hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

母親が末期がんです

回答数回答 1
有り難し有り難し 4

こんばんは
実は母親が末期がんです
毎日つらそうです
まだ46歳なのに、孫の顔も見ていないのに、母親の気持ちを思うとつらいです
多分、もう長くないと思います 長生きしてほしいですが…
僕は個人的に浄土真宗の信仰を持っていますが、母親は無宗教です
また会えるでしょうか
これで永遠のお別れだと思うとつらいです
大好きな母親なので

2019年6月5日 3:05

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

これからを大切に

拝読させて頂きました。
あなたもとても辛い思いを抱えていらっしゃるでしょう。あなたのその思いを心からお察し申し上げます。
どうかあなたもご家族の皆さんもお母様との時間を大切になさって下さいね。出来る範囲寄り添ってお話しなさって下さい。
この時間は皆さんにとってかけがえのない時間ですし、ご縁ですからね。

お母様は皆さんと一緒にその人生を豊かに幸せに生き抜いていかれます。

いつかお母様が天寿を全うなさる時には必ず仏様やご先祖様方が優しくお迎えなさって下さいます。そしてお母様は一切の迷いや苦しみから救われて心から安らかに穏やかになります。
どうか安心なさって下さいね。

お母様はこれからもずっと永遠にあなたや皆さんをお見守りなさって下さいます。

あなたやご家族の皆さんとお母様とのご縁はこれからもずっと続いていきますからね。

どうぞこれからもずっと真心を尽くしてお母様をお世話なさり皆さんそれぞれがお互いを思いやりながらお健やかにお母様と生き抜いて下さいね。

お母様とはこれからもずっと一緒ですからね。

2019年6月5日 7:48
{{count}}
有り難し
おきもち

Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして8年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラー...

「癌・末期ガンと向き合う」問答一覧

母の癌…

お世話になります。 昨年末、73歳の母がステージ3の肺癌であることが判明しました。 年明けから、抗がん剤治療、放射線治療を行い、不幸中の幸いで、手術出来る段階まで小さくなったのですが… 母が「手術はしたくない」と言い出して、戸惑っています。 手術したくない理由は、「これ以上体力を落としたくない。これからは上手に癌と付き合い、生きていきたい」と。 内科の担当の先生も、「せっかく手術出来るのに」と説明して下さいましたが、本人の意志は固いようで、何やら吹っ切れたように、逆に元気になっています。 親の病、生き方に関しては、本人の気持ちを尊重すべきで、いくら娘でも、口は出せない、母か決めた事だから…と自分を納得させていますが、「このまま母が弱って死んだらどうしよう」と悪い方にばかり考えてしまい、涙が止まりません。 現在、夫の転勤で県外に住み、地元を離れているため、母のお見舞いに行けるのは週に何日かだけ。 それでも自分なりに精一杯やっているつもりですが、「私が母の近くに住んでたら、もっと早く病に気付けたはず」と自分を責める気持ちが治まりません。 老いていく親の大病、やがてくる死、どのような心持ちでいれば、私自身も心穏やかに過ごせるか、ご教示いただけたらありがたいです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

癌疑惑で周囲に告知

親と婚約者に迷惑を掛けるのが心苦しい。 先週、17cmもの卵巣のう腫が見つかりました。便秘か肥満かと思っていた我が身にいつの間にか“癌疑惑”がかかり、医者に顔を曇らせる始末。まだ判然としないも悪性の可能性あり即座に手術の日程を組んだのですが、そのため周囲への説明も急がねばならず電話で両親を驚かせてしまいました。 27歳結婚も子どももまだ。現在10歳の妹の世話はしていたといえ自分の赤ん坊も抱かずに世を去る可能性と、迷惑ばかりかけて孝行もできない両親・結婚を前提に転職に向け動き出した婚約者への申し訳なさでいたたまれません。 特に、電話口で父が思わずもらした「何でもっと早く見つからなかったたんだ..」の言葉が重くのしかかります。冷静でいてくれようとしたのがわかったからこそ心痛が伝わってくる声色でした。 何も得ないまま三十路を迎える恐怖こそあれ周囲に恵まれた生活だったため、急に事が起こるとまわりにどう振る舞おうか悩んでしまいます。 切除後に悪性だと断定された場合、腹水こそないもののかなりの大きさの腫瘍ですので予後は楽観できません。 掛かる金銭や手間を考えると今から心が塞ぎます。癌患者のブログを読んでいた時期があったのですが、あの治療・あの心労が自他に降り掛かるかと思うと不安もあります。 医師の見立てでは境界悪性か悪性か、と良性ではないだろうという判断なのであながち杞憂でもないと思っています。なので、病気の家族や遺族からの相談も多いであろう皆さまに今後の過ごし方や家族への対応など教えて頂きたいです。 手術は5月30日。良性であったならば卵巣の片側を切除して終了です。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る