お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

気持ちの整理ができません。

はじめまして。
今自分に余裕がなく、気持ちも一杯一杯で感情のままで申し訳ございません。
また内容も整理できていないので分かりにくく、大変ご迷惑お掛け致しますが、もしよろしければ、回答頂ければ幸いです。

【内容】
私は以前、中絶をしました。

悪いこと(嘘ついたり、いい格好したり、自分を偽ったり、夜のお仕事の体験を少ししたり、友達と一緒になって自転車を少し借りて捕まったり、お臍にピアスをあけたり、大学でも毎日遊んで騒いでいたり・・・)もたくさんしましたが、幼いころから、宗教のようなところに行きお話を聞いていたので、「世の為、人の為」は大切にして生きてきたつもりです。

子供ができてしまったのも、度々あやまった行為をした訳ではなく、当時の彼の誕生日のお祝いをするつもりでいたのに、財布が盗まれてしまいお祝いが出来なかったので、かわいそうだし申し訳なく・・(言い訳なのはわかります)

本当に申し訳なかったと思います。

でも、もう怒りに狂ってしまいそうです。

我が子を殺したという胸の張り裂ける思い、深ーーい闇に襲われ苦しみ涙し、また子供に本当申し訳なく思い涙し、また何故人の気持ちを理解せず自分だけ良ければいいという自己中な人ではなくなぜ私なの?!!と恨み苛立ちの気持ちから抜け出せれません。

神様仏様がいるなら私にこんな重い罪を私に背負わせたのですか?!!

人の気持ちなど無視して生きる人になれば良いのですか?!!
どうしてもこの気持ちが整理できず、人のために生きるのがあほらしくまた怒り狂いそうな出口の見えない闇からなかなら出ることができません。(腑に落ちない)

犠牲になった子供のために!と人の為になるよう頑張れば頑張るほどなぜこんな重い罪を背負わせたのか神様仏様や自己中の人を恨んでしまいます。

でも、やはり私が悪いことを昔にしたから罰があたっているのでしょうか?

神様仏様からメッセージを受け取るなら
世のため人の為より自分を優先していいですよ!ですか?
そんなことありますか?

もう腹が立ちすぎてそして、この終わりのない葛藤にくたくただし、終わりのない罪滅ぼしに苛立ちを感じるし、もう限界に達しています。
今度どのように気持ちを整理して、生きていけばよいでしょうか?

後悔・自己嫌悪
有り難し 10
回答 1

質問投稿日: 2014年1月25日 19:26

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

只管(しかん) それは人の為でも自分の為でもない

一番傷つき、苦しかったのはあなたでしょう。
誰もあなたをもう責めていません。あなた以外にあなたを責めている人もいません。自責の念を無くすことに努めるべきです。
「世の為・人の為」という言葉は自分をより良き道に進ませるための教えであって、あなたを不幸にするためのものではありません。「~の為」という大義名分に縛られ、こだわれば、あなたが苦しみます。
道元禅師の示される自分の為でもなく、人のためでもない、本当に「ただ(只管)」という道理を知るべきです。
人間の行為の実際の真実は、只(ただ)なにかをしているという純粋な行為です。
そこには人の為とか、自分の為なんていうラベルは着いていない。
これを観ている時に自分の為も、人の為もないままにご覧になられているでしょう。それが只管ということ。
「自分の為とか人の為という言葉に騙されるな」ということです。 
過去の自分に「なぜ、どうして」と問いても苦しみしか生みません。
何故なら「あの時どうすればよかったか」を問うても今さら「どうすることもできない」でしょう?もう取り返しがつかない過去の事を、何とかしたいと思っても、思い通りにならない、どうにもならないそのギャップで苦しいのです。
そのように解決の無い解決法で自分を徒に責めるのはやめることです。
時は過去から、現在、未来へと流れています。
ならばこそ今後は「これからはどうするべきか」を問うべきです。
倫理道徳や理由付けなどで過去、どうすべきであったかと答えを求めようとしても、それはとりかえせない。考えの上にさらに考えを上塗りするだけでアナタが洗い流したい泥を泥水で洗っているようなものです。
考えや思いの世界から離れ、考え以前の心に目覚める事が本来の仏教です。
その事を考えないでいられている時はそれほど苦しくないはずです。
考えを起こしている時に苦しいのでしょう。
過去の泥沼の経験、教訓として、現在と未来をより明るく生きるべきです。
人を責め、自分を責め、人を怨み、怒りの気持ちを持つのは誰の心か。
あなた自身の心ではないでしょうか。
懺悔文(さんげもん)
我昔所造諸悪業 皆由無始貪瞋痴
従身口意之所生 一切我今皆懺悔 
当山は多くの方が供養として納経なされますので、どうしても心苦しい時はこちらを紙に清書して納経として、お寺にご郵送ください。

4年4ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

丹下様
早々にお返事を頂いていたのに、返信が遅くなり申し訳ございません。
そして本当に優しいお言葉をありがとうございます。
自業自得でしたが、本当に辛かったので癒されました。
「只管」と言うお言葉は初めて知りましたが、よくわかりました。
完全に縛られ、囚われていていたので、すごく生きづらかったです(-"-)幼い頃から、「人の為」に少し囚われていたので、人の自分勝手な行為をする人に必要以上に怒りを感じてしまったり、町の中でも、友達にでも、人の為に出来ていない人や行為に目が行きイライラしていました。まるで自分が完全かのように思ってしまっていました(*_*;
後「これからはどうするべきか」を問う!
今の私にはとってとても大切なお言葉だと思いました。今まで、この悩みから抜け出すことができずに、常に何で…何で…と過去のことしか、考えていなかったので、時が止まっているようです。
でもこれからはおっしゃる通り、泥を泥水で流す意味のないことをせず、教訓として今後どうすべきかを問い、少しずつでも未来に目が向けれるように自分に問いかけてみます。
懺悔文も初めて知りましたが、そのようなもがあるのだと言うだけで、安心しました。もし、また心苦しくなり耐えることが出来なくなった時がありましたらお声かけさせて頂きますm(__)m
本当に優しいお言葉、そして内容のまとまっていない文章を読んで、回答して下さり頂きありがとうございました。気持ちの切り替えが出来そうです。本当に、本当にお忙しい中ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ