お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

こんな事を考えてしまいます。

お世話になります。息子が亡くなって、涙を流さない日は、1日もなく片時も忘れた事は、ありません。
息子は、言葉が遅く、自閉症でした、始めての子育てで、悩みが尽きることは、ありませんでした。言葉が遅かったので、周りから理解されず、学校に入ればいじめられ、親にはほとんど相談せず、自分ひとりで悩んでいた事でしょう。私は、ずっと息子の事が心配で、いつもいつも不安でした。亡くなった現在、哀しい毎日を送っていますが、ふとした時、「あっもう、息子の事で気を揉まなくてもいいんだ」なんて考えしまい、不謹慎な親でしょうか?

心構え・生きる智慧
有り難し 5
回答 1

質問投稿日: 2019年4月5日 22:16

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

不謹慎ではありません。

ピングーさん、ご質問ありがとうございます。

息子さんに先立たれ、おつらいことと思います。

私の知り合いにも自閉症の子を持つ人が何人かいます。
お子さんを心配する気持ちは、普通の方以上で、大変なことと
感じております。

しかし、心配や悩みが深い分、深いところで考え、お子さんを
大事にしておられ、学びが深いことに感心させられます。

こういう言い方は、あるいは失礼かもしれませんが、
そういうお子さんと過ごしたからこそ、深みのある人間として
あなたは存在しているのではないかと想像します。

私は浄土真宗僧侶なので、阿弥陀如来のことを考えます。
阿弥陀様は、慈悲の仏様。
慈悲を言い換えると、大悲とか同悲となります。

悲しみや苦しみが多いほど、阿弥陀様は寄り添ってくださり、
ともに悲しんでくださる。

どういう御宗旨を信仰なさっているか、どういう思想をお持ちか
そういうことで、かならすしも阿弥陀様ではないのかもしれません。

しかし、どこかで目に見えない、人を包み込むような大きな存在が
自分と同じ思いを持ち、自分に働きかけている。
そういうイメージを持っていることは、大切なのではないかと
思います。

「もう息子のことで気を揉まなくてもいい」
正直なお気持ちなのだと思います。
悲しくつらいことのあとには、安堵を感じることもあった方がいい。
不謹慎と自分を責めるよりも、そんな風に感じるこの瞬間を
喜んでいく方がいいのではないでしょうか?

2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

藤堂尚夫様

暖かいお言葉をありがとうございました。
息子が居てくれたからこそ、言葉教室の先生や親身にみてくれた保育士の方の出会いは、かけがえの無いものとなっています。
また、こうして、私の為に導いて下さる事に
感謝し、前向きに生きていきます

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ