hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

自分の信じる『神』や『仏』が何者かわかりません

回答数回答 4
有り難し有り難し 57

はじめまして。
うまくお話しできるか、わからないのですが…
ここ最近、自分の思想がどこにあるのかわからず、お話を聞いていただきたいと思い、投稿させていただきました。

まず、私は特に、何教徒である、ですとか、特定の宗教には属しておりません。
ただ、色々と自身の考えと当てはまるものを探すなかで、最も共感できるのが仏教でしたので、こちらにおります。

私は漠然と、神様が存在していると思っています。
神が人間を作ったと思っています。
しかし、それは聖書にあるような、直接的に人間を作り出すようなものというよりは、
人が一冊の本を作り上げるようなものだと思っています。

『神』が、この世界を作り上げ、そのなかで『キリスト教』『イスラム教』『仏教』といった…
語弊を恐れずに申し上げるならば、『地球というなかの物語の設定としての宗教』を作り上げているのではないか、と思ってしまうのです。

そうした、なんでもできてしまう神のような、宇宙の外にある大きな力が、私は怖くてたまりません。

あまりに苦しいとき、そうした『神』が、私に何かバチを与えているのではないか、とさえ感じます。

しかし一方で、仏教の『因果応報』という教えを知ったとき、どこか救われるような感覚がありました。

私が苦しんだり、喜んだりするのは、宇宙の外にある神のせいではなく、自分自身の行いの結果なのだ、と。

それから、少しずつ仏教について調べ始めていますが、やはり何か神様のようなものの存在は、否定できずにいます。

そもそも、誰か一人でも信じ、信仰し、救われている人がいるならば、キリスト教の神も、イスラム教の神も、はたまた新興宗教の神であっても、存在していると思うし、それを否定したくないのです。

自分の信じるもののために、誰かが信じるものを否定したくありませんし、ないものにしたくありません。
一方で、どこか神様のようなものに怯えている自分がいますし、こんな自分が仏教の教えに惹かれることは、それこそバチが当たるのではないかと思います。

うまくお話しできたかわかりませんが、心のもちようがわからず、難しく感じております。
なにかアドバイスなどありましたら、ぜひ教えてください。

2019年3月14日 3:19

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

なにごとのおはしますかは知らねども(西行法師)

【なにごとのおはしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる】
密法僧であり歌人であった西行法師は、このような歌を残されました。

仏教では仏とは何か、菩薩とは何か、神が何なのかという説明は、経典を紐解けばいくらでも記載はありますが、仏教でも神道でもアカデミックに学びたいわけではないのであれば「なにごとのおわしますかは知られねど」つまり「なんだかよくわからんけどさぁ」のままでいいのではないでしょうか。

神だか仏だかなんだかよくわからんけど、いつも偉大な何かに見守られている、育まれている、叱咤激励を受けている感じがして、ありがたくて涙がこぼれてきてしまう…

こんな感覚を大切にする事こそが重要なのだと思います。

2019年3月14日 11:12
{{count}}
有り難し
おきもち

となりのトトロの世界のような山奥の田舎の小さな小さなお寺の住職をしています...

千字で神仏概論

それはよく訓練された日本の精神です。

>特定の宗教には

「宗教的素養」と「教団に属す」の差ですね。

>『神』が、この世界を作り上げ

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の三兄弟はそういう創造神が前提ですが、仏教や神道は違います。
仏教の神話の時代は「お釈迦さま以前にも仏が6代いたことまでは判明している。もっと昔のことは誰も知らない。世界の始まり?知らん。」とされています。
神道は「神が死んで、死体から野菜や穀物が生えてきた」という、今で言う炭素の循環そのもの。そういう自然の観察や、あるいは人間が文明を持ったことで、徐々に自然界と人間界は別物と認識していった過程を、神々という暗喩で伝えています。ハイヌウェレ型神話や家宅六神でググってみましょう。

日本人は全知全能の創造神に違和感があっておかしくないのです。

>そうした『神』が、私に何か

神道は自然の観察です。木を伐りすぎてハゲ山にしたら土砂崩れが起きる、スズメを絶滅させたら虫が増えて作物が壊滅する…という当たり前の因果関係が、「荒ぶる神」や「神さまが見ている」という暗喩で、日本の情操教育に取り込まれています。

>仏教の『因果応報』

これも同じ。自業自得は仏教語です。
だから「悪いことをせず、善いことをし、日々自分を調えましょう。」これが七仏通誡偈「しちぶつつうかいげ」という仏教のテーマです。

>やはり何か神様のようなものの存在は、否定できず

仏と一言でいっても、実は3種類です。まず、私たちの世界は生命力を活性化するように流れています。心臓の動かし方を知らなくても自然に動くよう生まれてきたでしょう?
そんな世界を①宇宙観や世界観で表現した大日如来タイプの仏。
逆に②救い主のイメージで表現した阿弥陀さまタイプの仏。
そしてそんな世界のありようを悟り、そんな世界の流れのカサブタにならない生き方を説いた人間である、お釈迦さまタイプの仏。

だから仏さまも、時に限りなく神っぽく見えますし、時に全然神っぽくないわけです。

>誰か一人でも信じ、信仰し、救われている人がいるならば

こういう存在のあり方を仏教では因縁仮和合(いんねんけわごう)と言います。この感覚がある人は相当よく訓練されていますよ。
その素養を不安(脅し)ではなく、安心(慈悲)に方向付けるため、これからお坊さんや神道に親しんでいただければと思います

2019年3月14日 13:07
{{count}}
有り難し
おきもち

曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

私と物事と関わりの中の「人」が絶している所に神仏は存在する。

神様や仏さまはちゃんと出会えればそれ以外は神でも仏でもなく自分が思い描いていた勝手な妄想だったと気づけるようになります。
人間は見たこともないうちにどうして神はきっと、仏はきっとこういうものだと勝手に思描いてしまうのでしょうか。
私もそれを不思議に思いました。
仏像辞典や仏画辞典をみて見ると人によってとらえ方が違うのです。
大事なのは姿かたちではなく、神仏が何を作用として働かせてくれているか。
また、わたしたち自身が神や仏に対してどのように波長を合わせるべきか。といいましょうか。
坐禅をすると一番手っ取り早いのですが、自分をこの身の活動の上から一切やめちゃうことで神や仏にリンクできます。
神と仏って深いところでは別物ではないと思います。
神は人間が見出したもの。大自然の調和であったり、この世の法則を❝神❞的な働きとして見出したものに、説明するうえでキリスト教などは「人格」を与えたのです。人格を与えたのは人間です。正義を説明するのにもアニメで説明する場合アンパンマンとバイキンマンで説明した方がわかりやすいでしょうが、別にこの世にアンパンマンという存在が本当に要るわけではなく、我々人間がそのようになるべきであるという事を説いているわけです。
人が勝手にああではないかこうではないかと想像した神や仏は「人が立っている」から想像した本人のアタマの中の妄想が添付されてしまうのです。
今あなたが思い描いている神仏はいい意味で妄想だと思いましょう。
神や仏というのは本当に体感した人、体現した人だけが語れるものです。
実証のできない神様を思い描いてしまうことは、あくまでも創造であるという事を一歩退いて冷静に見つめ直しましょう。
本当の神様って人間が感知するものであり、本当の仏さまは人間が到れる心、帰り着くべき心です。外に理想の仏を描く人もおられますが本当は、人間が自身の中に見出すのが仏です。そのためにこそ修行があるわけなのですから。
ヘブライ語で神は「I AM THAT I AM」私はそのようにそれとしてある様子。
むしろ私の意識がこの身から無くなった時のそれそのものとの和合の様子です。
坐禅や念仏仏道修行によって無我を明らめればおのずから神仏の真意は会得できます。
アタマの知識や理ではなく実際の体感として神や仏の本当の所を明らかにされると本当の落ち着きが得られるでしょう。

2019年3月14日 11:19
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

自分の価値観を投影する

神様がいるとしても、神様が何を考えているか私達にはわかりませんよね。
人間には想像できない思考方法かもしれないし。
でも、たとえば日本の古来の考え方では、荒ぶる神、祟る神と考えられました。
これって、人間自身に「やられたらやり返す」「怒り、戦う」価値観があるから、「きっと神様もそうに違いない」と思われたのではないでしょうか?
天地を創造する神、従う民だけを助ける親分的な神、父に救いを求める神、救う神、みんな人間の価値観の投影かもしれません。
神様がアダムとイヴの二人のヒト造ったとしたら、それは、私達人間が赤ちゃんのとき初めて出会うヒトが両親だからかもしれません。
神様が言葉とともに物を創造したとしたら、それは私達が赤ちゃんのとき、言葉を聞きながら概念を創造していくからかもしれません。
(話が脱線しましたね)
もしも私達人間が、宇宙を仏様(悩み苦しみを消すためのヒントをくれる先生)、たとえば宇宙仏大日如来だと考えるなら、
それは、私達人間に、「みんなの悩み苦しみがなくなればいいな」という素晴らしい価値観が宿ったからでしょう。
荒ぶる神々しかいなかった時代から、救う神や悟りに導く仏様が現れる時代になったのは、人間の価値観がちょっとはマシになった(神仏に近づいた)からかも。
あなたが神様(の攻撃)を怖がるのは、あなた自身の中に攻撃性があるからかもしれません。

2019年3月14日 12:44
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

「自分とは・自分を何とかしたい」問答一覧

これまでの自分の生き方を後悔しており、前に進むことが怖い。

初めて質問をさせて頂きます。 私は40代になります。 大学院を出て、2度転職し、自営業を営んでいました。 昨年、仕事に行き詰まり、病院で2カ月をすごした後、会社をたたむことにしました。 どの職場でも周りの人に助けられたこともあり、何とかやってこれたと思っています。 そして、この度会社をたたんで、以前から関心があった飲食店を始めたいと思い、アルバイトを始めます。 思い返すと、自分のやりたいことばかりをやってきました。 ただ、自分が何の成果を残せたのか、誇れるものがありません。 現在は親に経済的な援助を受けながら、飲食店でのアルバイトを始めることになりました。 私自身が40代、そして両親が70代となり、これまでの生き方が本当に一生懸命に生きてきたのか自信がありません。 これからは一から頑張らなければと思った矢先に、自分のふがいなさ、親への負い目、社会の目がどうしても気になり、ふさぎこむことが多いのが正直なところです。 人は人と思いながらも、どうしても自分の自信や前向きな気持ちがおれることがあります。 胸をはって、少なくとも親には恥ずかしくない時間をこれからは送りたいと考えています。 このような中途半端な生き方をしてきた自分にもう一度立ち上がる勇気や図太さを持つには、どのように日々を生きていくべきでしょうか。

有り難し有り難し 25
回答数回答 1

自分の冷たさ

私は、母親の死によって自分自身の冷たさについて考えるようになりました。 母親が苦しんでいる時、私はとても冷たかったです。 例えば私は母親が病気で苦しんでいる時に初詣に行きました。 私は、その時トートバッグが欲しかった 初詣に行く前にトートバッグを買いました。 今思うと、私は母との時間よりも物欲・・を優先したんだろうと・・ もちろん、その時はタイムリミットが近づいてる事は 分かってはいなかったけれど、 あんなに苦しんでいた母より、私はそっちを選んだ 最初はどうして初詣を断れなかったんだろうと・・そう悔やんでいました でも、よく考えると私は断れなかったのもあるけれども、結局はトートバッグが欲しくてそっちを優先したんだろうと思います。 苦しんでいる母を横目に私は何か言葉をかけるでもなく パソコンやっていた事もありました 母が亡くなって気づきました パソコンとか物欲とか母との時間に比べたらどうでも いい事だったと・・ 母が自分の死をもって私の持ってる冷たさを教えてくれたのだろうか・・と考える時があります。 あんなに苦しんでいたのに、自分の物欲、自分の時間ばかりを優先して母の事を顧みようともしなかった 私はおかしいのではないだろうか・・ と今思い出しても自分の冷たさについてやるせなくなります 私はずっと、自分中心に生きてきた 自分の中にある冷たさ、冷酷さと、どう向き合ったらいいのでしょうか?

有り難し有り難し 29
回答数回答 1

自分で自分を苦しめてしまう

自分で自分がわかりません。 思えば不登校になったことも、特にいじめをうけていたなどの決定的な原因があった訳ではないのです。 ただ、人との関わりがひどく苦手だったことは事実です。 数年間引きこもり、アルバイトをいくつか経験しましたが、自身の責任感のなさや愚かさから幼稚で身勝手な判断を繰り返し、どの職場も長続きせず、様々な場所のあらゆる方々に不義理をし続け、今日までのうのうと図々しく生きてきてしまいました。 どうして、こんな自分に手を貸してくれた人や励ましてくれた人、期待してくれた人、よくしてくれた人を裏切ってまで、内にこもってばかりいる意味は何なんだろう。自分が楽になる為だけに人間関係を壊し、引っかきまわして、後から苦しむのはわかっているのに、自分自身が理解出来ません。 生きているのが苦しいです。 精神障害のチェック項目に自分を当てはめてはため息をついたり、逆に今までの生きづらさは全て病気のせいなんだと安心してみたり、もう疲れました。 私はまともじゃないのに、病院に行っても病気だと言われたことはありません。 普通と病気の真ん中にいて、どちらの世界でも私は仲間外れです。 いつも人目が気になり、皆が自分を見ているような気がして、目線をどこに置くのかが難しく、疲れました。細かく言えば、気がするのではなくて私にとっては紛れもない事実なのに、気にするなと言われても、それができればこんなに苦しんでいません。幼いころから頭にこびりつく、自分は普通の人間とは違っていて、周りの皆もそう思っているという考えが抜けず、疲れました。 幸せな人を羨んだりするけど、これまで幸せを手放してきたのは自分自身です。 どうして同じ失敗を繰り返すのか、破滅型とか悲劇のシンデレラという言葉を最近知りました。私のことかも知れません。 いつまで経っても変われず、同じような場所で同じようなことで悩んだり、地団駄を踏み続けて、自分で自分をダメにしていると思ったら、もう自分がクズすぎて死んでしまったほうがいいのにと思います。 私はどうしたらいいですか? 変われますか? 普通になりたいです。 自分を好きになれますか? 真面目で誠実になりたいです。

有り難し有り難し 69
回答数回答 2

自分の道は間違ってはいないとは思うが自信が足りない

子どもは親を選べないとあったり、子どもは自ら自分の親を選んで産まれてくるという話がありますよね。でも私自身が親を選んで生まれたとは思いたくないんですよね。親は子どもを育て、子どもは成長していく。親は子どもとともに一緒に成長していく。こんなだとは思います。だけど自分は、親のことを信用できません。親と思いたくありません。私が生まれる前から、父はアルコール依存性でDVをしてきました。生まれた時は、投げとばされ、叩かれたりしていたみたいです。物心がついた時は、アザができるほどに虐待をうけ、怯えて泣いていました。自分がよく死ななかった なと思います。母は父とまともに喧嘩したりするので、その腹いせが私にきて、母はそれを止めようともかばおうともしませんでした。いつも警察沙汰になるほど暴れました。毎日酒に溺れていて、目が覚めるといつも謝るの繰り返しでした。母親は私を親子というよりも女同士のように見ていました。そんな家庭環境で育ち辛くて、17歳の時に精神的な病になりました。真面目で責任感の強い性格で家庭でも学校でもうまくいかずに居場所も逃げ道もなくうつになって、病院に入院したこともあり馬鹿にされたりしました。私が病気になった時に、母親は手かざしの業という神様に入り、私も一緒にしてましたが、父親はそれが気に入らずに、母親とよく対立していました。私を治すためだとしていたけども、私からしたら、母親が全く変わらなかったので、この神様が信じられない感じでした。私は当時、症状がひどく、入院し薬を飲みながらで生活に支障がでるほどに荒れていましたが、今は結婚して子どもを育てています。私が治ったのは、神様のおかげなんだと思い信心してましたが、神様だけのおかげじゃないよ、自分の努力もあったからと思ってます。両親から離れて暮らし平穏な日々を贈ってます。もちろん信仰はしておりません。子育てで色々と大変でイライラすることはありますが、昔とは違って安定してるほうだと思います。実家へ変えると父親は相変わらずで、母親は孫を可愛がろうとせず、目の前で平気で喧嘩したりするので、帰るのが嫌になり、電話でもまともに話さないので連絡をたちました。たまに着信はありますが、家族と連絡をたっています。母親は、神様をしているのに全く変わらないから。逆に人か嫌がることを平気でするので、許せないんですよね。私は決別することにしました。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る