ぶ時は真剣に遊ぶ。寝る時は真剣に寝る。
休憩時間は全力で休憩し、休みの日はまじめに休む。

ちなみに普段、ここぞという場面の事を「正念場」といいますが、本当はこの一瞬一瞬のすべてが正念場であり、一呼吸一呼吸がまさに正念場なのです。仕事も勉強も遊びも恋愛も、一所懸命に取り組めば、将来を憂う暇すら消えてなくなる。

4ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます

「将来・未来・先が不安・見えない」問答一覧

「将来・未来・先が不安・見えない」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ